「満月の日に出産」する可能性は? 統計や出生率、満月出産カレンダーをチェック!

満月の日に出産が多いのは本当?

満月の日に出産が多いのは本当?
出産予定日が近づくと、いつ赤ちゃんが産まれてくるのか気になりますよね。きっちり予定日に産まれるわけではなく、数日前後することが多いです。そんなときに「◯日が満月だから、この日かもしれないね。」といったような話を聞いたことはありませんか? ただの迷信と思われがちですが、実際に満月の日は出産が多いという研究結果があります。

統計から見る満月の出産確率

統計から見る満月の出産確率
満月の出産率の統計を取るにあたり、人間の場合は社会的影響のせいで週末の出産が多くなるため、正確なデータを取るのは難しいようです。東京大学大学院農学生命科学研究科で、ウシの出産について調査をしたところ「月の満ち欠けがウシの出産に影響を与える」との結果が出ました。

人間の出産にも月の満ち欠けが関係あるのか、についても気になりますよね。陣痛間隔計測アプリでの調査データがありましたので紹介しましょう。下記リンクで調査内容が確認できますが、人間でも満月は出産が微増するというデータとなっています。ただし、その差は1%以下と微増であり、誤差の範囲内ともいえるので、満月の日に出産が増えると断言するには少し弱いかもしれませんね。

関連リンク

月の満ち欠けがウシの出産に影響を与える
月の満ち欠けと陣痛間隔計測アプリ『陣痛きたかも』のDAUの相関

科学的な立証はされていない

科学的な立証はされていない
満月は出産が微増しているという調査結果は出ましたが、なぜそういうことが起きるのかは解明されていません。自然のことには、まだまだ解明されていないものや、説明がつかないものも多くあります。科学的な立証はされていませんが、実際に陣痛が起きやすくなるということが多いため、昔から言い伝えられているようですね。

満月出産、実際どうだった?ママたちの体験談

満月出産、実際どうだった?ママたちの体験談
実際に出産したママたちはどうだったのでしょうか。満月の日に生まれた人は多いのでしょうか。先輩ママたちの体験談を参考にしてみましょう。

  • 38週で破水し、病院に入院したのが新月2日前で、新月当日に出産しました。
    助産師さんも、満月や新月、天気が荒れているときは出産ラッシュになると言ってました。
  • 入院先の助産師さんが引力の関係で出産が増えるのでは? と言っていました。台風など低気圧のときも出産が増えると話してくれましたよ。
  • 私の場合は満月の日から産気づき、翌日のお昼過ぎに出産しました。助産師さんも「満月の日は忙しくなる」って言っていますね
  • 病院の先生は「関係ないと思う!」って言っていますが、看護婦さんは「関係ある気がする」と言っていました。どっちなんでしょうね(笑)
  • 先月出産したのですが、いつが満月かを調べていましたが、満月にはまったく関係ない日に産まれました

実際に満月に出産したというママも多くいましたが、医療現場の看護師さんや助産師さんが、そう言っていたという体験談がとても多かったです。満月だけでなく、天気が荒れているときに多いのも興味深い話ですよね。他には、周りの妊婦さんたちが満月の日に次々出産していく中、自分だけ全く陣痛がこなかったというママもいました。

なぜ「満月=出産が多い」といわれるの?

なぜ「満月=出産が多い」といわれるの?
なぜ、満月の日には出産が多いといわれているのでしょう。確証のないものであっても、実際にその通りだったという声も多く聞きます。予想される話はいくつもあるようですが、その中でも一般的に有力な説をいくつかご紹介します。

月の引力が関係している

月の引力が関係している
都市伝説的にいわれているのは、月の引力が関係しているという説です。海の満ち引きも月の引力の影響といわれています。同じ「水」が関係している、妊婦さんのお腹の羊水が同じように影響するので、満月には出産が多いといわれているのです。しかし、この説については科学的な立証がされていません。

出産の現場で働いている人たちの声

出産の現場で働いている人たちの声
産婦人科の医療現場で働いている看護師・助産師の方が「この日は出産が多いな」と感じる日は満月が多かったことから、こういった話が言い伝えられているようです。なんとなく……ではなく「満月の日は出産が急増する」と断言する医療関係者の方も多いようです。科学的根拠はないものの、実際に出産に関わる人が言っているのですから、信ぴょう性が高く感じられますね。

満月出産カレンダー2019~2020年

満月の日
2019年 2月20日(水)0:54
3月21日(木)10:43
4月19日(金)20:13
5月19日(日)6:12
6月17日(月)17:31
7月17日(水)6:39
8月15日(木)21:30
9月14日(土)13:33
10月14日(月)6:08
11月12日(火)22:35
12月12日(木)14:13
2020年 1月11日(土)4:22
2月9日(日)16:34
3月10日(火)2:48
4月8日(水)11:36
5月7日(木)19:46
6月6日(土)4:13
7月5日(日)13:45
8月4日(火)0:59
9月2日(水)14:23
10月2日(金)6:06
10月31日(土)23:50
11月30日(月)18:30
12月30日(水)12:29

上表は、2019~2020の満月の日です。出産を控えている方は、ご自分の出産予定日の近くに満月の日はありますか? すでに出産後の方も、子供の誕生日が満月と関係しているのかを調べてみるとおもしろいですね。

他にもある「出産にまつわる噂」 

他にもある「出産にまつわる噂」 真偽を検証!
満月に出産が多いという噂の他にも、出産にまつわる噂話は他にもあります。いずれも信ぴょう性は低いものの、長年言い伝えられているものです。

「満月」のお産は安産になる


満月の日は安産になりやすいといわれています。月の引力が強くなる満月は、強い陣痛になるといわれていて、それのため安産になるのだとか。出産時には、弱めの陣痛が長く続き、なかなか産まれないこともよくあることです。月の引力により強い陣痛がきて、安産になりやすいといわれているようですね。

「新月」や「大潮」の日も出産が増える?

「新月」や「大潮」の日は出産が多い
新月から満月までは、およそ29.5日の周期で満ち欠けしています。新月も満月と同じく月の引力の影響を受けやすいといわれているため「出産が多い日」になっていると考えられます。大潮とは、海の潮の満ち引きの差が一番大きくなるときです。潮の満ち引きが大きいということは、新月・満月のように、月の引力の影響を強く受けているというわけです

出産は「朝方」が多い

出産は「朝方」が多い
帝王切開や、その他の医療的介助を除いた自然分娩での出産では、深夜に陣痛が始まり、朝に出産する率が高いという統計がいくつかあります。動物は敵から身を守るため、夜から朝にかけて出産することが多く、人間もその名残が残っているのでは、という説がありますが、これも科学的根拠が示されているわけではありません。

関連記事

帝王切開の費用はいくら?自己負担や双子の場合、限度額認定証ついてなど

台風などの低気圧の日は出産が多い


満月に出産が増えるのと同じくらい多いのは、低気圧の日は出産が多いという噂です。「台風の強風に引っ張られるからだ!」などの面白い話もありましたが、この説については「いつもと違う日は記憶に残りやすいからでは」という説が有力です。この噂も出産の現場で働く人たちには、確実に多いと信じられているようです。

まとめ


出産と満月の噂については科学的根拠はありません。ただ、実際に出産の現場で働く人がそうであるという信じていることから、信ぴょう性の高い噂として言い伝えられてきたようですね。出産と自然の動きとの関係には、まだまだ解明されていないことも多いですから、あながち嘘というわけでもないのかもしれません。

出産予定日が過ぎてしまったママは心配になることもあるかもしれませんが、迷信ですから過剰に意識する必要はありません。「この日が満月だから、もしかすると生まれるかもしれないね。」と家族で話しながら、赤ちゃんが産まれてくる日をゆっくり楽しみに待ちましょう。

関連記事

出産予定日は自分で計算できる? ママの出産前の準備や分娩までの過ごし方
出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
パパが出産に立ち会う割合ってどのくらい? 必要な準備と、立ち会い出産する派、しない派の意見まとめ