子供も大人も楽しめる知育菓子! ロングセラーから最新商品まで大特集

パパママも食べたことがあるはず!今も人気の知育菓子

パパママも食べたことがあるはず!今も人気の知育菓子
「自分が子供のころは、知育菓子なんてなかった」と思っていませんか?それもそのはず、知育菓子とはクラシエフーズが登録商標した新しい造語です。じつは誰もが知っている『ねるねるねるね』は知育菓子。時代が変わっても子供のハートをつかみ続ける懐かしい知育菓子をあなたはいくつ覚えていますか?

今も人気の知育菓子1:クラシエ ねるねるねるね

今も人気の知育菓子①:クラシエ ねるねるねるね
色がかわる不思議なお菓子といえば『ねるねるねるね』。「子供のころ、まるで魔術が使えるようになったかのようにワクワクしながら作った」「化学実験をしている気分だった」「あの魔女のCMが忘れられない」そんな懐かしのお菓子『ねるねるねるね』が、2011年にリニューアルされ大きく話題となりました。どのような仕組みで色が変わるのか説明書に記載し、『安全安心でおいしい知育菓子』ということがわかるようパッケージデザインも新しくなりました。味も子供向けにおいしく改良された結果、安心して子供に買い与えるパパママが増えブームに。リニューアルされた知育菓子『ねるねるねるね』を子供といっしょに楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連リンク

ねるねるねるね 公式Webサイト

今も人気の知育菓子2:ベルフーズ なるなるみになる

今も人気の知育菓子③:ベルフーズ なるなるみになる
枝分かれしたプラスチック棒の先に、水と粉と交互につけてぶどうのような形に育てるお菓子。子供よりパパが夢中になってしまい、おじいちゃんが「もうやめなさい」とたしなめる当時のCMを覚えている方も多いのではないでしょうか。水→粉→水→粉と、同じ作業をくり返す根気強さが養われます。枝をくるくる回してがんばった先に、収穫して食べる喜びを味わえるので飽きっぽい子供でも熱中できます。現在は『なるなるグミの実ぶどう味(クラシエ)』と名前を変えて売れ続けているロングセラー知育菓子です。以前はなかったカラフルなトッピングも入っており、可愛さとおいしさがUPしています。

ついに知育菓子はここまで進化!最新知育菓子

ついに知育菓子はここまで進化!最新知育菓子
パパママ世代の知育菓子に比べると、現代の知育菓子は驚くほど進化しています。子供の興味をそそる工夫が満載です。

最新知育菓子1:クラシエ ふしぎはっけんあわデール

最新知育菓子①:クラシエ ふしぎはっけんあわデール
プラスチックケースに粉を入れ、水を加えフタをすると……ケースにつながったストローの先から、ものすごい勢いであわがもこもこ出てくる不思議な知育菓子。粉を水と合わせると、ムクムクと泡がふくらんで炭酸飲料のようなジュースができるお菓子。筆者が子供のころ「ムクムクソーダ」という類似商品があり「なぜ泡ができるの?」と不思議で仕方ありませんでした。調べた結果、ムクムクの泡の正体はなんと卵白。要は、メレンゲと同じしくみだったんですね。はじめてつくる時は大人でもびっくりするはず。子供が驚く表情は必見です。見た目はまるで小さな化学実験装置。子供は研究者気分を味わえることでしょう。工作が好き、実験が好きな子供におすすめです。

関連リンク

クラシエ ふしぎはっけんあわデール公式Webサイト

最新知育菓子2:クラシエ おえかきグミランド

最新知育菓子②:クラシエ おえかきグミランド
箱のなかには基本となるソーダ、グレープ、レモン味の素が入っています。水に溶かすと色の三原色(青・赤・黄)の液体ができ、それぞれ混ぜることで紫や緑色も作れます。さらに、味もオレンジやグレープソーダ味に変化するので子供は大喜び。お絵かき好きの子供にぴったりですね。遊びながら、自然と色の三原色が学べます。

最新知育菓子3:明治チューイングガム おだんご屋さん

最新知育菓子③:明治チューイングガム おだんご屋さん
めずらしい和菓子の知育菓子。ひと箱で『3色だんご、たいやき、いちご大福、きなこもち、さくらもち』の5種類の和菓子が作れます。水だけで作れますが、5種の和菓子それぞれ違う工程なので難易度はやや高めです。やりがいがあるので、時間があるときに親子で挑戦してみてはいかがでしょうか。ビーズや粘土など、こまかい作業が好きな子供におすすめです。外国の方へのおみやげやプレゼントにもぴったりですね。

関連リンク

明治チューイングガム 手づくりおかし公式Webサイト

コンビニでも買える! おすすめ知育菓子

コンビニでも買える!おすすめ知育菓子
スーパーやドラッグストアだけでなく、コンビニでも売っている知育菓子。コンビニだとラインナップは少なめですが、新商品が売られている傾向にあります。チェックしてみましょう。

おすすめ知育菓子1:クラシエ ねりきゃんランド

おすすめ知育菓子①:クラシエ ねりきゃんランド
グレープ味とソーダ味のソフトキャンディで、色や形を自由に作り出すことができる知育菓子。子供に「何でも自由に作っていいよ」と言うと、発想力が高まりひらめき脳に。親が想像する以上の作品を作り上げることもあります。クラシエのホームページにはレシピ集も掲載されているので、親子で挑戦してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

クラシエ ねりきゃんランド公式Webサイト

おすすめ知育菓子2:明治 手作りアポロ

おすすめ知育菓子②:明治 手作りアポロ
おなじみのチョコレート菓子『アポロ』が手作りできます。通常の形のほかに、7種類もの凝ったパターンを作って楽しめます。味もアポロそのもの。おいしさも見た目の楽しさもピカイチです。

関連リンク

明治 手作りアポロ公式Webサイト

おすすめ知育菓子3:クラシエ ポッピンクッキン ハンバーガー

おすすめ知育菓子③:クラシエ ポッピンクッキン ハンバーガー
作っている最中から、本物のハンバーガーのような美味しそうないい香りがする本格的な知育菓子。味もハンバーガーそのもので、美味しさはお墨付き。なんとシュワシュワするコーラもついています。

知育菓子に関するママ達のお悩みQ&A

知育菓子に関するママ達のお悩みQ&A
知育菓子に興味はあるけど、実際子供に与えるとなると不安。そんなパパママの悩みにお答えします。

知育菓子はいつから食べさせても良い?

知育菓子はいつから食べさせても良い?
知育菓子デビューは3歳頃が主流です。とはいえ、はじめて与える知育菓子は一体どんなものがいいのか悩みますよね。「親がつきっきりで手伝うのは大変」というなら、簡単に楽しく作れるねるねるねるねがおすすめです。「普段から食べ慣れているものがいい」というなら、チョコレート菓子の手作りアポロはいかがでしょうか。知育菓子は、子供の興味の芽を育てるツール。もし全部食べきれず残してしまっても、自分で作って楽しむ体験は子供の脳にとって大きな成長につながります。

知育菓子は本当に「知育」に効果あるの?

本当に「知育」に効果あるの?
発達心理学の研究で、“子供にとって遊ぶことが最高の学習である”言われています。脳をきたえるカギは、ワクワクドキドキすること。ワクワクすると、オデコのあたりにある脳の司令塔(前頭前野)が活性化します。前頭前野が活性化しているときに計算問題を解くと、正解率がアップすることはご存知でしょうか。逆に、前頭前野が働いていない状態でいくら脳トレしても、効果がうすいことがわかっています。子供のころ、知育菓子を買ってもらったときワクワクしませんでしたか?知育菓子は、子供の「なぜ?どうして?」を引き出し、計画性・判断力・想像力・記憶力・集中力が備わった脳へと導きます。

関連記事

知育とは? 年齢ごとにおすすめな家庭でもできる知育教育を紹介!

知育菓子は子供の体に悪いのでは…?

体に悪いのでは...?
「あのリアルでカラフルな色が体に悪そう」と思うパパママもいるのではないでしょうか。クラシエの知育菓子には合成着色料・保存料は使用されていません。体に良くない合成着色料は、舌をあっかんべーしたとき色がつくのですぐわかります。昔はよく染まった舌を見せ合いっこしていましたが、今ではあまり見かけない光景となりました。

最近の知育菓子は、野菜や植物から抽出した着色料を使っています。たとえば黄色は、クチナシ(樹木)でお正月の栗きんとんにも使われています。赤紫は紫キャベツ(野菜)で、毒性はありません。アントシアニン系なのでブルーベリーに近いですね。青はスピルリナ(藻)で、たんぱく質、ミネラル、ビタミンが豊富なため健康食品などにも利用されています。また、クリーム食感の泡の正体は重曹やクエン酸に卵白を加えることでできています。いったいどんな不思議な原料が使われているのかと思いきや、家庭での手作りお菓子にも使われる身近な材料だったんですね。

まとめ:家で楽しくクリエイティブなおやつタイムを!

まとめ:家で楽しくクリエイティブなおやつタイムを!
子供は「謎」や「不思議なこと」が大好きですよね。知育菓子は、低価格で遊びながら学ぶことができる親子の最高のコミュニケーションツール。なぜ?どうして?を考える仕掛けがいっぱいの知育菓子を、親子でぜひ楽しんでみてください。