ジュニアシートの選び方とおすすめ8選! 着用義務は何歳まで? ISOFIXやシートベルト式の選び方は?

目次

ジュニアシートはいつから何歳まで着用義務があるの?

ジュニアシートはいつから何歳まで着用義務があるの?
子供を車に乗せるときにチャイルドシートを着用するのが法律で決まっていることは皆さん、なんとなくご存知でしょう。では、4歳児以降が使用するジュニアシートはどうでしょうか? 調査してみました。

6歳未満の子供はジュニアシートの着用義務がある

結論から言いますと6歳未満の子供はジュニアシート(もしくはチャイルドシート、ジュニアシート兼用モデル)の着用が道路交通法で定められています。ジュニアシートの着用に違反した場合は違反点数1点、反則金はありません。ジュニアシート(チャイルドシート)の使用については道路交通法第71条3項にこう記されています。

『自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置(中略)で、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。』

簡単に言うと、6歳未満の子供は、発育に応じてチャイルドシートやジュニアシートを使い分けてくださいね、ということです。ジュニアシートの対象年齢は小学6年生頃までとなっている製品が多いのですが、法律面だけで言えば6歳になれば着用義務はなくなり、ジュニアシートを使用しなくても道路交通法違反とはなりません。

チャイルドシートとジュニアシートはどう違うの?

種類 対象年齢 身長 体重
ベビーシート 1歳頃まで 70cm以下 10kg以下
チャイルドシート 1歳~4歳頃まで 100cm以下 9〜18kg
ジュニアシート 4歳~10歳頃まで 140cm以下 15kg〜36kg

別記事でも紹介していますが、子供が車に乗るときに使用する子供向けの補助シートはベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3種類に分けることができます。ベビーシートとチャイルドシートの兼用モデル、チャイルドシートとジュニアシートの兼用モデルなどが多く販売されていますが、厳密にチャイルドシートとジュニアシートを分けるなら「身長100cm以下、4歳頃まで使用するのがチャイルドシート」で「身長100~140cm、4歳~10歳頃までの子供が使用するのがジュニアシート」と考えてください。

ジュニアシートを使用する子供はある程度大きくなっているので、チャイルドシートほどの背もたれ部分のクッションは必要ありません。また、座高が高くなっているのでヘッドレストの高さはチャイルドシートより高い位置にする必要があります。チャイルドシートとジュニアシート兼用モデルはクッションの脱着やヘッドレスト位置の調整ができるものがほとんどで、子供の成長に合わせて使用することができます。

関連記事

新生児用ベビーシートって? 種類は? 何歳から何歳まで? おすすめ5選を紹介

ジュニアシートは背もたれ部分が取り外せるようになっている

背もたれ部分を取り外して座面だけをブースターシートとして使用することができるのもジュニアシートの特徴です。小学校に上がってしばらくすると、ジュニアシートの背もたれ部分があると子供が窮屈に感じるようになります。その際は座面だけを残して背もたれ部分を取り外し、ブースターシートでお尻の高さを調整し、大人用のシートベルトを使って体を安全に固定します。

関連記事

チャイルドシートのおすすめ8選! 何歳からいつまで着用義務がある? ISOFIXやシートベルト式の選び方は?

ジュニアシートへの切り替えは年齢、身長、体重、どれで判断すればいい?

ジュニアシートは何歳から何歳まで使うの?

年齢、体重、身長、どれか1つの基準を超えればジュニアシートに切り替える

子供を車に乗せる際、ジュニアシートはいつから使用すれば良いのでしょうか? チャイルドシートは「年齢:4歳くらいまで」、「体重:9kg~18kg程度」、「身長:100cm以下」など商品によって使用範囲が決められています。では、チャイルドシートのどの基準をオーバーしたら、ジュニアシートに切り替えればいいのでしょうか? 年齢、体重、身長、どれか1つでもチャイルドシートの基準を超えればジュニアシートに切り替えましょう。

例えば、3歳だけど身長が100cmを超えた場合や、身長は100cm以下だけど体重は20kgなど、どれか1つでもチャイルドシートの基準をオーバーしたらジュニアシートへの切り替えを考えてください。子供の発育は個人差がありますので厳密に何歳になったらと断定するのは難しいですが、だいたい3~4歳頃にチャイルドシートからジュニアシートへの切り替えを検討するパパママが多いようですね

身長140cmを超える12歳頃まではジュニアシートがあると安心

12歳頃、身長140cmまではジュニアシートがあると安心
ジュニアシートの着用義務は6歳までとご紹介しましたが、子供の安全を考えると6歳以降もジュニアシートの使用をおすすめします。では、いつまで着用するべきなのでしょうか? シートベルトは車が事故などの衝突などがあった際に乗車人員を守ってくれる安全装置ですが、身長約140cm以上の人を対象に開発されています。

そのため、身長140cm未満の子供は正しい位置でシートベルトを使用できず、大変危険です。そのため、身長140cmを超えるまではジュニアシート(ブースターシート)を利用するようにしてください。

参考:2017年の小学生の平均身長データ

学年 男子の平均身長 女子の平均身長
小学1年 116.5cm 115.7cm
小学2年 122.5cm 121.5cm
小学3年 128.2cm 127.3cm
小学4年 133.5cm 133.4cm
小学5年 139.0cm 140.1cm
小学6年 145.0cm 146.7cm

※データは文部科学省による2017年「学校保健統計調査」より抜粋
上記の子供の平均身長数値を見る限り、小学校5年生頃に子供は身長140cmを超えるというデータがでています。子供によって成長に個人差があるので、小学6年生でもジュニアシート(座面だけのブースターシート)を使用した方がいい場合もあるでしょう。

ジュニアシートの種類

ジュニアシートの種類

背もたれ・ヘッドレスト付きのジュニアシート

大人に比べると子供の体はまだまだ未発達です。そのため強い衝撃から子供の体を守れるように、背もたれやヘッドレスト付きのジュニアシートも販売されています。クッション性のあるシートが子供の体をしっかりホールドしてくれるため、前後左右の揺れで頭をぶつけたり横倒しになってしまうことを防ぐことができます。また、ヘッドレストは子供の成長に合わせて位置を調節できるため、適切な位置で使用することができます。

背もたれなしのブースターシートタイプのジュニアシート

背もたれなしのブースターシートタイプ
シートベルトの仕様基準である身長140cmに満たない子供のために、背もたれのない「ブースターシート」というタイプがあります。ジュニアシートは背もたれやヘッドレストなどのパーツを取り外すことができる商品も多いため、体が小さいうちは背もたれ・ヘッドレストをつけて、大きくなってきたら取り外して使用するなど、子供の成長に合わせて使い分けることができるため便利ですね。

大人用シートベルトを利用する補助ベルトタイプのスマートキッズベルト

大人用シートベルトを利用する補助ベルトタイプのジュニアシート
おすすめジュニアシート紹介でも取り上げていますが、大人用シートベルトに補助ベルトを装着し、安全な位置で子供の体を固定できるジュニアシート、スマートキッズベルトが日本でも発売となりました。ヨーロッパやアメリカではすでに実績があり、日本の安全基準も満たしているこの製品は、今後、子供用ジュニアシートの定番人気になってくるでしょう。どのように使用する製品なのかは下記紹介動画をご覧ください。装着が非常~に簡単なので、筆者も購入したいと思います。

スマートキッズベルトの利用方法の紹介動画

チャイルドシートとジュニアシートの兼用モデルが人気

チャイルドシートとジュニアシートの兼用が人気
最近では、1歳前後から使用できる幼児用チャイルドシートと学童用ジュニアシートの兼用モデルも多く見られるようになりました。シートやヘッドレストの高さ調整、パーツの取り外しなど、状況に合わせてシートの仕様を変えることができます。

チャイルドシートとジュニアシートの大きな違いはベルトの使い方にあります。チャイルドシートは体の小さな子供が対象のため、シートの本体に付属しているベルトを使用してシートと体を隙間なく固定します。一方ジュニアシートになると子供の体もある程度大きくなってくるため、ジュニアシートでは子供がある程度大きくなったら車のシートベルトを使って子供の体を固定するようになります。チャイルドシート・ジュニアシート兼用モデルではベルトの使用方法も年齢に合わせて使い分けることができ、安全面にもしっかりと配慮されています。年齢ごとに買い換える必要がなく家計にも優しいチャイルドシート・ジュニアシート兼用モデルはパパママへの人気も高いですよ。

ジュニアシート選びの6つのポイント

ジュニアシート選びのポイント
これからジュニアシートを購入しようとしているパパママ向けに、ジュニアシート選びのポイントを6つ紹介します。どういった点を考慮しながらジュニアシートを選べばいいのかの参考にしてください。

ジュニアシート選びのポイント1:安全基準を満たしているか


ジュニアシートは必ず安全基準を満たしているものを選んでください。日本では「Eマーク」と呼ばれる国土交通省認定の安全基準マークがあり、厳しい検査の結果安全だと認定されたものにはこのEマークが表示されています。輸入品も同様で、各国での基準を満たした商品には認定マークが表示されています。価格は幅広く、ネットで検索してみると安いものだと2,000円台で購入できるものもありますが、安全基準を満たしているかどうかを確認したうえで選ぶようにしましょう。

ジュニアシート選びのポイント2:子供の年齢・身長・体重に合っているか

子供の年齢・身長・体重に合っているか
ジュニアシートには商品ごとに対象制限があります。年齢・身長・体重といった項目が設定されていますが、子供の成長は個人差が大きいため年齢は参考程度に留め、体重や身長を確認して子供に合ったサイズを選ぶことが大切です。また商品やブランドによって細かい仕様が異なります。横幅に少しゆとりがあるものや、逆に体にフィットするようスリムに作られているものなど商品によって特徴があるため、店頭で試せる場合は一度子供をジュニアシートに座らせてみると良いですね。

ジュニアシート選びのポイント3:サイズ調整が可能か

サイズ調整が可能か
子供の大きさに合わせてサイズ調整ができるかどうかも確認しましょう。ヘッドレストは何段階調整ができるのか? 背もたれを取り外してブースターシートとしても利用できるのか? などフレキシブルに使えるものがおすすめです。また調整や取り外しが簡単に行えるかどうかもポイントです。毎回工具が必要だったり、女性一人では調整が難しかったりすると使い勝手が良くありませんよね。背もたれやヘッドレストの調整方法もあわせてチェックしておきましょう。

ジュニアシート選びのポイント4:シートのクッション性、乗り心地がいいか

クッション性があり乗り心地が良いか
ジュニアシートにクッション性がないと子供が疲れてしまったり、万が一事故にあった際にも衝撃を吸収できず思わぬ怪我に繋がる可能性もあります。また、乗り心地が悪いと子供がジュニアシートに座りたがらなくなる場合もあるため、シートのクッション性にはぜひこだわって購入してください。

ジュニアシート選びのポイント5:丸洗いできるか

丸洗いできるか
ジュニアシートに座っているとクッション部分が肌に密着するため、通気性のいいメッシュ素材を使用していても頭や背中、お尻に汗をかいてジュニアシートが濡れてしまうこともあります。また、おやつを食べた際の食べこぼしやジュースをこぼしてしまうなど、ジュニアシートは何かと汚れることが多いのです。そんな時もヘッドレスト、背もたれ、座面を分解でき丸洗いができると清潔で快適に使用することができますよ

ジュニアシート選びのポイント6:リクライニングやドリンクホルダーなどの機能性

リクライニングやドリンクホルダーなどの機能性
ジュニアシートは商品によってさまざまな機能が付加されています。例えば、ジュニアシートにリクライニング機能があれば、移動中子供が眠ってしまった場合にも上体を楽に保て、ヘッドレストでしっかり頭を固定できるため車の揺れで頭がぐらぐらすることもありません。

他にも座面のサイドにドリンクホルダーが付いていたり、収納ポケットがあるなど使い勝手を重視した機能が多数備わっています。移動時間が長くなるほどパパママも子供も疲労が溜まってきてしまいますので、機能性の良いジュニアシートで少しでもストレスを減らし快適なドライブを楽しみましょう。

ジュニアシートの安全基準って誰がどうやって決めているの?

世界共通の安全基準「ECE R44/04」をクリアしたチャイルドシートが日本では流通している

日本で販売されているジュニアシートはヨーロッパで主流となっている「ECE R44/04」という安全基準をクリアしています。2006年6月以前は日本は国土交通省が国内販売をしても問題ないかの検査を行い、認定する形を取っていました。しかし、2006年6月に「ECE R44/04」の安全基準を日本でも採用。2012年7月までの移行期間を経て、現在、新品で国内販売中のジュニアシートはすべて「ECE R44/04」の基準を満たしています。この「ECE R44/04」基準をクリアしたジュニアシートが日本で販売される際には国土交通省が販売を許可した証明として「Eマーク」もあわせて記載されています。

ジュニアシートの安全基準は新基準「i-Size(アイサイズ)R129」に移行?

ジュニアシートのこの安全基準がヨーロッパでは「ECE R44/04」から「i-Size(アイサイズ)R129」という新基準に移行しつつあります。旧基準の「ECE R44/04」と新基準「i-Size(アイサイズ)R129」の違いは衝突安全検査の違いです。旧基準の「ECE R44/04」は前後からの衝突でどれだけの安全性が確保されているのかをテストしていました。新基準「i-Size(アイサイズ)R129」を満たすジュニアシートは、前後からの衝突試験に加え、側面からの衝突試験もクリアしており、より安全なジュニアシートということになります。なお、このジュニアシートの安全性テストはヨーロッパでは車の衝突試験なども行う専門機関で行っています。メーカーが独自に行う試験ではありませんので、「ECE R44/04」や「i-Size(アイサイズ)R129」をクリアするジュニアシートは確かに安全な製品だと考えていいでしょう。

上で紹介している衝突試験の映像を見ていただくと横からの衝突試験が行われているのがわかります。テストに使用される人形には体の各部にどれだけの衝撃が伝わったのか、などを測定するセンサーが取り付けられ、販売前のジュニアシートがどれだけ子供を守ってくれるのか細かくテストされています。最近ではジュニアシートメーカーも新製品が新基準の「i-Size(アイサイズ)R129」をクリアしているかどうかはメーカーWebサイトやパンフレットなどに記載されています。もし、皆さんが購入予定のジュニアシートが「i-Size(アイサイズ)R129」をクリアしているのなら、そのジュニアシートは世界最先端の安全性が担保されていると考えていいでしょう。

ジュニアシートを助手席に取り付けるのは危険?

ジュニアシートを助手席につけると危険と言われる理由

エアバックが作動すると危険

最近では車の助手席にもエアバックが装備されることが多くなってきました。エアバックはふわふわしたクッションのようなものではなく、衝撃を受けると急激に膨らみ、周囲に強い衝撃を与えます。エアバックからの距離が近いほどその衝撃も増していきます。助手席に設置したジュニアシートに座っている状態でエアバックが作動すると、子供にはかなりの衝撃になってしまい、大変危険です。そのため、子供の安全を考えるとジュニアシートは後部座席に設置したほうが安心です

事故の際 助手席での死亡率が高い

事故の際 助手席での死亡率が高い
前方から衝突された際に最も被害を受けるのは前列の運転席と助手席です。助手席のエアバックが普及してきたため以前よりも安全にはなってきていますが、それでも後部座席のほうが前列に守られているため、ジュニアシートの設置にはもっとも安全な場所といえるでしょう。

ジュニアシートは後部座席につけるのが安全

ジュニアシートは後部座席につけるのが安全
前述したように子供の安全を考慮するとジュニアシートは後部座席への設置がおすすめですが、運転手側の観点からもジュニアシートは後部座席へ設置したほうが良いでしょう。助手席に子供を座らせた場合、子供がぐずったり暴れたりした際に運転への集中力が乱れてしまう可能性があります。運転中のよそ見は事故に繋がりますので、そういった理由からも助手席へのジュニアシート設置は避けたほうが良いでしょう。子供は後部座席にジュニアシートで座らせて、後部座席の子供の横に大人が座って様子を見られるような状態がベストですね。

やむを得なく助手席にジュニアシートを設置する場合の注意点

やむを得なく助手席につける場合の注意点
例えば2シーターで後部座席がない車や、やむを得ず助手席につけなければならない場合には、エアバックが膨らんだ際に子供への衝撃を最小限に抑えるため座席を一番後ろまで下げてジュニアシートを装着してください。助手席での使用を検討する際には取扱説明書をしっかりと確認して、できるだけ安全に設置するように心がけましょう

ジュニアシートのおすすめ8選

では、大手ECサイトで人気の高いジュニアシートを8つご紹介します。ジュニアシート専用モデル以外に、チャイルドシート、ジュニアシート兼用モデルも合わせてご紹介しますので、お子さんにあったジュニアシートを選んでみてください。

おすすめのジュニアシート1:TAKATA(タカタ) チャイルドガードジュニア

チャイルドガードジュニア

メーカー名:TAKATA(タカタ)
参考価格:36,720円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

TAKATA(タカタ)はBMWなど高級輸入車メーカーに純正チャイルドシート、ジュニアシートを供給している日本のメーカーです。メーカー純正品に採用されるということは、信頼性が高く、安全性、耐久性、デザイン性に優れたジュニアシートだということがわかりますね。チャイルドガードジュニアは欧州モデルのジュニアシート「TAKATA MAXI」を日本向けに改良した最新モデルです。頭部を衝撃から守るTAKATA独自のエアパッドや左右からの衝撃に対応してくれるサイドガードなど、子供を守る安全性の高さは他メーカーのどのジュニアシートにも負けません。シートベルトの着脱がしやすく使用中に外れにくい、オートロック式のショルダーベルトガイドも日々、子供を車に乗せるパパママには有難いはず。ジュニアシートの後部座席への固定はISOFIX固定方式で簡単ですし、使用しない時は折りたたんで収納しておくことができるのもパパママには嬉しいポイントでしょう。

TAKATA(タカタ) チャイルドガードジュニアの商品詳細
固定方式 ISOFIX固定式
適合年齢 3歳~12歳頃
適合身長 100cm~150cm以下
適合体重 15kg~36kg
製品重量 6.9kg
サイズ 幅45cm × 奥行48cm × 高さ69cm
洗濯機での洗濯
ブースターシート単体での使用
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート2:CARMATE(カーメイト) エールベベ スイングムーン・プレミアムエス

エールベベ スイングムーン・プレミアムエス

メーカー名:CARMATE(カーメイト)
参考価格:29,696円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

1~7歳までの子供がゆったりと座ることができるチャイルドシート・ジュニアシート兼用モデルがエールベベ スイングムーン・プレミアムエスです。ゆったりした作りになっているため、他のジュニアシートより幅と奥行きがやや大きめですが、設置するのが軽自動車やコンパクトカーでなければ問題ないサイズでしょう。子供の頭部を左右から包み込むWサポートクッションや、長時間の移動でも疲れにくいフルコンフォートクッションなど、子供の快適性がしっかりと確保されています。クッションは取り外して丸洗いOKなのもポイントです。エールベベ スイングムーン・プレミアムエスの対応年齢は7歳までなので、7歳以降はブースタークッションを利用して、子供の安全を確保してあげてください。

CARMATE(カーメイト) エールベベ スイングムーン・プレミアムエスの商品詳細
固定方式 シートベルト固定式
適合年齢 1歳~7歳頃
適合身長 75cm~120cm以下
適合体重 9kg~25kg
製品重量 8kg
サイズ 幅50cm × 奥行55cm × 高さ71cm
洗濯機での洗濯
ブースターシート単体での使用 ×
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート3:日本育児 ハイバックブースターEC FIX

ハイバックブースターEC FIX

メーカー名:日本育児
参考価格:24,800円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

チャイルドシートの人気メーカー、日本育児が販売しているチャイルドシート、ジュニアシート兼用モデルです。ISOFIX固定式、シートベルト固定式のどちらにも対応しているため、最新モデルの車からヴィンテージカーまで、どんな車に取り付けることが可能です。1歳から小学校高学年まで、このチャイルドシート1つで長く使えるのが特徴で、成長に合わせて背面のクッションを取り外して子供の体型に合わせて使用します。座面部分のつまみを回すだけでリクライニングできる機能や、7段階に簡単に調整できるヘッドレストや肩ハーネス、簡単に取り外して洗えるクッションなど、使い勝手の良さはパパママの想像以上です。ジュニアシートの左右どちらにもカップホルダーが取り付けられるのが意外なほど便利で、ジュニアシートを後部座席の左右どちらに設置しても、ママが届く場所にカップホルダーを置くことができます。

日本育児 ハイバックブースターEC FIXの商品詳細
固定方式 ISOFIX固定式、シートベルト固定式、どちらも対応
適合年齢 1歳~12歳頃
適合身長
適合体重 9kg~36kg
製品重量 約9.3kg
サイズ 幅44cm × 奥行44cm × 高さ67~77cm
洗濯機での洗濯
ブースターシート単体での使用
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート4:Combi(コンビ) ジョイトリップ エッグショック GG

ジョイトリップ エッグショック GG

メーカー名:Combi(コンビ)
参考価格:17,810円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

チャイルドシートの人気メーカーの1つCombi(コンビ)の「ジョイトリップ エッグショック GG」はチャイルドシート、ジュニアシート兼用モデルになります。快適性や安全性は超・衝撃吸収素材「エッグショック」や通気性に優れたエアスルークッションで当然ながら確保されています。「ジョイトリップ エッグショック GG」の特徴は5.3kgと軽量な製品重量とコンパクトなサイズです。他の車への載せ替えなどで頻繁にチャイルドシートを脱着する際には、チャイルドシートの軽さとコンパクトさが非常に嬉しいはず。後部座席が狭いコンパクトカーや軽自動車用のチャイルドシートとしてもおすすめです。上位モデルのジュニアシートなら当然の、クッションが丸洗いできる点も見逃せません。

Combi(コンビ) ジョイトリップ エッグショック GGの商品詳細
固定方式 シートベルト固定式
適合年齢 1歳~11歳頃
適合身長 チャイルドモード:身長70cm~身長105cm
ジュニアモード身長95cm~身長125cm
ブースターモード身長125cm~身長145cm
適合体重 9kg~36kg
製品重量 5.3kg
サイズ 幅44cm × 奥行450cm × 高さ670cm
販売開始年月 2017年10月
洗濯機での洗濯
ブースターシート単体での使用
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート5:マムズキャリー ベビーFUN ハーネス ネオ

ベビーFUN ハーネス ネオ

メーカー名:マムズキャリー
参考価格:8,979円(税込)
楽天で見る

手頃な価格で購入できるチャイルドシート、ジュニアシート兼用モデルがこちらです。手頃な値段のチャイルドシートですがシート部分には低反発ウレタンクッションを採用し、座り心地にもこだわったり、ヘッドレスト位置の高さ調整ができるなど、子供の成長に合わせて長く使用することができるチャイルドシートです。

マムズキャリー ベビーFUN ハーネス ネオの商品詳細
固定方式 シートベルト固定式
適合年齢 1歳~11歳頃
適合身長
適合体重 9kg~36kg
製品重量 約4.8kg
サイズ 幅45cm × 奥行45cm × 高さ680cm
洗濯機での洗濯
ブースターシート単体での使用
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート6:GRACO (グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス カラーズ

ジュニアシート ジュニアプラス カラーズ

メーカー名:GRACO (グレコ)
参考価格:4,980円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

手頃なチャイルドシートを販売しているGRACO (グレコ)のカラフルなデザインが特徴の人気ジュニアシートです。ヘッドレストの6段階、アームレストの2段階の調整機能で子供の成長に合わせて使用することができますし、丸洗いできるウォッシャブルシートを採用。汚れを気にせず使用することができます。カップホルダーが収納式になっているのもパパママには嬉しいポイントですね。子供が大きくなってからも座面部分だけを残してブースターシートとして使うことができるのもポイントです。

GRACO (グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス カラーズの商品詳細
固定方式 シートベルト固定式
適合年齢 3歳~11歳頃
適合身長
適合体重 15kg~36kg
製品重量 3.6kg
サイズ ハイバック時:幅40cm × 奥行40cm × 高さ69~82cm
ブースター時:幅40cm × 奥行38.8cm × 高さ24.5cm
洗濯機での洗濯
ブースターシート単体での使用
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート7:GRACO(グレコ) コンパクトジュニア モードノアール(BK) ジュニアシート

コンパクトジュニア モードノアール(BK) ジュニアシート

メーカー名:GRACO(グレコ)
参考価格:3,024円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

1つ上で紹介したジュニアプラス カラーズの座面部分のみが購入できるのが「コンパクトジュニア モードノアール(BK) ジュニアシート」です。ベビーシート、チャイルドシート兼用モデルを使用しているママも、6歳を過ぎたからといって大人用の座席でシートベルトを使用させるのは危険です。3000円程度で子供の安全を保障してくれるブースターシートが購入できるので、せめて身長140cmを超えるまではこのようなブースターシートを使うようにしてください。

GRACO(グレコ) コンパクトジュニア モードノアール(BK) ジュニアシートの商品詳細
固定方式
適合年齢 3歳~11歳頃
適合身長
適合体重 15kg~36kgまで
製品重量 2.0kg
サイズ 幅41cm x 奥行41cm x 高さ22cm
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

おすすめのジュニアシート8:メテオAPAC株式会社 SmartKidBelt(スマートキッズベルト)

SmartKidBelt(スマートキッズベルト)

メーカー名:BRAXX
参考価格:5,378円(税込)
楽天で見る

スマートキッズベルトを車のシートベルトに装着するだけで、身長が低い子供でも安全に大人用シートベルトが使用できるようになる、驚きのアイテムです。ポーランドで開発されたスマートキッズベルトはEUやUS基準での厳しいクラッシュテストに合格し、安全認証を取得しています。日本国内でもEマーク適合と認められており、安心して子供のために使っていただいて大丈夫です。また、スマートキッズベルトは通常のジュニアシートのように設置スペースが取られることはないため、後部座席が3人乗りの車の場合、子供を3人載せてスマートキッズベルトを使用しても窮屈にはなりません。

他に優れている点は、スマートキッズベルトは脱着が非常に簡単で、製品重量がたった120gのため、携帯性に優れていることです。自家用車での利用も便利ですが、取り外せば荷物の中にコンパクトに収まるため、実家の車やレンタカーでの利用も非常に簡単です。現在、世界で唯一の携帯型子供用シートベルトのため、この種類のジュニアシートを利用したい場合はこの製品しかありません。

スマートキッズベルトは大人用のシートベルトが子供に使用できる製品ですが、ある程度子供が大きくなってからではないと安全に使用できません。使用の目安は子供の年齢が3歳頃~、もしくは体重が15㎏を超えてからとなっていますのでご注意ください。

BRAXX SmartKidBelt(スマートキッズベルト)の商品詳細
固定方式 シートベルト固定式
適合年齢 3歳~12歳頃
適合身長
適合体重 15~36kg
製品重量 120g
サイズ
洗濯機での洗濯
メーカーHP こちら

まとめ:法律違反にならない6歳以降もジュニアシートの使用がおすすめ

まとめ
車はちょっとした衝突でも大きな怪我に繋がります。法律上の着用義務は6歳未満とされていますが、子供が安全な状態でシートベルトを装着できるようになるまではジュニアシートでサポートしてあげたほうが良いですね。万が一の事態にしっかり備えて、快適なドライブを楽しんでください!