赤ちゃんのほっぺが赤い理由は? カサカサ・ポツポツの原因と対処方法

赤ちゃんのほっぺが赤い主な6つの原因とは?

赤ちゃんのほっぺが赤い主な6つの原因とは?
赤ちゃんの肌はとてもデリケートで、些細なことで肌荒れを起こしてしまいます。特にほっぺは衣類に守られず常に外部からの刺激にさらされているため、肌トラブルを起こしやすい場所です。まずはほっぺのトラブルを引き起こす主な原因6つを見ていきましょう。

赤ちゃんのほっぺが赤い原因1:乾燥

赤ちゃんのほっぺが赤い原因1:乾燥
乾燥による肌トラブルは生後2~3ヶ月以降によく見られます。この頃から赤ちゃんの肌は皮脂の分泌量が減って水分を保ちにくくなってしまいます。

【乾燥による症状】

  1. ほっぺが赤くカサカサ(片方だけ赤くなることも)
  2. ほっぺの他に、あご、胸、オムツのふちが当たる部分なども乾燥しやすい
  3. かゆみが生じることもあり、ひっかいて皮膚が固くなることがある

【乾燥肌の対処法】

乾燥肌の予防・対処法の基本はしっかりと赤ちゃんの肌を保湿をすることです。お風呂上がりや乾燥が気になるときにはベビーローションなどでこまめに保湿してあげましょう。また、片方のほっぺだけ赤くなっているときは、赤ちゃんがいつも同じ向きで寝ていたり、パパママがいつも同じ向きで抱っこしていることが原因であることが多いです。

シーツやパパママの衣類に当たっているほっぺは、生地にこすれてカサカサになったり、よだれやミルクの吐き戻しが刺激となって乾燥しやすくなってしまいます。赤ちゃんに向きグセがある場合はベッドメリーやおもちゃを置く位置を工夫して、いつもとは逆向きになるように赤ちゃんの気を引いてあげましょう。パパママの抱っこの向きもいつも同じにならないように気を付けてくださいね。

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
ベビーローションは赤ちゃんにとって必要なの? そう思っているママ!ぜひ使ってあげてください。赤ちゃんの肌を守るだけでなく、塗るときのベビーマッサージは素敵なコミュニケーションタイムにもなるんです。ママが使っているおすすめのベビーローションもご紹介します。
赤ちゃんが喜ぶベッドメリー! 先輩ママが選ぶ買ってよかったおすすめ10選
赤ちゃんが喜ぶベッドメリー! 先輩ママが選ぶ買ってよかったおすすめ10選
くるくると回る人形がとってもかわいいベッドメリー。赤ちゃんの初めてのおもちゃとして購入しようかなと思っているパパママもいるかもしれません。いろいろなタイプのベッドメリーがあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんのほっぺが赤い原因2:乳児湿疹

赤ちゃんのほっぺが赤い原因2:乳児湿疹
生後6ヶ月頃までにできる湿疹のことを「乳児湿疹」といいます。汗やよだれなど、さまざまなものが原因となって引き起こされます。

【乳児湿疹の症状】

  1. ほっぺが赤くてポツポツ、ぶつぶつと湿疹が出る(片方だけ湿疹が出ることも)
  2. おでこ、あごにも同様の湿疹ができやすい
  3. かゆみはほとんどない、または軽度のことが多い
  4. ひっかいて皮膚が固くなることがある

【乳児湿疹の対処法】

乾燥肌のケアと同様に、肌を清潔にして保湿をすることが大切です。乳児湿疹を予防するためには、授乳後や離乳食後は口周りやほっぺの汚れを拭いて清潔に保つようにしましょう。片方のほっぺだけに症状が見られる場合は赤ちゃんの向きグセやパパママの抱っこのクセにも気を付けてください。しっかりケアをすると2ヶ月くらいで症状が改善することが多いです。もし症状が長引く場合や、赤ちゃんがひどくかゆがるときは病院で相談しましょう。

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

赤ちゃんのほっぺが赤い原因3:アトピー性皮膚炎

赤ちゃんのほっぺが赤い原因3:アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎の症状が見られるのは生後2~3ヶ月を過ぎた頃からです。見た目だけでは乳児湿疹と区別が付きにくいので注意が必要です。

【アトピー性皮膚炎の症状】

  1. ポツポツ、ぶつぶつと赤い湿疹が出る
  2. ほっぺの他に、ひじ・ひざなど関節の内側や耳の下にもできやすい
  3. 皮膚はジュクジュクしたり、カサカサに乾燥して固くなってしまう
  4. 強いかゆみを伴う
  5. 湿疹が出たり治ったりを繰り返して、症状が2ヶ月以上続く

【アトピー性皮膚炎の対処法】

アトピー性皮膚炎は医療機関で適切な治療を受けることが大切です。アトピー性皮膚炎は早めに治療することで2歳頃までに治るケースもあります。自宅でケアするときは肌を清潔に保って保湿することを心がけましょう。患部は濡れタオルなどで冷やしてあげると、かゆみをやわらげることができますよ。

赤ちゃんのほっぺが赤い原因4:日焼け

赤いほっぺの原因には日焼けも考えられます。赤ちゃんの肌は大人よりも薄いため紫外線の影響を受けやすく、すぐに日焼けをしてしまいます。春から夏にかけての日差しの強い時期は特に気を付けましょう。

【日焼けの症状】

  1. ほっぺを含めて、首、腕、足など露出していた部分全体が赤くなる
  2. 皮膚がほてる

【日焼けの対処法】

日焼けした部分は乾燥してダメージを受けやすい状態になっています。濡れタオルで冷やして皮膚のほてりを取り除いたあとで、しっかり保湿してあげましょう。赤ちゃんの日焼けを防ぐためにも、日差しの強い10時~14時頃の外出はなるべく控えるようにしてくださいね。また、外出するときには帽子や薄手の長袖の服を着用したり、日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線対策をとることも忘れないようにしましょう。

赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぼう! 塗る時の注意点やおすすめ10選を紹介
赤ちゃんの肌に優しい日焼け止めを選ぼう! 塗る時の注意点やおすすめ10選を紹介
日差しが強い季節になると赤ちゃんの肌の日焼け対策が必要になります。でも、赤ちゃんの肌は敏感…大人用の日焼け止めを使ってもいいのでしょうか? そもそも生後何ヶ月から塗ってもいいのでしょうか? 赤ちゃんに日焼け止めを塗る時の注意点やおすすめ商品を紹介します。

赤ちゃんのほっぺが赤い原因5:熱がある

熱があるときも赤ちゃんのほっぺは赤くなってしまいます。赤ちゃんはうまく体温調節ができないため、風邪などの病気だけでなく体を温めすぎただけでも熱が上がってしまいます。体温が高いときには他にも気になる症状が出ていないかをチェックすることが大切です。もし風邪を引いている場合には発熱以外にも次のような症状が見られます。

【風邪による発熱時の症状】

  1. 鼻水やくしゃみ、せきが出る
  2. 元気がない、ぐったりしている
  3. 食欲がない

【発熱時の対処法】

38度以上の発熱や、風邪の症状が長引く場合などは医療機関を受診しましょう。発熱以外の症状がなく、赤ちゃんの様子が普段と変わらず元気に動いているときは体を温めすぎている可能性があります。部屋の温度を下げたり、着ている服を一枚減らすなどして体温調節をしやすい環境にしてあげましょう。

新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安
新生児は平熱が高く、37度を超えることも珍しくありません。また、赤ちゃんは体温調節機能が未熟なため、測る時間・場所によっても体温は大きく変わってしまいます。赤ちゃんの体温の特徴やどのくらいの熱だと要注意なのか、赤ちゃんの「体温」について解説します。

赤ちゃんのほっぺが赤い原因6:りんご病(伝染性紅斑)

りんご病は、名前の通りほっぺがりんごのように赤くなる病気です。正式名を「伝染性紅斑」と言い、ヒトパルボウイルスB19に感染することで発症します。ほっぺ以外には次のような症状が見られます。

【りんご病の症状】

  1. ほっぺが赤くなる1週間くらい前に、風邪の症状(微熱、鼻水など)が出ることがある
  2. 腕や足にレース状の湿疹が出る

【りんご病の対処法】

りんご病は10歳頃までにかかることが多く、子供のうちにりんご病に感染しておくと重症化することはほとんどありません。1~3週間ほどで自然と治癒する病気ですので、特別な治療を受ける必要はないとされています。また、一度かかると免疫ができてその後はかかることはありません。感染したときには母子手帳などに記録しておくといいですね。

赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、パパママが赤ちゃんの鼻水をとってあげなければいけません。そんな時におすすめなのが、鼻吸い器(鼻水吸引器)です。いろいろな種類があるので、用途に合わせて選んでくださいね。
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳をもらうことは、妊婦さんにとって大きなステップとなります。母子手帳が手元にくることで改めて妊娠したことを実感する人もいるでしょう。今回は母子手帳はいつ、どこでもらえるのか、などを詳しく見ていきましょう。

赤ちゃんのほっぺが急に赤くなった場合はアレルギー反応の可能性も

急に赤くなった場合はアレルギー反応の可能性も
ほっぺが急に赤くなった場合は、アレルギー反応を起こしている可能性もあります。0歳の赤ちゃんに多く見られるアレルギーは、食物アレルギーです。食物アレルギーは離乳食を食べた後30分~2時間以内に顔が赤く腫れたりじんましんが出るなどの症状が現れることが多いですが、中には食べ物を摂取してから1~2日後に症状が現れるケースもあります。アレルギーは原因物質の特定が難しく、自己判断はとても危険です。重症化することもあるので、皮膚が急に赤く腫れあがったり、赤ちゃんが苦しそうにしているなどアレルギーが疑われる場合は必ず医療機関を受診してください。

赤ちゃんのほっぺケアの基本は保湿

赤ちゃんのほっぺケアの基本は保湿
赤ちゃんのほっぺは、清潔に保って保湿をすることが大切です。ケアの基本は毎日お風呂で優しく洗って、ベビーローションやベビーオイルなどを使ってしっかり保湿することです。洗ったり拭いたりするときにゴシゴシと強くこするのは厳禁です。赤ちゃんの肌の皮脂を落としすぎたり、肌を傷つけてしまいます。また、授乳後や離乳食の後なども忘れずにほっぺや口周りを拭いて保湿してあげてくださいね。毎日丁寧にケアしてあげることで、ほっぺに起こるトラブルの多くは予防・改善することができますよ。

赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌荒れの原因と病院受診の目安
赤ちゃんの肌は弱く、ちょっとしたことでもすぐ荒れてしまいます。カサカサしていたり、ザラザラしていたり…原因によって症状もさまざまです。この記事では、赤ちゃんの肌荒れの原因とそれぞれのケア方法をご紹介します。クリームやローション、オイルの違いも解説します。

赤ちゃんの肌をたっぷり保湿! おすすめのスキンケア

赤ちゃんの肌の乾燥予防や保湿に効果抜群なスキンケア用品をご紹介します。赤ちゃんから大人まで安心して使えるものばかりですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

健栄製薬 ベビーワセリン 100g

成分:白色ワセリン
無香料、無着色、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:633~689円(税込)
乾燥肌の予防にはこちらがおすすめです。ワセリンは肌の表面をコーティングして、内部の水分を保つ働きをしてくれます。ワセリンというとベタつくイメージがあるかもしれませんが、この商品は柔らかくて伸びがいいので、塗りやすいことでも好評です。

ベビーマドンナ ベビーバーユマドンナ 25g

保湿成分:天然馬油、天然ミツロウ配合
無香料、無着色、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:1,296円(税込)
大人のスキンケア用品としてよく知られている馬油ですが、実は赤ちゃんの肌の保湿にもとても効果を発揮してくれます。こちらの商品は100%天然由来の成分でできているので、赤ちゃんのほっぺや口周りにも安心して使うことができますよ。特に乾燥が気になるときはベビーローションを塗った後に使うと効果的です。

丹平製薬 アトピタ 保湿しっとりクリーム 60g

アトピタ 保湿しっとりクリーム 60g

アトピタ 保湿しっとりクリーム 60g

512円(12/06 12:06時点)
Amazonの情報を掲載しています
保湿成分:LFC、ヨモギエキス、コメヌカ油、スクワラン配合
無香料、無着色、パラベンフリー
原産国:日本
参考価格:463~469円(税込)
水分と油分のどちらも補ってくれる保湿クリームです。保湿力が高く使いやすいので、一度購入したあとリピーターとなる人がとても多いです。普段使いにはベビーローション、肌のカサつきが気になるときにはこちらのクリームを併せて塗るという使い方をしているパパママもいます。

自己判断は禁物! 気になる場合は病院へ

自己判断は禁物! 気になる場合は病院へ
ほっぺが赤くなる症状の多くは自宅のケアで改善することができますが、なかにはアトピー性皮膚炎やアレルギーなど医療機関での治療が必要なものや、重症化する恐れのあるケースもあります。「よくある症状だから」と自己判断してしまうのは危険です。症状が長引いたり、赤ちゃんの様子がいつもと違うなど、少しでも気になることがあるときは迷わず医療機関を受診してくださいね。

まとめ


赤ちゃんのほっぺが赤いときには、赤ちゃんの様子をよく見て、ほっぺ以外にも異常がないかを確認することが重要です。少しでも不安な症状があるときは病院で相談してみましょう。肌を清潔に保って丁寧に保湿することで、ほっぺのトラブルの多くのは予防・改善することができます。赤ちゃんのふわふわほっぺを守るためにも、日頃から丁寧なスキンケアを心がけておきましょうね。

新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
生まれたばかりの赤ちゃんの肌にいつのまにかポツポツが。これは「新生児ニキビ」と呼ばれる新生児特有の湿疹です。成長とともに治っていきますが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためには適切なケアが重要になります。洗い方や保湿方法を詳しく紹介します。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!