新ラマーズ法って何? 従来のラマーズ法の効果・やり方も解説

ラマーズ法とは?

ラマーズ法とは?
ラマーズ法とは、分娩に適した呼吸法のひとつです。分娩の状況に合わせて呼吸のリズムを変え、息を吸うよりも吐く方に集中させる呼吸法のこと。分娩時の痛みや不安を和らげ、リラックスした状態を保つことで痛みを和らげます。テレビドラマなどの出産シーンで、「ヒッヒッフー」と呼吸をしているのを見たことがあるかと思います。ラマーズ法はママがリラックスして、自然分娩を目指すための呼吸法です。

ラマーズ法の効果とメリット

ラマーズ法の効果とメリット
ラマーズ法にはさまざまな効果と嬉しいメリットがあります。ラマーズ法の基本知識を知り、穏やかなお産をイメージしてみましょう。

ラマーズ法の効果

  • 緊張を和らげて、リラックス状態になる
  • 分娩がスムーズに進む
  • 呼吸に集中して痛みを和らげる

痛みを感じると、思わず息を止めてしまいます。しかし、息を止めると筋肉に酸素が届きにくくなり筋肉が強張るため、余計に痛みを感じやすくなるのです。また、胎盤にも酸素が届きにくくなるため、赤ちゃんが酸素不足になってしまう危険性も。自分のためにも赤ちゃんのためにも落ち着いて呼吸を行いましょう。

ラマーズ法のメリット

ラマーズ法はママ1人で行うわけではありません。担当の助産師さんと一緒に、呼吸を合わせて行います。分娩時にご主人やご家族が立ち会う場合は、付き添いの方も一緒にやってもらいましょう。一緒に呼吸を合わせることにより、赤ちゃんが産まれたときに「大変なお産を一緒に乗り越えた」という達成感を得られるのもメリットです

ラマーズ法のやり方

ラマーズ法のやり方
ラマーズ法のやり方を、分娩の段階ごとに説明します。出産前にたくさん練習して、分娩時は落ち着いて呼吸ができるようにしておきましょう。

1.陣痛が弱いとき

まだ陣痛が始まったばかりで痛みが弱いときは、ゆっくりと深呼吸をしましょう。陣痛が治まり、痛みがないときは深呼吸ではなく普通の呼吸をします。

2.陣痛が強くなってきたら

深呼吸が苦しくなってきたら、3拍子のリズムをイメージして鼻から息を吸い「ヒー」と短めに吐き、そのまま「フー」と息を吐き出す「ヒー、フー呼吸」を行います。しっかり息を吐ききれば、無意識に大きく息を吸い込むことができます。このときも、陣痛が治まったら普通の呼吸をしてください。

3.陣痛の間隔が狭まり、痛みが増してきたら

ちょうどこのときからいきみたくなるのですが、まだいきまずに「ヒッヒッ」と短く息を吐き、「フーッ」と長く吐き切る「ヒッヒッフー呼吸」を行います。しっかりと「ヒッヒッフー」と呼吸ができればいきみ逃がしができます。

陣痛の波が強くて苦しいときは「フー」を長めに「フーフー」というようにして息を吐いてもよいです。また、陣痛の短い合間はしっかり体の力を抜いてください。

4.いきむ合図が出たら

助産師さんより「いきんでみましょう!」と合図が出たら、「フー」と息を吐いたら「ウン」といきむ、「フーウン呼吸」を始めます。しっかり「フー」と息を吐ききると、自然にお腹に強い力を入れることができるので、とにかく息を絞り出すように吐く意識をしましょう。

5.赤ちゃんの頭が半分ほど出てきたら

ここにくると助産師さんが、いきむのを止めるよう合図や声掛けをします。その後はゆっくり息を吐く「フーフー呼吸」を始めてください。体の力を抜き、リラックスすると赤ちゃんはつるんと外に出やすくなります。

ラマーズ法は練習しておいた方が良い?

ラマーズ法は練習しておいた方が良い?
ラマーズ法は、出産前に練習しておくことをおすすめします。もちろん、練習したからといって必ず落ち着いてラマーズ法を実践できるとは限りません。しかし、全く練習していないと、痛みで泣き叫んだり、力んでしまったりとパニック状態に陥る恐れがあります。知識として知っているだけでは、痛みやお産の流れのイメージが湧きにくいため実際の分娩で気が動転しやすくなるのです。事前に練習イメージトレーニングを行い分娩に備えておけば、赤ちゃんが産まれた時の達成感をより強く感じられます

新ラマーズ法って何?

新ラマーズ法って何?
これまでご説明したラマーズ法とは別に、新ラマーズ法というものがあるのをご存知でしょうか? 新ラマーズ法についてご説明いたします。

意識的に力を抜く呼吸法

新ラマーズ法は心身の緊張のバランスをとる呼吸法です。ゆっくりとした呼吸で、心身の緊張した状態と緊張を緩めた状態のバランスをとり、脳を落ち着かせます。余計な力を抜くことができるため、心にも余裕ができて痛みの感覚を軽減できます。

新ラマーズ法を行うと、陣痛の波がきても心身共に落ち着き、安定した精神で分娩を進めることができます。緊張したり緊張を緩めたりを繰り返すストレッチ方法があるので、妊娠中から練習しておきましょう。

新ラマーズ法のメリット

新ラマーズ法はラマーズ法と似ていますが、新ラマーズ法にはラマーズ法にはないメリットがあります。昔から取り入れられてきたラマーズ法ですが、実はデメリットがいくつかあります。

例えば…

  • 子宮収縮で痛みを和らげる効果があるが、精神的満足感や、やすらぎ感が薄い
  • 分娩中パニックになった場合、呼吸のテンポが速なり過呼吸になる可能性がある

この2点はラマーズ法の代表的なデメリットと言えるでしょう。しかし新ラマーズ法には、このデメリットはなく、ラマーズ法とは違いゆっくりな呼吸を行うので過呼吸の心配もありませんし、分娩中にパニック状態に陥ることがあっても、ゆっくり呼吸をすることによって気持ちが落ち着き心の安定を保つことにも繋がるというメリットがあるのです。

新ラマーズ法のやり方

新ラマーズ法のやり方
新ラマーズ法は、従来のラマーズ法と呼吸の仕方が異なります。新ラマーズ法ではゆっくりと息を吸い、吐きながら肩の力を抜く「肩呼吸」を行います。お腹を出す腹式呼吸を行うと子宮や産道が緊張し、痛みが増す危険性もあるので注意が必要です。

吸うよりも息を吐くことを意識

息を吐き切れば、吸うことを意識しなくても自然と息を吸えます。息を吐く行為はリラックスすることにも繋がるのでしっかり息を吐き出しましょう。

子宮収縮が始まったら呼吸法を始める

子宮収縮が始まったときがスタートの目安です。最初は練習のつもりでリラックスしてゆっくり呼吸を始めましょう。

ゆっくり呼吸が大切

ラマーズ法のような呼吸法を行うと、パニック状態に陥ったときに過呼吸になりやすく、ママも赤ちゃんも危険です。新ラマーズ法特有のゆっくりと落ち着いた呼吸を行って気分を落ち着かせましょう。

一点を見つめて集中

痛みが強くなりだしても一点を見つめ、ゆっくりな呼吸をすることだけに集中します。

声を出さずに子宮収縮に合わせて呼吸をする

声を出すと体がこわばってしまします。痛くても声は出さないように注意しましょう。また、呼吸のリズムや回数、強弱は子宮収縮に合わせて自分のタイミングで行いましょう。新ラマーズ法はゆっくりと深く息をして、全身の力を抜くことが大切です。

ソフロロジーとは?

ソフロロジーとは?
ソフロロジーとは、ラマーズ法や新ラマーズ法と同じく人気の高い呼吸法です。ヨガや禅の要素を取り入れています。ここでソフロロジーの概要や効果、ラマーズ法との違い、やり方を紹介します。

痛みを受け入れる呼吸法

痛みを受け入れる呼吸法
ソフロロジーは、出産の不安や痛みと向き合い、受け入れる方法です。体をリラックスさせ、ゆっくりと呼吸するのはもちろん、お腹に赤ちゃんがいるのを想像して母性を育むことからはじめます。赤ちゃんに会えるのを楽しみにしたり、痛みを通して赤ちゃんに会えることを理解したりなど、出産前からのイメージトレーニングや自己コントロールを重んじた呼吸法です。また、ソフロロジーには妊娠中、分娩中、産後それぞれに以下のような効果をもたらします。

妊娠中

気分が安定し、妊娠中期のつわりやうつ気分の症状が軽くなる場合があります。お腹にいる赤ちゃんのことを想像してみましょう。赤ちゃんに早く会いたいというワクワクする思いが強まることで不安が取り除かれ、出産が待ち遠しくなります。また、妊娠中ホルモンの影響で気分が不安定になりやすいですが、ソフロロジーの練習で、楽しいことや嬉しいこと、幸せなことなどを想像し、明るい気分になるイメージトレーニングにもよい効果が期待できます。

分娩中

ソフロロジーを行っても、陣痛はや分娩はつらいです。しかし、早く赤ちゃんに会いたいと思う気持ちで痛みを受け入れられたり、幸せなことや嬉しいことなどを想像したり、自己をコントロールすることでリラックスできます。「オキシトシン」や「エンドルフィン」といった鎮痛剤の代わりになるホルモンをたくさん分泌することで痛みを和らげ、スムーズな分娩に繋がります

産後

妊娠中に自己コントロールを行っておけば、出産時には気分を安定させるのが上手になっている場合もあります。産後にホルモン状態が不安定になっても、産後うつになりにくく、子育てを楽しみやすくなるのです。また、ソフロロジーを実践して産まれた赤ちゃんはミルクをよく飲みよく眠るという説も。ひどい夜泣きをする子も少なく、育てやすい赤ちゃんが多いともいわれています。分娩中だけでなく、妊娠中も産後もよい効果があるのは、ママにとっても家族にとっても嬉しいことですね。

ラマーズ法との違い

ラマーズ法との違い
ラマーズ法とソフロロジーの違いは呼吸方法です。ラマーズ法は基本的な「ヒッヒッフー」の呼吸が痛みに耐える呼吸法です。一方、ソフロロジーは自分をリラックスさせた状態にして分娩をし、陣痛の波がきても慌てずに赤ちゃんのことや、楽しいことなどを考えて痛みを和らげます。そして陣痛は、赤ちゃんに会うために必要な痛み、ということを受け入れていく呼吸法なのです。ラマーズ法とソフロロジーでは分娩の痛みへの対応も異なります。

ソフロロジーのやり方

ソフロロジーのやり方
ソフロロジーは妊娠初期~6ヶ月前までに準備をはじめるとよいでしょう。妊娠中から始めるソフロロジーのやり方をご説明いたします。

1.妊娠中

ソフロロジーに大切な呼吸法、イメージトレーニングを行います。呼吸法はゆっくりと鼻から息を吸って、ゆっくりと口から息を吐き出す腹式呼吸です。ヨガの呼吸をイメージします。分娩のイメージトレーニングをするときは、CDを聴きながら行うとリラックスできます。あぐらや楽な体勢になり、音楽を聴き、リラックスをしながらゆっくり呼吸をします。赤ちゃんに会えることや楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことをイメージしまましょう。また、陣痛をイメージして「陣痛は赤ちゃんに会えるための痛み」と痛みを赤ちゃんに会える嬉しさへ変えるイメージトレーニングもおすすめです。

2.陣痛が始まったら

陣痛の波が弱い時はまだ楽な体勢で良いです。可能なら、分娩時にいつも聴いていたCDを聴いてリラックスをします。

3.陣痛の波が強くなり始めたら

陣痛の波が強くなりだしたらあぐらや、普段練習していたときの体勢になります。痛みが気になってもしっかりと息を吸い、ロウソクの火を消すイメージで「フーー」とゆっくり息を吐きます。痛みのことは考えず、お腹の中の赤ちゃんがどこにいるのか、酸素が届いているのか赤ちゃんのことを考えたり、子宮口の変化など自分の体の変化を観察したりしましょう。陣痛の波が治まったら楽な姿勢になり、自然な呼吸をします。

4.子宮口が開いてきたら

あぐらなど楽な体勢をして、自分の鼻の先や床など、目線を斜め下にして1点を集中して見つめます。お臍の下に手を当てて1回10秒ほどの呼吸を10秒に1回行います。陣痛が強くなってきますが、落ち着いてゆっくりと鼻から息を吸って、口から息を限界まで吐ききりましょう。

5.子宮口が全開になったら

ここまで進んだらいよいよ分娩台に上がります。陣痛の波に合わせるようにゆっくり息を吐き、いきみます。いきむとはただ力を入れるのではなく、あくまでも息を吐いたときの腹圧で赤ちゃんを押し出すイメージです。息を止めていきまないように注意してください。また、陣痛の強い波が落ち着いてきたら、全身の力を抜いてリラックスしましょう。力を抜くことにより、赤ちゃんに酸素が届きやすくなります。

6.赤ちゃんの頭が見えてきたら

いきみたくなるのを我慢し、ロウソクの火を消すイメージで「フー」と優しくゆっくり息を吐きます。赤ちゃんのことを考えてリラックスすると、産道が緩くなり、自然と赤ちゃんが出てきます。

ソフロロジーは妊娠中からの準備が大切です。1人で不安な場合、マタニティヨガ教室などに通うと、同じ妊婦さんも参加しているので安心ですよ。

ソフロロジー式分娩って? 基本を解説&ママたちの出産レポを見てみよう
ソフロロジー式分娩って? 基本を解説&ママたちの出産レポを見てみよう
出産の痛みを和らげる方法として注目されている「ソフロロジー」。本当に効果があるのか気になっているママも多いのではないでしょうか。本記事ではソフロロジーの基本からトレーニング方法、先輩ママたちの出産レポを紹介します。

どの呼吸法が良い? ママたちの体験談を紹介


さまざまな呼吸法があるとどれがいちばん自分に合っているのか迷ってしまいますよね。それぞれの呼吸法を行った先輩ママ達の体験談を集めてみました。

ラマーズ法・新ラマーズ法の体験談

  • 痛くてどうしようもない状況になっても、「ヒッヒッフー」ならできた。赤ちゃんに酸素を届けるためと思えば息を止めずに頑張れた。
  • 呼吸法を練習していたが、実際に分娩となると呼吸のリズムなど考えていられなかった。しかし、呼吸を整えることをしっかり意識すればしっかりと効果が出る気がした。
  • 助産師さんや家族が一緒に呼吸法をやってくれたので落ち着きながら呼吸ができて、痛みも和らいだ。近くで一緒に呼吸法をやってくれる人がいなかったら、なかなか落ち着いてできないと思う。

ソフロロジーの体験談

  • 初めての出産で不安だったが、マタニティヨガ教室でソフロロジーを知り、痛みへの恐怖が少しずつ減っていった。
  • いざ分娩となると痛みと苦しさでソフロロジーどころではなかった。しかし、分娩前に不安になっても「ソフロロジーを練習したから大丈夫」という安心材料になるものがあり安心できた。
  • 冷静に分娩でき、赤ちゃんの頭が出る感覚や、お腹を蹴って出てくるのを感じることができた。

ラマーズ法、ソフロロジーそれぞれ違いはありますが、ママの安心材料になることは確かです。効果には個人差がありますので「どんなお産にしたいのか」「自分にはどんな分娩方法が合うのか」を考えて希望に沿える方法を選ぶのが1番です。

まとめ

まとめ
初めて出産する方も、経験のある方も出産はドキドキですよね。さまざまな分娩方法がありますが、自分に合う分娩方法を決めて、事前に準備をしていたら不安も軽減します。自分にピッタリの方法で元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
出産費用は平均で50万円程度かかるといわれています。そこから補助金を引いた金額が自己負担額です。出産総額は地域や病院ごとに異なり、また出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。出産に「かかる費用」「もらえるお金」を解説します。
妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!
妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!
妊娠していることが分かったら、赤ちゃんやママの健康のためにも、定期的に妊婦健診を受けることが大切です。 妊婦健診の検査内容や検査にかかる費用、助成券の限度額についてもご紹介します。
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。
妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠中に使いたいアプリはこれ! 体重や週数、スケジュール管理ができるのはどのアプリ?
妊娠するとママと赤ちゃんの体重や週数の経過、妊婦健診のスケジュールなど気になることが次々と出てきますね。いちいちメモをしていられないほど情報があふれてしまいます。そこで便利なのがスマホで簡単に使えるアプリです。今回は妊娠中に使える便利なアプリを紹介していきます。
マタニティパジャマの選び方とおすすめ14選! おしゃれで便利なデザインを紹介
マタニティパジャマの選び方とおすすめ14選! おしゃれで便利なデザインを紹介
マタニティパジャマは妊娠中から産後まで使える便利な機能や細かい工夫がたくさんあります。出産を控えたママは、産後、入院中にマタニティパジャマがあって良かったと思うはずです! マタニティパジャマの選び方や人気ブランド、おすすめ商品をご紹介します。
40歳でも妊娠できる? 40代の妊娠確率とママたちの妊活・出産体験談
40歳でも妊娠できる? 40代の妊娠確率とママたちの妊活・出産体験談
「年齢とともに妊娠しにくくなる」とはよく聞きますが、では40歳になると妊娠確率はどのくらいになるのでしょうか。40代の妊娠確率や妊娠・出産のリスクなどを解説していきます。40代での妊娠を考えている人はぜひ参考にしてみてください。