夜間断乳を成功させるには? 進め方やおすすめ入眠グッズを紹介

夜間断乳におすすめの入眠グッズ5選


夜間断乳の際におっぱいの代わりとなる、おもちゃや入眠グッズがあると安心です。例えば、絵本やホームシアター、お人形などは、赤ちゃんの気持ちをおっぱいから逸らしながらリラックスもさせてくれるため、寝る前にグズグズしてしまった時にはおすすめです。普段お気に入りのおもちゃやタオルなどがあると、それを握るだけで安心して落ち着くという場合もあります。

ただし、入眠グッズを使う場合は赤ちゃんの窒息に注意してください。まだ上手に動けない赤ちゃんは、タオルやクッションなどでも窒息するおそれがあります。特に顔まわりには入眠グッズを置かないようにして、寝かしつけが終わればママが持っていくなど安全面にはしっかりと配慮してくださいね。それでは、おすすめの入眠グッズをご紹介します。

ディズニーキャラクターズ 天井いっぱい!!おやすみホームシアター

お家の天井いっぱいにディズニーの世界が広がります。世界の子守歌やクラッシックなどで、赤ちゃんだけではなく、家族みんなの眠りを誘います。約15分、30分、45分のタイマーが付いているので、赤ちゃんと一緒に寝てしまっても安心ですね。

ベイビーゾウ 寝かしつけ用おもちゃ

かわいいぞうのぬいぐるみには、優しいメロディ、ママの心音、ホワイトノイズ、雨の音、鳥のさえずりなど15種類の睡眠音や子守唄が内蔵されていて、赤ちゃんの寝かしつけに役立ちます。また、プロジェクターとして天井などにやわらかい星の映像を投影することもできますよ。

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー  魔法のぐっすり絵本

おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本

カール=ヨハン・エリーン
1,426円(04/10 20:56時点)
発売日: 2015/11/13
Amazonの情報を掲載しています

心理学的効果によって、読むだけで子供が眠くなる絵本。眠くなる心理学的な仕掛けが盛り込まれているため、寝かしつけにかかる時間が一気に短くなったというママも。一度、試してみてはいかがでしょうか?

クラウドビー アクア タートル

アメリカの小児科医と、睡眠専門セラピストたちが開発した光と音で眠りを誘うアクアタートル。カメの背中から海のようなゆらゆらと揺れる光と穏やかなメロディーが流れ、お部屋を優しく包み込んでくれます。

SOAIY 睡眠誘導マシン 寝かしつけ用おもちゃ

やわらかい光のベッドサイドランプ型入眠グッズです。ホワイトノイズ、ハートビートなど4つの自然音と、きらきら星など4つの子守唄が内蔵されています。ランプは明るすぎず暗すぎないちょうど良い光で、赤ちゃんの目にも優しく、真っ暗では眠れない赤ちゃんにぴったりです。7.5cm×14cmのコンパクトなサイズなので、設置するのに場所を取りません。

子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
子供の寝かしつけに効果的なグッズってあるのでしょうか? 人気の入眠グッズから、手軽に利用できる寝かしつけアプリ、YouTubeを利用した賢い寝かしつけ方法まで、先輩パパママも助けられた寝かしつけアイテムをご紹介します。

まとめ


夜間断乳をすることでママの睡眠不足は解消され、赤ちゃんも朝までぐっすり眠れることが期待されます。赤ちゃんはたくさん泣いてしまう日もありますが、これを乗り越えたらお互い楽になると思って、夜間断乳を進めてみてください。

ベビーマグのシーン別おすすめ10選! ベビーマグカップの選び方や練習法も
ベビーマグのシーン別おすすめ10選! ベビーマグカップの選び方や練習法も
赤ちゃんがベビーマグカップで上手にお茶などを飲めるようになるために、どんなベビーマグを選んだら良いのかや練習法をまとめました。また、初めての練習の時やお出かけ時などシーン別に、おすすめのベビーマグカップもご紹介します。
失敗しない初めてのストローマグの選び方! 練習方法やおすすめ5選を紹介
失敗しない初めてのストローマグの選び方! 練習方法やおすすめ5選を紹介
赤ちゃんに麦茶や水を飲ませる時に使うストローマグは種類がたくさんあるので、どれを買えば良いのか迷ってしまいますよね。なんとなく買ったら、ストローマグから飲み物が漏れやすかったり、使い勝手が悪かった…という経験をしたパパママもいるようです。失敗しないストローマグの選び方をご紹介します。
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!