コロナ禍での妊娠出産応援~コロナに負けない!~出産を支援する自治体の取り組み

東京都の出産応援事業~赤ちゃんファースト~とは?

東京都では、コロナ禍で出産しお子さんを育てるご家庭を対象に、育児用品や子育て支援サービスを提供する事業を行っています。

対象家庭には、出生時にお住まいの市区町村を通じてギフトカードが配付されます。専用ウェブサイトより申し込みを行った対象者に対し、10万円相当のポイントがカードに付与されます。そのポイントを利用し、希望の商品を申し込むことができます。

商品には、おむつや抱っこひも、チャイルドシートなどの育児用品から、ベビーシッターや家事代行サービスなどの家事・育児サービスも含まれています。

対象家庭は、「令和3年1月1日から令和3年3月31日までの間に出産し、出生日及び令和3年4月1日に都内に住民票がある世帯」もしくは「令和3年4月1日から令和5年3月31日までの間に出産し、出生日に都内に住民票がある世帯」です。

所得制限はなく、都外で里帰り出産をされるかたも対象になります。

独自の出産支援を行っている自治体はほかにも

同様の取り組みは、他の自治体でも行われています。

例えば神奈川県相模原市では、1回の妊娠につき3万円の妊婦特別給付金を支給。対象期間は令和3年9月30日までで、期間中に妊娠届出書を提出している妊婦さんが対象です。

愛知県春日井市では、令和4年4月1日までに生まれた新生児に対して、1人あたり3万円の新生児特別給付金を支給

また、島根県浜田市では、令和3年4月1日以降に生まれたお子さんの両親で、「申請日以降、5年以上浜田市に住む見込みがあること」など3つの条件全てに該当する方を対象に、第1子・第2子は5万円、第3子以降は30万円の新生児子育て応援金が支給されます。

東京都の取り組みは、令和5年3月31日までに出産されるかたが対象となり、これから妊娠、出産を予定されているご家庭でも対象となる可能性があります。

コロナ禍でも安心して出産できるよう、このような自治体の取り組みが全国に広がっていくと良いですね。

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Instagram・LINEなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!