マミーポコの評判ってどうなの?サイズや特徴とおすすめポイントのまとめ

マミーポコといえばマミーポコパンツ

マミーポコといえばマミーポコパンツ
マミーポコとは、紙オムツや生理用品などを製造している大手メーカー、ユニ・チャームが手がけている紙オムツのブランドです。テレビコマーシャルでも有名なマミーポコパンツはみなさんもちろんご存知ですよね。

マミーポコパンツの特徴

マミーポコパンツの特徴
かわいらしいディズ二キャラクターが印象的なマミーポコパンツですが、その機能面にはどんな特徴があるのでしょうか。それぞれチェックしていきましょう。

最大12時間のモレ安心設計

最大で12時間もおしっこやうんちのモレを防いでくれる、独自の吸収体を採用しています。また、MサイズとLサイズはおへそまでしっかりと引き上げられるように作られており、子供が動き回っても安心です。更に、特許技術を駆使した足回りのギャザーがすきまモレも予防してくれます。これならオムツ替えのときに洋服がびっしょり、なんていう事態も避けられそうですね。

柔らかウエスト、全面通気シート

ウエストまわりが柔らかく、デリケートな子供の肌を締め付けすぎない優しい仕様です。また、湿った空気をすばやく逃がすように設計されているので、汗をかいた後でもおしっこをたくさんした後でも快適に過ごすことができます。汗をかきやすくかぶれやすい子供の肌には非常に嬉しい配慮ですね

おしっこサイン

MサイズとLサイズのマミーポコパンツでは、おしっこをするとラインの色が変化するようにおしっこサインが採用されており、紙オムツの換え時がひと目で分かります。「これならお出かけ前に紙オムツを変えておこうかどうしようか…」と悩む心配もなくなりますね。子供にとっても、おしっこをしたらママに気づいてもらえるので快適に過ごすことができる嬉しいポイントです。

関連リンク

マミーポコ公式ブランドサイト

マミーポコパンツのサイズ展開と価格

サイズ展開と価格
マミーポコパンツのサイズ展開はMサイズ、Lサイズ、ビッグサイズとビッグより大きなサイズです。通常ビッグサイズまでのメーカーが多いですが、更に多くなサイズを展開しているのは嬉しいですね。パンツタイプのみの販売で、マミーポコパンツでは新生児用やSサイズは販売されていません

マミーポコパンツ Mサイズ

マミーポコパンツ Mサイズ

参考価格:925円
楽天で見る
amazonで見る

Mサイズは新しいモデルが発売されており、従来の6〜12kgから変更して7〜10kg程度の子供向けになっています。子供の月齢ではだいたい4〜6ヶ月からが目安です。立ったり歩いたりしはじめると、オムツ替えもパンツタイプが楽になりますよ。

マミーポコパンツ Lサイズ

マミーポコパンツ Lサイズ

参考価格:1,245円
楽天で見る
amazonで見る

Lサイズは9〜14kgの子供向けです。月齢ではおよそ10ヶ月から1歳以上が目安になりますが、大きめの子供やお腹周りや足回りが苦しいのが苦手な子供にも良いですね。活発に動き始める時期なので、おへそまですっぽり覆えるサイズ感がおすすめです。

マミーポコパンツ ビッグサイズ

マミーポコパンツ ビッグサイズ

参考価格:1,245円
楽天で見る
amazonで見る

ビッグサイズも新しいモデルになっており、従来の12〜22kgから変更し12〜17kgまでの子供に対応となっています。2歳くらいからかなり大きめの子供まで使用することができますね。子供がよく動くことで、紙オムツが足の付根へ食い込んだりおしりがはみ出たりしやすいので、しっかり合ったサイズを履かせましょう。

マミーポコパンツ ビッグより大きいサイズ

ビッグより大きいサイズになると対象の子供は13〜28kgとなり、オムツ離れに利用する方が多いです。子供のオムツ離れが遅れてしまって合う紙オムツが見つからない、というときなどにはとても助かりますね。

マミーポコパンツ ビッグより大きいサイズ

参考価格:1,245円
楽天で見る
amazonで見る

マミーポコパンツのおすすめポイント

マミーポコパンツのおすすめポイント
紙オムツの種類はとてもたくさんありますよね。紙オムツを選ぶポイントは肌触りであったり、子供の好みであったり様々だと思います。では、マミーポコパンツのおすすめポイントはどういった点でしょうか。

低価格で購入できる

多くのマミーポコパンツユーザーがまずメリットとしてあげているのが低価格で購入できるという点です。子供がオムツ離れをするまでの約3年間、毎日かなりの枚数を使用するので、コスパが良いものは非常に助かります。上記でもご紹介したとおり、1パック1,000円未満で購入できるというのはかなり魅力的ですよね。紙オムツはどうしても使い捨てしかできないものですので、コスパは重要な要素です。少ししか汚れていなくても、「今変えないと!」というタイミングは必ずあります。そんなとき、未練なく取り替えられるものだと嬉しいですね。

ママに嬉しい名前記入欄

保育園へ子供を預ける際、持ち物のひとつひとつに名前を記入しないといけないですよね。捨ててしまう紙オムツも例外ではなく、毎日何枚もの紙オムツに名前を書くのはけっこう手間がかかります。紙オムツに名前を書くこと事態は簡単ですが、どこに書くのが良いかはわかりにくいですよね。名前を書く位置が悪かったためにおしっこや湿気で濡れてしまい、インクが洋服についてしまったという経験があるママもいるのではないでしょうか。そういった観点では、名前記入欄があるのはやっぱり便利に感じます

関連記事

お名前スタンプは保育園から小学校まで使えて便利! おすすめ5選を紹介

期間限定デザインがあり子供も嬉しい

マミーポコパンツは定期的に期間限定デザインのものを販売しています。毎日同じデザインでは子供も飽きてしまうし、買い物の際に一緒にデザインを見ながら選ぶのも楽しいですよね。特に、イヤイヤ期の子供にオムツを履かせるのは一苦労です。何でも自分でやりたがる時期ですので、紙オムツも選ばせてみてはいかがでしょうか。自分で選んだものなら喜んで履いてくれること間違いなしですよね。

関連記事

子供のイヤイヤ期はいつからいつまで? イヤイヤ期の乗り切り方10選!

マミーポコパンツの注意点

マミーポコのマミーポコパンツには様々なおすすめポイントがありましたが、逆に注意しなければいけないことはあるのでしょうか。

テープタイプは販売終了している

低価格の紙オムツであれば、新生児の頃からずっと使いたいというママもいることでしょう。でも注意していただきたいのが、マミーポコは現在パンツタイプのマミーポコパンツしか販売していません。新生児や小さな乳児の頃はサイズ調整がしやすいテープタイプを使うことがほとんどなので、そういった場合にマミーポコは選択肢に入れることが難しくなります。

サイズがMサイズからしかない

こちらも残念なポイントなのですが、SサイズやSSサイズなどの展開がないため、子供がある程度大きくなってからでないと使用できません。子供が歩き始め、パンツタイプの紙オムツに変えたいと思っても、Mサイズからしか対応していないので小柄な子供には不向きです。使用対象の幅が狭いところはデメリットと言えるでしょう。

マミーポコパンツのメリット、デメリットのまとめ

マミーポコパンツについて、どんな特徴があるのかおわかりいただけたと思います。ここで、そのメリット、デメリットを簡単にまとめておきましょう。

マミーポコパンツのメリット

  • 何よりも価格が安い
  • おしっこサインが採用され便利になった
  • MサイズとLサイズはおへそまで覆える安心仕様に改良された
  • お腹回りや足回りの締め付けが優しい

マミーポコパンツのデメリット

  • 赤ちゃんが小さい場合はサイズが合いにくい
  • パンツタイプしか販売していない
  • お腹周り、足回りの締め付けが優しい分ずれる可能性がある
  • 安かろう悪かろうで手が出しにくいママもいる

マミーポコパンツを使用する際のポイント

マミーポコパンツを使用する際のポイント
マミーポコはMサイズからの展開でパンツタイプのみの販売しているという点など、ユーザーをある程度限定しています。さらに、価格を抑えているという部分を踏まえると、他のメーカーの製品と機能で比較し過ぎないのが、マミーポコを快適に使用する最大のポイントだと言えます。紙オムツとしての機能はきちんと備わっていますので、上手に活かして使用することが大切です。また、子供の体型や使い方でも満足度は異なってくるので、マミーポコを購入する際は、それぞれの子供に合った使い方の工夫をすることも必要ですね。

まとめ


いかがでしたか?子供が使用するものなので、紙オムツ選びに慎重になっているママも多いことでしょう。ですが、マミーポコにはマミーポコの、他の紙オムツには他の紙オムツの良いところがありますし、もちろん逆の部分もあります。それぞれの特徴を把握した上で、用途に合わせて上手に使い分けをしてみてはいかがでしょうか。