ランドセルのリメイクが人気? 財布・バッグ・オルゴールに大変身

ランドセルのリメイクって?

ランドセルのリメイクって?
ランドセルリメイクとは、通学カバンとしての役目を終えたランドセルを違うアイテムに作り替えることをいいます。財布や定期入れなど、子供が普段使いできるものから名刺入れまで、大人向けのアイテムにリメイクすることも可能です。

工房によっては、1つのランドセルから複数のアイテムにリメイクしてくれるところや名入れしてくれるところも。実際に利用した人からは「ランドセルがさらに大切なものになった」「物を大切にする気持ちを育めそう」と大人気です。最近はランドセルリメイクを扱う工房も増えているので、気になるパパママはぜひチェックしてみてください。

ランドセルからリメイクできるアイテム

ランドセルでリメイクできるアイテムはたくさんあり、財布やパスケースミニランドセルが代表的です。工房によっては母子手帳ケースやポシェット、オリジナルデザインのアイテムなど変わったグッズを製作しているところも。ランドセルのリメイク例として以下のようなものがあります。

  • 財布
  • コインケース
  • カードケース
  • ペンケース
  • メガネケース
  • バッグ
  • キーホルダー
  • ブックカバー
  • ミニサイズのランドセル
  • 母子手帳ケース
  • 通帳ケース
  • 首輪 など

ランドセルのリメイクにかかる値段

ランドセルのリメイクにかかる値段
ランドセルリメイクにかかる料金の相場は、リメイクするアイテムや工房、サイズなどによって大きく異なります。また、単品よりもセットでリメイクした方がお得にできるところや、自社ブランドのランドセルのみリメイク対応しているメーカーもあります。ランドセルリメイクの相場は以下の通りですが、実際にかかる値段は各ショップに確認してみましょう。

財布 10,000~30,000円
コインケース 1,500~3,000円
カードケース 5,000~20,000円
ペンケース 5,000~10,000円
バッグ 20,000円
キーホルダー 1,000~5,000円
キーケース 3,000~6,000円
パスケース 3,000~10,000円
手帳カバー 10,000~20,000円
ミニサイズのランドセル 3,000~13,000円

ランドセルの状態によってはリメイクできない場合も

ランドセルは6年間使うことが前提ですので、とても丈夫な作りにはなっていますが、ランドセルの劣化が激しい場合はリメイクできない場合もあります。ランドセルをリメイクする時に、フタの傷や汚れがない部分を折り曲げ、裂けたりヒビが入っていないかを確認しておきましょう

多少の傷や汚れであれば対応してくれる工房もあるため、心配な人は問い合わせてみるといいでしょう。天然皮革と比べると強度は落ちますが、クラリーノなどの人工皮革のランドセルであってもリメイク可能な工房もあります。人工皮革のランドセルなら、天然皮革にはないカラーのランドセルリメイクが楽しめそうですね!

小学校入学準備はいつから? 準備するものリスト&入学前に身につけておきたいことを紹介
小学校入学準備はいつから? 準備するものリスト&入学前に身につけておきたいことを紹介
子供も親も楽しみな小学校入学。でも、小学校の入学準備はいつから始めたらいいのか、何を用意したらいいのかわからないですよね。今回は準備するものリストや入学前に身につけておきたいことをまとめました!
ランドセルの価格相場はどのくらい? なぜ値段が違うの? 人気ランドセルブランドの値段比較と選び方
ランドセルの価格相場はどのくらい? なぜ値段が違うの? 人気ランドセルブランドの値段比較と選び方
小学校の入学祝いに、おじいちゃんやおばあちゃんから、ランドセルを買ってもらう予定があるなら事前にリサーチしておく必要があります。でも、ランドセルの適正価格ってどれくらいなのでしょうか。ここでは、人気があるランドセルメーカーの価格と素材、選び方について調査してみました。

次のページでは、リメイク可能なランドセルブランド3選、リメイク工房4選を紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!