七五三ママの着物はパステルカラーがいい? 柄は? おすすめレンタル店も紹介

七五三のママに相応しい着物の種類は?


子供の七五三に着るママの着物は、どのようなものがいいのでしょうか。七五三に相応しいママの着物は「訪問着」「色無地(いろむじ)」「付下げ(つけさげ)」の3種類とされています。この3つの着物は、七五三をはじめとするフォーマルな場所に相応しい着物です。

訪問着

訪問着は、柄が着物全体に大きく描かれていて、縫い目にまたがる模様が特徴です。着物を広げた時に柄が、衿や肩、袖や裾に渡るように描かれています。

付下げ

付下げは、訪問着よりやや格が軽いよそ行きの着物です。模様が描かれていますが、訪問着のような繋がった大ぶりな模様はありません。少なめの柄で落ち着きがあるので、七五三向きの着物といえます。お祝い事を意識して、柄や色合いを選びましょう。

色無地

色無地は、黒と白以外の一色で染められた柄のない無地の着物です。生地に地紋(紋織物で織り出された模様)がある場合は、鶴、亀甲、松竹梅にちなんだ吉祥文様や、慶弔両用として使用できる流水柄、雲、有職文様が入ったものを選びます。また、七五三では紋は一つ紋か無紋でよいでしょう。お祝い事なので、暗く沈んだ色は避けてくださいね。

七五三はいつお祝いする? 数え年・満年齢どっち? 男の子と女の子でも年齢が違うの? 
七五三はいつお祝いする? 数え年・満年齢どっち? 男の子と女の子でも年齢が違うの? 
七五三はいつお祝いしたらいいのでしょう? 子供成長を祝う伝統行事と知っていても「数え年? 満年齢?」と悩むパパママもいます。男の子と女の子でお祝いする年齢も違います。七五三についての基礎知識や写真撮影の時期、おすすめのスタジオについて解説します。

七五三に相応しい着物か迷う場合は?


買ってもらった着物や、譲り受けた着物だと着物の種類が分からないことがありますよね。そんな時は、子供の七五三でママが着ても相応しい種類か確認してみましょう。

たとう紙(たとうがみ)に書いてある呉服店に聞く

たとう紙とは着物を包む紙で、着物の購入店が書かれています。たとう紙に書いてあるお店に、持っている着物が七五三に着られるかどうか聞いてみましょう。

着物売り場などで聞く

を直接着物売り場の店員さんに聞く方法もあります。着物の写真を撮り、着物の種類、七五三に着られるものか聞いてみましょう。「質問だけだと失礼かな?」と不安な場合は、足袋などの小物を購入するついでに聞くといいかもしれませんね。

ママの着物の色に決まりはある?


七五三の主役はもちろん子供です。一般的に子供より目立たない格好が良しとされていますが、濃い色はダメなどママの着物の色に決まりはあるのでしょうか?

ママはパステルカラーの着物じゃないとダメ?


パステルカラーの着物は合わせやすく長く使えることや、控えめで上品な印象になる無難な色でもあるので、購入する時はおすすめです。しかし、七五三の時は、ママはパステルカラーの着物でないとダメというルールはありません。子供を引き立てつつ、自分に似合う色が選べるといいですね。

肌や髪の色によってはパステルカラーの着物しっくりこない場合もあるでしょう。そのため、それ以外の色の着物を七五三で着ても問題はありません。着物は帯合わせで印象や雰囲気が変わるので、着物に詳しい人やお店に行き七五三に相応しいコーディネートをしてもらうと安心です。

子供と同系色の着物はダメ?


「七五三のママの着物は、子供の衣装の色とかぶらないように」とよく耳にします。しかし、全く同じ色になることは稀ですので、そこまで神経質になる必要はありません。

七五三の子供の衣装ははっきりとした色合いが多いですが、同じ色や同系色でも大人用の着物は落ち着いた色合いが多くなります。気に入った着物が子供の衣装と同系色でも、全く同じ雰囲気ということは考えにくいため、着たい色の着物を選んでも問題ありません

女の子の七五三はいつ? 3歳と7歳のお祝いの違い! 人気の着物の色は?
女の子の七五三はいつ? 3歳と7歳のお祝いの違い! 人気の着物の色は?
女の子の七五三は3歳と7歳でお祝いするのが一般的です。年齢によってお祝いの意味や着る着物が異なることをご存知ですか? 年齢別で女の子の七五三の着物で人気の色もご紹介します。

ママの着物の柄は?


七五三でのママの着物の色は自由度が高いですが、柄には注意が必要です。着物は着る季節に合った柄を選ぶことが大切とされています。

季節の花の柄

着物の柄には、季節の花々や景色が描かれているものが多くあります。着物は季節に合わせた装いをすることで、おしゃれ感や品が増します。場違いにならないためにも、季節はずれの柄は避けましょう。

花単体のデザイン

花単体の着物柄は季節に合わせます。

  • 春:桜、桃、牡丹、菖蒲など
  • 夏:紫陽花、竹、撫子など
  • 秋:桔梗、萩、紅葉、山茶花など
  • 冬:松、椿、梅など

七五三を行うのは、10月〜11月で秋の季節です。桔梗、萩、紅葉、山茶花が秋の季節の柄になりますが、着物の世界では、着る季節の1ヶ月〜1ヶ月半くらいの柄を先取りして着るのが「粋でおしゃれ」とされています。七五三を10月~11月に行う場合、冬の柄から選ぶとでおしゃれに七五三の着物を楽しむことができますね。松の柄は、夏以外の3シーズンでることができるので、七五三の着物に選んでもいいでしょう。

花が複数描かれたデザイン

季節を先取りして着物の柄を選ぶのは難しそうだけれど、花の描かれた着物を着たいママは、「複数の種類の花が描かれている着物」がおすすめです。花が複数描かれている場合、それぞれの花の季節で、着物を着ることができます。例えば、桜、菊、梅が描かれている着物は、季節感なく通年着ることができるので重宝しますよね。「春秋」と呼ばれる柄がありますが、これは春の花(藤、牡丹)と秋の花(菊や萩)が一緒に描かれた着物で、言葉の通り春、秋で使用できます。

通年着られる紋の柄

着物にはさまざまな柄の種類があり、通年着られる柄が存在します。どのようなものがあるのでしょうか。

唐花

中国からきた柄で、平安時代から使われています。特定の花のことではなく、牡丹のように花弁が複数ある花のことをいい、形もさまざまなものがあります。

丸紋

丸(円)は無限を表すとして縁起のいい柄とされています。鏡柄や花を丸く描く花丸紋など、さまざまな丸紋があります。

通年のお祝い事で着れる柄

お祝い事で着られる着物で、季節を問わない柄を探しているママにおすすめな柄もあります。

有職文様(ゆうそくもんよう)

有職文様は、平安時代から使われてきた伝統的文様です。代表的なものは、菱文、亀甲文、小葵、雲鶴文、唐草文などがあります。

吉祥文様(きっしょうもんよう)

吉祥文様は、縁起のいい柄の文様です。扇、松竹梅、四君子(蘭、竹、菊、梅)などがあります。

【3歳の七五三】女の子に人気の着物は? 着付けやヘアアレンジ、準備するものは?
【3歳の七五三】女の子に人気の着物は? 着付けやヘアアレンジ、準備するものは?
女の子の3歳の七五三では、被布という着物を着用します。女の子の着物は、定番柄からモダン柄までデザインが豊富です。着物の選び方や、着物に合わせた髪飾り選びのポイント、おすすめ着物、ぐずった時の対処法などを紹介します。
【7歳の七五三】女の子に人気の着物やヘアアレンジ、便利アイテムを紹介!
【7歳の七五三】女の子に人気の着物やヘアアレンジ、便利アイテムを紹介!
7歳の七五三では女の子は大人と同じように着物を着て帯を巻き、髪も本格的にセットします。3歳の時とは違う我が子の大人びた姿に感極まるでしょう。7歳の七五三で人気の着物の色やおすすめデザイン、便利なアイテム、ヘアアレンジについて解説します。

次のページではママの着物レンタルでおすすめのお店や小物を紹介します!

続きを読む
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!