子どもの写真撮影ってどうしてる? あなたはスマホ派? デジカメ派?【パパママアンケート調査】

子どもとの思い出の残し方について、パパママにアンケート調査してみました。写真はスマホ、デジカメどちらで撮影しているのか、フィルムカメラを使う人は今もいるのか、など意外と気になる他の家庭の写真事情についてまとめてみました。

子供の写真はスマホ撮影でいいのか、デジカメで撮るべきか

子供の写真はスマホ撮影でいいのか、デジカメで撮るべきか
こんにちは、はいチーズ!clip編集部です。スクールフォトサービス「はいチーズ!」では毎月、ご利用ユーザーを対象に各種アンケートを実施しています。子育て中の全国のパパママが気になる情報についてのアンケート調査をもとに作成するこちらの記事、今回のテーマは「子供写真の撮影方法について」です。

スマホで写真や動画を撮影するのはもう当たり前のこと。でも、子供の写真、思い出はちゃんとしたカメラでも記録したい、そんな風に考える人も多いでしょう。でも、デジカメを常に手元に置いて、子供を撮影するのは大変。子供の写真はスマホ撮影だけでいいのか、デジカメも使うべきなのか…そんな疑問をパパママに聞いてみました。
アンケート期間:2018年9月
有効回答数:201人

質問:子供の写真は何を使って撮影していますか?

回答:ほぼ100%がスマホで撮影 デジカメを利用する人は50%以下

子供の写真は何を使って撮影していますか?

デジカメで子供を撮影するのは50%以下

上の質問は複数回答可で回答いただきました。98.5%方がスマホで子供を撮影すると回答していますが、スマホカメラが高性能化している今、驚きの数値ではありません。意外だったのは一眼やミラーレスも含めたデジカメを利用して撮影する人が50%を切っていたこと。詳細は省きますが、政府発表データ(※)によると2018年のデジカメ普及率は68%となっています。つまり、家にデジカメはあるのに、子供の写真撮影にはデジカメを使わない人が回答者の18%ほどいると予想されるわけです。
※内閣府による消費動向調査より(普及率は2人以上の世帯へのアンケート調査を集計)

重くてかさばるデジカメは女性には使いづらい?

ミラーレス一眼や一眼レフカメラなどの高級なデジカメで子供の写真を撮る割合は17.7%という結果になりました。子供の写真撮影に高級デジカメを使う人はもう少し多いと予想していましたが、意外な調査結果ですね。なお、このアンケートは回答者の93%が女性です。大きくて重い高級デジカメを使うのは男性が多いので、パパの回答者が増えると高級デジカメの使用割合は少し増えるかもしれません。

チェキを使って子供を撮影する人もいます!

ちなみに、今回のアンケートでフィルムカメラを選んだ人はゼロでしたが、「チェキ等のポラロイドカメラ」にも回答がありました。撮影写真をその場でプリントし見ることができるチェキは、実は子供から非常に人気があるカメラです。デジカメと違い、フィルムの交換の必要はありますが、撮ったその場でプリントが楽しめるのがチェキの魅力です。最近のチェキには撮影した画像からプリントするものを選び、好みの写真だけがプリントアウトできたり、スマホから画像を転送してプリントできるプリンターがあったりと、昔にはなかった機能が追加されたインスタントカメラになっていますよ。

スマホとデジカメのカメラの違いとは?

スマホは常にポケットやカバンの中にあり、撮りたいときに取り出しやすいので、デジカメを持っていてもスマホで写真や動画を撮ってしまいがちですよね。スマホカメラの性能は昔より遥かに良くなっていますし、カメラアプリの編集機能の豊富さもデジカメを超えるレベルです。しかし、特別な写真を撮りたいなら、ミラーレス一眼などの高級デジカメもまだまだ負けていません。そこで、スマホにはない、高級デジカメならではのメリットをご紹介させていただきます。

デジカメはスマホよりイメージセンサーが大きい

デジカメはスマホよりイメージセンサーが大きい
スマホカメラを含めたあらゆるデジタルカメラには、レンズで取り込んだ光をデータに変換して記録するためのイメージセンサー(以下、センサー)が内蔵されています。センサーはサイズが大きいほど、多くの光をデータに変換にでき画質がよくなります。小さなスマホでは搭載できるセンサーの大きさに限界があるため、スマホで撮影した画像より高級デジカメで撮影した画像の方が綺麗に記録できます。

デジカメはスマホよりレンズが大きい

デジカメはスマホよりレンズが大きい
センサーサイズが大きいほど、多くの光を取り込めることは上で説明しました。センサーに多くの光を集めるために必要なのがレンズです。子供の頃に虫眼鏡で太陽光を集めて紙を焦がす実験をしたことはありませんか? レンズとセンサーの関係はあれで説明が可能です。太陽の光を1点に集めるのに使う虫眼鏡がレンズで、集めた太陽光を受けるのがセンサーになります。センサーが大きいデジカメは多くの光をレンズで集める必要があり、大きなレンズを採用しないと高性能なセンサーを活かすことができません。その結果、綺麗な写真を撮ることができるデジカメは大きなセンサー(=本体が大きくなる)と大きなレンズが必要になるわけです。

さらに、デジカメ用の多くのレンズはレンズ内部にある光を取り込む穴の大きさを調整し、絞り(F値)を変更することができます。絞りを変更するわかりやすいメリットは背景をボカすことです。子供にだけピントが合い、背景がぼんやりと写っている写真を見たことはありませんか? あのようなプロっぽい写真を撮ることができるのが、絞りが調整できるデジカメの特徴です。なお、ほとんどのスマホのレンズは絞りを調整することができません。そのため、高級デジカメのように背景をボカして写真を撮ることができないのです。

デジカメは光学ズームが可能

デジカメは光学ズームが可能
高級デジカメのレンズは光学ズームと呼ばれるズーム機能を持っています。レンズ内に格納されている2枚のレンズを前後に動かすことで遠くのモノを拡大、撮影することができる仕組みです。一方、ほとんどのスマホで採用しているのはデジタルズームという仕組みになります。デジタルズームはセンサーに届いた画像を電気的に拡大し、表示しているだけです。光学ズームで拡大した写真と違い、デジタルズームでの拡大写真は細部を見ると写真が粗くなっています。

まとめ:かさばるデジカメはパパの担当?

スマホカメラと高級デジカメの違いを簡単に説明すると、以上のようになります。スマホの写真は大きく進化し綺麗になりました。一般的なL版プリントで現像する分には大きな違いを感じないこともあるでしょう。しかし、大きなレンズ、センサーを持つデジカメでしか撮ることができない写真もあるため、子供の写真をもっと綺麗に残したいという方はミラーレス一眼のようなカメラも所有してみてはいかがでしょうか。幼稚園や保育園の運動会を見ていると、「ママはスマホで気軽にパチり。パパはミラーレス一眼で本格的に撮影」という家庭が多く、そういう役割分担が現実的かもしれませんね。

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!