【2020年】年賀状の作成、印刷はセブンイレブンがおすすめ! 忙しいママに人気な理由とは?

セブンイレブンの年賀状印刷なら年賀状作りもラクラク!

セブンイレブンのサービスなら年賀状作りもラクラク!
毎年、お正月が近づいてくると頭を悩ませるのが「年賀状問題」です。「子供の写真を載せようか?」、「干支の画像にしようか?」、「どのようなデザインにするのか?」悩みは尽きません。

デザインが決まってからは「印刷はどうしよう?」などの悩みもでてきます。そんなとき、コンビニでの年賀状印刷だと手間がかからず家で印刷するよりも綺麗にできます。育児に家事にお仕事に忙しいママでも簡単に年賀状の用意ができますよ。当記事ではセブンイレブンの年賀状印刷サービスはどのようなサービスなのか説明していきます。

セブンイレブンの年賀状印刷の特徴

セブンイレブンの年賀状印刷の特徴
セブンイレブンの年賀状印刷の特徴はいくつかあります。まず、1枚から年賀状サービスを利用することが可能です。1枚から受けてもらえると、年賀状を出してしまったあとに「出し忘れた!」ということがあっても安心ですね。さらに元々あるデザインのものを印刷することも自分でデザインしたものを印刷することも可能です。デザインまですべてお任せ!ができるというのはとても便利です。他にも、ハガキの持ち込みができるなど多くのメリットもあります。

セブンイレブンの年賀状印刷のおすすめポイントをまとめると…

  1. 自宅のプリンター印刷より印刷が綺麗
  2. 1枚からでも年賀状印刷が利用できる
  3. 豊富な年賀状デザインが用意されていて便利
  4. 年賀ハガキの持ち込みもOK

セブンイレブンの年賀状印刷の特徴1:年賀状の販売

セブンイレブンの年賀状印刷は、印刷サービスだけではなく年賀状の販売も行っています。絵柄がついているものからインクジェットの印刷用のものまで販売されており年賀状が足りない!もしくは忘れていた!という時にすぐに走って手に入れることができるのは強い味方ですよね。

セブンイレブンの年賀状印刷の特徴2:宛名印刷サービスが便利!

宛名印刷サービスは、年賀状の宛名を印刷してくれるサービスです。申し込み方法をご紹介すると
1、住所録をパソコンからCSVなどでデータ取り込み
スマホやパソコンからの手入力でも可能です。
2、印刷する絵柄を決定し、住所録から印刷したい宛名を選択
3、住所面にも絵柄を印刷したい場合は別途選択する画面
4、決定ボタンを押す
これだけで年賀状のプリントができます。印刷された年賀状は選択した店舗に届きます。

セブンイレブンの年賀状販売、印刷サービスの費用と申し込み受付期間は?

基本料金は1017円で追加印刷をする場合は1枚につき27円かかります。受付期間は2019年9月25日(水) 〜 2019年12月27日(金)ですので忘れないようにしましょう。

セブンイレブンの年賀状印刷の特徴3:プリント代行も依頼できる!

プリント代行サービスとは、あらかじめ印刷したいデザインを決めた上でプリントだけできるサービスのことです。申し込み方法として、
1、年賀状ソフトなどで作成した絵柄をJPEG画像形式で保存
2、パソコンからはプリント代行サービスに画像をアップ
たったこれだけで注文完了です。こちらも指定の店舗に届きます。

セブンイレブンの年賀状プリント代行の費用と申し込み受付期間は?

枚数 費用
10枚まで 1,210円(税込)
20枚まで 1,683円(税込)
30枚まで 2,035円(税込)
40枚まで 2,420円(税込)
50枚まで 2,783円(税込)
60枚まで 3,113円(税込)
70枚まで 3,443円(税込)
80枚まで 3,718円(税込)
90枚まで 3,993円(税込)
100枚まで 4,268円(税込)
110枚まで 4,510円(税込)
120枚まで 4,752円(税込)
130枚まで 4,994円(税込)
140枚まで 5,203円(税込)
150枚まで 5,412円(税込)
160枚まで 5,621円(税込)
170枚まで 5,830円
180枚まで 6,039円(税込)

以降は10枚ごとに198円(税込)加算されます。申し込み期間は2019年9月25日(水) 〜 2019年12月27日(金)です。

セブンイレブンの年賀状印刷の特徴4:追加印刷サービス

追加印刷サービスは、追加で年賀状を送る必要があるときに便利なサービスです。サービスの利用方法は
1、注文履歴ページから印刷したい絵柄の「追加」ボタンを選択
2、次の画面で任意の「暗証番号(4桁)」を登録
3、登録されたメール宛に「プリント予約番号」が届く
4、「暗証番号」と「プリント予約番号」を控えて近くのセブンイレブンへ行き、手続きを行う
以上になります。一回の「追加印刷」注文につき、30枚まで印刷できます。

セブンイレブンの追加印刷サービスの費用と申し込み受付期間は?

追加印刷サービス料金は1枚80円です。申し込み期間はWEBサイトからの印刷予約だと2019年12月1日(日) 〜 2020年1月9日(木)で、店頭での印刷は2019年12月1日(日) 〜 2020年1月16日(木)までとなっています。

セブンイレブンの年賀状印刷が最大50%OFFになるキャンペーンを実施中

セブンイレブンの年賀状印刷が最大50%OFFになるキャンペーンを実施中
セブンイレブンの年賀状印刷はオトクなキャンペーンが行われています。ネット割だと20パーセントオフ、超早割は最大20パーセントオフ、複数割は10パーセントオフです。超早割は2019年9月25日~2019年11月5日までに申し込んだ場合に適用されます。その期間中にネットから複数枚申し込むと50パーセントオフになりとてもオトクです。

関連リンク

セブンイレブンの年賀状印刷

セブンイレブンの年賀状印刷を利用したママたちの口コミ

セブンイレブンの年賀状印刷を利用したママたちの口コミ
・毎年利用していますが、早期割引を利用するために、早めに申し込みました。今年からスマートフォンアプリで、好きな年賀状のデザインを選んで印刷ができるようでしたが、私はスマートフォンを使っていないので、いつものようにPCから利用しました。写真ありや無しと、プレミアム箔押しなどのデザインを選ぶだけで、年賀状のデザインが簡単に作れるのでとても便利です。

・繁忙期と家庭の事情でバタバタしてて、年賀状に対してあまり時間が割けなかった時に利用しました。会員登録を済ませた後、年賀状に使用したい写真やデザインを設定し、入れたいメッセージをフォーマットに入力するだけで中身を完成させることができ、とても助かりました。完成品をいつも利用しているセブンイレブンで受け取ることができるのもメリットです。

・何と言っても店舗数の多さが便利です。セブンイレブンはどこにでもあるので引っ越しても引っ越しても利用しています。また、種類も豊富でいつも絞りきれずに2種類は注文してしまいます。他も利用したことがありますが、セブンイレブンの年賀状印刷がお気に入りです。

口コミを見ても、年末でバタバタの忙しいママでも簡単に作ることができるのがわかります。さらに近くのセブンイレブンで受け取れるということで忙しく、時間がないママに選ばれていますね。

年賀状サービスを行なっている大手コンビニは?

年賀状サービスを行なっている大手コンビニ
その他、年賀状サービスを行っているコンビニ各社のサービスの特徴をご紹介します。お近くにセブンイレブンがない場合は、他のコンビニの年賀状サービスも検討してみてはいかがでしょうか。

ファミリーマートの年賀状サービスの特徴

サービス内容 年賀状印刷は多くのデザインより選べる。宛名印刷サービスもあり年賀状の購入も可能
料金 10枚 3,175円(税込)、~20枚 3,585円(税込)、~30枚 3,974円(税込)
キャンペーン ネット限定超割引:11月8日までの申し込みで40パーセントオフ
ネット限定早割引:11月30日までの申し込みで30パーセントオフ
ネット限定割引:12月27日までの申し込みで20パーセントオフ
店頭だと11月30日までの申し込みで10パーセントオフ

ローソンの年賀状サービスの特徴

サービス内容 通常の年賀状印刷サービス、宛名印刷サービスはパソコンからの申し込みに限り可能
料金 ~10枚 2,464円、~20枚 2,766円、~30枚 3,068円(すべて税込。ベーシックタイプの年賀状)
キャンペーン

まとめ


年賀状のデザインは適当に決めるわけには行かず準備に憂鬱なママも多いのではないでしょうか。紹介してきたように、セブンイレブンの年賀状印刷は簡単に作ることができて受け取りも簡単。日々忙しいママの味方になってくれます。さらに自宅で印刷するよりも綺麗に印刷できますし、デザインも豊富。家族で1度利用してみてはいかがでしょうか。

【2020年】年賀状はいつまでに出せば良い? ママ友に送るときのポイントや文例集を紹介
【2020年】年賀状はいつまでに出せば良い? ママ友に送るときのポイントや文例集を紹介
寒くなってくると、そろそろ年賀状を準備する時期。子供の写真入りの年賀状を考えているパパママもいるかと思います。年賀状を元旦に届けるためにはいつまでに出せば良いのか、投函日の目安を知っておきましょう。書くときのポイントや文例も紹介するので、スムーズな年賀状作りの参考にしてくださいね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!