子供用ラッシュガードのおすすめ10選! おしゃれなラッシュガードでレジャーを楽しもう

子供用ラッシュガードのメリットは? なぜ必要?

子供用ラッシュガードのメリットは? なぜ必要?
海やプールでは、子供がラッシュガードを着ている姿を多く見かけますよね。ラッシュガードを着ることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか? まずは子供用ラッシュガードの必要性を知っていきましょう。

紫外線(日焼け)対策

紫外線(日焼け)対策
子供用ラッシュガードは紫外線対策に役立ちます。子供の肌はデリケートなので日焼け対策を怠ってしまうと、肌が赤くなって痛みを伴ったり、皮がむけたり、水ぶくれができたりすることも少なくありません。特に腕や背中などは日焼けがしやすい箇所なので、水遊びでは子供用ラッシュガードを着用し、敏感な肌を紫外線から守りましょう。

赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めは? おすすめ10選! 正しい塗り方、注意点も紹介
赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めは? おすすめ10選! 正しい塗り方、注意点も紹介
赤ちゃんの肌は敏感なので、しっかりと日焼け対策をする必要があります。日焼け止めはいつから使うことができるのでしょう? 赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めの選び方やおすすめ商品を紹介します。塗る時のポイントや注意点も合わせて知っておいてくださいね。

ケガ防止

ケガ防止
子供は遊んでいる時、なかなか周囲に気を配れませんよね。水着は肌を露出する部分が多いので、転倒したら大怪我に繋がりかねませんし、気付かないうちにケガや擦り傷などができてしまうこともあります。ラッシュガードは、もともとサーファーがケガを防ぐために着用していたアイテムなので、子供の擦り傷やケガの防止にも活躍します。海や川などで遊ぶ時は、ラッシュガードがあると安心です。

防寒対策

防寒対策
子供用ラッシュガードは防寒対策のメリットもあります。ラッシュガードを着ていた方が体が冷えにくく、体温の急な変化を防いでくれます。また、ラッシュガードは風よけにもなるので、風が強い日にも役立ちます。速乾性のある素材で作られているため、すぐに乾くのも嬉しいポイントです。海やプールに行く際は、水に入る用と陸で使う用と、合わせて2枚あると便利です。

子供用ラッシュガードの選び方

子供用ラッシュガードの選び方
続いて、子供用ラッシュガードの選び方を見ていきましょう。

サイズ

子供用ラッシュガードのサイズは、ぴったりからワンサイズ上を選ぶといいでしょう。ラッシュガードは基本的に水の中で使えるよう、伸縮性に優れた素材で作られています。大き過ぎるサイズは水中で動きにくくなってしまうので、体にフィットするサイズを選びましょう。

ぴったりサイズは今シーズンしか着れず、勿体無いと思うパパママもいるかもしれませんね。その場合は、ワンサイズ上のラッシュガードを選べば、翌シーズンも着用できるでしょう。

UVカット率

子供用ラッシュガードは商品によって、「UPF50+」や「UVカット率99%」など、日焼けをどれだけ防げるのかが表記されています。UPFは世界的基準値の紫外線保護指数を指し、最大値はUPF50+です。一方、パーセント表記の紫外線遮蔽率は日本独自の規格で、紫外線をどの程度カットするのかを表します。UPFやUVカット率は数値が高くなるほど日焼けを防げるので、UPFやUVカット率がより高いラッシュガードを選ぶといいでしょう。

速乾性

水遊びで使うラッシュガードは、速乾性も大切です。ラッシュガードの多くはナイロン、ポリウレタンが素材に用いられていますが、商品によって綿が使われているものもあります。速乾性を重視するならナイロンとポリウレタンの素材がベストです。子供用ラッシュガードで速乾性を強くアピールしている商品にも注視して選んでみてくださいね。

子供用ラッシュガードは形がさまざま。それぞれのメリット・デメリットを選ぶ際の参考にしてください。

半袖、長袖

紫外線対策、ケガ予防、防寒対策を重視したい人は長袖が最適です。しかし、「長袖は水に濡れると脱ぎづらい」という声も耳にします。一方、半袖は脱ぎ着がしやすく、涼しく着れるメリットがあります。短時間遊ぶ時や普段使いする時は半袖。長い時間水遊びをするなら長袖など、半袖と長袖を適宜使い分けていくといいでしょう。

ファスナーの有無

上記で述べたように、ラッシュガードは水に濡れると脱ぎにくくなります。パパママが子供のラッシュガードを脱がせやすいのは、ファスナー付きタイプです。ラッシュガードのチャックは、前面に付いているタイプと背面についてるタイプがあります。保育園や幼稚園用に用意する際は、子供が1人で脱ぎ着しなければいけない場合、チャックの位置や1人で開閉ができる年齢かなどを考慮して選びましょう

パンツタイプ

子供用ラッシュガードは、長いレギンスやパンツもセットになっているものがあります。紫外線対策やケガ予防に役立つだけでなく、セットアップでよりおしゃれな着こなすことも可能です。お気に入りのワンセットを見つけて、マリンスタイルを楽しみましょう。

【男の子におすすめ】子供用ラッシュガード5選

【男の子におすすめ】子供用ラッシュガード5選
男の子におすすめの子供用ラッシュガードを厳選しました。ぜひ選ぶ際の参考にしてください。

KICKS ラッシュガード

KICKSの子供用ラッシュガードは紫外線カット率98%。手の甲まで日焼けを防止してくれるサムホールが付いていることもあり、紫外線対策には効果的です。さらに、伸縮ストレッチ素材を使用しているので、活発な男の子が動きやすく、脱ぎ着しやすい点も嬉しいポイントです。

UVカット率 99.9%
素材 ポリエステル85%、ポリウレタン
ファスナー あり

アディダス ラッシュガード ショートスリーブ

アディダスの子供用ラッシュガードはTシャツのように着られるので、普段使いしたい男の子におすすめです。ファスナーはついていませんが、半袖タイプなので脱ぎやすく、スポーティーな着こなしもできます。紫外線もしっかりカットしてくれるので、日焼け予防にもいいでしょう。

UVカット率 UPF50+
素材 ポリエステル84%、ポリウレタン16%
ファスナー なし

CXYP  3点セット ラッシュガード

長袖、短パン、レギンスの3点がセットになったアイテムです。セットアップは統一感のあるおしゃれなコーディネートができるので、かっこよくコーディネートしたい男の子におすすめです。短パンは紐で調節できるので、お腹周りのサイズ感が気になる子供にも安心して着せることができます。長めのレギンスで、ケガ防止や紫外線対策にも効果大です。

UVカット率 UPF50+、98%
素材 ナイロン80% ポリエステル20%
ファスナー なし

devirock(デビロック) 半袖ラッシュガード

デビロックの子供用ラッシュガードはTシャツ感覚で着用でき、カラーやデザインのバリエーションも豊富で選びがいがあります。水陸両用なので、そのまま水遊びができのもメリット。プチハイネックのデザインは日焼けしやすい首元を守り、ファッションにこなれ感もプラスしてくれます。

UVカット率 記載なし
素材 ポリエステル85%、ポリウレタン15%
ファスナー なし

SHISKY 長袖ジップアップ ラッシュガード

ファスナー付きで長袖タイプのラッシュガードは使い勝手がよく、機能性が抜群です。腕や背中をしっかり守ってくれるので、一日中遊ぶ時には手放せないアイテムとなります。迷彩、ヤシの木、ボタニカル柄は、どれもシンプルな色合いが特徴で、男の子のかっこよさを引き立てます。

UVカット率 記載なし
素材 ポリエステル95%、ポリウレタン5%
ファスナー あり

次のページでは、女の子におすすめのラッシュガードをご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!