育児日記の選び方とおすすめ12選!赤ちゃんの成長を手書きで記録しよう

育児日記の選び方とおすすめ12選!赤ちゃんの成長を手書きで記録しよう

育児日記とは?

育児日記とは?
育児日記とは、赤ちゃんが生まれてからの出来事を記録する日記のことです。その日の出来事だけでなく、赤ちゃんの授乳や排泄の回数や睡眠時間などを細かく記録できるものもあります。

初めての出産を控えているママは、「そんなに細かく記録するの?」と不思議に思うこともあるでしょう。しかし、授乳の回数などを細かく記録しておくと生活リズムや変化を把握しやすく、体調不良で医療機関にかかる時の説明材料にも使えます。

スマホのアプリなどでも記録できますが、やはり手書きの育児日記がおすすめです。手書きすることでパパママの心が落ち着きますし、子供が大きくなって見返した時に、パパママの字があると愛情を感じることもあるでしょう。育児日記は産院でもらえることもありますよ。

育児日記の選び方

育児日記の選び方
育児日記には主に2つの形式があります。日記をつけるパパママの性格に合ったものを選ぶと書き続けやすいでしょう。

記録する内容

育児日記の形式は、記録する内容によって分かれます。

睡眠・授乳・排泄の回数や時間を細かくまずは記載できるタイプ

赤ちゃんの睡眠や授乳、排泄の回数などを細かく記載できるタイプです。

24時間割のスケジュール帳のようになっており、何時に授乳をして何時にオムツを替えたか、何時から何時まで寝たかなどを細かく記録できます。

誕生から生後半年、または1歳頃までの記録ができる育児日記が多いです。

自由に記載できるタイプ

次にその日の出来事などを自由に記載できる育児日記です。最初から育児日記に日付が記載されているものと、日付欄もフリーになっているものがあります。

日付欄もフリーの育児日記だと、パパママのペースで好きな時に記録することができますね。赤ちゃんの様子だけでなく、パパママの気持ちの面を記録したい場合に特におすすめです。

日記をつける期間

多くの育児日記が、1冊で1年分の日記をつけられるようになっています。

日記をつける習慣がないパパママは、まずは1年分の育児日記を試してみてもいいでしょう。ほかにも3年分や5年分、10年分や20年分を記録できる日記もあります。

開始する時期が「妊娠中から」か「産後から」か

育児日記のスタートが、妊娠中からのものと産後からのものがあります。妊娠中から記録できる育児日記には、赤ちゃんのエコー写真を貼れるようになっているものも多いです。

ただしエコー写真は感熱紙やインスタント写真のものが多く、時間が経つと消えてしまう可能性があります。きちんと保存しておきたい場合は、スキャンしてデータ化したものを新たに印刷するなどの工夫が必要になります。

エコー写真はどう保存するべき? アルバムの作り方や人気のアプリを紹介
エコー写真はどう保存するべき? アルバムの作り方や人気のアプリを紹介
妊婦健診の一番の楽しみといえばエコー写真ですよね。実はエコー写真はそのまま保存しておくとそのうち消えてしまうって知っていますか? 大切な思い出を残すには、アルバムにして正しく保存しておく必要があります。エコー写真の保存方法やアルバム作りのポイントを紹介します。

写真ポケットやお世話のポイント紹介付きなどの特徴

育児日記には、おまけページがついているものもあります。

例えば赤ちゃんの名前や出生時の身長、体重などを記録するページ、手形・足型を押せるページなどです。ほかにも写真ポケットや内祝いリスト、緊急連絡先、赤ちゃんのお世話のポイントが記載されている育児日記があります。

お世話のポイントページには、ベビー服の着せ方や健康なうんちのカラーチャートなどが載っていますよ。

持ち運ぶならサイズや重さもチェック

育児日記にはサイズもさまざまあります。外出先にも持ち歩く場合は、小さめの育児日記が鞄に入れやすくおすすめですが、小さい分記入できる内容やスペースが限られることが多いです。反対に大きめの育児日記は、記入できる内容やスペースも大きく記入しやすいですが、持ち運びには少々不便です。

筆者はA4サイズ程の育児日記を使用して、外出時にはスマートフォンのメモに授乳や排泄の記録をして、後から育児日記に記入していましたよ。

デザイン

育児日記には、シンプルなものからキャラクターモチーフのものまで幅広いデザインのものが販売されています。迷ったら、デザイン重視で決めてもいいかもしれません。

パパママの好みのデザインの育児日記を選べばモチベーションに繋がりますし、性別や名前など、赤ちゃんの雰囲気に合いそうなデザインのものを選ぶのもいいですね。

【妊娠中から使える】育児日記のおすすめ5選

学研ステイフル ベビーダイアリー

ムーミンやはらぺこあおむしなどの、人気キャラクターがデザインされている育児日記です。妊婦検診の記録から赤ちゃんのお世話の記録、定期検診や予防接種の記録など付録ページも盛りだくさんです。

サイズ 約H21.8×W15.2cm
期間 1年

Upcheeka 育児日記

ファンシーな動物のイラストがかわいいシリーズです。妊娠中のページにはエコー写真を貼ることができます。時系列のお世話の記録が半年分、パパママの気持ちや出来事を書くページが半年分という構成になっています。

サイズ H25.7×W18.2cm
期間 1年

クローズピン たけいみき ベビーダイアリー

人気イラストレーター、たけいみきのイラストが施されたメルヘンチックでかわいい育児日記です。かわいいだけでなく必要なことを全て記録できるので、第二子以降の子どもや1人の子どもに数冊使うなど、リピーターが多い商品です。

サイズ H25.7×W18.2cm
期間 1年

BABY Diary[ベビーダイアリー] ~ハタチのキミへ~ (Diary)

BABY Diary〜ハタチのキミへ〜

BABY Diary〜ハタチのキミへ〜

1,540円(04/06 09:47時点)
発売日: 2010/11/01
Amazonの情報を掲載しています

妊娠中から子供がハタチになるまで書き込める育児日記です。白い背景のシンプルなページに、指定された項目ごとに自由に書き込んだり写真を貼ることができます。子供がハタチを迎える日のことを想像しながら、愛情をたっぷり込めて書く手紙のような育児日記ですね。

サイズ H15.4×W:21.6cm
期間 20年

KADOKAWA 育児日記赤すぐオリジナル

赤すぐオリジナル 育児日記

赤すぐオリジナル 育児日記

赤すぐ編集部
1,760円(04/06 21:01時点)
発売日: 2010/06/01
Amazonの情報を掲載しています

妊娠中から記録できる赤すぐオリジナルの育児日記です。赤すぐオリジナルのシリーズは、使いやすくリピーターも多いです。こちらの育児日記はHappy Informationとして、ベビーマッサージやエクササイズなどの情報が記載されて入るのが、ほかの育児日記とひと味違っておもしろいですね。

サイズ 記載なし
期間 1年

次のページでは産後から使える育児日記のおすすめ7選や手軽な育児アプリについてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!