保育園・幼稚園のハロウィンはどんなことをするの? 子供におすすめの仮装・コスプレ衣装10選も紹介

目次

ハロウィンとは?

ハロウィンとは?
日本でもすっかり定着したハロウィン。お菓子をもらえたり可愛いおばけの仮装(コスプレ)をしたりと、子供たちも大好きなイベントです。でもその起源をご存知でしょうか? 事前にパパママがハロウィンの由来を子供たちに教えてあげると、よりいっそう保育園・幼稚園でのイベントを楽しんでもらえるはずです。「どうして仮装をするの?」「なんでお菓子をもらえるの?」といった子供たちの疑問にもこたえてあげられますね。そこでまずはハロウィンについてご紹介します。

ハロウィンに仮装(コスプレ)をするのはなぜ?

ハロウィンは古代のケルト民族に起源があるといわれています。古代ケルトでは1年のはじまりを11月1日としており、大晦日にあたる前日の10月31日から秋の収穫を祝うお祭りを行っていました。またこの日はあの世の扉が開き、先祖の魂や悪霊などがこの世にやってくると信じられていました。

そのため人々は悪い霊にいたずらをされないように、自分たちもお化けの格好をして身を守っていたのです。これがハロウィンに仮装をするようになったはじまりだといわれています。そしてヨーロッパやアメリカへとハロウィンの文化が伝わっていく中で、各地のさまざまな風習と混ざり合い、現在のハロウィンへとなったのです。

「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」の由来は?

子供と過ごすハロウィンではずせない、「Trick or Treat(お菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」のセリフ。その由来はいくつかあります。ここでは3つの説をご紹介しますね。

  1. 死者の日に、キリスト教徒が亡くなった先祖を天国に導くお祈りをする代わりに「ソウルケーキ」をもらったのがはじまり
  2. 仮装や歌、マジックなどを披露する代わりにお菓子をもらうスコットランドの「ガイジング」から来ている
  3. お菓子をあげることで悪霊を追い払う効果があると信じられていた

「ジャック・オー・ランタン」の由来は?

「ジャック・オー・ランタン」の由来は?
かぼちゃの中身をくり抜いてキャンドルをともした「ジャック・オー・ランタン」。窓辺などに飾ると魔除けになるといわれており、ハロウィンで欠かせないアイテムのひとつです。この「ジャック」とはアイルランドの物語に出てくる男の名前。生前に悪さばかりしていたジャックは、魂を奪いにやってきた悪霊をだましたことで、天国からも地獄からも締め出されてしまいます。

永遠に世界を放浪することになったジャックは、足下を照らすためにカブをくり抜きランタンを作りました。これが「ジャック・オー・ランタン」の由来です。ちなみにアメリカではかぼちゃが多く収穫されていたため、ハロウィンがアメリカに伝わった際、カブではなくかぼちゃのランタンが広まりました。

保育園、幼稚園でハロウィンをするねらいは?

保育園、幼稚園でハロウィンをするねらいは?
保育園や幼稚園でハロウィンを行うねらいはいくつかあります。1つ目は、季節の行事に関心を持ってもらうため。2つ目は、異文化に興味を持ち理解を深めてもらうため。3つ目は、ハロウィンが海外発祥の、収穫をお祝いするお祭りであることを知ってもらうためです。またハロウィンが、英語を好きになるきっかけづくりとして役立つかもしれませんね。

保育園・幼稚園のハロウィンではどんなことをするの?

保育園・幼稚園のハロウィンではどんなことをするの?
世界各地のさまざまな風習と混ざり合い、発展していったハロウィン。日本では大人も仮装を楽しむイベントとして知られていますが、保育園や幼稚園ではどのような催しを開いているのでしょうか?

「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらう

ハロウィンといえば、子供がお菓子をもらえるイベント。保育園・幼稚園でも、「トリック・オア・トリート」「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」と子供たちが園内を歩きまわり、お化けの仮装をした保育士たちがお菓子をあげるというイベントを行っています。お菓子の内容は、折り紙で手作りしたものやおもちゃを見立てたものなどいろいろ。本物のお菓子を配る園では、おやつの時間に食べたりお土産として持たせたりしています。

ハロウィンメニューの給食やおやつを食べる

ハロウィンメニューの給食やおやつを食べる
給食にかぼちゃのシチューが出たり、おやつの時間にかぼちゃのクッキーやおばけのキャンディが出たりと、いつもと違うメニューはハロウィンの特別感が一層増します。給食がない保育園・幼稚園に子供を通わせているパパママは、少し頑張ってハロウィン仕様のお弁当にチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

子供や先生が仮装(コスプレ)をする

仮装もハロウィンの醍醐味のひとつ! 先生だけが仮装をして子供たちにお菓子を配るところや子供たちが本格的な仮装をするところなど、保育園・幼稚園によってさまざまです。また記念写真を撮影したり、お散歩をしたりする園もあります。

ハロウィンにまつわる工作や絵本の読み聞かせがある

季節行事の飾り付けや工作は、イベントを盛り上げるために欠かせません。オレンジ色の折り紙で「ジャック・オー・ランタン」をつくったり、飾り付けの仕上げを子供たちで行ったり…準備する先生たちは大変ですが、子供たちは嬉しいものですよね。仮装用の魔女の帽子や洋服などを色画用紙やビニール袋を使って子供たちが手作りする保育園・幼稚園も。また、絵本でハロウィンの由来をわかりやすく教えたり、かぼちゃや魔女をテーマにした絵本を読み聞かせたりする保育園・幼稚園もありますよ。

お遊戯会の衣装づくり。不織布で作れる衣装と作り方のポイント
お遊戯会の衣装づくり。不織布で作れる衣装と作り方のポイント
幼稚園に入ってはじめてのお遊戯会は、子供の晴れ姿を見ることができる機会です。そんなお遊戯会では、衣装づくりを保護者が担当するケースも少なくありません。でも、何を準備したらいいのでしょうか。ここでは不織布を使ってきる衣装づくりのヒントをご紹介したいと思います。
おすすめのミシンの選び方! 欲しい機能別人気のミシン3選
おすすめのミシンの選び方! 欲しい機能別人気のミシン3選
子供の入園準備のためにミシンを買いたいけれど、初めてミシンを買うのでどれを選べばいいのかわからないというママ向けに、ミシンを購入するときはおすすめのポイントをご紹介します。初心者向けから中級者以上までの幅広いミシンを機能別に紹介していきます。

講談社 ハッピー ハロウィン!

ハッピー ハロウィン! (講談社の幼児えほん)

ハッピー ハロウィン! (講談社の幼児えほん)

新井 洋行
990円(11/12 17:29時点)
発売日: 2013/09/06
Amazonの情報を掲載しています
1歳から楽しめるハロウィンの絵本。オバケやオオカミ男などのさまざなモンスターがあなたのお家に訪れ、最後に来た魔女が仮装のお面を持ってきてくれて…というストーリーです。仮装にフューチャーされたしかけ絵本は、子供も喜ぶこと間違いなし!

絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!
絵本の読み聞かせの教育効果とは? 年齢別の絵本の読み聞かせ方法も紹介!
絵本の読み聞かせが子供の成長にプラスになるのはみなさんご存知でしょう。では、具体的にどんな効果があるのでしょう。成長に合わせて、年齢ごとに読み聞かせのコツもあるんですよ。子供の想像力や集中力、国語力を育てる絵本読み聞かせの基本についてご紹介します。

歌やダンスでリズム遊びをする

ハロウィンのダンスを踊る保育園・幼稚園もあります。ここでは人気の動画を2つご紹介しますね。子供たちも簡単にできるダンスなので、家庭でも踊ってみてください!

ピクソン「おかしなハロウィン」

読み聞かせユニットである「ピクソン」の第2弾シングル動画です。

ハロウィンのうた「パンプキンダンス」

子供も踊って楽しめる、ちょっぴり「きもかわいい」ダンスが魅力。一緒に踊ってみてくださいね。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装10選

ハロウィンの醍醐味といえば、やっぱり仮装! 子供だから似合う衣装もたくさんあります。ここでは子供におすすめの仮装10選をご紹介します。半袖や半ズボンなどのコスチュームは、下に長袖やレギンスを着せてあげると寒さ対策になるのでおすすめです。また保育園や幼稚園によっては「カチューシャはつけない」「メイクはだめ」「サンダルはNG」などの指定があるかもしれません。事前に確認してから準備をするようにしてくださいね

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装1:ドラキュラ

サイズ:70〜95cm
マントが付いた可愛らしいドラキュラのコスチューム。同じメーカーでかぼちゃや海賊のコスチュームもありますよ。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装2:かぼちゃのコスチューム

サイズ:80〜100cm ※ワンサイズ
ころんとしたフォルムがとってもキュートなかぼちゃのコスプレセット。帽子とカバーオールに、お菓子を入れるかぼちゃかごも付いています。小さいサイズなので年少さんにおすすめです。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装3:ミニオン

サイズ:80cm、110〜130cm
ミニオン風のTシャツとデニム調オーバーオールのコスプレセット。こちらも普段使いできるデザインなので、オールシーズン活用できます。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装4:トイ・ストーリーのウッディ

サイズ:80〜140cm
映画でも大人気のウッディのコスプレ。帽子やバンダナ、ホルスター、ブーツカバーのアイテムが付いており、本格的な仮装が楽しめます。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装5:ウォーリーを探せ

サイズ:90〜100cm
Tシャツと帽子、メガネが付いたウォーリーを探せのコスプレセット。大人向けのメンズ・レディースのサイズもあるので、家族でウォーリーのコスプレを楽しむのも良いですね。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装6:小悪魔

サイズ:90〜100cm、120〜130cm
フードに角、パーカーの背中に翼、ズボンにしっぽが付いたとてもキュートな小悪魔のスーツ。普段着やパジャマとしても使えるのがポイントです。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装7:魔女の宅急便のキキ

サイズ:100~120cm、125~140cm
魔女の仮装といえば、「魔女の宅急便」のキキも定番ですよね。落ち着いた紺色のワンピースは、下にカラフルなレギンスを合わせて普段着として使うのもおすすめです。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装8:ディズニープリンセス(アナと雪の女王)

サイズ:100〜140cm
ディズニープリンセス風のドレスも女の子に大人気のコスプレ! こちらの商品はドレスの他にハートのティアラ、魔法のステッキ、三つ編みウィッグ、手袋、オリジナルブレスレットが付いており、お姫さまごっこも楽しめます。

ディズニープリンセスのおもちゃ10選! 小さなプリンセスになれる人気のドレスも紹介します!
ディズニープリンセスのおもちゃ10選! 小さなプリンセスになれる人気のドレスも紹介します!
ディズニープリンセスに憧れ、私もプリンセスのようになりたい! と思う女の子は多いものです。そんなプリンセスを身近に感じることができるディズニープリンセスの衣装やおもちゃのおすすめをご紹介します。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装9:白雪姫

サイズ:110cm
白雪姫のドレスとマント、カチューシャの3点セット。グリム童話から出てきたような可愛らしいデザインが魅力です。

子供におすすめの仮装・コスプレ衣装10:ハリーポッター

サイズ:110〜120cm
ハリーポッターのコスプレ衣装。原作を忠実に再現したローブに眼鏡、ネクタイ、魔法の杖が付いています。

まとめ


子供にも大人気のハロウィン。海外ではお化けにふんした子供たちが、「トリック・オア・トリート」(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)と玄関先でお菓子をねだる風景が名物ですが、日本の保育園・幼稚園でもさまざまな楽しみ方をしています。家庭であらかじめハロウィンの由来についてお話をしたり、子供たちと一緒に仮装の服装を選んだりすることで、ハロウィン当日はもちろん、準備期間もわくわく過ごせますよね。ぜひ最高のハロウィンを過ごしてください!

クリスマスのルーツって? 何のお祝いなの? なぜチキンやプレゼントを用意するの? 
クリスマスのルーツって? 何のお祝いなの? なぜチキンやプレゼントを用意するの? 
「なぜクリスマスはお祝いをするの?」と子供に聞かれたとき、すぐに答えてあげられますか? 毎年クリスマスパーティーをしているものの、改めて聞かれるとその理由はいまいちわからいこともありますよね。本記事では、そんなクリスマスにまつわる基本知識や疑問を解説します!
クリスマスを盛り上げる飾り&飾り付けアイデア 100均グッズからDIYまで
クリスマスを盛り上げる飾り&飾り付けアイデア 100均グッズからDIYまで
クリスマスが近づくとわくわくドキドキ。かわいくおしゃれな飾り付けで子供をもっと喜ばせてあげたいですよね! クリスマスが盛り上がること間違いなしの飾り付けアイデアを紹介します。毛糸や折り紙を使った手作りアイデアも満載! お部屋の飾り付けを考え中のママ必見です。
赤ちゃんのヘアバンド12選! 簡単に手作りできるアイデアや付け方の工夫、サイズについて
赤ちゃんのヘアバンド12選! 簡単に手作りできるアイデアや付け方の工夫、サイズについて
赤ちゃん用のヘアバンドは、まだ髪が少ない内から使えるおしゃれアイテムです。どんなヘアバンドがより赤ちゃんの可愛さを引き出してくれるかおすすめをご紹介。また、手作りしたいママ向けに、簡単手作りヘアバンドのアイデアもお伝えします。
【2019年】ママにおすすめ! 人気のダイソーのハロウィングッズ
【2019年】ママにおすすめ! 人気のダイソーのハロウィングッズ
年々、盛り上がりを見せるハロウィン。ダイソーのハロウィングッズも毎年種類が増えているので、お手軽にハロウィンを楽しみたいパパママにおすすめ。人気の商品は売り切れることもあるので、欲しいものがあるパパママは早めにチェック!

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!