30代ママのメイクのポイントを大解説! 大人かわいいメイク方法と最新コスメを紹介

30代になったらメイクは変えた方がいい?

30代になったらメイクは変えた方がいい?
「今まで使っていた化粧品やメイクに違和感がある」という30代ママは、自分の年齢に合ったものを選ぶよう意識してみましょう。年齢を重ねるごとに肌質は変わっていくので、10~20代のようなメイクだと肌に負担がかかり、逆に老けて見えてしまうことがあります。いつも「きれい」でいるためには、30代の自分に合うものを選ぶことがポイントです。

30代メイクの見直すべきポイントはココ!

30代メイクの見直すべきポイントはココ!
30歳を過ぎると、シミやシワ・たるみなど10~20代のころにはなかった肌のトラブルに悩まされるようになるため、環境や心身の変化に合わせてメイクも変えていく必要があります。30代のママにおすすめなのは年相応に落ち着き、きれいに見えるナチュラルメイク。肌のくすみや乾燥などの肌トラブルを上手にカバーしていくことが大切です。

動画でチェック! ママ必見の30代メイクレッスン

動画でチェック! ママ必見の30代メイクレッスン
忙しいママだからこそ、なるべく時短で済ませたいですよね。美しく仕上がる30代のナチュラルメイクをご紹介します。

基本のベースメイク

崩れにくく、化粧直しの手間が省ける基本のベースメイクです。

  1. 下地を顔全体に塗る。Tゾーンをしっかり塗ることで顔を立体的に見せることができる
  2. 明るく見せたい部分からカラーコントロールを塗る
  3. ニキビなど気になる部分をコンシーラーでカバーしていく。赤ニキビなどの目立つ部分から始め、クマ・シミ・ニキビ跡などに移っていく。全体的に伸ばすよりも、隠したいポイントを軽くたたいてなじませる
  4. 眉毛のふちや口角などは小さなブラシで縁取るようにしながらコンシーラーを塗ると立体感が出る
  5. 大きめのブラシでパウダーをつけていく。ブラシをいろんな方向に動かしながらつけると、きれいに毛穴を隠せる

アイメイク

30代からのメイクは「抜け感」が大きなポイント。4色入ったアイシャドウパレットの使用がおすすめです。

  1. アイホール全体に淡い中間色を塗る。アイチップを横に動かしながら、目の際から徐々に上へと広げる
  2. 濃い中間色を目尻からまぶたの中央に向けて塗り、境目をぼかす。目尻から繋げるように目の下の1/3くらいまで伸ばす
  3. 黒目の内側から、一番濃い色(締め色)を目の際に塗る。目頭部分はあえて塗らないのがポイント
  4. 涙袋にホワイトを塗り、立体感を出す。目頭に小さく入れて、涙袋に伸ばし広げる
  5. ビューラーでまつ毛を、中央・目頭・目尻と3回に分けて上げていく。中央はまつ毛の中間まではさんで上にあげ、目頭・目尻部分はビューラーの端を使って、中央に向かって広げる
  6. ブラウンのマスカラで抜け感を出す。ロングやカールタイプを選ぶと繊細に仕上がり、ナチュラルに見える。中央・目頭・目尻と3回に分け、根本はしっかり塗り、毛先は軽く流すようにする。中央は上へ上げ、目頭は顔の中央、目尻は顔の外側に広がるよう意識する
  7. 眉毛を短めに柔らかく仕上げると、目が大きく見える。眉尻は口角と目尻を結んだ延長線上、眉頭は目頭から小鼻の溝の延長の間、眉山は全体の2/3の場所にあるときれいにみえる
  8. 眉山から眉尻は濃いブラウンの細いブラシでしっかり描く。眉中から眉頭は太いブラシ、眉頭は淡いブラウンでふんわり仕上げる。眉中から眉山は中間のブラウンを作り、グラデーションにする。毛が足りなく見える部分だけペンシルで描き足す
  9. 眉毛の下部分のラインを描き足し、まぶたの余白を埋めると目が大きく見える。まぶたの余白を埋めるにはノーズシャドウも効果的
  10. 眉マスカラで塗り、眉の印象を和らげる。毛の流れから逆方向に重ねたあと、毛の流れを整える

大人かわいいナチュラルメイク

大人かわいいナチュラルメイクを目指すには、健康的なツヤ肌・優しい印象の目元・眉毛が大切です。

  1. 自然に肌色をワントーンアップできる化粧下地を使用。テカリが気になる人はテカリを抑えるプライマーを部分的に使用するのもおすすめ。下地は首まで伸ばして、首が浮くのを防止する。
  2. ピンク色の下地を顔の中心に重ねて、血色感を上げる
  3. ツヤが出やすいリキッドファンデーションを使用。少量でも充分に伸びるものを使用する。ファンデーションブラシを使用して顔の中心から外側に塗り広げた後、乾いたスポンジでファンデーションを密着させる
  4. 肌トラブルは部分別に適したコンシーラーを使い、ピンポイントでカバーする
  5. 明るめのコンシーラーをハイライトとして使用。鼻筋・頬骨に沿ってブラシを使って塗る
  6. 口角が上がるように、口角をコンシーラーでカバーする
  7. 少量のフェイスパウダーを大きめのブラシで塗る。パール入りのものを使用するとツヤ感が出やすい
  8. クリームハイライトをCゾーン(眉の下から目の横を通り、目の下の部分にかけて)に塗り、ツヤ感をプラスする
  9. 自眉を生かしたふんわり眉がポイント。眉山は口角と黒目の延長線上で眉頭と同じ高さ、眉尻は小鼻と目尻の延長線上で眉頭よりも下の位置に目印を打つ。眉頭から眉山までは水平に描き、眉山から眉尻に向かって丸みをつける。眉の太さは目の縦幅の2/3を意識するとバランスがいい。スクリューブラシで眉の輪郭をぼかす
  10. アイラインを目頭に引くときつい印象を与えるので、目頭を除いた全体に引く。ペンシルタイプを使用し、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように塗る。目の角度に合わせて目尻のハネを5mmほど下げ、自然な垂れ目を演出
  11. アイシャドウでアイラインをぼかし、よりナチュラルに仕上げる。ナチュラルな発色のものがおすすめ。濃い中間色を目頭と目の下の目尻に置き、淡い中間色で濃い中間色とアイラインをぼかすように塗る。一番明るい色を目の下の部分に広げ、涙袋を演出する。半目で笑った時にできる影の部分にノーズシャドウを塗ると、涙袋がよりはっきりしておすすめ
  12. ノーズシャドウを鼻先まで、ブラシでさっとひと塗りする
  13. まつ毛はビューラーで上げ、マスカラをまつ毛の根元にしっかり塗り毛先は軽く仕上げる。下まつ毛は目尻の1/3のみ塗る
  14. チークは自然な血色感が出るもの、パール入りのものを選ぶとツヤ感が増すのでおすすめ。笑った時に頬が高くなる位置にふんわり丸く入れる。中心から徐々に外側に広げていくと、内側から湧き出たような血色感が演出できる
  15. 口紅は薄めの色で、ツヤっぽさと血色感をプラスできるものを選ぶ

30代からのメイクQ&A

30代からのメイクQ&A
30代ママが特に気になっているメイクについての質問をまとめました。

30代ママに人気のおすすめコスメブランドは?

30代の化粧品は肌への負担も考えたいですが、カバー力も気にしたいですよね。メイク上手な30代ママはどんなコスメブランドを愛用しているのでしょうか。

ETVOS



上品なツヤ感とカバー力が特長で、持ちのよさにも定評があります。天然由来成分で作られているので、肌に負担をかけず、メイクとスキンケアを両立できるコスメブランドです。

Celvoke

深みのある大人っぽいカラーが特長で、メイクに垢抜けた印象を与えてくれます。植物から抽出した天然オイルを使用し、肌に負担をかけることなく、洗練された大人のモード感を演出してくれます。

クリームタイプのアイシャドウ。ツヤ感のある質感と陰影を作り、奥行きあのある仕上がりに。

shu uemura

海外でも人気のコスメブランド。特にベストセラー商品であるファンデーションは、「自然なツヤ感を演出しながらもカバー力と持続力がすごい」と評判です。カラーも豊富で遊び心満載のラインアップに、心が踊ること間違いなしです。

厳選したパウダーとオイルを配合し、乾燥しにくさを追求したリップ。

ママにおすすめの時短メイクは? 成功ポイントと人気のコスメ10選
ママにおすすめの時短メイクは? 成功ポイントと人気のコスメ10選
毎日、家事・育児・仕事に忙しいママは、メイクをする時間も限られてしまいます。そんな忙しいママにおすすめなのが時短メイク。時短メイクのポイントや時短コスメを使って、ぜひトライしてみてください!
忙しいママの唇ケアにはリップパックがおすすめ! 人気のアイテムやセルフケア方法を紹介
忙しいママの唇ケアにはリップパックがおすすめ! 人気のアイテムやセルフケア方法を紹介
唇の乾燥や荒れで悩んだ時、どんなお手入れをしていますか? リップクリームを塗るだけというママも多いのではないでしょうか。実は唇も顔と同じで「パック」が効果的なんです。忙しいママにおすすめの唇パックのやり方、おすすめ品を紹介します!



次のページでは、30代ママもプチプラコスメを使っているのかどうか、アイテム別・30代ママに人気のおすすめコスメを紹介します

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!