赤ちゃんが喜ぶベッドメリー! 先輩ママが選ぶ買ってよかったおすすめ10選

ベッドメリーってどんなおもちゃ?

ベッドメリーってどんなおもちゃ?
よく雑誌やテレビなどでベッドの上でくるくる回っているおもちゃを見たことがありませんか? ベッドメリーは、ベッドの柵に取り付けたり、床に置いたりして使用するおもちゃのこと。ぬいぐるみがくるくると回り、オルゴールが鳴るのが特徴です。

動くおもちゃを目で追うことで脳に良い刺激を与えたり、心地よい音楽とゆっくり回るおもちゃで赤ちゃんを寝かしつけてくれることもあります。メリーはおもちゃとしての役割だけではなく、赤ちゃんの発達にも良い影響をもたらしているのです。また、赤ちゃんがメリーで遊んでいる間、ママはひと休みできるので、ママにとっても嬉しいおもちゃです。

ベッドメリーはいつからいつまで使う?

ベッドメリーはいつからいつまで使う?
ベッドメリーは産まれてすぐの新生児期から、生後8ヶ月頃のつかまり立ちを始める頃まで使えます。最近のベッドメリーはベッドに取り付けるだけでなく、置き型にしたり、つかまり立ちの練習用にしたり、1つでさまざまな使い方ができる物が増えてきています。寝ている時期、お座りができる時期、つかまり立ちの時期など、成長段階によって使えるので長い間使用する方も多いです。

使い始めの頃はあまり興味を示さず、つまらないのかと不安に思うこともあるかと思います。初めは興味を示さなくても使っていくうちに興味がわき、楽しそうに遊び始めることもあるので気長に見守りましょう

関連記事

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 特徴や発達について
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

ベッドメリーの選び方のポイント

ベッドメリーの選び方のポイント
たくさんの種類のベッドメリーがあるため、選ぶのに迷ってしまいますよね。そこで購入する時に参考にするとよい点を4つ挙げてみました。ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1.使い方

ベッドメリーにはベッドに取り付けて使うタイプと床に置いて使うタイプの2種類があります。赤ちゃんの寝かせ方によって使い方が異なるので、ベビーベッドで寝かせて使用するのか、お布団で寝かせて使用するのか、それぞれ寝かせ方に合うベッドメリーを選びましょう。また、長い期間使うことを考えている場合は、ベッドメリーとしても使えて、その後のつかまり立ちの練習にも使えるようなタイプを購入しましょう。ひとつで複数の使い方ができるものが便利です。

ポイント2.音楽の種類

個人差はありますが、赤ちゃんは静かな環境よりも、少し音がする環境や騒がしい環境の方がよく眠れる場合もあります。ベッドメリーはクラシックや童謡、ホワイトノイズ音などさまざまな種類の音が流れるので、どのような音が収録されているか確認して購入するのも良いですね

ポイント3.機能

どのような機能があるのかも選ぶ上では重要なポイントです。ベッドメリーには電池式と手動式の2種類あります。それぞれの特徴をご説明します。

【電池式】
電池式は乾電池を入れたら動くタイプで、スイッチを入れれば自動で音楽が流れたり、おもちゃが回ったりします。長時間動いてくれるので便利ですが、使う頻度によっては電池の消耗が早いのが難点です。

【手動式】
手動式は主にゼンマイを巻いて使うタイプです。電池の消耗を気にしなくても良いですが、手動なので長時間動かすことができず、15分ほどでまたゼンマイを巻かなければならないので少し不便です。

それぞれメリットとデメリットがあるので、使い方によって選ぶと良いでしょう。また、ライト機能が付いているベッドメリーもあります。ライトがあれば夜泣きした時やオムツ替えの時にメリーについているライトをつければ手元が明るくなり、おむつ替えがしやすいのでとても便利です。さまざまな機能があるのでチェックしてみてくださいね。

ポイント4.デザイン

可愛いディズニーや子供に人気のアンパンマン、海外風のカラフルでおしゃれなデザインのベッドメリーなど、さまざまなデザインが販売されています。ぶらさがっているおもちゃもプラスチックや布など種類が豊富です。赤ちゃんの好みやパパママの好み、お部屋のインテリアのテイストに合わせて選んでみましょう。

ベッドメリーを使うときの注意点

ベッドメリーを使うときの注意点
ベッドメリーを使う際には、いくつかの注意点があります。ベッドメリーを購入した時に付いてくる説明書にも記載されているので、安全に使うためにも必ず注意事項をよく読んで使用しましょう。

しっかり正しく取り付ける

ベッドに取り付けるタイプの場合、取り付け方が甘いと使っているうちに緩くなり、赤ちゃんの上に落ちて怪我をする危険性があります。取り付けの際はグラグラしていないかしっかり確認しましょう。

赤ちゃんをベッドに寝かせたまま取り付け・取り外しをしない

赤ちゃんがベッドで寝ている時にベッドでの付け外しを行うと赤ちゃんの上にメリーが落下する危険があります。また、床に置いている場合も近くに赤ちゃんがいるとメリーが倒れて赤ちゃんの怪我につながることもあります。周りに赤ちゃんがいないか確認して作業しましょう。

付属のおもちゃは清潔にする

付属のおもちゃは赤ちゃんがひっぱったり、口に入れたり、舐めたりします。こまめに洗うなどをして清潔にしましょう。また、赤ちゃんが誤飲しない大きめのおもちゃが付いているものを選ぶと安心でしょう。

長時間目を離さない

メリーに夢中だからといって長時間目を離すのは危険です。万が一、事故があったら赤ちゃんの命にかかわることもあります。少し目を離す程度なら良いですが長時間はやめておきましょう。とても便利なベッドメリーを安全に楽しく使用してくださいね。

関連記事

赤ちゃんによく起きる事故と場所や年齢別の安全対策を紹介!

かわいくて人気のベッドメリー10選

かわいくて人気のベッドメリー10選
ここでデザインも可愛くて人気のベッドメリーを10点ご紹介します。複数の使い方ができるものや、収録している音に特徴があるもの、デザイン性の高いものを中心に選びました。

OtotaCam ベッドメリー

子守歌が150種類も収録、投影機能も4種類搭載されており、赤ちゃんが飽きずに遊び続けることができます。また、デザインも可愛らしくてリモコン付きというのも便利でよいですよね。

タラカトミー くまのプーさん えらべる回転6WAY ジムにへんしんメリー

ベッドに取り付けても使用できますし、床に置いても使用できます。お座りが始まったらお座りしても遊べるようになったり、つかまり立ちの練習としても遊べたりするさまざまな機能が付いている便利な6WAYタイプです。ライト機能もあるので夜間のオムツ替えも楽にできます。

関連記事

プーさんのぬいぐるみの選び方やおすすめ10選! 子供へのプレゼントにも!

アガツマ 赤ちゃん泣きやませサウンド付き アンパンマンメリー

こちらもベッドに取り付けても、床に置いても遊べるメリーです。オムツ替えに便利なライト機能も搭載。また、メリーに付いているアンパンマンたちは取り外し可能なので、お出かけの際にラトルとしても使用できます。楽しい音楽だけではなくホワイトノイズ音も収録されているので、赤ちゃんが泣いてしまった時も安心ですね。

トラセリア ベッドメリー

ヨーロッパで有名な雑貨メーカーのベッドメリーです。こちらは注文の際に手動式、電池式が選べるので手動式が欲しい方も嬉しいですよね。シンプルで優しいデザインなのでお部屋のテイストにも合わせやすいかと思います。

フィッシャープライス レインフォレスト4wayごきげんメリー

ベッドに取り付けたり、床に置いて腹ばいの時期に遊ばせたりできます。動物のおもちゃがとても可愛らしいですよね。また、クラシック音楽が14曲も収録されており、赤ちゃんの脳に良い刺激を与えてくれます。クラシックの中には子守歌もあるので寝かしつけでも使用できます。

タイニーラブ プリンセス ミュージックボックスモービル

海外らしいピンクでとても可愛いデザインのメリーです。ぬいぐるみが動くのもユニークですし、音楽の種類が豊富で、クラシック音楽、ジャズ、ホワイトノイズなど6種類収録されています。

ソトン ミュージカル・モビール セレスト

手動タイプのベッドルームメリーです。優しい音色のオルゴールで赤ちゃんがよく眠れそうなメリーです。シンプルなのにおしゃれなデザインなので、お部屋のインテリアにこだわりのある方にもぴったり。

トイローヤル やすらぎふわふわメリー

やすらぎふわふわメリー No.5820

やすらぎふわふわメリー No.5820

3,353円(10/14 21:16時点)
Amazonの情報を掲載しています
低価格でお手頃、見た目もカラフルで可愛いメリーです。メリーに付いている人形がラトルになるのですが、大きめのラトルなので赤ちゃんが口に入れて遊んでも安心です。

GrowthPic ベッドメリー

色がハッキリしていてカラフルで可愛いデザインです。メリーの動く時間が設定できるので、「長時間動かして電池を消耗してしまった!」なんてことも防げます。メリーのおもちゃは取り外し可能。おもちゃに輪っかがついていて、赤ちゃんが掴みやすいラトルタイプなのも良いですよね。

ミキハウス ファーストメリー

子供用品のブランドで有名なミキハウスのメリーです。パステルカラーの優しいデザインなのでメリーの主張をせず、どんなお部屋にも合います。おもちゃが優しい生地で作られているので肌が敏感な赤ちゃんにも安心して使えますし、そのまま洗うことができるので衛生面でも安心です。

ベッドメリーを使った先輩ママたちの口コミ

ベッドメリーを使った先輩ママたちの口コミ
実際に使ってみた感想も気になりますよね。先輩ママたちが実際に使ってみた感想を5つほどご紹介いたします。

生後2ヶ月の赤ちゃんの反応はとてもよかった!

メリーとジムだけではなく、さまざまな用途で遊べる物を購入しました。生後2ヶ月の頃は、夢中になっておもちゃを目で追って遊びました。眠そうなときはお部屋を暗くしてメリーを動かしておくと、1人で自然に寝てくれるようになって大助かり。メリーとジムだけではなく、さまざまな用途で遊べる物を購入したので、ベビージムにして使っていた時はベビージムの下で赤ちゃんを寝かせてオムツ替えをしたら、子供はおもちゃで遊んでくれたので楽に替えることができました。(生後2ヶ月の赤ちゃんママ)

メリーにはあまり興味を示さなかった

赤ちゃんが生まれる前にメリーを用意していたのですが、使ってみるとあまり興味を示さず……。うちの子はガラガラも興味を示さなくて、チラシなどをぐしゃぐしゃして遊ぶほうが好きでした。赤ちゃんがみんなメリーが好きなわけではなく、中には興味を示さない子もいると思います。メリーやガラガラに反応しなくてもあまり気にせず、別の遊び方をしてあげればよいと思いますよ。(生後3ヶ月の赤ちゃんママ)

4WAYや6WAYタイプのベッドメリーが重宝

生まれてすぐに、6WAYタイプのベッドメリーを購入ました。赤ちゃんの寝転んで遊ぶ時期、お座り時期、つかまり立ちの時期など約1年間ほど同じベッドメリーを使えたので買ってよかったです。メリーはおもちゃがたくさんついていますし、形も変えられるので長期間使えてお得だと感じます。(1歳の赤ちゃんママ)

成長が目に見えて嬉しい

メリーを買ったばかりの時は見つめているだけだったのですが、使っていくうちにおもちゃを目で追ったり、手を伸ばしてみたりなど、少しずつ成長が目に見えてとても嬉しかったです。メリーを使い始めてから、赤ちゃんのちょっとした成長もわかりやすく感じました。(9ヶ月の赤ちゃんママ)

泣いている時はあまり効果がなかった

赤ちゃんがご機嫌な時や眠る時はオルゴールなどで喜んだり、よく眠ってくれたりしたのですが、泣いてしまってからメリーを使っても泣き止んでくれませんでした。一度泣いてしまうと、抱っこでないとダメという感じになってしまうので、赤ちゃんを泣き止ませる効果などは感じられませんでした。(1歳の赤ちゃんママ)

関連記事

ベビー用品レンタルはお得? メリット・デメリット、おすすめレンタルサイト4選

まとめ

まとめ
赤ちゃんもパパママも、使って嬉しいベッドメリー。赤ちゃんが夢中になるかは個人差がありますが、一度使ってみるのもアリです。物によっては長い間使えるので最初は興味がなくても、成長するにつれて遊びだす可能性も高いです。赤ちゃんもパパママも納得するベッドメリーを購入してみてくださいね。

関連記事

ベビージムの選び方、いつまで使えるの? メリット・デメリットやおすすめ10選を紹介
ガラガラやラトルは赤ちゃんの初めてのおもちゃに最適! おすすめ10選
0~2歳には音の出るおもちゃがおすすめ! 年齢別の人気商品を紹介