トランポリンで運動不足を解消!子供用トランポリンの飛び方動画と室内設置の注意

子供用トランポリンの選び方

室内で使用できる子供用トランポリンを選ぶときには、どのようなポイントに注意して選べばいいのでしょうか。トランポリンの種類に注目して、違いを知っておきましょう。

スプリング(ばね式・ゴム式)の違い

トランポリンには金属ばねを使用している「ばね式」とゴムバンドを使用している「ゴム式」があります。ばね式は耐久性に優れ、どこかが壊れてしまってもその部分だけを交換して長く使うことができます。しかし金属特有のきしみ音が気になったり、ばねの間に手足が挟まる危険性もあります。ゴム式は安全面に優れ、音も静かなので、教育機関でも使用されています。しかしばね式に比べると耐久性は劣り、一部でもゴムが切れてしまうと新しいものに替えなければいけません。耐久性と安全性、どちらを優先するかしっかり考えて選ぶことが大切ですね。

手すり付き・ネット付きのトランポリン

トランポリンに手すりがついていて、体を支えながらジャンプできるトランポリンもあります。しかしジャンプ中に手すりがあると逆に危ない場合もあります。手すりが取り外しできるタイプなら、状況によって仕様を変えられるので安心ですね。また転落防止ネットに囲まれているタイプもあります。万が一落ちてもネットが支えてくれるので安全ではありますが、必ず近くで子供を見ているようにしましょう。

6本足・8本足のトランポリン

トランポリンには6本足のものと8本足のものがあります。足の数が多い方が安定感はありますが、体重の軽い子供が使う分にはそこまで気にしなくても大丈夫です。しかし大人が使う場合には、耐荷重とともに安定性も考慮して、足の数が多いものを選んだ方がいいかもしれません。どちらにしても、使用する際には必ず床に滑り止めマットを敷いて安全を図りましょう。

タイプ別おすすめトランポリン

室内で使用するには具体的にどんなトランポリンがいいのでしょうか。パパママや子供のタイプ別におすすめのトランポリンを紹介します。

スポーツメーカーのトランポリン

スポーツメーカーのトランポリンは大人のエクササイズに使用することも考慮して設計されており、耐久性・安全性に優れています。子供と一緒に運動不足を解消したいパパママにおすすめです。

DABADA トランポリン

直径102cm、耐荷重が110kgの折りたたみができる室内用トランポリンです。ばね部分の突起を最小限にし、怪我をしにくい設計になっています。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいですね。

AEROLIFE ホームジャンピング

ホームジャンピング DR-6600

ホームジャンピング DR-6600

10,780円(04/06 22:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

ばねそれぞれにカバーがついているなど、高い安全性と家庭での使用を前提とした、静音性に定評がある人気の家庭用トランポリンです。脚を外した本体部分の薄さは4.5cmほどなので、使用しないときには家具の隙間などのちょっとしたスペースに収納しておけます。

RIORES トランポリン

子供から大人まで使える折りたたみ式の家庭用トランポリンです。単独ばねを36本使用しており、劣化しにくく長く使える設計になっています。

手すり・ネット付きトランポリン

手すり・ネット付きのトランポリンは、特に安全性を求める人におすすめです。手すり付きのトランポリンはジャンプをコントロールできるだけではなく、動きのバリエーションを増やすことができますよ。

SUNHOO トランポリン

ジップ式の出入口がついた安全ネットがトランポリンを取り囲み、落下を防ぎます。36本のバネの力により、強度が高く、長く使えるトランポリンです。

WASAI 折りたたみ式 ハンドルラバー付 トランポリン

付属のハンドルラバーを使って、ただジャンプするだけではなく足踏みなど多彩な動きができます。動きにバリエーションを持たせることで短時間で効率的なカロリー消費が期待でき、大人のエクササイズ用としても大活躍です。

LBLA トランポリン 手すり付き

手すりは62~91.5cmと使用者の高さに合わせて調整できます。手すりを掴むことで、子供が高く飛びすぎることなく安全に楽しく使用することができます。簡単に折りたたむことができ、小さなスペースにもフィットするよう設計されていますよ。

幼児向けトランポリン

幼児向けトランポリンは人気のキャラクターや遊園地のような形状など、子供がわくわくするようなデザインが特徴です。小さな子供に配慮した設計になっているので、初めてトランポリンをするお子さんにおすすめですよ。

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ

アンパンマン ぴょんぴょんジャンプ

13,306円(04/06 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

アンパンマンのカラフルでかわいいトランポリンです。ネット固定用のフックの先端を丸くし、安全に配慮をした設計になっています。適度な弾力性で子供が高く飛びすぎることがなく、小さな子供でも安心して遊ぶことができますよ。

ハローキティ ぴょんぴょんジャンプ

ハローキティ ぴょんぴょんジャンプ

ハローキティ ぴょんぴょんジャンプ

11,980円(04/06 22:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

ピンクがかわいいハローキティの子供用トランポリンです。本体に脚パイプを回して取り付けるだけの簡単組み立てなので、手軽に扱うことができます。好きなキャラクターと一緒に体を動かすと、より楽しくなりますね。

INTEX トランポリン ジャンプオーレーン キャッスルバンチャー

お城をデザインした子供用トランポリンです。見た目がかわいいだけではなく、やわらかいエアークッションフロアと高さのある壁で安全性も十分です。

トランポリンより安全?ジャンピングボード/バンバンボードって?

ジャンピングボード ブルー

室内でトランポリンを使うとなると、いくら安全で静かだといわれてもやはり心配になりますよね。そんな人におすすめしたいのが「ジャンピングボード」「バンバンボード」です。「静かなトランポリン」とも呼ばれるこちらの商品は、跳び箱の踏みきり板を参考につくられたボード型トランポリンです。脚の高さが12.5cmと低めで転んでも怪我をしにくく、高く跳ねすぎません。またバランスがとりやすく、落下しにくい設計になっています。さらに脚のスプリングが音を吸収し、空気の反動でジャンプするので音が響きにくく、静音効果が期待できるのです。
四角い形状で従来の丸いトランポリンより格段に持ち運びがしやすくなり、子供が1人で準備・片付けができるようになったという声もあります。とてもコンパクトなのに耐荷重は100kgあるので、大人も子供と一緒に楽しく運動ができますよ。こちらもぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

学校や幼稚園が長期で休みになると、毎日何をしようか悩んでしまいますよね。病気の流行による休校や学級閉鎖など、外出がなかなかできない状況であれば尚更でしょう。そんなときに家庭用トランポリンがあると、自宅で簡単に楽しく運動をすることができます。ぴょんぴょん飛び跳ねているとなんだか気持ちも軽くなって、ストレス発散もできますね。子供だけではなくパパママの運動不足・ストレス解消にも役立つ家庭用トランポリンで、室内遊びの幅を広げてみてください。

子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の体操教室は何歳から通える? 体操教室の種類やメリット、選び方のポイントを紹介
子供の初めての習い事に「体操教室」を考えているパパママも多いのではないでしょうか。体操教室って何をするの? 何歳から通えるの? といろいろな疑問がありますよね。今回は体操教室の種類やメリット、選び方のポイントなどを紹介します!
室内用ジャングルジムは子供に必要? おすすめ商品とママたちの口コミを紹介
室内用ジャングルジムは子供に必要? おすすめ商品とママたちの口コミを紹介
室内用ジャングルジムでの遊びは子供の発達に良いといわれています。では何歳頃から遊ばせるとよいのでしょうか? 選び方やおすすめ商品とともに紹介していきます。実際のママたちの口コミも取り上げるので、購入を検討しているパパママはぜひ参考にしてみてくださいね。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!