スマホ写真を今すぐ簡単にプリントする方法 5選!

今のスマホ写真は充分綺麗にプリントできるってご存知ですか? しかも、ネットでもコンビニでも簡単にプリントできるんです。今、スマホで撮影した写真を近所のコンビニでプリントして友人にプレゼント、なんてこともできる時代です。今回はそんなスマホ写真のプリント事情についてご紹介します。

目次

スマホ写真をプリントする方法って何種類あるの?

スマホ写真をプリントする方法って何種類あるの?
スマホで撮りためたたくさんの写真、どうやって印刷するか悩んでいる方はいませんか? 昔と違い、今はスマホ写真を簡単にプリントする方法が増えてきました。今回は編集部が厳選した5種類のスマホ写真プリント方法をご紹介しましょう。

スマホ写真を綺麗に撮影するテクニックやおすすめの編集アプリ、大量にストックがある写真の管理方法についても下記の別記事で紹介しています。よろしければご覧ください。

関連記事

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
子どもの撮影にオススメなカメラ(写真、画像)アプリ9選

1、コンビニでスマホ写真をプリント

コンビニでスマホ写真をプリント
まずは一番手軽なコンビニでスマホ写真をプリントする方法をご紹介しましょう。コンビニでスマホから直接写真をプリントするには、専用のスマホアプリをダウンロードし、アプリとマルチコピー機のWi-Fiをつなぎ、マルチコピー機に写真データを送信、プリントします。写真の印刷サイズはL判、L2判が選べます。また、コンビニのマルチコピー機によっては、並べてプリントという機能もあり、大量の写真を1枚のプリント用紙に並べてプリントすることができます。並べてプリントはローソンとファミリーマートに設置されたマルチコピー機で利用できます。

メリット:近くのコンビニですぐにスマホ写真をプリントできる

近くのコンビニですぐにプリントできる
コンビニでスマホ写真をプリントするメリットは、思い立ったらすぐにプリントができる点です。コンビニは全国に多くの店舗があり、外出先でスマホで撮影した写真をすぐに印刷したいときなどに便利です。スマホ写真をプリントできるコンビニは、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどです。

デメリット1:プリント専用アプリのインストールが必要

コンビニプリントのデメリットはプリント専用アプリのインストールが必要なことです。さらに、スマホ写真プリントはコンビニ各社によって異なる種類のアプリが必要なため注意が必要です。お出かけ先で撮った写真をプリントしようと立ち寄ったコンビニが、いつも利用しているコンビニではなかった場合、新たにアプリをインストールしなければスマホ写真のプリントをすることができません。

デメリット2:カメラ専門店より写真画質がやや劣る

もうひとつのデメリットは、カメラ専門店での写真プリントより画質がやや劣るということです。カメラ専門店では、写真プリント用の印画紙を薬品に反応させて発色させる銀塩プリントという方法での印刷が一般的です。しかし、コンビニプリントの場合、非常に微細なインクの水滴を写真用紙に吹き付けるインクジェット式のプリントになります

印画紙そのものが発色する銀塩プリントと比べると、インクジェット式では画質が低くなってしまうのです。さらに、コンビニ会社によって採用するマルチコピー機によっても画質が違ってきます。セブン-イレブンでは富士ゼロックス製のマルチコピー機、ローソンやファミリーマートではシャープ製のマルチコピー機を採用しています。紙質を比較してみたユーザーに聞くと、ローソンやファミリーマートの方が写真用紙に少し厚みがあり、色の再現性や解像度も高い印象という意見がありました。

2、家電量販店などにあるセルフプリント機でスマホ写真をプリント

家電量販店などにあるセルフプリント機でプリント
次にご紹介する方法は、家電量販店(ビックカメラやヨドバシカメラ)やショッピングモールに設置されたセルフプリント機でプリントする方法です。店舗に設置された専用のセルフプリント機でスマホ写真をプリントすることができます。大型店舗の場合は、セルフプリント機の台数が多いこともあり、待たずにプリントできることもあるでしょう。

メリット:プリント専用アプリのインストール不要

アプリのインストール不要
セルフプリント機のメリットは、コンビニプリントのようなプリント専用アプリのインストールが不要なことです。ご自身のスマホの充電口にセルフプリント機に付属するケーブルをつなげれば、スマホに保存している写真が読み込まれます。その後はセルフプリント機の指示に従いタッチパネル上からメニューを進めていけば、簡単にスマホ写真をプリントすることができます。操作方法や不明な点について、すぐに店員さんに聞くことができるのも安心ですね。

デメリット:近くに店舗がないかもしれない

セルフプリント機でのプリントのデメリットは、設置店舗数がコンビニほど多くないため、ご自宅の場所によってはセルフプリント機設置店が近くにないかもしれないことでしょう。子育てで忙しいパパママにとっては、わざわざ遠くのセルフプリント設置店まで出かけるのは大変ですからね。

デメリット2:セルフプリント機の写真画質はコンビニと同等

セルフプリントの写真画質は、コンビニプリントと同じ程度だと考えてください。セルフプリント機もインクジェット方式の印刷なので銀塩プリントより写真の画質は劣ります。

3、写真プリント店(DPE店)でプリント

次にご紹介するのは、写真プリント専門店にスマホ写真のプリントを依頼する方法です。写真プリント専門店はカメラのキタムラやパレットプラザなど、全国に店舗を展開している会社があり、ご自宅の近くにもあるのではないでしょうか。

写真プリント専門店は印刷用紙の種類が豊富です。正方形に印刷できる「ましかくプリント」や254cm×365cmの大型サイズの写真プリントなど、さまざまな大きさでいろいろなタイプの写真をプリントすることができます。店頭にはたくさんの種類のフォトブックや写真見本があり、プリントした写真をどう保存するか、どう友人にプレゼントするかもスタッフに相談することもできます。

メリット:写真画質が綺麗

メリット:画質が綺麗
専門店での写真プリントなので画質が綺麗なのは大きなメリットです。プリント用紙も最高ランクの写真紙を使用しているなどこだわりがあります。

デメリット1:店舗まで行かないといけない

わざわざ写真プリント店まで引き取りに行く必要がある点はデメリットでしょう。自宅の近くに店舗があるとは限りませんし、手間になってしまいます。また筆者はネットで注文、店頭受け取りを選択していて、うっかり受け取りに行くのを忘れてしまい、店舗から「早めに引き取りにきてください」と催促の電話をもらったことがあります。引き取り日を確認して、忘れないようにしなければいけませんね。

ただし、ネットで注文して店頭で受け取ったり、ネットで注文して郵送で受け取ったりと便利な注文ができる店舗もあります。

デメリット2:価格がコンビニより高い設定となっている

写真プリント店では写真画質が綺麗な分、プリント費用がコンビニより高めの設定になっています。コストの高いプリント用紙を使用しているのであれば、この価格差は仕方がないのかもしれません。ただ、メリットとしても挙げた「品質へのこだわり」が価格や納品スピードに影響するため、全体的に手軽さに欠けてしまう印象を受けました。

4、ネットプリントでスマホ写真をプリント

クオリティもプリント費用にもこだわりたい方におすすめなのがネットプリントと呼ばれるサービスです。インターネットでスマホ写真プリントを行っているWebサイトに注文、プリントした写真を自宅に送ってもらう方法です。プリント用紙を自分で選べる会社であれば写真のクオリティにこだわることができますし、価格を徹底的に比較して注文することも可能です。

メリット1:自宅で注文から受け取りまでが完結する

ネットプリントのメリットは、自宅で注文から受け取りまでが完結することです。自宅で写真をゆっくり選び、子供が寝た後など、ご自身の好きなタイミングで注文できるのは、忙しいパパママにとって嬉しいポイントでしょう。

メリット2:銀塩プリントなので写真画質が綺麗

ネットプリント会社は銀塩プリントなので写真画質が綺麗なことも大きなメリットです。会社によりますがプロ仕上げ、プロ補正などのサービスがある会社もあります。色味がはっきりしていたり、自然な仕上がりだったりと、ネットプリント会社によって写真の仕上がりはさまざまですので比較してみると面白いかもしれません。

メリット3:コンビニより、量販店よりプリント費用が安い

ネットプリント会社によっては、プリント費用がコンビニプリントの1/5になることも。注文枚数によって値段が変わるサービスもあるため、コンビニプリントと同等の価格になることもありますが、同じ値段でもプリントの仕上がりはネットプリントの方が上質という場合が多いです。また、コンビニや量販店よりプリント費用が安いため印刷枚数が多い際にはネットプリントがオススメです。

デメリット:プリント費用が安過ぎるお店は写真画質がいまいちなことも

デメリットとしては、あまりにも安いネットプリントはプリント用紙の品質を落としている可能性があるということです。受け取って初めて、紙質の悪さを知ることもあるかもしれません。ネットプリントの場合は、印刷する紙をランクや種類を指定して注文できるサービスもあります。ガッカリしないためにも紙の種類や仕上がりを他のユーザーの口コミなどで確認してから注文したいですね。

デメリット2:受け取りまで数日かかる

プリントから発送までの期間はネットプリント各社によって違います。別途送料もかかるので忘れずに計算しておきましょう。最速では、当日出荷サービスがある会社もあります。出荷までの日数を確認しておくと安心ですね。ちなみにメール便の場合、送料は100円程度と安くなりますが、発送先によっては日数が4日以上かかることもあります。

5、自宅のプリンターでスマホ写真をプリント

自宅のプリンターでスマホ写真をプリント
最後にご紹介するのは自宅のプリンターでスマホ写真をプリントする方法です。プリンターやプリント用紙を用意し、ご自身でプリントします。

メリット:自宅、外出先ですぐにスマホ写真をプリントできる

メリットは、自宅や外出先ですぐにプリントできることです。すぐに写真が欲しいけれど、外出するのが大変という時もあります。そんなときに自宅のプリンターでプリントできるのは楽ですよね。友人が自宅に遊びに来ているときにスマホで写真を撮影し、友人が帰る前にプリントした写真をプレゼントなんてことも簡単にできてしまいます。

デメリット1:写真画質は銀塩にはかなわない

デメリットは、写真画質が銀塩プリントより劣ってしまうところです。専用のプリンターの種類にもよってプリント画質は多少違いますが、良い画質を求める方には向いていないでしょう。

デメリット2:プリンター本体や用紙代も含めると価格は安くない

また、プリンター本体や用紙代も含めるとトータルでのスマホ写真のプリント価格は安くありません。本体を安く買うことができても、インク代が高い場合もあります。また、プリンターは定期的に使わないと画質が劣化してしまいます。

プリント用紙の値段は画質によって違いますが、本体やインク代も含めて考えると安くは済まないでしょう。筆者も自宅のプリンターで写真をプリントすることがありますが、古いタイプのプリンターを使っているため、音が大きく子供が起きてしまうほどです。しかし、家ですぐにプリントできるのは手軽でとても良いですね。

自宅や外出先でも使えるフォトプリンター

Canon スマホプリンター iNSPiC PV-123-SP 写真用 ピンク

amazonで見る

自宅で使えるプリンターにはさまざまな種類があります。一般的なプリンターなら、一度パソコンにスマホ写真データを移してからプリントをしますが、スマホと直接接続できるプリンターもあります。この種類のプリンターはフォトプリンターと呼ばれています。フォトプリンターは大きいサイズの紙に印刷することはできませんが、パソコンにつなげなくてもスマホ写真が印刷できるので使い勝手がとても良いです。外出先でもスマホにつなげるだけで直接印刷ができるのはとても便利ですよ。

まとめ:手軽なのはコンビニプリントかネットプリント

手軽なのはコンビニかネットプリント
スマホから写真を印刷する5つの方法があることをご紹介しました。スマホ写真のプリント用途やタイミングによりさまざまな方法で簡単にプリントができますよ。筆者もいろいろな方法でスマホ写真のプリントを試しましたが、手軽にスマホから印刷したいなら、コンビニプリントする方法かネットプリントサービスがオススメです。