2020年のハロウィンはいつ? 由来や仮装、楽しみ方は?

ハロウィンはいつ?

ハロウィンはいつ?
ハロウィンは毎年「10月31日」です。2020年は「10月31日の水曜日」になります。

10月最終日である10月31日は、カトリック教の祝日である「諸聖人の日」の前夜です。諸聖人の日は英語で「All Hallows」、諸聖人の日の前夜は英語で「All Hallows’ eve」=「Hallowe’en」と表します。この言葉がなまった結果、現在の「ハロウィン(Halloween)」になったといわれています。

ハロウィンの由来は?

ハロウィンの由来は?
ハロウィンとは、「死者を祭るための日」です。元々ハロウィンとは古代ケルトに由来する行事で、秋の収穫を祝うと共に悪霊などを追い出す行事・お祭りのことです。「10月31日は1年の終わりとも考えられていた」「1年の終わりに魔女や悪霊が悪さをする」などの考えがあったことから、10月31日にお祭りを行うことで悪霊を追い払えるといわれていました。

なぜジャックオーランタン?

なぜジャックオーランタン?
ハロウィンといえばかぼちゃに顔を切り抜いた「ジャックオーランタン」を想像する人も多いでしょうか。ハロウィンにジャックオーランタンを飾るようになった理由は諸説あります。また、ジャックオーランタンはかぼちゃで作られていますが、初めはカブだったという説もあります。

死者の道を照らすランタン

ハロウィンでは定番となっているカボチャ「ジャックオーランタン」には原型となるお話があるといわれています。そのお話では、悪さばかりしているジャックが地獄に落ち、行く当てもなく歩いていたところ、明るい光を見つけます。その明かりは、かぼちゃの中に入っているろうそくの光でした。ジャックは今でもそのかぼちゃのランタンを持ってさまよっているという物語からジャックオーランタンが死者の道を照らしてくれるといわれるようになりました。

魔除けとして飾る

ジャックオーランタンの由来の一つに「魔除けとして飾られるようになった」という理由があります。
ハロウィンは死者をまつる日ですが、いい魂だけでなく、魔女や悪霊など悪い魂も戻って来るといわれていました。そのため、ジャックオーランタンを飾って魔除けをする習慣があったそうです。

仮装をする理由は?

仮装をする理由は?
ハロウィンで仮装する理由は、「人間の魂をとる魔女や魔物に人間と気付かれないようにするため」「魔女や魔物の仲間だと思わせるため」などの説があります。

日本のハロウィンは本来の目的とは違う?

日本のハロウィンは本来の目的とは違う?
本来ハロウィンとは宗教的な意味合いの強い行事ですが、日本のハロウィンはお祭りのように楽しむイベントとして親しまれてきました。そのため、本来であればハロウィンは10月31日の夜に行われますが、日本では9月~10月にかけてイベントが開催されます

本来の目的は悪霊除けのための仮装なので、死者をイメージした仮装をします。しかし、日本では仮装を楽しむ風習があり仮装ジャンルは多種多様です。子供から大人まで、死者の仮装やキャラクターの仮装などさまざまな仮装が見られます。

次のページでは、ハロウィンを楽しむ方法をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!