スマホ写真を今すぐ簡単にプリントする方法 5選!

スマホ写真をプリントする方法って何種類あるの?

スマホ写真をプリントする方法って何種類あるの?
スマホで撮りためたたくさんの写真、どうやって印刷するか悩んでいる方はいませんか? 昔と違い、今はスマホ写真を簡単にプリントする方法が増えてきました。今回は編集部が厳選した5種類のスマホ写真プリント方法をご紹介しましょう。

スマホ写真を綺麗に撮影するテクニックやおすすめの編集アプリ、大量にストックがある写真の管理方法についても下記の別記事で紹介しています。よろしければご覧ください。

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
スマホで撮影しているのに、あの人が撮った子供の写真はかわいい、絵になる…上手に見えるには理由があります。ちょっとしたコツを実践するだけでプロカメラマンのような写真をスマホで撮るのも夢じゃありません。そのテクニックをプロカメラマンに聞いてみました。
子供の撮影にオススメなカメラ(写真)アプリ9選【多彩なフィルターやコラージュ機能】
子供の撮影にオススメなカメラ(写真)アプリ9選【多彩なフィルターやコラージュ機能】
スマホの標準カメラで子供の写真を撮っているパパ、ママは要チェック! 子どもを表情豊かに、もっとかわいく撮影できるオススメカメラアプリを、全国の幼稚園・保育園での園児の写真撮影を行っているプロカメラマンに聞いてみました。

スマホ写真のプリント方法1:コンビニでプリント

コンビニでスマホ写真をプリント
まずは一番手軽なコンビニでスマホ写真をプリントする方法をご紹介しましょう。コンビニでスマホから直接写真をプリントするには、専用のスマホアプリをダウンロードし、アプリとマルチコピー機のWi-Fiをつなぎ、マルチコピー機に写真データを送信、プリントします。写真の印刷サイズはL判、L2判が選べます。また、コンビニのマルチコピー機によっては、並べてプリントという機能もあり、大量の写真を1枚のプリント用紙に並べてプリントすることができます。並べてプリントはローソンとファミリーマートに設置されたマルチコピー機で利用できます。

コンビニプリントのメリット:近くのコンビニですぐにスマホ写真をプリントできる

近くのコンビニですぐにプリントできる
コンビニでスマホ写真をプリントするメリットは、思い立ったらすぐにプリントができる点です。コンビニは全国に多くの店舗があり、外出先でスマホで撮影した写真をすぐに印刷したいときなどに便利です。スマホ写真をプリントできるコンビニは、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなどです。

コンビニプリントのデメリット1:プリント専用アプリのインストールが必要

コンビニプリントのデメリットはプリント専用アプリのインストールが必要なことです。さらに、スマホ写真プリントはコンビニ各社によって異なる種類のアプリが必要なため注意が必要です。お出かけ先で撮った写真をプリントしようと立ち寄ったコンビニが、いつも利用しているコンビニではなかった場合、新たにアプリをインストールしなければスマホ写真のプリントをすることができません。

コンビニプリントのデメリット2:カメラ専門店より写真画質がやや劣る

もうひとつのデメリットは、カメラ専門店での写真プリントより画質がやや劣るということです。カメラ専門店では、写真プリント用の印画紙を薬品に反応させて発色させる銀塩プリントという方法での印刷が一般的です。しかし、コンビニプリントの場合、非常に微細なインクの水滴を写真用紙に吹き付けるインクジェット式のプリントになります

印画紙そのものが発色する銀塩プリントと比べると、インクジェット式では画質が低くなってしまうのです。さらに、コンビニ会社によって採用するマルチコピー機によっても画質が違ってきます。セブン-イレブンでは富士ゼロックス製のマルチコピー機、ローソンやファミリーマートではシャープ製のマルチコピー機を採用しています。紙質を比較してみたユーザーに聞くと、ローソンやファミリーマートの方が写真用紙に少し厚みがあり、色の再現性や解像度も高い印象という意見がありました。

スマホ写真のプリント方法2:家電量販店にあるセルフプリント機でプリント

家電量販店などにあるセルフプリント機でプリント
次にご紹介する方法は、家電量販店(ビックカメラやヨドバシカメラ)やショッピングモールに設置されたセルフプリント機でプリントする方法です。店舗に設置された専用のセルフプリント機でスマホ写真をプリントすることができます。大型店舗の場合は、セルフプリント機の台数が多いこともあり、待たずにプリントできることもあるでしょう。

セルフプリント機でプリントするメリット:プリント専用アプリのインストール不要

アプリのインストール不要
セルフプリント機のメリットは、コンビニプリントのようなプリント専用アプリのインストールが不要なことです。ご自身のスマホの充電口にセルフプリント機に付属するケーブルをつなげれば、スマホに保存している写真が読み込まれます。その後はセルフプリント機の指示に従いタッチパネル上からメニューを進めていけば、簡単にスマホ写真をプリントすることができます。操作方法や不明な点について、すぐに店員さんに聞くことができるのも安心ですね。

セルフプリント機でプリントするデメリット1:近くに店舗がないかもしれない

セルフプリント機でのプリントのデメリットは、設置店舗数がコンビニほど多くないため、ご自宅の場所によってはセルフプリント機設置店が近くにないかもしれないことでしょう。子育てで忙しいパパママにとっては、わざわざ遠くのセルフプリント設置店まで出かけるのは大変ですからね。

セルフプリント機でプリントするデメリット2:セルフプリント機の写真画質はコンビニと同等

セルフプリントの写真画質は、コンビニプリントと同じ程度だと考えてください。セルフプリント機もインクジェット方式の印刷なので銀塩プリントより写真の画質は劣ります。

次のページでは写真プリント店(DPE店)、ネットプリントでのプリント、自宅のプリンターでスマホ写真をプリントする方法をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!