母乳育児中のママに授乳キャミソールって必要? 選び方は? タイプ別特徴とおすすめ商品を紹介

目次

赤ちゃんの授乳に便利! 授乳キャミソールとは

授乳に便利! 授乳キャミソールとは
授乳服は、1日に何度もおっぱいをあげるママのために胸の部分を開けやすくしたものですが、インナーにも授乳専用品があります
出産準備品のリストなどにも「授乳用になるマタニティブラジャーが必要」と掲載されていることがありますね。しかし、授乳ブラジャー+授乳服だけではおっぱいをあげるときに思いのほか肌があらわになったり、お腹が冷えたりと気になることが多いでしょう。
授乳服の下に普段通りのインナーを着て、裾からたくし上げる使い方ではやはりお腹が冷え、胸元を無理にひっぱってしまうと布地を傷めてしまいます。
授乳用のキャミソール・タンクトップを着れば、赤ちゃんのおっぱいコールにすばやく応えながらママの体をしっかり守れますよ。

授乳キャミソールとカップ付きインナーの違い

授乳キャミソールとカップ付きインナーの違い
授乳キャミソールの見た目は授乳用ではない普通のカップ付きインナーと似ているので、手持ちのカップ付きインナーで代用できそうに思えます。
しかし、妊娠中~授乳期はバストサイズが変化したりバストトップがデリケートになったりと妊産婦独特の変化が出てきますので、これらに対応して開発された授乳用インターの方がストレスなく過ごせるでしょう。
1日に何度となくある授乳タイムにも、授乳用のインナーならママの使い勝手がよくなるように研究されているので、スムーズに授乳できます。
ただし、どうしても授乳専用インナーである必要はありません。伸縮性のよい生地や深めのVネックのカップ付きインナーなら代用できることもあるので、手持ちのインナーで確認してみましょう。

授乳キャミソール・タンクトップの選び方は? 3つのポイント

授乳キャミソール・タンクトップの選び方は? 3つのポイント
授乳キャミソール・タンクトップはどのように選べばよいのでしょうか。ポイントとなる授乳時の体勢や着こなし方、着心地について詳しく解説します。

赤ちゃんの授乳体勢は?

授乳キャミソール・タンクトップにはオープンする位置や仕組みなどが異なるさまざまなタイプがあります。赤ちゃんの授乳体勢や自分のバストの形などを考慮して選びましょう。
片手で赤ちゃんを支えながらもう片方の手だけで開け閉めできるか、布地が赤ちゃんの顔にかかり呼吸を妨げることはないか、赤ちゃんを左右抱きかえるときの手間など実際に使ってみないとわからないことも多く、赤ちゃんの成長に伴い使いやすいタイプも変わってきます
「いろいろなタイプを1つずつ試してみよう」くらいの気持ちで、ベストなものを探してください。

赤ちゃんに授乳クッションは必要? 抱き枕は使える? 使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介
赤ちゃんに授乳クッションは必要? 抱き枕は使える? 使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介
赤ちゃんのために使うもののひとつに授乳クッションがありますね。ただ、短いと1年も使わないことから、授乳クッションは抱き枕などでもよいかもと考えたことはありませんか? 今回は授乳クッションの役割と使い方からおすすめの授乳クッションまで紹介していきます。

授乳ブラジャーと併用する?

バストが大きめだったり妊娠によって大きくなった方には、授乳ブラジャー+かぶせ布タイプの授乳用インナーという組み合わせが便利です。授乳ブラジャーの方がホールド力が高いことが多いのです。
授乳ブラジャーと併用するなら、授乳キャミソール・タンクトップはカップなしかカップの取り外しができるものを選びましょう。授乳ブラジャーと授乳キャミソール、さらに授乳服のオープンタイプを揃えておけば、赤ちゃんを待たせることなくサッと授乳できますよ。また、授乳ブラジャーと授乳キャミソールを違うオープンタイプにしておくと、カバー力と保温力が高まり、安心して授乳服を着ることができます。

ママたちが使っているおすすめの人気授乳ブラ13選
ママたちが使っているおすすめの人気授乳ブラ13選
授乳中は授乳用の機能に特化した「授乳ブラ」の使用がおすすめです。授乳が楽になるだけでなく、卒乳後の垂れ防止や補正にも効果があります。おすすめの授乳ブラを4つのタイプごとにご紹介し、「いつまで使うの?」「代用できる?」などママたちの疑問も解説します。

着心地の好みは?

授乳キャミソール・タンクトップには、産後の体形変化に合わせたゆったりタイプやシェイプ機能を持たせたものなどがあるので、着心地の好みやシーンに合わせてデザインを選べます
リラックスタイム用にカップ付きのゆったりタンクトップタイプ、お出かけ用の授乳服に合わせてシルエットがキレイに見えるシェイプタイプなど複数揃えておくとおしゃれが楽しめますね。
素材も着心地には大切なポイントです。妊娠中や授乳期には肌がデリケートになりやすいので、綿100%やオーガニックコットンのものを選ぶとよいでしょう。
ネットショップで探すときには手持ちのインナーの織り方や生地の配合率をチェックしておくと、好みに近いものが見つけやすいですよ。

授乳キャミソールのタイプ別特徴とおすすめ商品

授乳用インナーの代表的な4タイプの特徴と、おすすめ商品をご紹介します。

クロスオープンタイプの特徴

クロスオープンタイプの特徴
クロスオープンタイプは胸の部分が左右それぞれ独立した布地でクロスに合わさり、必要な方の布地をサッと引き下ろせばすぐに授乳できるものです。授乳回数の多い新生児期から生後6ヶ月ころに便利なタイプです。
授乳ブラジャーと併用する場合には、ブラもクロスオープンタイプにすれば手素早く授乳できますし、他のタイプにすることで露出を抑えたりデリケートなバストをしっかり守ることもできます。

クロスオープンタイプのおすすめ1:ベルメゾン 瞬間授乳ブラジャーキャミソール

綿95%の天竺素材で伸縮性がよく、妊娠中から産後まで長く使えます。カップの取り外しが可能なので授乳ブラジャーとの併用もできます。カラー展開が豊富なのでアウターに合わせて何枚も揃えたくなってしまいますね。

クロスオープンタイプのおすすめ2:西松屋 オーガニックコットンクロスオープンブラキャミソール

カップ付き・アンダーゴム入りでほどよいホールド力があり、肩ストラップで長さ調節ができるので、バストサイズが変化しやすい産後のママにも安心です。肌にやさしいオーガニックコットンでありながら、西松屋ならではのリーズナブルさがうれしいですね。

クロスオープンタイプのおすすめ3:ローズマダム 産後シェイプキャミソール

バスト下から裾までの布地がパワーネットなので、産後の気になるお腹まわりを整えてくれ、スッキリ着こなしたい時におすすめです。カップは取り外せるので授乳ブラジャーとも併用できますよ。同柄のシェイプショーツもあるので、セットアップにしてもよいですね。

フロントオープンタイプの特徴

フロントオープンタイプの特徴
センターラインにスナップボタンやホックが数個ついていて、外せば胸元が大きく開くのがフロントオープンタイプです。
胸元部分が大きく露出するので、赤ちゃんとの密着度が高くなり、授乳のたびにたっぷりスキンシップをとることができます。布地を内側に折り込めば赤ちゃんの顔に当たることもなく、授乳の妨げになりません。
フロントオープンタイプはキャミソールよりもタンクトップ型の方が多いようです。タンクトップはキャミソールに比べて肩への負担が和らぐので、リラックスモードのときやバストが大きくなったことで肩こりに悩んでいるママにもおすすめです。

フロントオープンタイプのおすすめ1:西松屋 フライス前開きタンクトップ

3つのスナップボタンで胸元を大きく開くことができます。横方向への伸縮性がよいフライス生地なのでどんな体形にもほどよくフィットしてくれます。カップ付きなので夏場はこれ1枚でも過ごせそうですね。

フロントオープンタイプのおすすめ2:ニッセン ソフトカップ付前開きタンクトップ

肌へのやさしさとおしゃれの両方が実現できるよう工夫されたタンクトップです。素材は綿100%のフライス生地で、プラスチックボタンの受け部分は肌に直接あたらないようになっています。すっきりとしたシルエットで襟ぐりが広くとられているので、重ね着してもアウターの邪魔になりません。

フロントオープンタイプのおすすめ3:ミルクティ 贅沢レースエアリーリブキャミソール

しなやかに伸びる綿100%のリブ素材で保温性・吸水性に優れていて、オールシーズン着用できます。肩や胸元のレースが女性らしく、バックスタイルもかわいいので赤ちゃんがおっぱいを卒業した後も長く着られますよ。

ストラップオープンタイプの特徴

ストラップオープンタイプの特徴
胸当て上部のストラップ部分にプラスチックの留め具があり、そこを外すことで左右のカップ部分の布地だけを開けるタイプです。
肩ストラップと胸より下の布地は補助ストラップで結ばれているので授乳中もズレにくく安定感があり、バストが大きめのママにおすすめです
慣れれば片手で留め外しができますし、カチッと小さな音がするので、留め忘れを防げます。布地に負担がかからないので、ヘタりにくくキレイに着続けられるのも特長といえます。

ストラップオープンタイプのおすすめ1:マタニティ 授乳ブラジャーキャミソール

これ1枚で授乳ブラジャーとキャミソールの機能を併せ持った新感覚のインナーです。背中の4段階ホックで体形変化や自分の好みに合わせてアンダーサイズを調節でき、ストラップはリングカンで柔軟に動くので、産前産後もアクティブに過ごすママにおすすめの1枚です。

ストラップオープンタイプのおすすめ2:ローズマダム シェイプ授乳キャミソール

胸元のレースがチラ見せにもアウター使いにもぴったりのかわいい授乳キャミソールです。表地は綿95%・ポリウレタン5%のしなやか素材、裏地にはパワーネットが施され、気になる体形をソフトに補正してくれます。

ストラップオープンタイプのおすすめ3:ベルメゾン 授乳対応マタニティモールドカップブラキャミソール

カップ部分には立体的な丸みでアウターに響きにくいモールドカップを採用しています。長めの裾丈をボトムインすればお腹やヒップもカバーでき、すっきり着こなすことができますよ。ほどよいフィット感のアンダーゴム入りで、ずり上がりも防いでくれます。
ベルメゾン公式

かぶせ布タイプの特徴

かぶせ布タイプの特徴
インナーの前身ごろのみが上下に分かれたタイプです。裾からアンダーバストまでの布地の上に被さるように胸元からアンダーバストまでの布地があり、上部をたくし上げることで授乳します。
デコルテ部分をカバーしてくれるので、上からの視線が防げますし、胸元が大きく開かないので寒い時期には授乳中の冷えを防いでくれます
どのタイプの授乳ブラジャーと合わせても使いやすいので、併用を考えている方におすすめです。

かぶせ布タイプのおすすめ1:授乳キャミソールインナー

クロスオープンタイプにかぶせ布が施された使いやすいインナーです。前身頃が長めのデザインで、マタニティ期や産後のお腹まわりが気になる時期にも裾のラインをきれいにキープしてくれますよ。豊富なサイズ展開で誰にでもぴったりのものが見つかりそうです。

かぶせ布タイプのおすすめ2:スウィートマミー レーシーキャミソール クララ

普段使いにもおしゃれ着にも合わせやすくて着回し力抜群! とママからの人気が高いキャミソールです。カラー展開が豊富で、コットンタイプもあるのでコーディネートが楽しめ、リピート購入するママも多いようですよ。

かぶせ布タイプのおすすめ3:フロントオープン式 授乳タンクトップ

シンプルなレース使いのラウンドネックと裾のフリルが大人かわいいデザインのタンクトップです。伸縮性抜群でお腹が大きい時期にも心地よく着られ、マタニティから産後まで長く使えます。通気性がよく下着が響きにくいリブ素材なのでインナーにも最適ですよ。

まとめ

授乳キャミソールまとめ
昼夜問わず1日に何度も授乳する日々は、ママ自身のことが後回しになってしまうほど大変な時期でもあります。
インナー選びには着心地やバストのホールド感といった機能面が大切なのはもちろんですが、ママ自身のためにかわいくおしゃれな授乳キャミソール・タンクトップを選んで、気分良く授乳ライフを過ごしたいですね。

授乳服で着回しできるアイテムとは? 授乳服の選び方と人気のブランド7選
授乳服で着回しできるアイテムとは? 授乳服の選び方と人気のブランド7選
授乳中はどうしても服装がワンパターンになりがちなので、おしゃれに苦戦しているママも多いのではないでしょうか。ここでは、着回しできる授乳服アイテムの紹介と人気の授乳服ブランド、そしてコーディネートを紹介したいと思います。
ママが選ぶおしゃれ授乳服ワンピース13選 おすすめから簡単手作り方法まで
ママが選ぶおしゃれ授乳服ワンピース13選 おすすめから簡単手作り方法まで
授乳中でも使いやすいおしゃれで機能的な授乳服ワンピースを大特集! ママたちから「買って良かった」と人気の高いおすすめ品を普段使い・お宮参り用などシーンごとにご紹介。手持ちの服を授乳服にするリメイク方法も紹介します。
授乳ストラップとは? 使い方やママの口コミ、Tシャツヤーンを使った作り方まで大特集
授乳ストラップとは? 使い方やママの口コミ、Tシャツヤーンを使った作り方まで大特集
授乳のとき、まくりあげた服がすぐ落ちてきたり、おっぱいにかかって服が汚れてしまったり、不便を感じたことはありませんか? そんなときは授乳ストラップを使うのがおすすめです。おしゃれな市販品から、簡単な手作り方法まで紹介します。
吐き戻し防止枕って何? 選び方やおすすめ、授乳クッションやタオルで代用する方法も紹介
吐き戻し防止枕って何? 選び方やおすすめ、授乳クッションやタオルで代用する方法も紹介
赤ちゃんの吐き戻しに悩むパパままは「吐き戻し防止枕」を使うのも1つの方法です。授乳後に赤ちゃんのげっぷが出ないまま寝かせる場合にも「吐き戻し防止枕」があると便利ですよ。「吐き戻し防止枕」の選び方やおすすめの商品などをご紹介します。
いくつ共感できる? 授乳中のママたちに聞いた「授乳あるある」
いくつ共感できる? 授乳中のママたちに聞いた「授乳あるある」
授乳中のママたちから聞いた「授乳あるある」を集めました。「赤ちゃんがおっぱいを手で押してくる」「首振っておっぱいを探す」いくつ共感できますか? ママに人気の「育児あるある漫画」や「お悩みあるある」もご紹介。ぜひ息抜きにどうぞ!
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児の頻回授乳が正直つらい…混合育児にすべき? 授乳間隔をあけるコツは?
母乳育児は赤ちゃんとのスキンシップの時間が楽しい一方、昼夜問わずの授乳生活に正直疲れてしまうこともありますよね。中には1日20回の頻回授乳をしているママも。なぜ赤ちゃんの授乳間隔があかないのか、その理由をご紹介します。頻回授乳でよくあるトラブルの対処法も紹介いたします。
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの授乳間隔の目安ってどれくらい? 授乳でよくあるトラブルと対処法
赤ちゃんの成長に欠かせない栄養を届ける授乳ですが、赤ちゃんがきちんと飲めているのか考え出すときりがありません。少しでも授乳に関する不安を解消すべく、月齢別の授乳間隔とよくあるトラブルと対処法をご紹介したいと思います。授乳を楽しむコツも紹介しているので見ていきましょう。
母乳育児で子供を育てたい 出ないときの対処法や解決策について
母乳育児で子供を育てたい 出ないときの対処法や解決策について
母乳で子供を育てたいと思っても、実際にやってみるといろいろなトラブルが起こるものです。ここでは、母乳で子育てを検討している人向けに、母乳で育てるメリットとデメリット、そして母乳が出ない場合の対処法についてご紹介したいと思います。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!