ママにおすすめの時短メイクは? 成功ポイントと人気のコスメ10選

ママ向けの時短メイクの成功ポイントは?

ママ向けの時短メイクの成功ポイントは?

毎日忙しい時間の中で、せっかく時間を割いてメイクをしても「すっぴんと変わらない」、「血色の悪い肌」に仕上がってしまうと落ち込んでしまいます。せっかく時間を作ってメイクをするのであれば、キレイに仕上げたいものです。

近頃のコスメは、忙しいママに最適なアイテムが増えています。1つで3役をこなすコスメや数秒でグラデーションを引けるアイシャドウ、ナチュラル時短メイクにおすすめのコスメなど、気になる情報をお届けします

時短メイクの成功ポイント:ファンデーションは顔の中心メイン

ファンデーションの時短メイクは、「顔の中心部分のみ」に塗ることです。シミやクマなど、肌の悩みポイントは顔の中心にあることがほとんどなので、中心部分のみカバーすれば時短でキレイに仕上がります。塗っていない部分が気になりますが、顔の中心とは対照的にワントーン暗めになり、自然な小顔効果が期待できます。

近所に少し外出するだけでも手を抜けないのがベースメイクですが、時短メイクしたいならクッションタイプのファンデーションがおすすめです。クッションタイプとは、コンパクト内のスポンジにリキッドファンデーションが染み込ませてあり、専用パフにとって、ポンポンと顔になじませるだけでメイクがキレイに仕上がります。

時短メイクの成功ポイント:眉毛と色づいた唇で血色感アップ

眉毛は顔の表情を左右する重要なパーツです。眉毛の時短メイクには、数日の間、眉の形を整えておける眉ティントやスタンプするだけで眉毛が完成する眉スタンプがおすすめです。眉メイクを行うだけでもキレイなメイクの印象に仕上がります。

眉毛と同じく唇も、リップの色や塗り方で印象が変わります。子育て中のママのマナーとしてリップは必須です。仕事をするママは、オフィスでは主張しすぎないように赤茶リップを選び、指で軽く塗りましょう。

忙しいママの唇ケアにはリップパックがおすすめ! 人気のアイテムやセルフケア方法を紹介
忙しいママの唇ケアにはリップパックがおすすめ! 人気のアイテムやセルフケア方法を紹介
唇の乾燥や荒れで悩んだ時、どんなお手入れをしていますか? リップクリームを塗るだけというママも多いのではないでしょうか。実は唇も顔と同じで「パック」が効果的なんです。忙しいママにおすすめの唇パックのやり方、おすすめ品を紹介します!

時短メイクの成功ポイント:パフやブラシを使わない

パフやブラシを使わない

ママたちの時短メイクで話題となっているのが、IKKOさんや佐伯チズさんのベースメイク「男塗り」です。男塗りとは、パフやブラシなど使わずリキッドファンデーションを手だけで顔全体に塗る方法で、手のひらだけで仕上げる豪快さから「男塗り」と呼ばれています。

メイク中にパフやブラシなどのアイテムを使わないことで時短になるため、忙しいママにおすすめのメイク方法です。また、ベースメイクが自然な仕上がりとなるので、素肌をキレイに見せることができます。

時短メイクの成功ポイント:まつげエクステやつけまつ毛でアイメイク不要

眉毛や唇と同じく、目元も顔の表情を左右するパーツとして重要です。まつ毛は、目元が華やかになる「つけまつ毛」や「まつげエクステ」をしておくと、マスカラやアイラインなしでもきれいな目元をキープできます。アイメイクが不要なので、時短メイクにおすすめです。

時短メイクの成功ポイント:まつ毛パーマならビューラーの必要なし

ナチュラルな目元にしたい人におすすめなのは「まつ毛パーマ」です。まつ毛パーマは、美容業界で長きに渡り使用されている美容法の1つです。まつげエクステやつけまつ毛とは異なり、自分のまつ毛をカールさせるため、ナチュラルなカールを長期間キープできます。また、毎日ビューラーでまつ毛をカールさせる必要がないため、忙しいママにおすすめです。

ちふれのマッサージクリームが人気な理由とは? 口コミや使い勝手、おすすめマッサージ動画を紹介!
ちふれのマッサージクリームが人気な理由とは? 口コミや使い勝手、おすすめマッサージ動画を紹介!
SNSで人気の「ちふれのマッサージクリーム」は値段を気にせずたっぷり使えると評判です。忙しくてお肌のケアがなかなかできないママでも大丈夫、基本的な使い方や簡単マッサージの方法、ママ世代のクチコミまで徹底解説しました!

次のページではママにおすすめの時短コスメ10選を紹介します。

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!