2歳児の育児が大変…毎日夜泣き…暴れる・泣き叫ぶのはなぜ? ママたちの体験談も紹介

2歳の子が毎日夜泣くように…もしかして夜泣き?

2歳の子が毎日夜泣くように…もしかして夜泣き?
赤ちゃんの夜泣きは、生後3ヶ月〜1年半前後に起きやすく、特に生後6ヶ月〜8ヶ月に一番多く起こります。ほとんどが1歳過ぎに自然に治まりますが、中には2歳を過ぎても夜泣きが続く子供や、突然再発する子供もいます。子供の睡眠リズムは乳幼児から3歳くらいの間に確立されるといわれており、2歳児はまだ睡眠の力が未成熟な段階です。そのため2歳〜3歳の幼児が夜泣きをすることは珍しくないのです。

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで? 先輩ママへのアンケート結果も紹介
覚悟していたとはいえ、赤ちゃんの夜泣きが始まると体力的にもつらいものがありますよね。「いつからいつまで続くのだろう...」不安に思うママも多いのではないでしょうか? 本記事では赤ちゃんの夜泣きの原因や対処法を解説。先輩ママたちの乗り越え方も紹介します!

2歳の夜泣きの原因

2歳の夜泣きの原因
2歳児の睡眠は浅い眠りの「レム睡眠」が、深い眠りの「ノンレム睡眠」より長いのが特徴です。そのためちょっとしたことでも目を覚まし、様々なきっかけで泣いてしまいます。また2歳児は起きている時に感じた不安や興奮をうまくコントロールできないため、夜泣きをして発散することもあります。具体的にはどんな原因の夜泣きがあるのか、順にみていきたいと思います!

「怖い」という感情が育ってきたから

2歳になると、1歳の頃より活発になり行動範囲も広がっていきます。物事に対して何かを感じる力や記憶力も発達するのもこの頃。様々な体験を通して「怖い」と思うことも増えていきます。そして寝ている時に怖い夢を見ると、現実との区別がつかずに混乱して泣いてしまうのです。また朝だと思って目覚めたら部屋が真っ暗だったり、パパママが側にいなかったりすると恐怖や不安を感じて泣いてしまう子供もいます。

日中のストレスや刺激

日中のストレスや刺激も、夜泣きの原因の一つといわれています。2歳児は自我が芽生え、様々なことに興味を示したり、意思表示をしたりする時期です。ですが思い通りにいかないことや、うまく伝えられないことが多く、フラストレーションが溜まってしまいます。その悔しさやもどかしさがストレスとなり、夜泣きに繋がります。また日中にたくさん遊んで疲れていたり、興奮しすぎたりした夜も夜泣きが多いといわれています。

周りの環境の変化

周りの環境の変化
2歳児は下に兄弟が産まれたり、保育園の通園がはじまったりと環境が変わりやすい時期でもあります。こういった環境の変化により「もっとお母さんに甘えたい」「はじめての環境で不安」といった感情を抱き、夜泣きに繋がることがあります。

成長痛で体が痛い

いわゆる成長痛は小学校高学年から中学生に起こると思われがちですが、2歳児〜6歳児くらいの子供でも起こる場合があります。成長痛は夜に痛みが出ることが多く、痛みをうまく表現できない2歳児が夜泣きをすることで不快感を表すと考えられています。また日中の疲労が取れきれず、それを痛みと感じて泣く場合もあります。

2歳の夜泣きはいつまで続く?

2歳の夜泣きはいつまで続く?
2歳を少し過ぎたら夜泣きが治まったという意見から、4歳までずっと続いたという意見まで…先輩ママさんの体験談をご紹介します!

・睡眠のありがたさを痛感
うちの娘は生後3ヶ月から夜泣きがはじまり、2歳過ぎまでずっと続きました。約2年間、毎晩夜泣きと格闘して睡眠のありがたさをイヤというほど思い知らされました。娘の夜泣きが治まり、一度も目を覚ますことなく朝まで眠れたときは本当に嬉しかったです!

・同じ兄弟で全く違いました
上の娘は夜泣きがなかったのですが、下の息子は夜泣きがひどくて、夜中に公園に行ったことも一度や二度じゃありません。結局3歳過ぎまで夜泣きに悩まされました…。夜泣き一つをとっても兄弟で全然違うんだなと実感しましたね。

・4歳過ぎまで続いた夜泣き
1歳の頃から1~2時間おきに目を覚ましていた次男。2歳過ぎからは深夜に突然大泣きするようになり、4歳まで続きました。おかげで半分寝ながらあやす術が身に付きました。

2歳の夜泣き改善方法

2歳の夜泣き改善方法
毎晩悩まされる夜泣き。睡眠をしっかりとれないのは、パパやママにとっても本当につらいですよね。そこで、2歳児の夜泣きを改善する方法をご紹介していきたいと思います!

生活リズムを整え適度に運動させる

幼児は体内時計が崩れやすく、睡眠に悪影響が出てしまいます。そのためにまずは生活リズムの乱れを改善し、規則正しい生活を心がけることが大切です。朝起きたら日の光を浴び、日中は適度に身体を動かすようにしましょう。そうすることで体内時計をリセットさせる「セロトニン」という物質が出ます。この物質はイライラを抑え、心を安定させる効果もあります。また就寝時間の30分〜1時間前は、寝る前にテレビやスマートフォンを見せないようにすることも大切です。テレビやスマートフォンから出るブルーライトの光は、眠気を起こす「メラトニン」というホルモンの分泌を阻害し、良質な睡眠がとれなくなるからです。その他にも夜間授乳は睡眠中に起きる習慣が出来てしまうので控えるようにしましょう。

  • 起きる時間や寝る時間を一定にする
  • 朝、起きたら太陽の光を浴びる
  • 日中は適度に身体を動かす遊びをする
  • 毎日同じ時間に食事をとるようにする
  • 就寝時間の30分~1時間前はテレビやスマートフォンを見せない
  • 夜間授乳は控える

お風呂は眠る1時間前までに入る

人間の体温には1日のリズムがあり、体の深部体温が下がると眠気を感じるようになっています。外部から温められた深部体温が下がるのには1時間ほど時間がかかるため、就寝予定の1時間前までにゆっくりとお風呂に入れるようにしましょう。お風呂で温まった身体を徐々に冷ましてあげることで、就寝時間には自然に眠気をもよおすようになります。また、湯船の温度が高すぎると刺激になってしまいますので、38度~40度くらいのぬるま湯に入れるのがいいでしょう。

  • 夜6時~7時にはお風呂に入れる
  • お風呂の温度は38度~40度に設定する
  • のぼせない程度にゆっくりとつかるようにする
お風呂で遊べるおもちゃの選び方、年齢別おすすめアイテム15選
お風呂で遊べるおもちゃの選び方、年齢別おすすめアイテム15選
お風呂のおもちゃを探しているけれど種類があり過ぎて何を基準に選んだらいいのか迷うものですよね。そこで、お風呂で遊べるおもちゃの選び方と、年齢別におすすめしたいアイテムをご紹介したいと思います。

添い寝して甘えさせてあげる

添い寝して甘えさせてあげる
夜泣きは、環境の変化で起こることもあります。保育園の入園や下の子が生まれ環境が変わった場合は、子供の不安や不満がたまりやすくなります。そのため意識的に添い寝などをして甘えさせてあげてください。また、寝る前に抱っこなどのスキンシップをとったり、絵本を読んだりしてあげるのもいいでしょう。寝かしつけ前の「いちゃいちゃタイム」として、子供の心を存分にリラックスさせてあげてくださいね。

  • 添い寝をする
  • 絵本を読む
  • 抱っこなどのスキンシップをとる。

子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
子供の寝かしつけにおすすめな方法 上手に寝かせるコツとは?
育児をしていてどのパパママも経験するのが、子供がなかなか寝てくれず、寝かしつけに苦労すること。どうして子供がなかなか寝ない日があるのでしょうか? その原因がわかれば寝かしつけがスムーズになるはず。寝かしつけのコツもご紹介します。
子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
子供の寝かしつけにおすすめの入眠グッズ 絵本? アプリ? YouTube?
子供の寝かしつけに効果的なグッズってあるのでしょうか? 人気の入眠グッズから、手軽に利用できる寝かしつけアプリ、YouTubeを利用した賢い寝かしつけ方法まで、先輩パパママも助けられた寝かしつけアイテムをご紹介します。

眠る環境を整える

夜泣きを防ぎ、質の良い睡眠を取らせるためには、快適な睡眠環境を整えてあげることも大切です。寝かしつけの時間までリビングで過ごす場合は、部屋の明かりを少し暗めにしておくといいでしょう。また寝室とリビングが隣合わせになっている場合は、寝室にテレビの音や光が漏れていないかなども気をつけてあげてくださいね。

  • 夜はリビングの明かりを暗めにする
  • 寝室の電気を常夜灯などにする
  • 室内の温度を季節によって調整する
  • 布団やパジャマは肌触りのいいものにする
  • テレビや物音に気をつける

2歳の夜泣きがひどい…ママたちの夜泣き体験談

2歳の夜泣きがひどい…ママたちの夜泣き体験談
いつ終わるかもわからない子供の夜泣き。多くの先輩ママたちも、2歳過ぎの夜泣きを経験してきました!

1時間近く続く夜泣きにぐったり

息子は2歳を過ぎてから、寝ている時に突然ケンカ口調で何かを言ったり、いきなり手足をバタバタさせながら大声で泣いたりするようになりました。中々泣き止まず、1時間近く布団の上で暴れるように泣くことも。私も睡眠が取れずにイライラしてしまいました。

静かに泣き続ける娘

2歳半の娘は眠りについて1時間ほどすると、シクシクと30分ほど泣き続きます。大声を出して泣くことはないのですが、声をかけても目を閉じたまま首を振るだけでこちらも悲しくなってしまいます。

息子が夜驚症(やきょうしょう)に

息子は赤ちゃんの頃からほとんど夜泣きがなく、手のかからない子だとずっと思っていたのに2歳過ぎから睡眠中に突然泣き叫ぶように! 病院に相談をしたら夜驚症(やきょうしょう)と呼ばれる睡眠障害の一種だとわかりました。夜驚症は子どもの脳の発達との関連が深く、ほとんどのケースが成長と共に治まっていくといわれましたが、大声を出して泣く息子の姿に困惑する毎日でした。

2歳の夜泣きはこうして乗り越えた! ママたちの夜泣き対処法

2歳の夜泣きはこうして乗り越えた! ママたちの夜泣き対処法
先輩ママたちはどうやってつらい夜泣きを乗り越えたのでしょうか? その対処法をご紹介します!

夜泣きは脳が成長している証

「2歳前後の子供が夜泣きするのは、脳が新しく覚えたことを処理しているから」と友人からアドバイスを受けました。それからは息子が深夜に突然泣き出しても「よし、脳がアップロードされているんだ!」と考えるように。対処法というワケではありませんが、この思考になったおかげで夜泣きされても寝かしつけが苦痛じゃなくなりました。

私はあえてあやしませんでした

抱っこしてあやそうとすると起きてしまい寝かしつけが大変…。なのであえて少し放置して様子を見ることに。5分ほどすると泣き疲れたのか、自然に眠りについていましたよ。

夜泣きのたびに、一回リセット

目が覚めたときに真っ暗で混乱しているようだったので、一度完全に起こしていました。そして「今は朝じゃなくてまだ夜なんだよ、もう一度ねんねしようね」といって寝かしつけていました。

まとめ

まとめ
ようやく終わったと思った夜泣きが2歳過ぎに突然再発したら、本当にショックですよね。ですが2歳児の夜泣きは様々な感情が発達しているからこそ起こるものもあり、成長の証だといえます。「ママに甘えたい」という気持ちや日中のストレスが原因の場合は、子供の気持ちを受けとめ、「ママに甘えたいんだね」「今日はつらかったね、大変だったね」などと共感してあげることで、落ち着くこともあります。適度に息抜きをしながら2歳児の夜泣きを乗り越えてくださいね。

2歳児の成長や発達! イヤイヤ期やトイレトレーニングの付き合い方、おすすめの遊びを紹介
2歳児の成長や発達! イヤイヤ期やトイレトレーニングの付き合い方、おすすめの遊びを紹介
2歳児は、言葉で状況を伝えられるようになったり、外でも活発に遊ぶようになります。2歳児は自我が芽生えてパパママに強いな主張をしてくるイヤイヤ期や、トイレトレーニングを始めたりと、パパママの悩みも尽きませんよね。2歳児の成長・発達や付き合い方などをご紹介します!
2歳児の言葉の発達目安 専門家に相談した方が良いのはどの程度から?
2歳児の言葉の発達目安 専門家に相談した方が良いのはどの程度から?
2歳になると「ママ あそぼ」「おちゃ ちょーだい」など会話をし始める子が出てきます。一方で「喃語しか話さない」「言葉が出てこない」と言葉の発達に不安を持つママもいるのではないでしょうか。言葉が遅れる原因と発語を促す接し方を紹介します。
2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
2歳になると自主性も出てきて頭も体もぐんと成長し始めます。そんな中さらに子供を成長させてくれるアイテムが絵本。2歳の子供にはまず「絵本を好きになってくれる絵本」を選んであげましょう。人気の絵本から興味を引き出すしかけ絵本まで大紹介します!