赤ちゃんの歩行器はいつから使う? おすすめ商品・レンタルも紹介

赤ちゃんに歩行器は必要?


生後6ヶ月前後になってくると考え始めるのが歩行器です。歩行器は必要という声や、不要だったという意見もあり、迷いますよね。歩行器はなくても問題はありませんが、歩行器を使うことによるメリットもたくさんあります。ここで歩行器を使った&使わなかったママたちの体験談を集めてみました。迷っているパパママは体験談を参考に決めてみるのも一つの手です。まずは歩行器を使っていたママたちの体験談からご紹介いたします。

歩行器を使っていたママたちの体験談

  • 1歳を過ぎても数歩しか歩けないのが気になり、歩行器を購入。歩行器を使い始めたらすぐにコツを掴んだのか、上手に歩けるようになっていき一安心しました。
  • まだ上手く歩けない時期に購入。歩行器を使って大好きな家族のところへ嬉しそうに駆け寄っていく姿を見るのがとても嬉しかったです。子供自身も歩行器を使いながらも自分の足で寄って行けるのが嬉しいのかなと感じました。
  • 歩行器を購入してからは歩行器で遊ぶ時間が増えました。料理で火を扱うときや洗濯物を干したいときなど、赤ちゃんがいると危険な家事も、目の届く範囲で歩行器で遊ばせておけば、その間に済ませられるようになったのでとても便利です。

上手に歩けないと心配ですが、歩行器のおかげで歩けるようになったら一安心です。また、1人遊びの時間が増えるのもママとしてはとても助かるポイントですね。次に歩行器を使わなかったママたちの体験談です。

歩行器を使わなかったママたちの体験談

  • つかまり立ちを始めた頃に購入。始めは歩行器に興味を示して遊んでいたりしたのですが、しばらくすると歩行器の中で泣き出してしまいました。その後も、折角購入したので何回か歩行器の中に座らせたのですが、結局嫌がってしまいほとんど使用しなかったです。お店などで事前に試してみて、子供が気に入ったなら購入すればよかったです。
  • 友人宅にあったので試しに使ってみたら、歩行器から脱出しようと顔を歩行器から出して、顔から転落しそうになっていました。子供の成長は早いですし、使うなら安全かどうか自宅の環境も考えなければいけないなと思って、使わなかったです。
  • 生後6ヶ月頃に購入しました。歩行器についているおもちゃには興味を示していたのですが、歩行器の中に入るのは嫌みたいで、すぐに出たがっていました。結局、歩行器としては使わず、手押し車のようにして危険だったので友人に譲りました。
  • 子供によって歩行器が気に入る子、そうでない子がいるので購入の際は子供が気に入るか、家に段差など少なくて安全に使用できるかなどを踏まえて購入しましょう

    つかまり立ちはいつできるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
    つかまり立ちはいつできるようになるの? 練習方法や安全対策を紹介
    つかまり立ちは赤ちゃんが歩くようになるまでのステップとして、成長の目安になります。ただ、つかまり立ちをするようになれば、転倒の危険があるので安全対策をしておきたいですね。赤ちゃんがなかなかつかまり立ちをしないので心配…というパパママのために、練習方法もご紹介します。

    赤ちゃんの歩行器を使うメリット


    必須ではないけれど、メリットがたくさんある歩行器。具体的にどのようなメリットがあるのか、3つのメリットをご紹介いたします。

    足を踏ん張る練習になる

    赤ちゃんが歩行を始めるには、まず足を踏ん張って体重を支える力をつけることが大切になります。歩行器は歩き始めの赤ちゃんは歩行の練習にもなりますが、歩き始める前の赤ちゃんが使用すると足を突っ張って使用するので、足の踏ん張る練習にもなるのです。

    赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?
    赤ちゃんが歩きはじめるのはいつから? 歩く練習は本当に必要なの?
    「赤ちゃんがなかなか歩かなくて心配」「いつごろから歩き出すのか知りたい」あなたはこんな悩みを抱えていませんか?赤ちゃんを育てているといろいろ悩みは尽きませんが、この記事では赤ちゃんが歩くのはいつからなのか詳しくご紹介していきます。

    好奇心が刺激される

    歩行器を使用する前は上手く身動きが取れず行動範囲の狭かった赤ちゃんが、使用することによって自由に移動しやすくなります。すると行動範囲が一気に広がるため、家の中でもいろいろな場所へ行ってみるなど、さまざまなことに興味を持つようになります。また、歩行器を使用することによって、目線が高くなるので好奇心が刺激されます。

    ママが手を離せないときに助かる

    料理や洗濯などで手が離せないときにも便利な歩行器。ママたちの体験談でもあった通り、歩行器を使うと家事で手が離せず、そばにいてあげられなくても、目の届くところで一人遊びをしてくれますし、床に落ちているものを拾って口に入れてしまう危険性もありません。ママにとっても助かる道具ですね。

    赤ちゃんの歩行器のデメリット


    歩行器はメリットばかりでなくデメリットも多少あります。どのようなデメリットなのかご紹介いたします。

    歩き始める時期が遅くなる

    歩行器を使って歩くことと、実際に自分の力で歩くことは異なります。歩行器では上手に移動できていても、いざ歩行器から出してみると足が出なくなり、歩き始める時期が遅くなってしまう場合もあります。

    転倒や転落のリスクがある

    室内で自由に移動できるのは歩行器のいいところですが、段差の方へ移動してしまい、そのまま転倒・転落してしまう危険性があります。歩行器を使用する場所に段差などの危険な場所がないか、ある場合は対策がしてあるかを確認すると安心です。また、事故防止のために家事をしているときも、必ず目の届くところにいてあげてください。

    赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
    赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!
    生まれたばかりの赤ちゃんはまだ自分の力や判断で動くことができなかったり、赤ちゃんが成長してハイハイや一人歩きができるようになっても、好奇心旺盛な赤ちゃんの周りでは危険なことがたくさんあります。パパママは、赤ちゃんに起きやすい事故を理解し、正しい安全対策を行いましょう。

    赤ちゃんの歩行器はいつからいつまで使う?


    軽く支えれば座ることができ、ハイハイも可能になる生後7ヶ月頃から使用できます。生後7ヶ月を過ぎてもまだ腰がしっかりせず、上手く座れない場合は慌てて使用せずに、腰の成長がしっかりしてから歩行器を使いましょう。腰がしっかりしてから歩行器を使用することによって、歩行器に頼った歩き方を防ぐことができます。歩行器の使用を卒業するタイミングは、それぞれ個人差がありますが、生後15ヶ月頃が目安です。あくまでも目安ですので、赤ちゃんの発達状況に合わせて早めの卒業や使用する歩行器の対象月齢に合わせ、歩行器の卒業のタイミングを見計らってください。

    赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
    赤ちゃんはいつからハイハイをはじめる? しない子もいる? おすすめのハイハイ練習方法5選!
    赤ちゃんがハイハイを始めるのは生後7~8ヶ月といわれますが、赤ちゃんによってかなり個人差があります。「うちの子はなかなかはいはいしない!大丈夫?」と心配するパパママに、赤ちゃんがハイハイをする理由やしない赤ちゃんについてなど、ハイハイについての基礎知識をご紹介します。
    6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
    6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
    自治体によって6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けるように通知が来るところもあります。お医者さんに赤ちゃんの発達、健康状態を診てもらうことができ、育児の相談をすることもできますよ。6ヶ月健診・7ヶ月健診でチェックされるポイントをご紹介します。

    赤ちゃんの歩行器の使い方・注意点


    歩行器の使用方法や注意点をご説明いたします。歩行器を効果的、安全に使用するためにも、購入した歩行器に付属されている説明書や注意事項と合わせて参考にしてみてください。

    高さは膝が少し曲がる程度に調整

    歩行器を使うとき、高さ調整が大切になってきます。赤ちゃんの足が床につかない高さは、赤ちゃんの体の負担になったり、上手く歩行器を使えず歩行器が嫌になったりします。赤ちゃんの膝が少しまがり、両足がしっかり床につく高さに調整してあげましょう。

    1回20分以内・1日2時間以内

    長時間の歩行器の使用は筋肉の発達を妨げたり、歩行器に頼った歩き方をしたりと、歩行の遅れにつながる可能性があります。1日の使用時間を2時間以内、1回の連続使用を20分以内を目安にして、1日に何回かに分けて歩行器を使いましょう

    目は離さない

    家事などで手が離せないときも歩行器で遊んでくれるとパパママは助かりますが、手を離しても目は離さず、しっかり見守っていてください。歩行器は移動しているうちに徐々に加速していき、家具にぶつかったり、その衝撃で上から物が落ちてきたり、階段や段差から落ちたりとさまざまな事故のリスクがあります。大きな事故に繋がらないように目の届くところで歩行器を使用しましょう

    赤ちゃんの歩行器の種類と選び方


    赤ちゃんの歩行器は主に丸型、四角型の2種類があります。どちらの型にするかは歩行器を選ぶときに大事なポイントになってきます。まずはそれぞれの特徴をご説明いたします。

    丸型

    昔からある歩行器の形で、前後左右はもちろん斜めなど、自由に動くことができるのでストレスなく赤ちゃんが遊べます。また、テーブル付きのタイプが多く、丸型歩行器のまま離乳食を食べたりすることも可能です。自由に動かせる点やテーブルとしての機能をメインに考えているパパママにおすすめです。

    四角型

    四角型は丸型と違い、自由自在に動くことは難しく前後左右の動きになります。このタイプの歩行器はおもちゃ付きのタイプが多くキャラクターやハンドル付きなど多機能なものが多いです。また、種類によってはおもちゃの部分を外して机として使うことも可能です。おもちゃの機能も活用したいと考えているパパママにおすすめです。

    それぞれ特徴があるので使い方によってどちらの型にするのか選ぶと良いです。

    また、型の他にも

    • ストッパー機能、転倒防止機能
    • SGマークがついている
    • 高さ調節ができる
    • 上記の点も歩行器を選ぶポイントにするといいです。ストッパー機能、転倒防止機能は歩行器で激しく動いても転倒しないように、タイヤに出っ張りが付いているなど工夫がされています。基本的に転倒しやすい丸型の歩行器にこの機能が付いています。他にも「SGマーク」がついている歩行器は「一般社団法人製品安全協会」が行っているとても厳しい歩行器だけが貰えるマークです。「SGマーク」がある歩行器は安全な証拠になります。また、高さ調節ができる歩行器は、赤ちゃんの成長に合わせて高さを調節できるので、兄弟や姉妹、親戚など赤ちゃんの身長に合わせて長い間使うことができます。

    人気のおすすめ赤ちゃんの歩行器7選


    ここで、丸型、四角型それぞれの歩行器のおすすめ商品をご紹介いたします。こちらでご紹介する歩行器は全て高さ調節可能、折りたたみ可能、おもちゃ付きの歩行器はおもちゃを取り外してテーブルとして使用できるタイプになります。

    ORANGE-BABY ベビーウォーカー スタンダード 歩行器

    シンプルなデザインでどのテイストの室内にピッタリな歩行器。ストッパーは付いていないのですが、歩行を止めるマットが別で販売されているので一緒に購入したら安心です。金額もお手頃な価格で嬉しいです。

    ORANGE-BABY BabyGo! イージーマット

    ベビーウォーカーのリング枠にマットを装着するだけで、歩行器が動かないようにできます。食事をする時にマットを付けると、食べこぼしをキャッチしてくれます。

    S51Concept フルーツウォーカー

    歩行器のテーブル部分がフルーツのデザインで可愛らしい歩行器です。付属のストッパーシートが防水になっているので、お茶やミルクをこぼしてしまっても染み込まずに綺麗に拭き取れます。重さも2.3kgで持ち運びしやすい軽量歩行器です。

    永和 ベビーシンプルウォーカー

    片手で簡単に折りたためて、赤ちゃんの激しい歩行でも転倒しにくい便利で安全な歩行器です。広めのテーブルはフチがあるタイプなので食器を置いても落ちにくいです。ストップマット付きで、動きにくくするのはもちろん、食事中の食べこぼしキャッチとしても使用できます。

    creer クレエ歩行器 S・G

    こちらは東京都の葛飾区で製造している日本製の歩行器です。キャスターは消音機能だけでなく、転倒防止機能付きなので安心です。使用後は、折りたたむと厚さ9cmほどになるのでコンパクトに収納できます。

    エムアンドエム それいけ! アンパンマン おしゃべりウォーカー

    大人気のアンパンマン歩行器です。ハンドルやメロディーが流れるおもちゃ付きなので赤ちゃんも歩行器に乗りながらたくさん遊べます。また、消音キャスター、ソフトバンパー仕様になっているので、家具や壁の傷つけにくい点も良いです。

    日本育児 はらぺこあおむし 歩行器 2in1ウォーカー

    まだ歩けない時期は歩行器として、歩けるようになったら手押し車として使える2in1タイプです。可愛いはらぺこあおむしのおもちゃに、赤ちゃんも興味津々です。段差から転落防止のストッパーが付いているので、安心して室内で遊ばせることができます。

    JTC てくてくウォーカー

    JTC てくてくウォーカー

    JTC てくてくウォーカー

    6,352円(10/15 19:59時点)
    Amazonの情報を掲載しています
    たくさんのおもちゃが付いているので、歩行の練習だけでなく、一人遊びの練習にもなります。本体の周りにはクッション材と大きめの消音キャスターが付いているので室内を傷つけずに動き回れます。本体を動かないようにしっかりと固定できるストッパーが内蔵されているので、歩行器のままご飯を食べさせてもふらふらと動いてしまう心配がありません。

    ベビーウォーカー ZOO(1個)【JTC】

    動物園をイメージさせるデザインの歩行器で、歩行器とロッキングチェアの1台2役になる優れモノ。めくったり、動かしたり、転がしたりと指先を使うおもちゃがたくさん付いているので、赤ちゃんの発達に良い影響を与える歩行器です。

    赤ちゃんの歩行器はレンタルもできる


    歩行器は使用期間が短いですし、購入してみて赤ちゃんが気に入らなかったらと思うとなかなか購入できませんよね。そういう場合に便利なのが歩行器のレンタルです。歩行器レンタルのメリットや、どのような会社がレンタルをしているのかご紹介いたします。

    レンタルのメリット

    歩行器は購入にすると赤ちゃんが遊んでくれなかった場合、処分に困ってしまいますし、使用期間もおもちゃと違って短いため使用後の置き場所も困ります。しかし歩行器をレンタルすれば、赤ちゃんが遊んでくれなかったらすぐに返却すればよいですし、楽しんで歩行器を使ってくれたらレンタル期間を延ばすこともできるので便利です。

    赤ちゃんの歩行器をレンタルしている会社

    全国的に歩行器のレンタルを行っている会社を3つご紹介いたします。どのくらいの期間からレンタル可能か、金額や送料だけでなく、レンタル会社のポイントもご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

    スーパーレンタルショップダーリング

    スーパーレンタルショップダーリング
    レンタル可能期間 2日間~
    レンタル料金(本体代のみ) 480円~
    送料(往復) 関東の場合2,040円
    対応地域 沖縄、離島を除く日本国内
    申し込み方法 WEBまたはFAX

    こちらのレンタル会社は丸型・四角型歩行器の種類が豊富なところです。また、日曜日以外の曜日で14時までに注文が完了すると、即日発送してくれます。往復送料は歩行器の大きさによって異なるので、各商品のページを参考にするか、注文時に確認すると良いです。

    関連リンク

    スーパーレンタルショップダーリング

    Nice Baby ナイスベビー

    Nice Baby ナイスベビー
    レンタル可能期間 2週間~
    レンタル料金(本体代のみ) 3,024円~
    送料(往復) ナイスベビー便の場合無料または600円
    その他の場合は1,200円~
    対応地域 沖縄、離島を除く日本国内
    申し込み方法 電話またはWEB

    こちらのレンタル会社は「ナイスベビー便」という、関東の一部エリアで、合計金額が税抜き8,001円以上の場合往復送料無料(8,000円以下の場合は送料600円)、レンタル品の組み立て、解体、梱包や使い方の説明を無料で行ってもらえる独自のサービスがあります。合計金額はレンタルと購入を合算しても良いので、対象エリアの方は嬉しいサービスです。ナイスベビー便の対象外エリアの場合は歩行器のサイズによって往復送料が異なるので、注文時にしっかり確認しましょう。

    関連リンク

    Nice Baby ナイスベビー

    Babyrenta

    Babyrenta
    レンタル可能期間 1週間~
    レンタル料金(本体代のみ) 2,160円~
    送料(往復) 全国一律2,300円~
    対応地域 北海道、沖縄、離島を除く日本国内
    申し込み方法 WEB

    歩行器レンタルの業界最安値が一目で確認出来て便利なレンタル会社です。他にも返金保証という、3ヶ月以上レンタルに限り不満などがあった場合、レンタル開始日から3日以内であれば返金が可能になるという安心できる制度があります。往復送料は歩行器の大きさによって異なるのでレンタル前に商品ページでチェックしておきましょう。

    関連リンク

    Babyrenta

    ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選
    ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選
    赤ちゃんとの生活で必要になるベビー用品はたくさんあります。ベビー用品をレンタルできるサイトもあり、レンタルサイトを利用することでお得に賢くベビー用品を揃えることができます。ベビー用品レンタルのメリット・デメリット、おすすめレンタルサイトをご紹介していきます。
    出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
    出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
    妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。

    まとめ


    昔と違い、さまざまな歩行器があり迷ってしましますよね。いきなり購入しなくても、お試しでレンタルしてみて、赤ちゃんが気に入れば購入という選択肢もあるので、赤ちゃんもパパママも納得のいくように歩行器を選んでくださいね。

    赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
    赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?
    赤ちゃんが生まれたばかりの新生児から1歳頃までは、人生で一番成長する時期です。この時期の赤ちゃんの成長はパパママにとっても心配なはず。そこで、赤ちゃんの月齢ごとの平均身長や平均体重、月齢ごとにどのように発育していくのかについてご紹介します。