【場所別】すっきり使いやすい子供服の収納術 100均・無印など人気の収納グッズも紹介

【基本】子供服の収納ポイント

【基本】子供服の収納ポイント
子供服を収納する時は、まず季節や種類ごとに分けて子供服が何枚あるのか確認することから始めましょう。着ていない子供服は売ってみる、汚れているものなどがあったら処分するなど定期的に子供服を整理するクセをつけると収納上手になれますよ。子供服を収納する時のポイントは、細かく仕切って片づけること

小さくて可愛らしい子供服は、仕切りを使わないとクローゼットやタンスの中ですぐにぐちゃぐちゃになってしまいます。バスケットやインナーボックスを使って収納しておくと、欲しい服を取り出しやすく見た目もスッキリしますね。

【収納場所別】子供服の収納アイデア

【収納場所別】子供服の収納アイデア
子供服をどこに収納するかによって、必要なものが変わってきます。クローゼット、押入れ、リビングの3ヶ所に分けていろいろな収納方法をご紹介します。

子供服の収納方法1:クローゼットでのアイデア

クローゼットに収納する時は、ハンガーにかけて吊るす収納と収納ケースに畳んで入れる収納を上手に使い分けることがポイントになります。ハンガーにかけて吊るす収納は服を畳む手間が減りますし、服にしわがつく心配も少なくなります。備え付けのクローゼットバーは位置が高く、子供は手が届きません。

子供が自分で着替えられるように「クローゼットブランコ」というグッズを使ってクローゼットバーを2段にするなどの工夫をするといいでしょう。トップスやインナー、靴下などのハンガーにかけられないものは収納ケースに入れます。中でごちゃごちゃにならないように仕切りやボックスなどを使って収納するといいですね。

子供服の収納方法2:押入れでのアイデア

押入れ
押入れは奥行があるので、押入れ用の収納ケースやハンガーラックを使って子供服をかける収納にすることもできます。押入れの上の段はママが1番使いやすい高さなので、よく使う子供服や帽子などの小物を収納するといいですよ。

下の段は子供が使いやすい高さなので、1人で支度ができるように保育園や幼稚園の準備一式を収納しておくのがいいでしょう。1番上の天袋は出し入れするのに踏み台が必要な場所なので、あまり使わない子供服やサイズアウトした子供服などを収納するといいですね。押入れは湿気が溜まりやすいので、防虫・湿気対策を忘れずに行ってくださいね。

子供服の収納方法3:リビングでのアイデア

子供は服を汚したり、汗をかいたりして頻繁に着替えることがありますよね。着替えの度に2階や別の部屋まで子供服を取りに行くのは、ママの貴重な時間を無駄にしてしまいます。ママが効率よく家事をこなすためにも、子供服の収納場所はリビングがおすすめです

ママの家事導線上であるリビングに子供服を収納すれば、無駄な動きを減らすと共にママの負担も減らせますね。またリビングに子供服を収納するとママの目が届きやすくなるので、スムーズに子供1人での着替え練習ができます。リビングにクローゼットがあればその中に子供服を収納するとリビングがすっきりしますよ。リビングに合った棚を購入して収納場所として使用したり、テレビ台の引き出しに子供服を収納したりとそれぞれの家庭に合った収納場所を見つけてみてくださいね。

子供服の収納におすすめの収納グッズ

子供服の収納におすすめの収納グッズ
子供服を上手に収納するための便利な収納アイテムをご紹介します。

超優秀な「100均」アイテム

ダイソー「メッシュボックス」

長方形のメッシュボックスは、引出しの中に収納すると仕切りにもなる便利アイテムです。子供のインナーや靴下など小さくて細かいものを収納するのにぴったりですよ。

「ブックスタンド」

コクヨ ブックエンド 中 黒 滑止め付 BS-33ND

コクヨ ブックエンド 中 黒 滑止め付 BS-33ND

431円(10/14 22:33時点)
Amazonの情報を掲載しています
本来は本を立てておくためのアイテムですが、タンスの引き出しを仕切るのに活用することもできます。テプラやマスキングテープなどで服のサイズや種類を記入してブックスタンドに貼っておくと、取り出しやすくなりますよ。

シンプルさが嬉しい「無印良品」の収納アイテム

PP衣装ケース引出式

ポリプロピレン素材なので軽くて丈夫な収納ケースです。高さが3種類あり重ねることができるので、クローゼットの大きさに合わせて調節できるのがポイント。シンプルなので子供が大きくなっても使い続けられますね。

重なるラタン長方形バスケット

リビングでオープン棚などに子供服を収納する時にぴったりなアイテムです。リビングから見える位置に置いても、インテリアに馴染みやすく使い勝手がいいこのバスケット。積み重ねることもできて、別売りのフタもあるのでいろいろな用途で使用できますよ。

ポリエステル綿麻混・ソフトボックス

軽くて柔らかいので出し入れや持ち運びがしやすいソフトボックスです。使わない時はコンパクトに折りたたむことができます。布製なので汚れた時のお手入れも簡単なのがおすすめポイント。そのまま収納ケースとして使うこともできますし、シェルフなどと組み合わせて引き出しとして使用することもできますよ。

種類が豊富な「ニトリ」の収納アイテム

収納ケース Nインボックス

カラーボックスにぴったり収まるこのインボックスは、カラーが6色あるのでお部屋の雰囲気に合わせてコーディネートできます。四角い形なので隅までたっぷり収納できるのもポイント。サイズは4種類あり別売りのフタもあるので、インボックスのみでもスッキリと収納することができます。

収納ケース引出しタイプ Nフラッテ

引き出しタイプのシンプルな収納ケースです。積み重ねて使うことができるので、子供服が増えて収納場所が足りなくなった時に買い足せるのがポイント。カラーが6色あるので、好きな色の組み合わせを選んでオリジナルの収納棚が作れちゃいますよ。

関連リンク

収納ケース引出しタイプ Nフラッテ

これもおすすめ! 「ママ人気が高い」収納アイテム

カインズホーム「整理収納小物ケース Skitto」

引き出しの中を整理するのに使いやすいとママ達から評判の良いスキット。サイズは11種類あり違うサイズ同士でもスッキリと組み合わせられます。シンプルでまっすぐなケースなので引き出しの中で自立する仕切りとして使用でき、ムダがありません。2016年にはグッドデザイン賞を受賞している人気の収納ケースです。

関連リンク

カインズホーム「整理収納小物ケース Skitto」

IKEA「SKUBBボックス」

IKEA(イケア) SKUBB 収納ケース, ホワイト (70294990)

IKEA(イケア) SKUBB 収納ケース, ホワイト (70294990)

2,026円(10/14 22:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

色々なサイズがあり、ボックス自体が軽量なので持ち運びしやすい収納ケースです。持ち手が付いているので、クローゼットや押入れの高い位置の収納におすすめ。底にはファスナーが付いていて使わない時はコンパクトに折りたたむことができます。シンプルなデザインなのでお部屋に馴染みやすく、使いやすいですよ。

教えて! こんなときの子供服の収納方法・ポイント

教えて! こんなときの子供服の収納方法・ポイント
ここではサイズアウトした子供服の収納方法と、子供が自分で服をお片付けできるようになる収納のポイントをご紹介します。

サイズアウトした子供服の収納

思い入れのある服や次の子のためにとっておく場合など、サイズアウトした子供服を捨てずにとっておくママも多いと思います。どんどん増えていく子供服の時収納場所に困りますよね。数枚であれば、圧縮袋に入れて収納するのがおすすめ。圧縮袋は100均でも手に入り、手軽に使用できますね。しっかりと空気を抜くとスッキリと収納できますよ。

関連記事

布団圧縮袋に関する気になる悩み。解決法と便利グッズ、気になる費用まで解説

大量の服を収納したい時は、コミック用の収納BOXに入れるのがおすすめです。こちらも100均で手に入るので手軽に揃えられます。収納BOXにはいろいろな素材、形がありますが1番のおすすめは通気性の良い不織布でできているBOX。このタイプのBOXはフタが透明になっているものが多いので中身が確認しやすいですよ。取っ手が付いているので持ち運びしやすく、元々コミック本収納用に作られているので強度もあり安心です。

サイズアウトした服を収納する時には、必ず防虫・湿気対策を行いましょう。特にダンボールのBOXに収納する場合は、ダニが住みつきやすいので注意が必要です。ダンボールはカビも発生しやすいので、不織布やプラスチック素材のBOXを選ぶと安心ですね。

子供が自分で出し入れできる子供服収納のポイント

子供が自分で出し入れできる子供服収納のポイント

リビングやキッチンから1番近い収納棚を活用

ママの目が届きやすく子供も出し入れしやすいリビングやキッチンに子供服の収納スペースを作るのがおすすめです。子供から見て目から腰の位置は子供が見やすい高さなので、この位置に棚の高さを設定すると子供の意欲を引き出すことができますよ。

ハンガーでかける収納

上手く服をたためずに挫折してしまう子供も多いですよね。そんな時は子供服をハンガーでかけてしまう収納を取り入れてみましょう。「1人で上手にできた!」という自信につながり、やる気をアップさせてくれますよ。

引き出しの中はざっくりと仕切っておく

子供が自分で出し入れする時は引き出しの中をおおまかにざっくりと仕切っておくのがおすすめ。上手くたためなくても種類別になっているだけで、きれいに収納されているように見えます。また、子供がどこに何を入れたらいいのか分かりやすくするために、色分けやラベリングをしておくといいですよ。ラベリングはひらがなを読む練習にもなるのでおすすめです。

まとめ

子供が成長するにつれて増えていく子供服ですが、収納の仕方次第ですっきりきれいに収めることができます。しっかり分かりやすく収納されていればママだけでなくパパや子供も取り出しやすくなり、ママの負担も軽くなりますよ。各家庭で収納場所や収納スペースは違ってくるので、ご紹介した収納アイデアを参考に素敵な子供服の収納を考えてみてくださいね。

関連記事

掃除機なしでも使える布団圧縮袋のメリットとデメリット、気になる布団以外の活用法
男の子、女の子別・子供服の選び方、おすすめ、人気ブランドを紹介!