帝王切開の費用はいくら?自己負担や双子の場合、限度額認定証ついてなど

帝王切開での出産費用が不安

帝王切開は健康保険の対象で自己負担は3割
帝王切開での出産を間近に控え、費用面での不安も大きいママもたくさんいるでしょう。しかし、出産費用が基本全額自己負担となる普通分娩(経膣分娩)とは異なり、帝王切開での出産は保険適応となるため高額療養費の対象になります。その他にも、申請すればもらえるお金が実はいくつかあるんです。給付金の種類によって条件や期間は異なりますが、対象の場合は手続きをきちんとすれば、帝王切開での出産における自己負担額はかなり軽減されるでしょう。

帝王切開での平均出産費用は60~70万円

帝王切開の費用の平均は60~70万円
帝王切開での出産にかかる費用は、普通分娩にかかる費用に帝王切開の処置費用等をプラスした金額になります。具体的には、処置費用の他に投薬費や入院費などが発生し、帝王切開の費用は普通分娩に比べてプラス10~20万円ほどかかります。普通分娩の平均費用は50万円前後ですので、それらを合算して、帝王切開にかかる費用は60~70万円程と考えておきましょう。もちろん、実際にかかる費用は地域や産院によって異なりますので、事前に産院に確認しておくのがベターです。

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均で50万円程度かかるといわれています。そこから補助金を引いた金額が自己負担額です。出産総額は地域や病院ごとに異なり、また出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。出産に「かかる費用」「もらえるお金」を解説します。

帝王切開は健康保険の対象なので自己負担は3割

帝王切開は健康保険の対象で自己負担は3割
帝王切開は健康保険の対象になると聞いたことがあるかもしれませんが、実は、かかった総額に対して3割負担になるわけではないんです。帝王切開にかかる費用は、保険適応になる部分と、そうでない部分(自己診療分)に分けられます。そのうち、保険適応となる費用に対してのみ3割負担となるのです。具体的には、手術費、処置費、投薬費、検査費などがあげられます。一部だけでも負担が軽減されるのは助かりますね。
  

差額ベッド代や食費などは適用外

帝王切開は手術になりますので、普通分娩に比べて当然入院日数が長くなります。しかし、入院中の差額ベッド代や食事代、新生児の保育費用などは自己診療扱いとなり保険適用外、つまり自己負担となってしまいます。では、その自己負担額はいくらになるのかでしょうか? ズバリそこが気になるところですよね。でもあまり心配しなくても大丈夫です! さまざまな手当や給付金の受給対象者であれば実費はかなり抑えられますし、プラスになることもあるかもしれません。詳細は後ほどご説明します。

帝王切開で受け取れるお金まとめ! プラスになることも

帝王切開で受け取れるお金まとめ! プラスになることも
必要な手続きをきちんとすれば、受け取れるお金がいくつかあります。場合によっては、実際に支払った金額よりも多く戻ってきて、結果プラスになることも少なくありません。出産はとても大変で、ママは命がけです。でも、実際にかかった費用よりも多くお金がもらえたら嬉しいですよね♪ ただし、受け取れるお金の種類によって条件が異なり、出産したママ全員がすべての給付金を受けられるわけではありません。自分がどの給付金の対象かどうか、確認しておきましょう。
   

出産育児一時金:双子なら2倍

出産すると、分娩方法にかかわらず、加入している健康保険から出産育児一時金が支給されます。対象となるのは健康保険の被保険者、もしくは被扶養者ですので、旦那さんの扶養に入っているママももちろん大丈夫です。加入先の健康保険に申請すれば42万円が支給されます。42万円で足りる産院はほとんどありませんが、もらえるだけ有難いですよね。

ちなみに、双子を出産した場合は2倍の出産育児一時金、つまり84万円がもらえます。また、産院が「直接支払制度」に加入していれば、出産育児一時金は健康保険から直接産院に支払われるので、本来産院で支払う金額から出産育児一時金を差し引いた金額を退院時に窓口で支払うことが出来ます。大金を産院まで持って行く必要がなくなるので、とても安心で便利な制度です。出産前に是非産院に確認してみてくださいね。

出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産育児一時金とは? 対象条件や金額、申請方法は?
出産費用は分娩費、入院費などを合わせると数十万円かかり、経済的な負担を心配するパパママも多いですよね。出産育児一時金は出産費用を大きく賄ってくれるので、もらえると安心です。出産育児一時金は、いつ、いくらもらえるのでしょうか。出産育児一時金の手続き方法についてもご紹介します。
双子を妊娠! 妊娠中のリスクはどんなこと? 経験者のママにインタビューしました
双子を妊娠! 妊娠中のリスクはどんなこと? 経験者のママにインタビューしました
双子を妊娠すると妊婦さんの身体にはどのような変化が起こるのでしょうか? 一人だけの時と比べ、リスクや身体の負担、体重の変化はどう違うのでしょうか? 実際に双子を妊娠したママにインタビューし、妊娠中に起こった実体験を語っていただきました。
  

高額療養費:限度額認定証で事前申請可

高額療養費とは、1ヶ月(1日~月末まで)に支払った医療費が自己負担限度額を超えたときに、その超過分を払い戻してもらえる制度のことをいいます。帝王切開や鉗子分娩など、治療とみなされる行為が伴う出産が対象となります。普通分娩は治療となるような行為がないため対象外となります。所得区分や年齢によって自己負担限度額は異なり、加入先の健康保険で確認できます。また、加入している健康保険に対して、事前に「限度額認定証」の発行手続きをしておくことをおすすめします。産院の窓口で、限度額認定証と健康保険証をあわせて提示することで、会計時に自己負担限度額以上の支払いをする必要がなくなるからです。

出産にも関係する高額医療制度とは? 対象・申請方法、限度額などを解説
出産にも関係する高額医療制度とは? 対象・申請方法、限度額などを解説
高額医療制度という制度をご存じでしょうか。手術などで経済的な負担が大きくなったときに国からサポートが受けられる仕組みです。正確には「高額療養費制度」といいます。この制度を知っておくと万が一の時に役に立つので、高額医療制度について詳しくご説明します。
  

医療費控除:確定申告を忘れずに

医療費控除とは、所得税及び個人住民税において、支払った医療費に対して戻ってくるお金のことです。その年の1月1日~12月31日までの1年間で、生計を共にする家族が支払った医療費の合計が10万円を超えた場合に申請することが出来ます。分娩方法にかかわらず出産費用は医療費控除の対象となります。通院にかかった交通費も対象になります(※里帰り出産で実家へ帰る交通費は対象外)。医療費控除を受けるには確定申告が必要となるのですが、出産育児一時金を差し引いた金額で申告しなければならないのでご注意くださいね。

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間はどれくらいなのか、いつからどんな準備を始めたら良いか悩むものです。ここでは、里帰り前2ヵ月から里帰り中まで何を準備したら良いか順を追ってご説明。さらに夫や実家にどんな準備や配慮をしたら失敗ない里帰りになるのかもご紹介します。
  

出産手当金:勤務先の健康保険に入っている人が対象

出産手当金とは、出産日(出産が予定日よりも後になった場合は出産予定日)以前42日から出産日の翌日以降56日間、原則98日間を対象にして、勤務先で加入する健康保険から支給されるお金のことです。お給料の日額の3分の2×産休の日数分をもらうことが出来ます。また、出産手当金の支給期間は、健康保険料、年金保険料、雇用保険料などが免除されるというメリットもあります。しかし、当然ながら、勤務先の健康保険に加入していることが条件となりますので、すべての人が対象というわけではありません。

出産手当金は給料によってもらえる額が変わる? 計算の仕方や申請方法は?
出産手当金は給料によってもらえる額が変わる? 計算の仕方や申請方法は?
産休中は会社から給料はもらえませんが、会社の健康保険に入っている人は、出産手当金を受け取ることができます。受け取る金額は、給料や休んだ日数で変わってくるので、自分がいくら受け取ることができるの気になりますよね。出産手当金が受け取れる条件や金額の計算方法、申請方法などをご紹介します。
  

育児休業給付金:2歳になるまで延長も可能

被保険者の方が育児休業(育休)を取得した際に申請することで受け取れるお金のことです。これは、育休中の人が生活に困らないように、国から支給される給付金です。通常は子供が1歳までしか受け取れる期間はありませんが、保育園に預けることが出来ないなど、やむを得ない理由により、2歳まで延長することが可能です。育児休業給付金を申請するにはさまざまな条件や期間が定められており、すべての国民が受給できるわけではありません。その条件とは、

  1. 1歳未満の子供がいる
  2. 雇用保険に加入している
  3. 育休前の2年間で、1ヶ月に11日以上働いた月が12ヶ月以上ある
  4. 育休中に、育休前にもらっていたお給料の8割以上が支払われていないこと(※1)
  5. 育休中の就業日数が毎月10日間以下である

(※1)簡単に説明すると、毎月20万円もらっていた人が、育休中に毎月16万円以上の賃金をもらっていると給付金を受けられなということです。

育児休暇って? 育児休業給付金って? 育休中に免除される税金は?
育児休暇って? 育児休業給付金って? 育休中に免除される税金は?
育児休業ってどんな制度かご存知でしょうか? 子供が生まれて8週目以降仕事を休み育児に専念するためにパパママが取得できる法律で認められた休業期間が育児休業で、育児休業中は給付金や税金免除を受けることができます。パパママの育児を支援する、この制度について詳しくご紹介します。
育児休業給付金とは? 月収別の支給金額例と育児休業給付金の計算、申請方法について
育児休業給付金とは? 月収別の支給金額例と育児休業給付金の計算、申請方法について
育児休業給付金という子育て支援制度をご存知でしょうか? 育児休業を取得するパパママがもらえるのが育児休業給付金です。育児休業給付金はいつ、どのように申請し、いくら受け取ることができるのでしょうか? 育児休業給付金の基礎知識をご紹介します。

帝王切開は民間の医療保険も対象

帝王切開は民間の医療保険も対象
帝王切開はメスが入りますので、手術扱いになります。そのため、健康保険以外の保険にも加入している場合、加入している保険会社に対して帝王切開の医療費を請求することができます。加入先の保険会社から申請書を取り寄せ、産院の医師のサインなどが必要になるので、事前に保険の担当者に確認しておくことをおすすめします。

保険料控除の計算方法は? 上限は?詳しく知って年末調整に備えよう
保険料控除の計算方法は? 上限は?詳しく知って年末調整に備えよう
生命保険料控除はサラリーマンの家庭にも自営業の家庭にも深く関係するものです。何となく難しそう…というイメージを持つ人もいるかもしれません。正しい知識を知っておくと手続きへのハードルも下がるはず。家庭の税金の負担を軽くする保険料控除について解説します。

まとめ:帝王切開の負担を少しでも軽くしよう

まとめ:帝王切開の負担を少しでも軽くしよう
出産に関する費用について、少しは不安が解消されたでしょうか。申請の手続きは正直面倒ですが、もらえるものはきちんと受け取らないともったいないので、頑張って手続きしましょう。特に帝王切開での出産は、出費ばかりではなく、条件を満たしていれば受け取れるお金も思いの外たくさんあるので、あまり心配しすぎないでくださいね。まずはリラックスしてお産に臨みましょう。

赤ちゃんの出生届のよくある疑問、書き方・出し方の総まとめ
赤ちゃんの出生届のよくある疑問、書き方・出し方の総まとめ
赤ちゃんが産まれた際に必ず必要なのが出生届ですよね。非常に重要な手続きですが、詳しい内容や手続方法がわからないというママもいるのではないでしょうか。今回は出生届の基本的な書き方や出し方、よくある疑問について詳しく解説していきます。
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。