STEAM(スティーム)教育とは? STEAM教育の導入で日本はどう変わる?

STEAM教育とは?

STEAM教育の「STEAM」は、「Science(サイエンス)=科学」「Technology(テクノロジー)=技術」「Engineering(エンジニアリング)=工学」「Art(アート)=芸術」「Mathematics(マスマティックス)=数学」それぞれの頭文字をとったものです。読み方は「スティームきょういく」です。
STEAM教育とは、ITやAI(人工知能)が進化していくこれからの時代を創造・変革し、問題解決に必要な力を身につけるための「STEM(ステム)教育」に、Art(アート)の視点を加えることでより創造力と感性の重要性を高めた次世代教育の指針です。STEAM教育は世界規模で本格化しており、今後もその流れは強まっていくものと考えられています。

STEM教育(ステム教育)とSTEAM教育(スティーム教育)はどう違う?

STEAM教育が提唱された背景には、STEM教育がありました。STEM教育とは、おもに理数系教育の充実を図るもので、Science(サイエンス)、Technology(テクノロジー)、Engineering(エンジニアリング)、Mathematics(マスマティックス)の理数系4領域の知識を横断的に活用する教育です。STEM教育はただの理系科目教育や単体のプログラミング教育ではなく、社会と結びついた実践的なもので、体験型・創造型アクティブラーニングなどを取り入れた総合的な教育であるとされています。
「STEAM」は、アメリカ最高峰の美術大学として位置づけられるロードアイランド・スクール・オブ・デザインの学長であったジョン・マエダ氏が、自身の学長就任の際に提唱した新しい概念です。これは、STEM教育に芸術的要素であるArt,Designを加えたものです。AIが社会に浸透し、人々の生活を変える時代には、創造力・感性の重要性が高まり、Art(アート)の視点が必要不可欠になるという考えによるものです。つまりSTEAM教育とは、従来のSTEM教育にクリエイティブな側面が取り入れられたものです。

アメリカ・オバマ大統領の演説で注目されたSTEM教育

アメリカでは2011年に当時のオバマ大統領が、一般教書演説においてSTEM教育を優先課題に位置付け、世界的に注目を集めました。オバマ大統領はこの演説で、コンピュータ・サイエンスのスキルを身につけることは、個人の未来だけでなく国の未来にとっても重要であるとして、STEM教育によって得られる技術や知識を学ぶよう若者に呼びかけています。
具体的には「新しいゲームを買うだけでなく、自分で作ってみる。最新のアプリをダウンロードするだけでなく、創ってみる。スマートフォンで遊ぶだけでなく、プログラムしてみる。これらを実現するには、コンピュータ・サイエンスのスキルを学ぶ必要がある」と語っています。

STEM教育からSTEAM教育への変化

stem教育では、コンピュータ・サイエンスのスキルを学びます。しかし、技術や知識があっても新しいものは創造できません。自発的に何かを生み出せる力があってこそ、コンピュータ・サイエンスのスキルが活きてくるのです。今までにないものを発想し時代の流れをつかんで創造するには、デザイン性によってイメージを形にする力や、人として身につけた教養がベースとして必要になります。そういった観点から、従来のSTEM教育にA(アート)の要素が加わったSTEAM教育への注目が高まってきたのです。

海外でのSTEAM教育はどう進んでいる?

STEAM教育への注目度は世界的に高まっており、欧米諸国のみならずアジアの新興国でも具体的な施策が進んでいます。STEM教育提唱国であるアメリカは、重要な国家戦略として2013年には年間約30億ドルを費やしています。オーストラリアでは、2009年にはシドニーの高校生を対象としたiSTEMプログラムを開始しています。カナダでは、2016年頃より幼稚園から高校3年生までの義務教育のカリキュラムにプログラミングやロボティックスを導入しています。
シンガポールは1965年の独立以降一貫して理数系教育や技術的スキルの向上に力を入れており、2014年には中学校のすべての生徒たちにSTEMプログラムを提供するための組織であるSTEM Inc(ステムインク)を立ち上げました。中国では2018年から2020年にかけて小学校、中学校、高校で省ごとにプログラミング教育を必修化し、次世代AI人材を養成しています。このように、世界各地でSTEM教育への具体的な取り組みは数年前からすでに始まっており、それがSTEAM教育へと発展しつつあるのです。

次のページでは、日本のSTEAM教育の実情や問題点、家庭でできるSTEAM教育について紹介します

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!