母子手帳ケースの選び方!マタニティライフが楽しくなるおすすめケースまとめ

母子手帳をケースに入れるメリット

母子手帳をケースに入れるメリット
母子手帳は妊娠中だけでなく産後も予防接種や健診の記録をするため、長く使い続けるものです。長く使い続けるものだからこそ大切につかうために母子手帳ケースに入れることをおすすめします。母子手帳をケースに入れるメリットは診察券や妊婦健診受診票などの大切な書類をまとめて管理することができる点です。子供が増えた場合も1人1冊母子手帳ケースを用意することで、必要な書類を子供ごとに分けて管理することができます。さらに母子手帳ケースに母子手帳などの大切な書類を入れていることをパパや家族の方に伝えておくと、緊急時などでもママ以外の家族の方にすぐに必要な書類を持ってきてもらうことができます

関連記事

母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
【定期接種】赤ちゃんの予防接種はいつから? 予防接種のスケジュールを漏れのないようにたてよう

母子手帳ケースの種類とは

母子手帳ケースの種類とは
母子手帳ケースにはいくつか種類があります。診察券などのカードがたくさん収納できるものもあるので、全部1つにまとめたいという場合は収納力が充分なものを選ぶなど、自分にあった母子手帳ケースを選ぶと良いですよ。母子手帳ケースの種類を見ていきましょう。

ジャバラタイプの母子手帳ケース

ジャバラタイプの母子手帳ケースはたくさん収納できるのが嬉しいポイントです。子供関係のものは全部1つにまとめておきたいという方におすすめです。ジャバラになっているので書類などを細かく分けることができ、大きく開いて見やすいので必要なものを簡単に取り出せるようになっています。ジャバラタイプの母子手帳ケースには中にポケットが付いているものが多いので、診察券などのカード類を分けてしまうこともできます。さらにたくさん収納できることから、子供が2人以上いる場合にも1つのケースにまとめて管理をすることで荷物がかさばることがなくなります。

ブックタイプの母子手帳ケース

ブックタイプの母子手帳ケースは定番の形なのでたくさん利用している方がいます。ブックタイプの母子手帳ケースはファスナーで開閉するものが多く、見開きの形になっているのでどこになにがあるのかがわかりやすくて使いやすいです。ペンホルダーがついているものもあり、ボールペンを一緒に入れておくことができます。病院の問診票の記入やちょっとしたメモを取りたいというときにボールペンが入っていると助かります。ブックタイプは薄くてコンパクトになっているものが多いです。産後は赤ちゃんのオムツや着替えなどで荷物が多くなってしまうので、コンパクトなブックタイプだとカバンの中で場所を取ることがないです。

がま口タイプの母子手帳ケース

母子手帳ケースはブックタイプやジャバラタイプのものが多いですが、最近ではがま口タイプのものも人気がでてきています。がま口タイプの母子手帳ケースの特徴は開け閉めがしやすいという点です。病院の受診をするときなど開け閉めがしやすいと診察券などを素早く取り出すことができます。赤ちゃんを抱っこしているときでもがま口タイプなら片手で開くことができるので、赤ちゃんが小さいうちはとても助かります。持ち手が付いているものであれば、持ち運びもしやすくなって便利です。

手作りの母子手帳ケース

母子手帳ケースを手作りしてみるというのもおすすめです。手作りの母子手帳ケースの良さは自分の好きな柄の生地を選ぶことができて、形や大きさも自分好みのものにすることができるというところです。ポケットをつけてみたり、レースをつけてみたりして自由にアレンジもできます。自分で作ったものだから、愛着も沸いてより大切に使うことができるでしょう。妊娠中の時間のあるときに母子手帳ケースを作ってみるのも良いですね。裁縫が苦手で自分で作ることが苦手というママには、ハンドメイドの母子手帳ケースも販売されているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。手作りの温かみを感じることができます。

母子手帳ケースのサイズ

母子手帳ケースのサイズ
母子手帳ケースを選ぶときに重要なのがケースのサイズです。母子手帳の大きさは地域によって異なるため、持っている母子手帳がきちんと入るサイズのものを選ぶようにしましょう。母子手帳の他にも大きめの書類を一緒に収納したいという場合には大きめのサイズの母子手帳ケースを選ぶようにすると、大きめの書類もキレイに管理することができます。

母子手帳ケースの選び方

母子手帳ケースの選び方
母子手帳ケースにはたくさん種類があります。それぞれに特徴があって使いやすさなども異なります。自分の使い方に合った母子手帳ケースを選んでいきましょう。母子手帳ケースの選び方についてお話していきます。

母子手帳ケースの素材

母子手帳ケースを選ぶときには素材にも注目してみてください。母子手帳ケースの素材には布製やレザー素材で作られているものなどがあります。コットン素材のものは可愛らしさや優しい雰囲気がありますが、汚れが目立ちやすいのでこまめに手入れが必要になります。ナイロンやポリエステル素材のものであれば汚れにくく、万が一汚れても手入れが簡単です。レザー素材のものは長く使い続けたい方におすすめです。レザーは使う時間が長くなるほど生地に味が出てくるので楽しむことができます。

母子手帳ケースの収納力

母子手帳ケースの収納力は必ずチェックしておきましょう。母子手帳ケースの中には母子手帳だけでなく予防接種の問診票や診察券など、さまざまな書類を入れる方が多いと思います。入れる書類が多くなりそうという場合には収納力があるものを選ぶようにすると良いですよ。カード入れが付いているものであれば診察券をわかりやすく収納できるので便利です

母子手帳ケースの値段

母子手帳ケースはたくさん種類があり、値段も安価なものから高価なものまでいろいろです。購入した母子手帳ケースに満足のできる機能がついていないと、せっかく買ってもまた買いなおさなければいけなくなるかもしれません。母子手帳の収納力や機能をチェックして中身と値段が合っているものを選ぶようにしましょう。

おすすめの母子手帳ケースブランド

おすすめの母子手帳ケースブランド
有名なブランドからも母子手帳ケースが販売されています。少しリッチな母子手帳ケースを使うことでマタニティライフをより楽しめること間違いなしです。おすすめの母子手帳ケースブランドを紹介していきます。

ジェラートピケ

ルームウェアなどでお馴染みのジェラートピケの母子手帳ケースです。シロクマとペンギンたちの可愛いイラストがとても癒されます。スナップボタンで開閉ができ、中身も仕切りがあって使いやすくなっています。母子手帳ケースの表面はコーディングがされているので汚れにくく、お手入れも簡単です。

[ジェラート ピケ] しろくまフルーツ柄ジャバラ母子手帳ケース しろくまフルーツ柄ジャバラ母子手帳ケース

[ジェラート ピケ] しろくまフルーツ柄ジャバラ母子手帳ケース しろくまフルーツ柄ジャバラ母子手帳ケース

参考価格:3,241円(税抜)
楽天で見る
amazonで見る

エスメラルダ

おしゃれなデザインが印象的なエスメラルダの母子手帳ケースです。ジャバラタイプのケースで10個のポケットと背面ポケットで収納力が抜群です。ペンホルダーやファスナー付きのポケットもあり、機能面が充実しているケースになっています。

エスメラルダ(ESMERALDA)マルチケース 母子手帳ケース アラベスク

エスメラルダ(ESMERALDA)マルチケース 母子手帳ケース アラベスク

参考価格:3,348円 楽天で見る amazonで見る

ラルフローレン

世界的に有名なブランド、ラルフローレンから販売されているブックタイプの母子手帳ケースです。ラルフローレンのポロのアイコンはシンプルだけどおしゃれな印象があり素敵です。カード類が入れられるポケットやペンホルダーが付いていて使いやすいケースになっています。

ポロ ラルフローレン 母子手帳ケース 母子手帳カバー マルチケース ネイビー

ポロ ラルフローレン 母子手帳ケース 母子手帳カバー マルチケース ネイビー

参考価格:8,980円(税込) 楽天で見る amazonで見る

ママが満たされると胎児も嬉しい

ママが満たされると胎児も嬉しい
デザインや機能面で満足のいく母子手帳ケースが見つかるとママも嬉しい気持ちになりますよね。お気に入りの母子手帳ケースを使うことで心が満たされるようになります。ママの心が満たされるとお腹の中の赤ちゃんも嬉しい気持ちになることでしょう。

母子手帳ケースでマタニティライフを楽しもう

母子手帳ケースでマタニティライフを楽しもう
妊娠が確定したら母子手帳をもらいます。母子手帳は妊娠中だけでなく産後の子供の成長を記録する大切なものです。ママのお気に入りの母子手帳ケースが見つかれば妊婦健診のときに母子手帳ケースを開くのが嬉しくなりますよ。母子手帳ケースでマタニティライフを楽しみましょう。

まとめ

母子手帳ケースにはさまざまな種類があって、収納力や機能もそれぞれ異なるため満足のいくものを選んでいきましょう。デザインはもちろんお手入れのしやすさも重視することで母子手帳ケースを長く使い続けることができます。お気に入りの母子手帳ケースでママの心が満たされるとお腹の中の赤ちゃんも嬉しい気持ちになるので、母子手帳ケースで楽しいマタニティライフを送ってください。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!