お宮参りの服装は? 赤ちゃん・パパ・ママ・祖父母の服装の選び方とおすすめのコーデ例

お宮参りは何を着ていけばいいの?

お宮参りは何を着ていけばいいの?
赤ちゃんが生まれて初めての大きなイベントとなるのがお宮参りです。お宮参りでは赤ちゃんに何を着せるかということに加えて、大人の服装についても迷いがちです。赤ちゃんやパパ・ママ、そしておじいちゃんおばあちゃんはどんなものを着ればよいのでしょうか。みんなまとめて解説します。

お宮参りの服装の基本

お宮参りの服装の基本
何を着るかを選ぶ前に、まずはお宮参りの服装の基本を知っておきましょう。基本を抑えておけば、大きな失敗をしてしまう心配はありません。

お宮参りの服装:決まりはないけれどフォーマルが無難

決まりはないけれどフォーマルが無難
実は、お宮参りの服装に決まりはありません。とはいえ、神社に行くのでカジュアルすぎる服装は避けてフォーマルを選ぶのが無難です。露出を控えた服装にすることもポイントです。

  • ノースリーブ
  • ミニスカート
  • ハーフパンツ

上記のようなアイテムは、フォーマルなテイストであっても避けた方がいいでしょう。

お宮参りの服装:祖父母も含めた参加者で格を揃える

祖父母も含めた参加者で格を揃える
お宮参りの服装選びの時には、参加者で格を揃えるようにしましょう。特に、祖父母がお宮参りに参加する場合には事前に相談をしておく必要があります。参加者の服装の格が揃っていると、記念の集合写真もきれいに見えます。

お宮参りでの赤ちゃんの服装と選び方


お宮参りの主役は赤ちゃんです、まずは、赤ちゃんの服装から決めていきましょう。赤ちゃんの服装が決まると、それ以外の参加者の服装も決まりやすくなります。

お宮参りの赤ちゃんの服装:「祝い着」が正式

「祝い着」が正式
赤ちゃんのお宮参りの服装で正式なのは「祝い着」です。白羽二重の着物を着せその上に色のついた紋付の祝い着を掛けます。祝い着の下は必ずしも和装である必要はありません。ベビードレスや産着など赤ちゃんが快適に過ごせるものを着せてあげましょう。

男の子の祝い着

男の子の祝い着は「熨斗目模様(のしめもよう)」が正式で、色は黒、濃紺、深緑などの濃い色が一般的ですが、最近では白やベージュも人気です。兜、軍配、鷹、亀甲花菱、宝尽しの柄が多く、家紋が入ることもあります。

女の子の祝い着

女の子の祝い着は「友禅模様(ゆうぜんもよう)」が正式で、色は赤、桃色に加えて薄い黄色や水色など華やかな色が人気です。鞠、鈴、蝶、うさぎ、ボタン、桜、梅の絵柄が多いです。

お宮参りの赤ちゃんの服装:ベビードレス+ケープでもOK

ベビードレス+ケープでもOK
最近は、ベビードレスにケープという洋装のスタイルも増えています。色は白が一般的ですが、淡いブルーやピンク、黄色などを使っても問題ありません。

お宮参りの赤ちゃんの服装:冬はおくるみやアフガンを用意

冬はおくるみやアフガンを用意
冬は祝い着やケープだけでは赤ちゃんの防寒が不十分です。赤ちゃんが冷えてしまうことがないように、おくるみやアフガンを用意しておきましょう。

お宮参りの赤ちゃんの服装:夏は祝い着の下を薄着に

夏は祝い着の下を薄着に
お宮参りに行くころの赤ちゃんはまだ自分で十分に体温調節ができません。そのため、夏は祝い着の下を薄着にすると同時に、熱がこもらないようにときどき風を通してあげるなどの熱中症対策が必要です。

コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
コンビ肌着って何? 短肌着や長肌着との違い、コンビ肌着の選び方やおすすめ8選を紹介
赤ちゃんの出産準備で必要な肌着は、短肌着、長肌着、コンビ肌着と種類がありますが、違いがわからないパパママも多いのではないでしょうか。コンビ肌着の特徴や何枚用意する必要があるのか、また、選び方やおすすめをご紹介します。

お宮参りのママの服装は?

お宮参りのママの服装と選び方
ママ向けのお宮参り服は数多く販売されています。その中から、どれを選んだらいいのでしょうか。選び方のポイントを知っておきましょう。

お宮参りのママの服装:和装・洋装は赤ちゃんに合わせる

和装・洋装は赤ちゃんに合わせる
ママが和装にするか洋装にするかは赤ちゃんに合わせます。赤ちゃんが正式な祝い着を着るならママも着物を、ベビードレスを着るなら洋装を選びます

和装の場合、以前は黒留袖が選ばれることが多かったのですが、現在は訪問着、色無地、付け下げを選ぶのが一般的です。洋装の場合にはワンピースやセレモニースーツを選びましょう。ノースリーブのような露出の高いものは避け、カーディガンやジャケットなどを羽織ってカバーします。

お宮参りのママの服装の選び方は?


お宮参りは、まだ産後まもない時期に行うイベントです。ママの服装選びは見た目や様式も大切ですがママにとって楽な服装かというのも大事なポイントです。

  • 簡単に授乳ができるか
  • 動きやすいか
  • 体型カバーができるか

具体的には上記の点に注目して選ぶといいでしょう。靴は安定感のあるローヒールのものを選ぶのがおすすめです。

髪型はすっきり控えめに

髪型はすっきり控えめに
フォーマルな服装に合わせる必要があるため、ママの髪型は軽くまとめるなどすっきり控えめで清楚なものにすると美しく見えます。派手な飾りなども避けた方が無難です。

次のページではお宮参りのママの服装選びにおすすめの通販サイトを紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!