赤ちゃんのしゃっくりは止めるべき? 泣く・吐く理由と簡単な止め方

赤ちゃんのしゃっくりはほっとく? 止めるべき?

赤ちゃんのしゃっくりはほっとく? 止めるべき?
0歳の赤ちゃんが小さい身体で一生懸命しゃっくりをしている姿を見ると、苦しいのではないかと心配になりますよね。ですが赤ちゃんのしゃっくりは基本的には「止めなくて大丈夫」です。赤ちゃんはしゃっくりで呼吸が苦しいということはなく、時間が経てば自然に止まるので無理にしゃっくりを止める必要はありません。無理に止めようとするとかえって赤ちゃんを泣かせてしまうこともあるので、パパママは焦らず様子をみてあげてください。

赤ちゃんが頻繁にしゃっくりをする理由

赤ちゃんが頻繁にしゃっくりをする理由
しゃっくりとは、横隔膜がなんらかの影響を受けて痙攣をして起こる現象です。赤ちゃんの横隔膜は未熟なので、ちょっとした刺激でも反応して頻繁にしゃっくりをします。赤ちゃんのしゃっくりが頻繁にみられるのは、新生児から生後6ヶ月頃までといわれています。では、赤ちゃんがしゃっくりをする原因にはどんなことが考えられるのでしょうか。赤ちゃんがしゃっくりを繰り返す理由はいくつかあります。

関連記事

赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

母乳やミルクを飲んだ後のげっぷが不十分

母乳やミルクを飲んだ後のげっぷが不十分
母乳やミルクを飲んだときに空気を一緒に飲み込んでしまうことで、しゃっくりにつながることがあります。また授乳後おなかがいっぱいになって赤ちゃんの胃が膨らむと、それが刺激となり横隔膜が痙攣を起こしやすくなります。膨らんだ胃の中の空気を抜く必要がありますが、授乳後のげっぷが不十分だと横隔膜を圧迫してしゃっくりが出やすい状況になってしまうのです。

関連記事

赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
どのくらいのママが母乳で赤ちゃんを育てている? 粉ミルクでの育児にデメリットはあるの?

体が冷えている

今のオムツは性能が良くなり表面がサラサラしているとはいえ、おしっこで濡れたオムツは体温より低くなり赤ちゃんの身体を冷やしてしまいます。すると下半身が冷えたことで横隔膜を刺激し、しゃっくりを引き起こしてしまうのです。また寒い外に出た時や汗をかいて洋服が濡れたときなども、気温差に身体が反応してしゃっくりを引き起こすことがあります

関連記事

これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方

赤ちゃんのしゃっくりを止める簡単な方法

赤ちゃんのしゃっくりを止める簡単な方法
赤ちゃんのしゃっくりは自然に止まるので、無理に止めなくても大丈夫です。ですが心配ないとは言われても、しゃっくりしている姿をみるとなるべく早く止めてあげたくなりますよね。しゃっくりを止めたい時は次の方法を試してみるといいですよ。

縦抱っこで背中をトントン

縦抱っこで背中をトントン
母乳やミルクを飲んだ後にしゃっくりが出始めたのであれば、胃の中に空気が溜まっていることが原因かもしれないのでげっぷをきちんと出してあげる必要があります。縦抱きにして背中を優しくトントンしたりさすってあげたりしてみてください。げっぷが出てしゃっくりが止まるかもしれません。

お風呂に入れて体をあたためる

赤ちゃんのしゃっくりを止める方法として、お風呂に入るのも効果的です。冷えた身体をお風呂に入って温めることで横隔膜の痙攣が治まりしゃっくりが止まるかもしれません。お風呂に入る時間がない場合は、お湯で固くしぼったタオルでみぞおちあたりを温めるのも有効です。また身体を温めるために服を着せる、背中や手足をパパママの手で温めるのもしゃっくりが止まる可能性がありますよ。

関連記事

1人で赤ちゃんをお風呂入れられるのかが不安…お風呂に入れるときのコツを月齢別に紹介!

驚かせたり水を飲ませるのはNG

驚かせたり水を飲ませるのはNG
大人がしゃっくりを止める方法として「しゃっくりしている人を驚かせる」「たくさんの水を飲ませる」などがありますが、同じことを0歳の赤ちゃんにするのはやめましょう。大人のしゃっくりを止める方法には根拠がありませんし、赤ちゃんの身体はまだ未熟なので大人と同じ方法は身体に負担になります。赤ちゃんがびっくりして泣き出してしまったり、吐き戻してしまったりする可能性があるので避けてください。

しゃっくりの様子によってはすぐに病院へ

しゃっくりの様子によってはすぐに病院へ
しゃっくりがなかなか止まらない、苦しそうにしゃっくりをしている場合は稀に病気が隠れていることがあります。

食べ物が原因の場合

母乳の場合ママが特定の食品を口にした後の授乳でしゃっくりが出やすいのでれば、その食品が赤ちゃんの身体に合わないためにしゃっくりが出ている可能性があります。大豆製品、卵、ナッツ類、柑橘類、小麦、カフェイン、チョコレートなどが原因食品となる確率が高いので、関連していると思われる場合は摂取を控えてください。

薬の副作用

薬の副作用
赤ちゃんが薬を飲んだ後にしゃっくりが頻発するようであれば、薬の副作用で反応している可能性があります。与えた量が適切か確認して不安な時は薬を処方した医師に確認しましょう。上記のような症状が現れる時は、赤ちゃんがぐったりしている、元気がない、母乳やミルクをあまり飲まなくなるなどの症状が共に現れます。しゃっくりの他に気になる症状がないか、赤ちゃんの様子をしっかりと確認しましょう。普段と違う症状がある場合は、すぐに病院を受診するようにしてください。

逆流性食道炎を引き起こしている

しゃっくりと共によだれが大量に出る、苦しそうにしている、しゃっくりと同時に吐くなどの症状がある場合は、逆流性食道炎を引き起こしている可能性があります。症状が出ている時はすぐに病院を受診しましょう。

しゃっくりに関するQ&A

しゃっくりに関するQ&A
赤ちゃんが頻繁に引き起こすしゃっくりに関するパパママの疑問にお答えします。

しゃっくりするとミルクを吐く…大丈夫?

赤ちゃんの胃の形は大人とは違いまっすぐで、胃の入口部分にある筋肉の締まりが弱いためにちょっとした刺激で母乳やミルクを吐き戻してしまうことがあります。赤ちゃんがしゃっくりと同時に吐いてしまっても、吐いた後に元気であれば心配ありません。生後6ヶ月くらいには横隔膜も発達してくるのでしゃっくりの回数は少なくなり、母乳やミルクを吐いてしまうことも少なくなるでしょう。

関連記事

吐き戻し防止枕って何? 選び方やおすすめ、授乳クッションやタオルで代用する方法も紹介

しゃっくりで泣くのはなぜ?

しゃっくりで泣くのはなぜ?
赤ちゃんによっては、自分のしゃっくりに驚いて泣いてしまったり、しゃっくりが出ていることでうまく眠れず泣いてしまったりする子がいます。しゃっくりをするたびに泣かれてしまうのはパパママも大変だと思いますが、赤ちゃんも外の世界に慣れようとしている真っ最中です。しゃっくりは赤ちゃんの成長過程のひとつです。赤ちゃんに寄り添いながら、ご紹介したしゃっくりを止める方法を試してみてくださいね。

関連記事

赤ちゃんが泣き止む方法!抱っこ、歌、最新の動画まとめ

しゃっくりが長い…どれくらいほっといて大丈夫?

赤ちゃんのしゃっくりが長いと心配になりますが、2~3時間であれば放っておいて大丈夫です。無理に止めようとせずに様子をみてあげてくださいね。しゃっくりが48時間以上続くときは「難治性しゃっくり」という病気の可能性があります。長時間しゃっくりが止まらない場合は医師に相談するようにしましょう。

まとめ

0歳の赤ちゃんのしゃっくりの多さに驚いたパパママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんがお腹にいたときからしゃっくりを感じていたママもいるでしょう。赤ちゃんのしゃっくりは自然現象なので、心配する必要はありません。頻繁にしゃっくりがみられるのは小さい赤ちゃんのうちだけで、成長と共に少なくなっていきますよ。あまりにも連続してしゃっくりをするようであれば、ご紹介したしゃっくりを止める方法を試してみてくださいね。