出産祝いの相場はどのくらい? 関係別の相場まとめ! マナーや渡し方のコツも紹介

出産祝いの相場ってどのくらい?

出産祝いの相場ってどのくらい?
「出産祝い」といっても、住んでいる地域や赤ちゃんが生まれたご家庭との関係性で、少額から数万円までと出産祝いの金額はさまざまです。ここでは、出産祝いの相場を家族や仕事仲間、ママ友などの関係別にまとめました。少なすぎては失礼ですし、多すぎては相手に気をつかわせてしまう「出産祝い」。ぜひ皆さんの参考にしてください。

出産祝いの相場:兄弟、姉妹や祖父母の場合

出産祝いの相場:家族・身内なら
兄弟、姉妹の家庭に赤ちゃんが生まれた場合の出産祝いは1万円~3万円くらいが相場です。ただし、出産祝いを贈る側が学生だったり、20代だった場合は気持ちとして3,000~5,000円の出産祝いでも大丈夫です。反対に贈る側が30代以上で年齢的にも差があるような場合は2万円~3万円と相場より多めに包んであげる場合があります。兄弟が複数いる方はみんなで相談して、同額になるよう用意するといいでしょう。

お孫さんが生まれた祖父母からの出産祝いは1万円~10万円とご家庭によってさまざまです。祖父母は赤ちゃんが産まれてからもお誕生日やお年玉など、お祝いを贈る機会はたくさんあります。長い目でみて無理のない金額で出産祝いを用意しましょう。

出産祝いの相場:親戚(おじ・おば・いとこ)の場合

出産祝いの相場:親戚(おじ・おば・いとこ)なら
赤ちゃんが産まれたご家庭のおじ・おばにあたるなら5,000円~1万円、いとこにあたるなら3,000円~5,000円ほどが相場です。しかし、普段のおつきあいによっても出産祝いの金額は異なりますし、親族・親戚内で暗黙のルールがあることもあります。親族内での前例について確かめておくとよいでしょう。

普段からそれほどおつきあいのない間柄なら「贈らない」ということもありえますし、家族同然のおつきあいをしているようなら、相場よりも多く、2万円~3万円と包んであげることもあります。また、今は疎遠でも、赤ちゃんの誕生をお祝いしたい気持ちがあればぜひ出産祝いを用意して、交流が再開するきっかけとなればいいですね。

出産祝いの相場:友達の場合

出産祝いの相場:友達なら
親しい友人なら5,000円ほど、親友と呼べる間柄なら1万円ほどが友人間での出産祝い相場です。友達のご家庭に赤ちゃんが生まれたのはうれしいことですが、気持ちにまかせて高額なお祝いを用意すると相手が恐縮してしまうので、相場の範囲内で用意しましょう。また、あなたがお祝いをいただいたことのある相手なら、その時いただいた出産祝いの金額も参考にしてください。

また、仲の良いグループの一員ならみんなで2,000円~3,000円ほどを出し合って、みんなで出産祝いのプレゼントを購入し、贈る例も増えています。こちらの記事では出産祝いの相場を紹介していますが、必ずしも現金で送る必要はないので親しい友人同士で話し合って何を送るのか決めてもいいでしょう。

出産祝いの相場:ママ友の場合

出産祝いの相場:ママ友なら
ママ友の第2子、第3子へのお祝いなら1,000円~3,000円ほどが相場となります。しかし、現金だと生々しいと感じるかもしれませんね。自分が出産時にもらって嬉しかったもの、子育て中に役立ったものなど実用品を贈る方が、普段のおつきあいの延長としてちょうどよいかもしれません。子育ての苦労をわかちあう仲間として、ママを労わるようなプレゼントも喜ばれるでしょう。ママ友グループ数人でお金をまとめてプレゼントを購入するのもいいですね。

ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選
ママが厳選! 出産祝いで本当に嬉しかったプレゼント16選
オムツや洋服、絵本など出産祝いの候補はたくさんありますが、「ママたちが本当に喜んでくれるもの」を贈りたいですよね。本記事ではもらって嬉しかった出産祝いを現役ママが厳選してご紹介! 定番から、ユニークでおしゃれなもの、2人目の出産祝いまで幅広く取り上げます。 
出産祝いに赤ちゃんの幸せを願って贈る銀のスプーン! 由来や選び方、おすすめ10選を紹介
出産祝いに赤ちゃんの幸せを願って贈る銀のスプーン! 由来や選び方、おすすめ10選を紹介
出産祝いで贈る銀のスプーンには、赤ちゃんの幸せを願ったステキな由来があります。銀のスプーンは出産祝いでもらっても嬉しいですし、パパママが赤ちゃんのことを想って選ぶのも楽しいですよね。どんな銀のスプーンがあるのか、お手入れ方法やおすすめ商品もご紹介します。

出産祝いの相場:職場の上司の場合

出産祝いの相場:職場の上司なら
職場の上司への出産祝いなら5,000円~1万円ほどが相場です。普段から目をかけてもらっているような間柄なら1万円ということになります。職場にも暗黙のルールがあるかもしれないので、前例を確認できるとよいですね。

出産祝いの相場:職場の同僚・仕事仲間の場合

出産祝いの相場:職場の同僚・仕事仲間なら
3,000円~5,000円ほどが一般的な相場です。まわりに同じ立場の方がいるならお互いに相談して、同じくらいの金額を用意しましょう。職場内の連名で渡す場合には、人数にもよりますが1人あたり1,000円~3,000円くらいで集めて出産祝いのプレゼントを共同で購入することも多いですね。

出産祝いの相場:職場の後輩・部下の場合

職場の後輩・部下なら、同僚の場合と同様に3,000円~5,000円ほどが一般的な相場です。直属の部下であったり、年齢差があるときには1万円までの金額で多めに包むことも。職場内の連名で、となったときには同僚1人あたり1,000円~3,000円にプラスして上司が多めに出し、キリの良い金額に調整する、という方法もあります。

出産祝いの相場:2人目以降のお祝いなら、双子だった場合

出産祝いを贈ったことのあるご家庭に、第2子・第3子が産まれた場合でも金額の相場に変わりはありません。上の子・下の子で差がついてしまうことのないよう、同じ額で用意しましょう。また、双子の出産祝いは相場の1.5倍~2倍で用意するのが一般的です

2人目の出産祝いは必要? 相場は? ママたちが本当に嬉しかったプレゼントはコレ
2人目の出産祝いは必要? 相場は? ママたちが本当に嬉しかったプレゼントはコレ
2人目目の出産祝いって何を贈ったら良いのか悩みますよね。そこで今回は、ママたちが2人目の出産祝いでもらって嬉しかったものを調査、本当に喜ばれるプレゼントを紹介していきます! ぜひ参考にしてみてください。

出産祝いは現金じゃないとダメ?

出産祝いは現金じゃないとダメ?

親族からは出産祝いは現金が多いが、友人からはプレゼントの例も

親兄弟、親戚などからの出産祝いは現金が主流ですが、友人・知人・職場の同僚からの出産祝いは現金ではなく、育児に役立ちそうなものを購入してプレゼントする例も珍しくありません。ただし、出産祝いで現金ではなく、モノをプレゼントする場合は出産祝いのプレゼントが他からのプレゼントと同じものになってしまうこともあります。可能なら、出産祝いを送る相手に「今はどんなものが欲しい?」と聞いてあげた方がより喜ばれるかもしれません

出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。

出産祝いのマナーで気をつけたいこと お札の用意~渡すタイミングまで


さて、出産祝いの金額を決めたら次にお札や祝儀袋を用意して、渡すタイミングを考えなくてはいけません。ここでは結婚祝いなどとはまた違う、出産祝いを贈るときに気をつけたい点やマナーをご紹介します。

出産祝いのお札は「新札」を用意しましょう

出産祝いのお札は「新札」を用意しましょう
新しい命の誕生をお祝いするのですから、出産祝いは新札を用意しましょう。「ピン札」もよくつかわれる言葉ですが、実は新札とは少し違って、1度流通したことがあるけれどシワや折り目がなくキレイなものが「ピン札」、1度も流通したことがないものが「新札」です。手元にないときは、銀行や郵便局の窓口でお金をおろすときに「新札でお願いします」と伝えたり、手元のお金との交換をお願いしましょう。ATMコーナーなどに新札への交換ができる両替機がある銀行もあります。

出産祝いは2,000円・20,000円といった割り切れる金額でもいいの?

出産祝いは2,000円・20,000円といった割り切れる金額でもいいの?
結婚式のご祝儀では「2で割れる数字は縁起が悪い」といわれますが、出産祝いには当てはまりません。2,000円、20,000円でも大丈夫です。しかし、「4」と「9」はその発音から「死」「苦」を連想させる「忌み数(いみかず)」ですので、お祝いごとには避ける傾向があります。友達3人で3,000円ずつ9,000円、なんてことになりそうなときには気をつけましょう。

出産祝いの祝儀袋の選び方

出産祝いの祝儀袋の選び方
祝儀袋には中に包む金額によって、「格」があるのをご存じですか? 「包む金額の100分の1の金額を目安に祝儀袋を購入するとよい」ともいわれますが、最近では凝ったデザインのものが低価格で売られていたりしてわかりにくいですよね。祝儀袋のパッケージにふさわしい金額が記載されていることもありますので、注目してみてください。水引はなんど繰り返してもよいお祝いごとに使う「蝶結び」を選びます。

出産祝いが3,000円~10,000円の場合の祝儀袋

水引がプリントのものや、カジュアルなイラストつきなどでもOK。

出産祝いが10,000円~20,000円

なるべく水引が実物のものを選びましょう。水引の色は白赤か金赤が正式ですが、関係性によってはカラフルなデザイン性のあるものでも。

出産祝いが30,000円以上

正式で格が高く華やかなものを選びましょう。しかし、水引が金銀色で鶴亀をかたどった祝儀袋は、結婚式によく使われるものなので出産祝いには向いていません。

出産祝いを渡す時期は? どのくらい遅れても大丈夫?

出産祝いを渡す時期は、一般的には母子の退院後~生後1ヶ月ほどまで。身内の方なら、産院へお見舞いに行ったタイミングやお宮参りの時期に手渡ししてもよいでしょう。友達からの手渡しや郵送なら、退院直後は生活も落ち着かないので、退院後2週間以降の方がよいかもしれません。生後1ヶ月ほどまでに渡せれば、その後の内祝いの準備などもスムーズになるので、受け取る方も助かるでしょう。

また、生後3ヶ月頃には「百日祝い(お食い初め)」という節目のお祝いがあるので、この頃までにお届けできれば、特に遅いということもないのではないでしょうか。なにかの事情で生後6ヶ月を過ぎてしまうようなら、祝儀袋へは「御誕生祝い」と書いて1歳を迎えることを祝ってあげましょう。

お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
お食い初めはいつ、どうやればいいの? お食い初めの献立に決まりはある?
お食い初め(おくいぞめ)は子供が一生食べ物に困らないように、健康に成長してくれるようにという願いをこめて、生後100日前後に行われる日本の伝統儀式です。いつ、誰を招待して、どんな献立で行うのか、自宅でやらないとダメなのか、などお食い初めの基礎知識を紹介します。

赤ちゃんが生後半年、1年を過ぎてから出産祝いを渡すことも

最近ではママを気遣い、育児が少し落ち着き始める生後半年や1年頃に出産祝いを渡しに訪問する例も増えてきました。仲のいい友人同士で声をかけあって一緒に訪問したり、一緒に出産祝いを購入したり、なども珍しくなくなってきています。

出産祝いを手渡ししたいけれど気をつけることって?

出産祝いを手渡ししたいけれど気をつけることって?
赤ちゃんのご家庭を訪問するときに気をつけたいのは、相手側の都合はもちろんのこと、こちらの健康状態を整えること。風邪などのうつる病気が治ったばかり、というときには保菌状態のこともあるので、出産直後でお疲れのママと抵抗力の弱い赤ちゃんのことを第一に考えてあげてくださいね。

また、母子ともに健康であれば、生後1ヶ月からは外出も可能ですので、お出かけに誘ってあげるのもよいと思います。来客のためにお家を掃除するのも大変ですから。いずれにせよ、赤ちゃんの体力と生活リズムを考えて、長時間一緒に過ごすのは遠慮しておきましょう。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。

出産祝いを郵送したいけれど気をつけることって?

出産祝いを郵送したいけれど気をつけることって?
出産祝いを郵送したいときには「現金書留」を利用しましょう。郵便局で専用封筒を購入し、必要事項を記入・捺印して差し出すものです。手間がかかるようですが、配達の過程を記録していて、万が一届かないといった郵便事故があっても賠償してもらえます。現金書留の専用封筒は一般的な祝儀袋がそのまま入るサイズなので便利ですよ。

ついプレゼントと一緒に出産祝いを宅配便で送ってもいいかな、なんて考えてしまいますが、宅配業者では現金を送ることはできないので注意しましょう。遠方などの事情で直接手渡しできなくても、お手紙などに心をこめて「おめでとう」の気持ちが伝わるようにしたいですね。

まとめ:赤ちゃんの出産をお祝いしたい気持ちを大切に

赤ちゃんの出産をお祝いしたい気持ちを大切に
出産祝いの相場の金額とマナーなど気をつけたいことをご紹介しましたが、なにより一番大切なのは「お祝いしたい気もち」です。気持ちがこもっていれば、どのような形でもうれしいもの。あまり堅苦しく考えすぎず、少しのマナーを押さえて、気持ちよく受け取ってもらえるように準備しましょう。

出産祝いにおすすめ! もらって嬉しい赤ちゃんの名前入りグッズ12選
出産祝いにおすすめ! もらって嬉しい赤ちゃんの名前入りグッズ12選
友人や親戚の出産祝いに人気なのが赤ちゃんの名前入りグッズです。赤ちゃんの名前が入っているだけで特別感が出るのでプレゼントに喜ばれます。また、誕生日や記念日に名入れグッズをプレゼントしたい思っているパパママにもおすすめなので、ぜひ参考にしてくださいね。
小学校の入学祝いは何がおすすめ?相場と定番、喜ばれるプレゼントを男女別に紹介
小学校の入学祝いは何がおすすめ?相場と定番、喜ばれるプレゼントを男女別に紹介
親戚や友達の子が小学校に入学する時には、何をプレゼントしようか迷うものです。でも、せっかく贈るからには思い出に残るようなおしゃれなプレゼントを贈りたいものですよね。そこで、小学校の入学祝いに送る金額の相場と、喜ばれるおしゃれなプレゼントについてご紹介したいと思います。