子供から性に関する質問をされたら? パパママからの性教育に関するQ&A

性教育に自信がないと回答したパパママが80%以上!

性教育に自信がないと回答したパパママが80%以上!
幼児から中高生の子供を持つパパママに向けて、医師・専門家による性教育情報を発信しているwebサイト「命育」が子供がいる方(273人)を対象に独自調査をしたところによると、「性教育に自信がない・あまり自信がない」と答えた方は83.5%だったことが分かりました。

今やSNS・インターネットによる誤った性情報をはじめ、性犯罪や未成年の望まぬ妊娠など、さまざまなニュースが耳に入ってきて、パパママの不安は増すばかり。子供の性教育は、家庭でどう伝えればいいのでしょうか?

パパママはどう向き合えばいい? 性や性教育に関するQ&A

パパママはどう向き合えばいい? 性や性教育に関するQ&A

パパママの多くは、子供から性に関する質問をされた経験があるでしょう。「なんて答えたらいいんだろう……」と、困ってしまうこともありますよね。「命育」から性や性教育に関するQ&Aをチェックしてみましょう。「命育」のQ&Aは医師・専門家が回答してくれます。子供への返答に悩んでいるパパママは参考にしてくださいね。

Q:子どもがうんち、おしっこ、ちんちん、おまたなどを連呼する場合どう対応すればいいですか?

Q:子どもがうんち、おしっこ、ちんちん、おまたなどを連呼する場合どう対応すればいいですか?

A:子どもには「繰り返し繰り返し」話を
子どもは、性的な言葉を使うと、人がどう反応するかを楽しむ年齢があります。そんな時、周りの人が照れたり、「そんなこと言わないの!」などと反応すると、余計にヒートアップして、連呼したりします。冷静に、「うんちやおしっこが出ないとお腹が痛くなって大変だもんね」「ちんちんやおまたは、たいせつなところね」「うんちやおしっこが好きなのね。大切なものだから、うれしくなっちゃうのね」「おちんちんやおまたがどうしたの?おちんちんについてどんなことを聞きたいのかな?」…淡々と話すと、つまらなくなって、だんだんクールダウンしてきます。

からだや排せつ物に関心を持つことはおかしなことではありません。落ち着いてきたら、「人の前でうんちとかおしっことかって、言ったらいけない言葉じゃないよ。でも、ふざけて言うことでもないね。」と伝えておかれると良いのではないでしょうか。子どもには、繰り返し繰り返し話すことは必要です。(助産師・土屋 真由美)

Q:「赤ちゃんはどこからきたの?」と3歳の子どもに聞かれました。どのように答えたらよいか、悩んでいます

Q:「赤ちゃんはどこからきたの?」と3歳の子どもに聞かれました。どのように答えたらよいか、悩んでいます

A:「赤ちゃんはどこから来たの?」は2~3歳から聞かれることがある、性教育の最初のチャンスです!

まずは身近な動物で説明してみましょう。「オスの体の中に赤ちゃんのもとが半分あって、メスの体の中にも赤ちゃんのもとが半分あるよ。オスが持っている赤ちゃんのもとをメスの赤ちゃんの入り口に届けてあげると、メスの体の中で小さな赤ちゃんになって、大きくなって、入り口が出口になって、そこから生まれてくるんだよ。人間も同じなんだよ。赤ちゃんの通り道はとっても大切なところだから、プライベートゾーンといって、人間はパンツをはいて守っているんだよ」と、科学的にさらっと教えてあげましょう。

小さければ小さいほど「ふーん。わかった!」でおしまいです。すぐに次の遊びに行ってしまいます。エロい、気持ち悪いという反応は10歳ころからですので、それより前に質問してきてくれたらラッキーです。

さらに、もしかしたら、科学的なことを知りたいわけではないかもしれません。どうしてそのことを知りたくなったのか、ぜひ、聞いてみてあげてください。お友達の家に赤ちゃんができたから知りたくなったのかもしれませんし、年上のお友達からネガティブな形で情報が入ったのかもしれません。(埼玉医科大学 医療人育成支援センター・地域医学推進センター╱産婦人科・高橋幸子)

Q:幼稚園の同じクラスの男の子にキスをしているそうです。子供同士ふざけているだけだと思いますが、やめさせるべきですか?

Q:幼稚園の同じクラスの男の子にキスをしているそうです。子供同士ふざけているだけだと思いますが、やめさせるべきですか?

A:まず、どういう気持ちになるとキスをしたくなるか、気持ちを聞いてあげてください。

おませな子に多い質問ですね、きっと親御さんからも愛情込めて育てられたのでしょう。まず、どういう気持ちになるとキスをしたくなるか、気持ちを聞いてあげてください。「大好き」であれば、触られるのが嫌なお子様、またその保護者との関係もあるので、「チューしてもいい?」と同意をとるように、お伝えしたほうがいいと思います。

急にやめさせるより、言い続けることで、成長するにつれ、やめていくと思います。最近は、虫歯が移るから、わが子にもキスをしないで育てている保護者も多いと聞きます。本人たちも楽しんでいて、「ほほえましいわ」と、親御さん同士了承しているのならば、心配はいりませんね。(助産師、看護師、保健師・池田匠美)

他の性に関するQ&Aをみたい方は「お悩みQ&A」|命育

「命育」とは?

「命育」とは?

「命育」は医師・専門家×ママクリエイターによる性教育サイト。幼児から思春期の子供を持つパパママ向けに、子供の性教育や身体の発達、性に関する悩みの解決方法などの情報を提供しています。2019年のサイトオープン以来、約90人がサイトを訪れています。また、「命育」は2020年11月12日にリニューアルオープンしました。

リニューアル後は、昨今の社会情勢を踏まえた幅広いテーマにも対応したコンテンツを発信しています。なお、世界で毎年120万人の性教育プログラムを提供する「Planned Parenthood」(全米家族計画連盟/PPFA)とのコンテンツ提携を開始したため、PPFAの保有する性教育コンテンツを翻訳・医師監修のうえ、二次配信を実施予定です。

日本唯一の保護者向け性教育サイト

「命育」最大の特徴は、日本唯一の保護者に向けた性教育サイトであること。子供が性に関する情報、性の悩み、解決方法などを気軽に知ることができます。家庭でできる性教育をはじめ、パパママ向けの情報も満載です。

医師・専門家による信頼のコンテンツ

約30名の医師・専門家が監修している記事や情報を提供しています。信頼できる性教育を学べるほか、性に関する疑問や悩みへ専門家が回答してくれるメリットも。正しい知識を安心して学ぶことができます。

ママクリエイターの親しみのあるデザインとイラスト

親しみやすいイラストやデザインは、ママクリエイターが手がけています。「命育」では幼児期から思春期までの子供向けコンテンツも豊富です。そのため、子供にもわかりやすいイラストで、性の知識や身体の変化、伝え方のノウハウを詳しく解説してくれます。

「命育」プレミアム会員って?

「プレミアム会員と一般会員はどう違うの?」と気になるパパママに、それぞれの違いを確認しましょう。プレミアム会員はコーヒー1杯の価格で専門家監修の記事が読めたり、Q&Aチェックや検索機能が使えたり、参加型企画にも挑戦できるなど、優良コンテンツが盛りだくさん!

一般会員 プレミアム会員
利用料 無料 月額プラン380円(税別)
年割プラン4,320円(税別)
伝え方ナビ 一部利用可 利用可
お悩みQA 一部利用可 利用可
QA検索 不可 利用可
コミュニティ(掲示板) 不可 利用可
マイページ(ステップ記事他) 不可 利用可
参加型企画 不可 利用可
プレゼントキャンペーン 不可 利用可
特別セミナー 不可 利用可

「命育」のプレミアム会員の登録・退会方法は?

プレミアム会員の登録は、サイト内にある「会員登録」より登録できます。

退会方法はマイページから、いつでも可能。月額プランの場合は、退会希望月の前月末日の24時間前までに退会手続きをすると、退会希望月から料金は不要となります。年割プランの場合は、契約期間終了後、自動更新はされません。

契約期間の途中で退会したい場合は、日割り計算などの返金はありませんが、契約終了日までサービスの利用は可能となります。

命育プレミアム会員とは|命育

パパママと子供が性のコミュニケーションを図る機会を作りましょう

パパママと子供が性のコミュニケーションを図る機会を作りましょう
性教育は「命」を学ぶ大切な役割があります。しかし、日本の学校で行う性教育のは限定的で、子供の性に対する知識は不足していると言わざるを得ません。やはり、子供が正しい知識を身につけるためには、家庭での性教育も少なからず必要です。パパママは難しく考えず、まずは子供と向き合って、性のコミュニケーションを図る機会作りから初めていきましょう。

文/葛生由姫

2人目妊娠を報告するタイミングとは? ママ友に職場、上の子…目的別報告の仕方
2人目妊娠を報告するタイミングとは? ママ友に職場、上の子…目的別報告の仕方
ママにしか分からない妊娠の兆候。2人目だと嬉しさも倍増ですが、1人目と違って誰にどのようなタイミングで報告すればいいのでしょうか。ここでは両親やママ友、職場などへの報告の仕方や、第2子妊娠で気を付けたいことをご紹介したいと思います。
育児と子育て、言葉の意味が違うのを知っていますか?
育児と子育て、言葉の意味が違うのを知っていますか?
子供を育てていると頻繁に使う「育児」、「子育て」という言葉。これって同じ意味なのでしょうか? だいたい似た意味なのはわかりますが、違いを説明してと言われても困る…。意外と知らない「育児」と「子育て」の違いについて調べてみました。
コンドームの避妊率は7組に1組が失敗!?  ピルとどちらが安全なのかを比較!  正しい避妊方法を知ろう!
コンドームの避妊率は7組に1組が失敗!? ピルとどちらが安全なのかを比較!  正しい避妊方法を知ろう!
コンドームは日本で最もポピュラーな避妊方法ですが、コンドームを使っていても妊娠することはあります。女性は妊娠・出産でライフプランや仕事に大きく影響を受けます。コンドームより避妊率の高いピルや、間違った避妊方法についても知っておきましょう。
避妊リングってどう使えばいい? 使い方とママたちの体験談を紹介!費用やメリット・デメリットは?
避妊リングってどう使えばいい? 使い方とママたちの体験談を紹介!費用やメリット・デメリットは?
コンドーム以外にもいろいろな避妊方法があることを知っていますか? 女性が主体的に避妊できる方法として、ピルや子宮内避妊用具があります。一般的に「避妊リング(IUS/IUD)」と呼ばれている子宮内避妊用具について、詳しく解説します。
はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部

はいチーズ!Clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!