赤ちゃん用のチェアベルトはいつからいつまで使うの? おすすめ10選や使い方を紹介

チェアベルトって何? どんなとき使うもの?

Vine ベビーチェアベルト 収納ポケット付きチェアベルト 携帯便利 調整できる 幼児旅行の安全 ダークブルー

チェアベルトは、赤ちゃんが椅子に座ったとき、倒れないように体を固定するためのベルトです。たとえば、外食するときにベビーチェアがない、ベビーチェアはあるけど、固定ベルトが付いていない(サイズが合わない)ことがあります。こんなとき、チェアベルトがあるととても便利です。
背もたれ付きの大人用の椅子やベビーチェアに装着して、赤ちゃんの体を椅子へ固定できるため食事に集中できます。

チェアベルトはいつからいつまで使う?

チェアベルトはいつからいつまで使う?
チェアベルトは、赤ちゃんのお座りがしっかりできるようになったら使用可能です。商品によりますが、生後6ヶ月~7ヶ月を目安に使用できます。また、チェアベルトは2歳~3歳頃までを対象とした商品が多いです。卒業のタイミングには個人差がありますが、一般的に赤ちゃんが一人で上手にご飯を食べられる頃に使用を止めるパパママが多いです。

チェアベルトは食事中、赤ちゃんが椅子から落下しないために安全対策ができるアイテムです。そのため、一人でご飯を食べられるようになると、椅子とテーブルの間が離れてしまったり体を固定されて食べづらくなってしまったりする子供もいます。ただし、ご飯を自分で食べられるようになっても、2歳から3歳までは食事中に立ち歩いたり動き回って集中してくれないこともあります。このとき、あえてチェアベルトを使うパパママも多いです。

チェアベルトはどこで買えるの?

チェアベルトはどこで買えるの?
チェアベルトはバースデイや西松屋、赤ちゃん本舗、ベビーザらス(トイザらス)などの実店舗や通販などで購入できます。西松屋など、子供用品を取り扱っている実店舗のチェアベルトは、商品を置くスペースなどから品数が少ないというデメリットがあります。ネット通販はさまざまなショップから選べるため、機能性や柄など自分好みのチェアベルトを見つけられるのは大きなメリットです。

チェアベルトの種類と使い方


各メーカーから機能性やデザイン性が異なるチェアベルトが販売されています。種類別に使い方やメリットなどをご紹介します。

お腹に巻くタイプ

チェアベルトの中で、最もシンプルで使いやすいのがお腹に巻くタイプです。赤ちゃんのお腹まわりと椅子の背もたれをチェアベルトで固定するだけなので、使いたいときに簡単に脱着できます。シンプルで使いやすさが魅力的ですが、赤ちゃんによっては抜け出してしまうこともあります。

おしりから支えるパンツタイプ

チェアベルトの中で安定感が高いのがパンツタイプのチェアベルトです。パンツのように腰と股をすっぽり包み込み、固定ベルトを椅子の背もたれに装着するため、前後左右に赤ちゃんが動いても抜け出せません。また、パパママを椅子の背もたれに見立て、腰にチェアベルトを巻きつけて使うことも可能です。ヒザ抱っこが大好きな赤ちゃんも安定して支えられますが、ベルトタイプよりも脱着に少し時間がかかってしまうデメリットがあります。

肩で留め上半身も支えるタイプ

元気に動き回る赤ちゃんをしっかり固定できるのが上半身を支えるタイプのチェアベルトです。お尻を支えるだけではなく、ベビーカーのようにベルトで肩で留めて上半身をしっかり固定できます。上半身からしっかり固定できますが、全体的にチェアベルトが大きいため荷物になってしまいます。

椅子のカバーと一体化したタイプ

赤ちゃんが前のめりになる姿勢を防止できるのが椅子のカバーと一体化したタイプのチェアベルトです。椅子の背もたれにスッポリとカバーを被せられ、パンツ型の固定ベルトが一体化しています。そのため、食事中に体を動かしてしまう赤ちゃんをしっかり支えることができます。また、カラーやデザインのバリエーションが豊富なのもメリットの1つです。ただし、椅子カバーと一体化しているため、畳んでもあまりコンパクトにはなりません。

迷子紐として使えるものもある

チェアベルトとしての役目だけではなく、赤ちゃんの腰回りを支えるベルト部分にハーネスを装着すると、迷子紐として使えるタイプもあります。食事中、椅子から赤ちゃんが落下しないために使うのはもちろん、1人歩きをし始めたときの危険防止にも役立ちます。よくある道路への飛び出し、迷子などを防げる、長期間使えるチェアベルトです。

チェアベルトを選ぶときのポイント

チェアベルトを選ぶときのポイント
さまざまな種類のチェアベルトがあるため、どれが一番いいのか迷ってしまうパパママも多いのではないでしょうか。チェアベルトを購入してから失敗しないために、次の2点を意識して選ぶことをおすすめします。

優先ポイントを決める

優先ポイントを決める
まず、チェアベルトに求めることを1点だけに絞って考えてみてください。簡単に使いたいなら脱着のしやすいタイプ、持ち運びを重視するならコンパクトに収納できるタイプ、赤ちゃんをしっかり固定したい(抜け出し防止)なら上半身も固定できるタイプと、優先ポイントに合わせて選ぶと失敗しません。

撥水加工や洗濯可能な素材

撥水加工や洗濯可能な素材
まだ上手に食事ができない赤ちゃんは、食べ物をこぼしてしまいチェアベルトが汚れてしまいます。撥水加工されたチェアベルトは、食べこぼしがあっても簡単に拭き取れるため、そのままカバンに入れても汚れの心配がありません。また、洗濯できる素材なら、チェアベルトが汚れたときにいつでもキレイにできます。衛生面の心配がなく、買い替える必要もないため経済的です。

ママが厳選! おすすめチェアベルト10選

         

タイプ 対象年齢 素材 製造国
リッチェル/スヌーピー2WAYチェアベルト 迷子紐兼用タイプ チェアベルト10ヶ月~3歳頃まで
     迷子ひも歩き始め~4歳頃まで
ポリエステル 中国
キャリフリー/チェアベルトポケット パンツタイプ 腰がすわってから3歳くらいまで ポリエステル100% 不明
ファムベリー/収納ポケット付きチェアベルト 上半身固定タイプ 1人でお座りができる頃~2歳頃 綿65%/ポリエステル35% 不明
ソレイアード/チェアベルト 上半身固定タイプ おすわりができるようになってから2歳ごろまで 表地:コットン100%(PVC加工)
裏地:ポリエステル100%
日本
ベルメゾン/チェアベルト パンツタイプ 腰がすわってから3歳くらいまで ネイビー:ポリエステル100%、チェックピンク・ブルー×グリーン・ピンク×オレンジ・ココナッツ・ピーチ:(柄部分)綿100%、(無地部分)ポリエステル100%、カナリアドット・インディゴドット:(柄部分)綿80%、麻20%、(無地部分)ポリエステル100% 日本
BuddyBuddy/よちよちチェアベルト 迷子紐兼用タイプ チェアベルト:腰が据わってから~2歳半頃まで
歩行サポート:歩き始めてから~3歳頃まで
本体:ナイロン100%
メッシュ/テープ:ポリエステル100%
中国
チェアベルト/ヒッコリー パンツタイプ 腰がしっかりすわった約7ヶ月~2歳半頃 本体/表地:綿100%
裏地:ポリエステル100%
ベルト:ポリエステル
バックル:ポリアセタール
中国
mylittleseat(マイリトルシート)/チェアベルト 椅子カバータイプ 6ヶ月~30ヶ月(ひとりで座れるようになるまで) 綿65%/ポリエステル35% 中国
リッチェル/ポーチュチェアベルト お腹に巻くタイプ 10ヵ月頃~2才頃まで ポリエステル 中国
REENUO/ハーネス付きチェアベルト 迷子紐兼用タイプ 不明 ツイル生地/メッシュ生地 不明

ママに人気のチェアベルトを集め、タイプや対象月齢、素材などを一覧で表にまとめました。下記には、商品の詳細をご紹介していますので、お探しのイメージにピッタリのチェアベルトを探してみてくださいね。

リッチェル スヌーピー2WAYチェアベルト

リッチェル/スヌーピー2WAYチェアベルトは、チェアベルトとハーネス(セーフティーベルト)を装着して使う迷子紐の兼用使いができます。両肩にバックルを装着して使うため、迷子紐として使用したまま食事中にチェアベルトとして使用可能です。チェアベルトを裏返すとポーチに変身して、コンパクトに収納できます。

キャリフリー チェアベルトポケット

赤ちゃんをしっかり固定するパンツタイプのチェアベルトです。パパママの腰に装着して使えるため、椅子に固定されるのが苦手な赤ちゃんと一緒に食事が楽しめます。豊富なカラーバリエーションとコンパクトに収納できる仕様のため便利です。

ファムベリー 収納ポケット付きチェアベルト

上半身ベルトとパンツタイプのチェアベルトなので、動き回って大変な赤ちゃんの食事もゆっくり見守ることができます。パパママの腰にベルトを装着すると、ヒザの上で赤ちゃんが一緒に食事できます。チェアベルトに収納ポケットが付いているので、簡単にコンパクトになるのもポイントです。

ソレイアード チェアベルト

肩と腰にベルトが付いているので、赤ちゃんが食事中動き回るのを防止できます。汚れたら手洗いできる素材なので、食べこぼしの多い赤ちゃんにおすすめです。おしゃれなデザインが4種類で展開中。

ベルメゾン チェアベルト

ベルメゾンのチェアベルトは、15種類のカラーとデザインから選べます。パンツタイプなので使いたいときに簡単に脱着でき、赤ちゃんがぐずったときはパパママの腰にチェアベルトを装着し、赤ちゃんをヒザ抱っこできるアイテムです。

バディバディ よちよちチェアベルト

よちよちチェアベルトは、椅子に装着して食事するだけではなく、パパママのヒザの上での食事やショッピングカートにも使えます。また、ハーネスを装着すると歩き始めた赤ちゃんの飛び出し防止などにも活用可能です。

チェアベルト ヒッコリー

チェアベルトとしてはもちろん、パパママのヒザで食事ができる固定ベルトとしての使いみちもあります。裏地は通気性と洗濯してもすぐ乾くメッシュ素材なので、衛生面も安心です。収納時は束ねゴムだけでコンパクトにできるため、カバンに入れても場所を取りません。

マイリトルシート 布製チェアベルト

椅子の背もたれにチェアベルトのシート部分をすっぽり被せるだけなので、取り付けがとても簡単です。背面2点止めがあるので、背もたれがある椅子ならどんな形にも対応できます。シートはいつでも洗濯できるので、全体が汚れてしまっても安心です。

リッチェル ポーチュチェアベルト

バックルを椅子の背もたれに止めるだけの、簡単に脱着できるお腹に巻くタイプです。チェアベルトを裏返して折りたたむことで、ポーチになりコンパクトに収納できます。水を弾きやすい素材なので、汚れたときも簡単に拭き取れ衛生的です。

REENUO ハーネス付きチェアベルト

チェアベルトと迷子紐の両方使いができます。またベルトのデザインは、足を締め付けない柔らかな素材が使われているため、食事後に両足にチェアベルトの跡が残りにくいです。また、水洗いができる素材なので、食事中や汗、ころんだときの泥汚れも簡単に落とせます。

チェアベルトを使ってみてどうだった? ママたちの口コミ

チェアベルトを使ってみてどうだった? ママたちの口コミ
チェアベルトを使って「良かったことや悪かったこと」について、口コミを調査してみました!

  • 落ち着きのない子だったので、上半身もしっかり固定できるベビーチェアベルトにしました。初めは嫌がっていましたが、何度か使っているうちに慣れてくれたのか落ち着いて食事してくれます。おかげで家族みんなで安心してゆっくり食事できるようになりました。
  • 1歳を過ぎたあたりから、椅子に座ってくれません。パンツタイプのチェアベルトを使っている子を見て購入したのですが、自分では出られないため立ち上がりは防止できました。ただ、体を前のめりにしてしまうため、上半身も固定できるタイプを購入すればよかったかなと思っています。
  • 2歳過ぎの双子の食事が本当に大変で、椅子に装着できるカバータイプを購入してみました。パパが居なくても、私一人でご飯を食べさせることができ、ストレスがなくなりました。
  • 畳むとスマホサイズほど小さくなるチェアベルトをカバンに常備しています。個室以外の場所で食事をするときや子供がぐずって食事がままならないときなど、ヒザの上で抱っこしながら落ち着いて食事できるので助かっています。

まとめ


チェアベルトにはさまざまな種類があり、使い方によってメリット・デメリットになることがあるでしょう。選ぶときはカラーやデザインだけではなく、機能性もしっかり調べて目的に合ったタイプを購入すると失敗しません。自宅だけではなく外食やお出かけのときに使うことが多い場合、コンパクトに収納できるチェアベルトを自宅用とは別に用意しておくと便利です。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。
ママから人気のベビーチェア特集! おしゃれなものからカワイイものまで紹介
ママから人気のベビーチェア特集! おしゃれなものからカワイイものまで紹介
赤ちゃんの腰が座ってきたらいよいよベビーチェアデビュー! 一口にベビーチェアと言ってもその種類は膨大です。せっかくなら赤ちゃんが喜んで座ってくれるものを選びたいですよね。先輩ママ達が「買って良かった!」とおすすめする人気のベビーチェアを紹介します。
赤ちゃん用のチェアベルトはいつからいつまで使うの? おすすめ10選や使い方を紹介
赤ちゃん用のチェアベルトはいつからいつまで使うの? おすすめ10選や使い方を紹介
おすわりがまだまだ不安定な赤ちゃんに離乳食をあげるとき、外出先のレストランや子どもの椅子がない実家への帰省時にあると便利なのが「チェアベルト」。使い方も簡単で、愛用しているママが多いアイテムです。チェアベルト選びのポイントやおすすめ商品を紹介します。
赤ちゃんの歩行器はいつから使う? おすすめ商品・レンタルも紹介
赤ちゃんの歩行器はいつから使う? おすすめ商品・レンタルも紹介
歩き始める前の赤ちゃんに歩行器はあった方がよいのでしょうか。今回は歩行器の必要性やメリット・デメリット、いつからいつまで使うのかなど、赤ちゃんの歩行器に関することを紹介します。安全な使い方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!