「うちに赤ちゃんがきた!」子供目線から見ると生まれた、ではなく来ただそうです

こんにちは、千株式会社 撮影部の野村です。【スクールフォトカメラマンの撮影日記】の連載第2回のマンガが完成しました! 幼稚園・保育園でのスクールフォト撮影にまつわるエピソードを今月もご紹介します。

今回のテーマは、子供がこっそり教えてくれるおうちの秘密について。撮影中にいろいろな子供がおうちの秘密をつぶやいてくれますが、なかでも面白いのは「赤ちゃんが生まれた」というエピソード。「子供目線だとそう表現するんだなぁ~」とほほえましくなるヒソヒソ話を紹介します。

では、【スクールフォトカメラマンの撮影日記】の第2回をお楽しみください。








いかがでしたか? 「赤ちゃんが生まれた!」ではなく、「赤ちゃんがきた!」という表現は初めて聞いたときは驚きました。どの子供も同じように「来た!」と教えてくれるのが面白いですね。我々スクールフォトカメラマンは、仕事中に子供たちのこんなヒソヒソ話をたくさん聞いているんですよ。

次回は2019年2月半ば…バレンタインデーの頃に更新予定です!

連載マンガのバックナンバー

第1回:パパママも知らない、子供の園での日常を撮るスクールフォトカメラマン!
第2回: 「うちに赤ちゃんがきた!」子供目線から見ると生まれた、ではなく来ただそうです
第3回: 家では甘えん坊の子供でも、園ではお兄ちゃん、お姉ちゃんしているんですって話
第4回: 3月は別れの季節…卒園していく子供との撮影の思い出がよみがえってきます

関連記事

赤ちゃんの定義は何歳何ヶ月まで? 赤ちゃんの後は何て呼ぶ?