産後クライシスで夫と離婚したいと思ったら…パパママの産後クライシス体験談・海外事情も

60%以上のママが感じる産後クライシスとは?

出産後に夫婦の愛情の冷え込みを感じ始める「産後クライシス」。株式会社カラダノートの「産後クライシス調査」によれば、6割以上のママが産後クライシスを経験していることが、明らかになっています。また、産後クライシスを経験した9割以上のママが「産後半年以内」に愛情の冷え込みを感じて、その後「愛情が回復した」と感じる率は56.6%にとどまっています。
出産後は、ママにとっては何もかもが変わります。体調の変化に加え、昼夜を問わず赤ちゃんのお世話をしなければならず、睡眠不足と疲れで毎日クタクタ。そんな中、産後クライシスを改善できないと、二人心の溝はどんどん深くなってしまいます。

「産後クライシス調査」(カラダノート)

産後クライシスが起こる子供が0~2歳ごろは離婚率がもっとも高い

厚生労働省の平成28年度の「全国ひとり親世帯調査結果報告」を見ても、母子家庭になった家庭の年齢は0~2歳がもっとも多くなっていることがわかります。これは産後クライシスによる育児に対する夫婦間の温度差が解消されないまま、夫婦関係が悪化の一途を辿ってしまうことも一因と考えられます。
0~2歳という年齢は、ママにとってとてもたいへんな時期です。そんなときにパパの育児に対する無理解や、家事への不参加、自分勝手な言動などがあると、愛情を持てなくなり離婚にまで発展してしまうこともあるでしょう。

平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果(厚生労働省)
子供がいる夫婦の離婚で決めるべきこと、親権、養育費、ひとり親制度について
子供がいる夫婦の離婚で決めるべきこと、親権、養育費、ひとり親制度について
子供がいると夫婦の離婚では、親権や養育費、慰謝料など、離婚前に決めるべきことがあります。子供のためにも、離婚協議の不安を取り除くためにも、何を決めて、今後どのように動く必要があるのかを知っておきましょう。ひとり親家庭の支援制度についてもご紹介します。

産後うつと産後クライシスの違い

「産後クライシス」とよく間違われる言葉に「産後うつ」がありますが、実際には全く別のものです。「産後クライシス」が夫婦関係の悪化であるのに対し、「産後うつ」は産後に起きるうつ病のことです。
産後うつは、イライラや不安感だけでなく、継続的な不眠や疲労感などの症状が出る病気です。産後うつになった場合は、早めに専門家の診察を受けて、悪化を防ぐようにすることが大切です。ただし、産後クライシスと産後うつは別の問題であるため、同時に起こる可能性もあり、注意する必要があります。

マタニティブルーは産後に起こる? 妊娠・産後うつとの違いや対処法 パパもある?
マタニティブルーは産後に起こる? 妊娠・産後うつとの違いや対処法 パパもある?
「マタニティブルー」とは妊娠中になるものなのでしょうか? それとも産後? どういった症状がでるとマタニティブルーになるのか、妊娠・産後うつとはどう違うのでしょうか? マタニティブルーの症状や対処法、パパのマタニティブルー(パタニティブルー)についても説明します。

産後クライシスの原因

産後クライシスになる原因はさまざまです。産後やることがたくさんある中で、優先順位はなんといっても赤ちゃんが一番と考えるママは多いものです。そんなときに、パパの理解がいないと、イライラがつのります。やがて二人の間の溝は埋まらないほど大きくなり、離婚へ至ってしまうことも。
適切な対処方法を知らないと、関係の修復は難しいものです。そのため、リスクが上がる要因を知っておいて、産後クライシスを避けるようにしましょう。

産後クライシスの原因1:里帰り出産

日本では、まだまだ育休を取るパパは5%程度と少なく、里帰り出産をするママも多いのが現状です。結果、いちばん大変な乳児期のお世話にパパがかかわらず、帰宅後もママとパパの育児スキルに差ができるため、育児がママに偏ってしまいがちです。
最初から育児が大変という認識がないと、里帰り後に育児参加をしてもらうことは期待できません。里帰り出産の際は、スタート時点での育児スキルの差が生まれないよう、パパにも最初から積極的に参加してもらうことが大切です。

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
里帰り出産の期間はどれくらいなのか、いつからどんな準備を始めたら良いか悩むものです。ここでは、里帰り前2ヵ月から里帰り中まで何を準備したら良いか順を追ってご説明。さらに夫や実家にどんな準備や配慮をしたら失敗ない里帰りになるのかもご紹介します。

産後クライシスの原因2:パパの無理解

労わりの言葉もなく、他人事のようなパパの一言は、育児で消耗しているママにとって、まさに地雷を踏むようなもの。無理解からのパパの一言が、急速に二人の関係を悪化させます。「育児は母親の仕事だからやって当然」「俺だって忙しい」などと、自分勝手な発言をするパパに、ママのイライラは止まりません。夫婦仲が冷え込んでも「大変だったね」「ありがとう」とねぎらいの言葉をかけてもらえないばかりか逆切れされて、気持ちはさらに冷え込み、離婚まで考えてしまうママがでてくるのです。

産後にママだけでお出かけしたい! パパと赤ちゃんが初めて留守番する時の注意点は?
産後にママだけでお出かけしたい! パパと赤ちゃんが初めて留守番する時の注意点は?
ママは出産後1ヶ月は安静にと言われますが、ママだって1人でお出かけしたいですよね。「産後ママはいつからお出かけしていいの?」「ママだけでお出かけしてパパと赤ちゃんはお留守番できるの?」など、お出かけしたいママのお悩みを解決します!

産後クライシスの原因3:寝不足やホルモン変化

ママにとって、出産後は心身ともに不安定な状態です。産後のホルモンバランスの乱れは自律神経の乱れにもつながり、イライラの原因となります。また、睡眠不足もホルモンバランスを乱し、ホルモンバランスの乱れが不眠を引き起こすこともあるため、産後のママはイライラしやすいのです。そのうえ、赤ちゃんの授乳やお世話で細切れ睡眠の毎日。そんな中、普段なら許せるようなパパの言動にもイライラしてしまうのです。

産後クライシスの原因4:夫婦のコミュニケーション不足

子供が生まれると、子供中心の生活に急激に変化することや、お世話に追われることで夫婦のすれ違いやコミュニケーション不足が起きてしまいます。自分の時間が取れないことや慣れない育児のストレス、一人で生まれたばかりの子供の全責任を負うプレッシャーなど、パパに理解を求めてもわかってもらえないことも多いものです。パパの仕事が忙しく、なかなか会話ができないため、伝えたいことも伝えられないという時間的すれ違いも、産後クライシスの原因となります。
また、専業主婦や産休や育休のため仕事をしていないママは、パパの仕事を気遣って不満や要望を伝えずにいることも。きちんと伝えず「察してほしい」と思っているために起こる「わかってくれない」というフラストレーションも原因のひとつです。

産後クライシスを経験したパパママの声

産後クライシスによる恋愛感情の低下は、慣れない育児で日々疲れて、気持ちが冷めてしまっているママだけの問題ではありません。最近では、パパにも産後クライシスがじわじわと浸透してきて、「二人の溝を深めてしまう前になんとかしたい・・・」と悩むパパも増えてきています。
産後クライシスに陥らないように、または抜け出したいという、パパママのそれぞれの視点からの体験談をご紹介します。

ママの産後クライシス体験談

・最初の1か月を実家で過ごす間、家事も育児もしないで、自分はフラッと出かけたり、あまりに自分勝手な夫は、自宅へ帰った後も当然何もしないまま。せめて家事ぐらいはやってほしいと頼んでも「家に一日中いるんだから、そっちがやるのが当然」という態度でした。

・平日ワンオペ育児で頑張っているから休日ぐらい育児参加してほしいのに、自分は休日も友達と出かけるか、ゲームばかり。沐浴はしてくれるけど、本当に入れてくれるだけなのに、外でイクメン面するのは許せません!

・子供が夜泣きをしても絶対起きない人で、いつも一人で夜中の寝かしつけ。結局「うるさくて夜眠れないから」と言われ、寝室を分けましたが、毎回一人で泣く子供をなだめるのは孤独で辛いものでした。

・42℃の熱がでてしまい、授乳中だったので薬も飲めずにフラフラ。離乳食を作ってほしいと頼んだら「今まで作ったことないからできない」と断られました。這って台所まで行き、泣きながら準備しました。もちろん、私の食事の用意もしてくれませんでした。

パパの産後クライシス体験談

・自分では結構育児参加しているつもりだったのに、全然手伝っていないと言われショックでした。言われたことはきちんとしているのに、がっかりしました。

・話し合いをしたいと言われていますが、やれることはきちんとしているつもりだし、話し合っても意味がないと思います。なぜそんなにイライラしているのかわかりませんし、戸惑いを覚えます。

・仕事で疲れて帰ってきて、すぐに家事や育児はできません。ゲームやスマホでリラックスする時間が必要です。ガミガミ言われると、やる気がなくなるのでやめてほしいです。

夜しっかり寝られないと、仕事でのミスが多くなるので、手伝う気持ちはありますが、キャリアや仕事に支障がでることはできません。上司と妻からのダメ出しがプレッシャーになっています。

・自分は家族のために仕事をしているのだから、家事や育児は一日中家にいるほうがするのが当然だと思います。手伝ってほしいなら、同じぐらいの稼ぎをしてほしいです。

産後クライシスは海外では起きない?

ママが産後うつになったり、仕事との両立やプレッシャーなどで、男性でも産後うつになる可能性はあります。日本ではようやく認知度の上がりつつある産後クライシスですが、海外の事情はどうなのでしょうか。
筆者がよく知るフランスとドイツの例を見てみましょう。日本の産後クライシスの状況を打開するヒントとなるかもしれない、文化や考え方の違いがたくさんあります。

フランスの産後ケア体制&産育休

共働き世帯の多いフランスでは、10週間の産休が明けると、すぐに職場復帰するママがほとんどです。パリなどの都市部では、公立保育園併設の託児所はなかなか空きがないことから、預け先の確保は悩みの種です。私立の託児所や家庭型託児所、「ヌヌ」と呼ばれる認可保育ママに預けることも多く、早期から他人に子供を任せることへの罪悪感はありません。

2013年よりパパ向けの育児休暇もでき、新生児の誕生後11日間の連続休暇を取得することができます。双子などの多胎児の場合は18日間までで、産後のママが一人で育児を抱え込まないようなシステムとなっています。パパとママが同時に育児のスタートラインに並ぶことが可能なため、育児を共同作業として行っていく下地作りを後押しする法制度です。

フランスの産後クライシス体験談

ママだけでなくパパも育休を取ることにより、育児への意識は大きく変わります。出産後の一番大変な時期をママと一緒に過ごすことにより、育児に対する理解も深まるからです。ミルクでの授乳が多いことも、パパの育児参加のハードルを下げています。
また、フランスでは退院後は同室の赤ちゃん用ベッドですが、早ければ生後数週間から子供部屋で赤ちゃんを寝かせる習慣があるため、夜はパパとママだけの時間を取ることも可能です。パパとママが交代で夜起きるなど、育児の分担もしやすくなり、精神的にも楽になります。

また、カップルでの時間を過ごすため、子供をベビシッターに預けてディナーに出かけたりすることに、フランス人は後ろめたさを感じません。ママとしてだけでなく女性として仕事やプライベートがあるフランスは、産後クライシスになりにくい環境が整っているといえるでしょう。
とはいえ、もちろんどこの家庭も同じ状況であるわけではありません。特にパパ向けの育休を取ることにより、収入が減るのを気にする家庭などでは、やはり育児がママ一人の負担となることが多いようです。また、ママの復職の際、帰宅後の育児や家事の負担が大きいなどの理由から、産後クライシスになり別れるカップルもいるのが現状です。

ドイツの産後ケア体制&産育休

ドイツでは「ヘバメ」と呼ばれる助産師による、出産時と産後のママと新生児のための訪問サポートサービスがあります。生後8週間まで、家にいながらにして身体と心をサポートしてもらえるサービスで、産後の体調管理や子育ての不安を解消してくれます。
ドイツでは、フランスほどフルタイムの共働き世帯は多くないため、産後はママが育児に専念することが多くなります。とはいえ、ドイツの育休はパパとママのどちらか、または両方が順番に12~14カ月とってもよいことになっています。前年度の収入を元に計算された手当が支給されるので、収入の多いほうが育休をとることが一般的です。そのために、ママがすぐに職場復帰して、パパが育児をしている姿もたくさん見かけます。
また、フルタイム勤務のママの復職も週3回の時短勤務からなどと、ママと赤ちゃんの双方にありがたいシステムもあり、ママへの負担が少ない制度が充実しています。

ドイツの産後クライシス体験談

ドイツでは、生後数週間から1~2か月、赤ちゃんはママのベッドの脇のベビーベッドで眠ります。それが終わると同じ部屋でベッドを離して、もしくは自室で赤ちゃんは眠るようになります。夜に夫婦の時間が取れるため、夫婦の対話がなくなることは稀です。
ミルクでの授乳や離乳食は手作りしないなど、パパとママが育児のシェアがしやすくなっています。また、経済的に余裕がある家庭では、掃除やアイロンかけなどの家事の外注は一般的で、朝食や夕食は「カルテスエッセン(冷たい食事)」と呼ばれるハムやチーズのなど食事で準備に手間をかけないことも多く、家事負担が少ないことも、ドイツのママへの負担が軽い要因です。
しかし、預け先が見つからず職場復帰が思うようにいかなかったり、元々専業主婦であった場合、一人で育児を抱え込むママが多いことも事実です。また、産後クライシスになっても、経済力があるママなら、我慢せず離婚してしまうことのほうが多いようです。

産後クライシスを防ぐためにできること

最悪は離婚にまで発展してしまう産後クライシス。愛情が回復するような努力を双方がしない限り、どちらかの片方の努力だけではなかなか関係の回復は見込めませんし、時間が解決してくれるものでもないことが多いものです。
もしも産後クライシスになってしまっても、知識があればそれ以上の発展を防ぐことは可能です。産後クライシスを避けるためにやっておきたいことを、サービスやグッズも含めてご紹介します。

産前から夫婦でコミュニケーションを取ろう

産前から夫婦でコミュニケーションを取ろう
どんな夫婦も産前は「産後クライシス」にはなりたくない、と思っているもの。ところが、多くの人が陥ってしまうのが現実です。できれば産前のうちから、子供が生まれることによって夫婦関係にどんな変化が起きるのか知っておくと、その後のすれ違いが少なくなります。産後も子供の成長によって状況はどんどん変わるので、時期に応じてこまめに話し合いをするようにしていくとよいでしょう。
「なかなか建設的な話し合いができない」、「何から話したらいいのかわからない」そんなパパママは、夫婦で話し合うポイントなどをまとめた「世帯経営ノート」など、既成のツールを使ってみるのもいいでしょう。「わたしたちとして、どうするか?」という視点でビジョンを話し合うことにより、一歩踏み込んだ対話ができるのでおすすめです。

関連リンク
夫婦で産後をデザインする「世帯経営ノート」の詳細ページ

育児のシェアをしよう

パパの無理解は、日中の育児のイメージがわいていないからかもしれません。育児日記のようにログがつけられるアプリでは、パパにシェアする機能があるものもあるので、活用してみるのも一案です。
アプリの1つ「ぴよログ」なら睡眠時間やミルクの量、タイミングなどもパパと共有できます。日中はノータッチなパパにも、どれだけ大変かもわかってもらいやすいですし、育児シェアしやすいツールです。

育児記録 - ぴよログ
メディカル, ヘルスケア/フィットネス無料iOSユニバーサル
Screenshots
Androidアプリはこちら
パパママ育休プラス制度って何? 内容と取得条件、ママが専業主婦でもOK? 取得例も紹介
パパママ育休プラス制度って何? 内容と取得条件、ママが専業主婦でもOK? 取得例も紹介
パパママ育休プラス制度は「育休を取得できる期間が増えるの?」と勘違いしているパパママも多いのではないでしょうか。ママが専業主婦の家庭でもパパは育休を取得できるので、ぜひ知っておいてほしい制度です。育休を分割して取得できるので、具体的な取得例も紹介します。

家事のシェアをしよう

育児は待ったなしでも、家事なら日中はいないパパにもシェアしてもらいやすいですよね。そこで、家事を見える化してシェアすることで、ママの家事負担が減らしましょう。今までママが一人で引き受けていた家事をパパに振り分けることが難しいなら、家事をシェアするお手伝いをしてくれるアプリがおすすめです。
「家事ノート」は家事や育児を可視化して、家事を振り分けたりパートナーにお願いをしたりすることができるツールです。これを使えば、ママの日中の「家事が進まないイライラ」を緩和できるかも。

家事ノート-共働き夫婦向け家事分担アプリ
Screenshots

Androidアプリはこちら

夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯で家事分担する時のポイント! 妻が夫にストレスをためない方法は?
夫婦共働き世帯が増え、家事も男女で分担する家庭が増えています。「男は仕事、女は家庭」という時代から、女性も働き、男性も家事をしていく時代です。パパママの家事分担がうまくできていないと悩む家庭も多いのではないでしょうか。家事分担のポイントをご紹介しますので、参考にしてみてください。

産後クライシスを乗り越えたパパママの声

産後クライシスになったからといって、あきらめるのは早すぎます。ちょっとした気づきによって解決できることは多いものです。産後クライシスを乗り超えられるかどうかのポイントはいったいどこにあるのでしょうか。産後クライシスを乗り超えたパパママたちの声を拾ってみました。

・察してもらおうとしない。してほしいことを具体的に伝える。頼んだら任せて、ダメ出ししない。

・感謝の気持ちを伝える。

・自分へのハードルを下げることによって、相手(夫)へのハードルも下げることができた。相手の良いところを見られるようにする。自分を褒める。

・相手に期待しない。

・不満をため込まないよう、話し合いはきちんとする。感情的にならない。

産後クライシスで離婚を考えたほうがいいとき

子供が最優先のママに対して、生活リズムがあまり変わらないパパは、なぜそこまでママがイライラしているのかわからないことがほとんどです。逆に、自分は被害者だと考え、帰宅時間をわざと遅くしたりして、関わらないようにしてしまうことも。そうなると、二人の関係は冷え込むばかりで、改善はされません。しかし、本当に産後クライシスだけが原因なのでしょうか?
育児に協力しない、話し合いを避ける、家によりつかないなどのサインがあれば離婚を視野に入れてみてもいいかもしれません。他にも、暴力や暴言といったDVがある、お金を渡さないなどの場合も、離婚するべきケースでしょう。
悩んでいるときは一人で抱え込まず、思い切って誰かに相談してみましょう。友人や親に話しにくいならば、自治体の相談窓口を利用することをおすすめします。

離婚後、子供に関する手続きは何がある? 氏名変更の流れをわかりやすく紹介!
離婚後、子供に関する手続きは何がある? 氏名変更の流れをわかりやすく紹介!
子供がいる夫婦が離婚した場合、親権者になり子供と一緒に住む親は子供の分の手続きが必要になります。離婚後にすぐ手続きをしないと、手当金などで損をすることがあるので注意が必要です。離婚後、子供に関する手続きは何があるのでしょうか? 手続きの流れを紹介します。

産後クライシスは今後の夫婦関係にも影響する


ママのパパへの愛情は、出産後に夫婦仲がうまくいかないと、そのままではその後の回復は見込まれません。しかし、パパが家事育児に協力的であれば、ママの心身の負担は減り、産後クライシスになっても愛情の回復は可能です。
仕事の環境や、伝統的な考え方など、日本ではなかなか簡単にはいかないかもしれません。しかし、今後の結婚生活に及ぼす影響を考えれば、真剣に向き合わざるを得ません。積極的に家事育児に参加して、産後クライシスを乗り超えていけるといいですね。

夫婦円満の秘訣。夫婦で仲良く暮らすために心得ておきたいポイント
夫婦円満の秘訣。夫婦で仲良く暮らすために心得ておきたいポイント
結婚記念日が近づくと、今と変わらず夫婦仲良く暮らしていきたいと思うものです。そこで、普段からできる夫婦円満の秘訣について具体的な方法をご紹介したいと思います。どれもすぐにできるものばかりなので、再確認も含めて見ていきましょう。
アウェイ育児って何? ワンオペ育児とは違う? 頼れる人が近くにいない育児のつらさや乗り越え方を紹介
アウェイ育児って何? ワンオペ育児とは違う? 頼れる人が近くにいない育児のつらさや乗り越え方を紹介
「アウェイ育児」って何? ワンオペ育児とはどう違うの? 夫の就職や転勤などで、頼れる人が近くにいない場所で子育てをしているママたちはどんな悩みがあるのでしょうか? アウェイ育児経験者がご紹介します。
親の離婚が子供に与える影響は? 離婚のタイミングや子供に負担をかけないために親ができること
親の離婚が子供に与える影響は? 離婚のタイミングや子供に負担をかけないために親ができること
離婚したいけど、子供への影響や今後の生活を考えると踏み切れない…と決断は容易ではありませんよね。離婚を先延ばしにしても子供に悪影響を与える場合もあります。子供に負担をかけないために、離婚のタイミングや子供への愛情表現や接し方などもご紹介します。
ワーママが陥るマミートラックとは? マミートラックに乗るメリット・デメリット
ワーママが陥るマミートラックとは? マミートラックに乗るメリット・デメリット
マミートラックとは、育休から復帰したママが出産前とは違い、時間制限があることから単調な業務ばかりになったり、昇進コースから外れてしまうことを言います。マミートラックに乗ったママたちの感じるメリット・デメリットやマミートラックの原因を探ります。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!