「はじめてのおつかい」絵本の魅力は? あらすじや感想、絵探しなど

「はじめてのおつかい」の絵本とは?

はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)

1977年4月に福音館書店から発売された「はじめてのおつかい」は、筒井頼子さん(作)、林明子さん(絵)の作品です。パパママ世代で読んだことがある人も多いでしょうか。

「はじめてのおつかい」の絵本は、パパママが子供に読んであげるなら3歳から、子供が自分で読むなら小学校低学年頃からが適した時期と言えるでしょう。文字が読めるなら幼稚園年長からでも1人で読み楽しむことはできますよ。

「はじめてのおつかい」の絵本は、「Miki’s First Errand」という題名で英語版が出版されているベストセラー作品です。

「はじめてのおつかい」のあらすじは?

「はじめてのおつかい」のあらすじは?

物語は5歳のみいちゃんがママにおつかいを頼まれるところから始まります。ママに頼まれた牛乳を買いに行く間、小さなみいちゃんにはたくさんの試練が起こります

自転車にベルを鳴らされてドキッとしたり転んだり、大きな声で大人に声をかけられなかったり、子供の心境がよくわかります。最初のページのみいちゃんの顔とおつかいを無事終えた後の顔が同じ日のはずなのに違って見えるのも、おつかいを経てみいちゃんが成長したからでしょうか。小さな女の子の頑張る姿にグッとくる作品です。

「はじめてのおつかい」は絵探しも楽しいって知ってる?

「はじめてのおつかい」は絵探しも楽しいって知ってる?
絵本の醍醐味は絵の隅々にまで物語があることです。「はじめてのおつかい」を初め筒井頼子さんと林明子さんの本には小さな「くすっ」がたくさん隠されています。

例えばみいちゃんの家のポストには「尾藤三」と書かれています。これは「おとうさん」と読めますよね。絵本の中には出てこなかったお父さんを意味しているのでは? と想像することができます。また、通りの掲示板には迷子の猫のポスターが貼ってあり、その迷子猫が他のページに隠れています。「はじめてのおつかい」は、何度読んでも楽しめる工夫がいっぱいです。

作者である「筒井さん」「はやしあきこさん」の名前も絵本に隠されているので、ぜひ探してみてくださいね。

「はじめてのおつかい」を読んだ人の感想を紹介!

姪っ子のプレゼントに

もうすぐ4歳になる姪っ子のプレゼントに買いました。1歳になる妹がいる姪っ子に
ぴったりの内容だったのと、自身子供の頃に読んだ記憶があったので。
子供の一生懸命さに感動しながら、買い物のやり取りなどホロリとさせられます。

引用元:楽天みんなのレビュー

毎回発見があり何度も読んでいる

息子が、図書館で何度も借りるので、買いました。早速何度も読みました。まだ2才ですが、この本を読んでから、一人で○○したいという気持ちが芽生えたり、買い物ごっこや、小さい子への思いやりが育っている気がします。絵の描写も細かいので、毎回いろんな気付きがあり、楽しいです。まだまだ、読めると思うので、おすすめです。

引用元:楽天みんなのレビュー

「ぎゅうにゅうくださ~い!」のセリフが大好き

自分の子供達にも幼少の頃読み聞かせしていて、牛乳くださ~い!のセリフが大好きでした。
親子二代で。と思い購入しました。みぃちゃんのところを孫の名前で読んであげると、嬉しいそうに聞いてくれています。

引用元:楽天みんなのレビュー

筒井頼子さんと林明子さんの他の作品はあるの? 

「はじめてのおつかい」を読んで、もっと筒井頼子さんや林明子さんの作品を読んでみたいと思った方も多いことでしょう。

「あさえとちいさいいもうと」|作:筒井頼子、絵:林明子

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

あさえとちいさいいもうと (こどものとも傑作集)

筒井 頼子
990円(02/24 09:33時点)
発売日: 1982/04/20
Amazonの情報を掲載しています

あさえは、お母さんに小さな妹あやちゃんとのお留守番を頼まれるところからお話が始まります。寝ていたあやちゃんが起きてきてあさえと一緒に靴を履いてお外に出ますが、あさえがちょっと目を離したすきにあやちゃんはいなくなってしまいます。あさえはあやちゃんを探していつもおかあさんと一緒にいく公園を目指し走ります。母親目線で見るとこんなに小さな子供が外に2人で出るなんて、怖くてドキドキが止まりません。あやちゃんは公園にいるのでしょうか? そして実はここにも、はじめてのおつかいに出てくるみいちゃん・パンを買いに来ていた太ったおばさん・たばこのおじさん・筒井商店の広告が出てくるので本文はもちろん細部までよく見てくださいね。

「いもうとのにゅういん」|作:筒井頼子、絵:林明子

いもうとのにゅういん (こどものとも傑作集)

いもうとのにゅういん (こどものとも傑作集)

筒井 頼子
990円(02/24 09:33時点)
発売日: 1987/02/25
Amazonの情報を掲載しています

いもうとのにゅういんは「あさえとちいさいいもうと」の続編です。あさえが幼稚園から帰ってくるとあやちゃんがぐったりしています。病院に行くとあやちゃんは盲腸で入院をすることになってしまいました。普段は憎たらしい、いたずらっ子のあやちゃん。でもあやちゃんがいないと寂しくてしょうがないあさえは病院にいるあやちゃんを喜ばせようと色々考えます。お姉ちゃんの思いやりと優しさ。短い時間でぐっとお姉ちゃんらしく成長する姿にジーンときます。ここでもはじめてのおつかいのみいちゃんが牛乳を買う姿を発見することができますよ。

「とんことり」|作:筒井頼子さん、絵:林明子

とん ことり (こどものとも傑作集)

とん ことり (こどものとも傑作集)

筒井 頼子
990円(02/24 09:33時点)
発売日: 1989/02/10
Amazonの情報を掲載しています

主人公のかなえちゃんは引っ越してきたばかり。知らない街・知らない人たちの中に引っ越してきて不安でいっぱいです。そんなときかなえちゃんの家のポストに、とんことりといろんなものが届けられます。いったい誰がそんなことをしているのでしょう? 筒井頼子さんと林明子さんが絵の細かいところも文章になっていない物語を含ませているということをご紹介してきましたが、この作品にも「あれ?」というシーンがあるんです。気になるあの子はいろんなページでこっそりかなえちゃんの事を見ています。

「おててがでたよ」|作:林明子さん

おててがでたよ―くつくつあるけのほん2 (福音館 あかちゃんの絵本)

おててがでたよ―くつくつあるけのほん2 (福音館 あかちゃんの絵本)

林 明子
880円(02/24 09:33時点)
発売日: 1986/06/20
Amazonの情報を掲載しています

対象年齢が0歳から赤ちゃん向けの絵本です。「おててはどこかな?」「あたまはどこかな?」と赤ちゃんに語りかけるように読み聞かせをすることで身体の部位も自然と覚えることが出来ます。赤ちゃんとどうやって遊んだらいいのか分からないと悩むパパママは、絵本を読むだけで親子の触れ合いが自然とできますよ。絵も色遣いも優しくて読んでいてとても優しい気持ちになります。いないいないばぁが好きな子供は、何回も読んで楽しむことができますね。

「こんとあき」|作:林明子さん

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)

林 明子
1,430円(02/24 09:33時点)
発売日: 1989/06/30
Amazonの情報を掲載しています

「こん」は産まれてくるあきを守るために遠くに住むおばあちゃんが作ってくれたキツネのぬいぐるみです。こんはあきが赤ちゃんの頃からずっと一緒にいて、その成長をすぐそばで見守っていました。でもあきがこんよりも大きくなってこんはどんどん古くなっていき、とうとう腕が取れてしまったのです。そんなこんを直してもらうため、あきとこんは電車に乗り遠くに住むおばあちゃんちに向かいます。小さな身体であきを守ろうとするこんの強さと健気さと一生懸命さにグッときます。2人の大冒険の結末が気になりますね。

まとめ

まとめ
筒井頼子さんと林明子さんの本は親世代が子供のころに読んだことのある有名な本が多いので、なつかしいと感じるパパママも多いでしょうか。絵には文字で書かれていなかった物語や、大人になったからこそ気付くものも多いものです。何度読んでも楽しめる、記憶に残る「はじえめてのおつかい」を、子供にも読んであげたいですね。

絵本作家のtupera tupera(ツペラ ツペラ)が人気の理由は? パンダ銭湯などのおすすめ絵本7選
絵本作家のtupera tupera(ツペラ ツペラ)が人気の理由は? パンダ銭湯などのおすすめ絵本7選
「本に興味がない子供でも読んでくれる本はないかな?」と悩んでいるパパママへ。tupera tupera(ツペラ ツペラ)の絵本は、面白いお話や絵が好きな子供なら、一度は読んで欲しい作品です。ツペラ ツペラはなぜ子供たちに人気なのか、おすすめ作品について紹介します。
いないいないばあの絵本おすすめ10選 有名・人気のいないいないばあ絵本を紹介
いないいないばあの絵本おすすめ10選 有名・人気のいないいないばあ絵本を紹介
「いないいないばあ」の絵本は、妊娠中は胎教として、産後は0歳の赤ちゃんにも読み聞かせをするのにぴったりです。読み聞かせをすると赤ちゃんが笑ってくれる、などの声も多いですよね。有名な1冊の他にも「いないいないばあ」の絵本があるので紹介します。
2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
2歳になると自主性も出てきて頭も体もぐんと成長し始めます。そんな中さらに子供を成長させてくれるアイテムが絵本。2歳の子供にはまず「絵本を好きになってくれる絵本」を選んであげましょう。人気の絵本から興味を引き出すしかけ絵本まで大紹介します!
3歳になったら読んでほしいおすすめ絵本 定番から知育絵本まで大紹介!
3歳になったら読んでほしいおすすめ絵本 定番から知育絵本まで大紹介!
3歳になると絵本のストーリーも徐々に理解できるようになります。今までとは違って絵だけでなくストーリーも楽しい絵本を読むことで、言葉の理解力をぐんと伸ばすことができるんです! 子供の力を引き上げる親子で楽しめるおすすめの絵本を紹介します。
4歳におすすめの絵本 定番から知育絵本まで自分で読むのにぴったりな本も紹介
4歳におすすめの絵本 定番から知育絵本まで自分で読むのにぴったりな本も紹介
4歳はおともだちと関わることも増えて、コミュニケーション能力が発達する時期です。また、好みがはっきりしてくるので絵本選びが難しくなる頃でもあります。子供の成長に役立つ絵本から自分で読みたくなる絵本まで、4歳にぴったりな絵本を紹介します。
ミッケ! の絵本で謎解きにチャレンジ! 親子で答え合わせを楽しもう
ミッケ! の絵本で謎解きにチャレンジ! 親子で答え合わせを楽しもう
ミッケ! とは、シリーズ国内累計860万部突破の絵本のこと。精巧なジオラマの中に隠された物を探し当てていきます。字が読めなくても楽しめる知育絵本としても人気です。子供だけではなく、パパママも夢中になるミッケ! の魅力、シリーズのおすすめをご紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!