ベビーカーのブランケットクリップの選び方! おすすめBEST5

ブランケットクリップとは?


ベビーカーに乗っている赤ちゃんにブランケットをかける際、ブランケットがずれたり、落ちたりしないように固定するクリップをブランケットクリップといいます。寒い時期は防寒対策のため、夏は紫外線対策として一年中ブランケットは使用するので、ブランケットクリップはベビーカーでのおでかけに便利なアイテムです。

関連記事

ベビーカーの選び方のポイントを徹底解説!アップリカ?コンビ?おすすめベビーカー10選
人気の抱っこ紐用防寒ケープ10選! 代用品や作り方も紹介
便利でおしゃれなベビーカーフックのおすすめ5選! カラビナ、S字フックどっちを選ぶ?

ブランケットクリップの種類


ブランケットクリップには、いくつか種類があるのでどれにするか迷ってしまいますよね。ここではクリップの数や留め具についてご紹介します。

クリップの数

1クリップタイプ

1クリップタイプは、クリップの反対側についているスナップボタンやマジックテープで、ベビーカーの両脇のフレームに固定します。2つセットで販売されていて、ブランケットを左右2箇所のクリップで挟むだけなので、ずれても簡単に直すことができます。また、ベビーカーにそのまま取り付けておけるのでクリップを付けたり外したりする手間もなく、赤ちゃんを連れて頻繁にお出かけをするパパママには1クリップタイプがおすすめです。

2クリップタイプ

2クリップタイプは、ストラップの両側にクリップが付いているブランケットクリップです。ブランケットの他にもハンカチやタオル、帽子、おもちゃなどを固定することができます。2クリップタイプは2点を固定するため、挟んだものが外れにくく、動きが活発になってくる月齢の赤ちゃんにぴったりです。

関連記事

ベビーカーおもちゃで知育サポート。1歳までのおすすめおもちゃ10選

留め具

ピンチタイプ

ベビーカーのブランケットクリップは、一般的に1クリップのピンチタイプが人気です。ピンチタイプは、洗濯ばさみのように大きく開閉するので使い勝手も良く、冬の時期に使用する厚めのブランケットでもしっかり挟むことができます。ただし、ピンチタイプの場合、重めのブランケットやつるっとした滑りやすい素材の布は外れやすくなりますので、ピンチ部分に滑り止めの溝がついたものを選ぶと良いでしょう。

フィッシュクリップ

ブランケットを挟んでからパチッと留めるフィッシュクリップは、しっかりとブランケットを固定することができます。クリップの開く幅が1cm程度のため、薄めのタオルやブランケットを挟むのに適しています。しかし、冬用などの厚手のブランケットを挟めないというデメリットもあります。

ブランケットクリップの選び方


さまざまなタイプのブランケットクリップがありますが、具体的にどんなポイントに気をつけて選べば良いのでしょうか?

挟んだブランケットが外れにくいか

赤ちゃんが足をバタバタさせたり、引っ張ったりして、ブランケットが簡単に外れてしまわないようにしっかりと挟めるものを選びましょう。しっかりと挟むことができるフィッシュクリップであれば、ブランケットが固定されて外れにくくなります。また、ピンチタイプであっても滑り止めがついているものを選ぶようにすれば安心です。

長さ調整ができるか

ブランケットをクリップで挟んだ時に、ブランケットが地面についてしまったり、ベビーカーの車輪に当たったりすると、車輪に巻き込まれてしまい、転倒する危険があります。ベビーカーの高さや大きさによって、使用するブランケットのサイズも違ってくるので、使用する長さを調整できるタイプのブランケットクリップがおすすめです。フレームの太いベビーカーの場合は、マジックテープで留めるタイプが良いでしょう。

赤ちゃんが口に入れても安全か

赤ちゃんは何でも口に入れてしまうので、ブランケットクリップが安全な素材や形であるかをしっかり確認しましょう。取れやすい飾りやパーツが付いていないか、万が一、赤ちゃんが口に入れても危なくない形かどうかに注意して選んでください。また、ブランケットクリップを使用していると次第に汚れてくるので、洗濯機でまるごと洗うことができれば衛生的で安心ですね。

ブランケットクリップはベビーカー以外でも使える


ブランケットクリップはベビーカー以外にも工夫次第でいろいろと活用することができます。ブランケットだけでなく、おもちゃや歯固めをクリップで留めておけば、落下防止のホルダーになります。また、2クリップタイプはハンカチやタオルを挟んで赤ちゃんの首元につけてスタイの代わりにしたり、タオルやブランケットを授乳ケープとしてママの体に固定したり、飛びやすい帽子を固定するなど、いろいろな場面で役に立つアイテムです。

歯の発育には「歯固め」がおすすめ! いつからいつまで使う? 選ぶときの3つのポイントも紹介
歯の発育には「歯固め」がおすすめ! いつからいつまで使う? 選ぶときの3つのポイントも紹介
「口をもごもごしている」「よだれが増えた」など、赤ちゃんにそんな様子が見られたら歯の生え始めが近いかもしれません。この時期の赤ちゃんには歯固めがおすすめです。歯固めが必要な理由や、いつからいつまで使うのかなどを解説していきます。

おすすめのベビーカークリップ5選

赤ん坊カンパニー ブランケットクリップ

丸みのあるクリップが大きく開くので、厚手のブランケットもしっかり留めることができます。紫外線で色が変わるUVビーズが付いているので、紫外線の有無を知ることができます。面ファスナーで長さを簡単に調整できます。

アガツマ アンパンマン ベビーカー用クリップ

ベビーカーに付けるだけで、子供が喜ぶアンパンマンとめいけんチーズのベビーカー用クリップ。ベルトの部分にもアンパンマンと仲間たちがプリントされているのでとってもキュート。アンパンマンとドキンちゃんのセットもあります。

ディズニー ミッキーマウス ブランケットクリップ

ディズニー好きにおすすめなのが、ミッキーの手の形をしたブランケットクリップ。ベルトの長さは調節が可能。クリップの挟む力が強いため、タオルから厚手のブランケットまでしっかりと留めることができます。

関連記事

ディズニーおもちゃ大集合! 赤ちゃんから女の子男の子におすすめ紹介

タックマミー ブランケットホルダー

2クリップタイプのブランケットホルダー。長さ調整ができるアジャスターが付いているため、23cm~32.5cmまでの調整が可能。クリップ部分を折るようにするとクリップを開閉するので、ブランケットなどを簡単にはさめます。また、帽子クリップやおもちゃホルダーなどにも使えるので、ひとつもっていると便利です。

Sassy ブランケットクリップ

カラフルなデザインがかわいいブランケットクリップ。赤ちゃんが喜ぶのはもちろんのこと、シンプルなベビーカーを持っているパパママは小物で刺し色をプラスすると、お出かけがさらに楽しくなりますよね。挟めるブランケットの目安は厚さ1.5cmです。

まとめ


ベビーカーにブランケットクリップを付けておけば、赤ちゃんに掛けたブランケットがずれ落ちる心配もなくパパママも安心ですね。他にもいろいろな使い方があるので持っておくと便利なアイテムです。使いやすさや用途に合ったものを選び、赤ちゃんとのお出かけを楽しんでくださいね。

関連記事

軽量ベビーカーのおすすめ14選! ママの利用シーンに合うものを選ぼう