赤ちゃんの肌荒れ・乳児湿疹の原因と病院受診の目安

どうして赤ちゃんの肌が荒れてしまうの?

どうして赤ちゃんの肌が荒れてしまうの?
赤ちゃんの肌は大人に比べて薄くて弱いことは知っているパパママは多いはず。では、肌荒れの原因にはどんなものがあって、どう予防し、肌が荒れたらどんな処置をしてあげればいいのでしょうか。1つ1つ解説します。

乳児湿疹は赤ちゃんにできる湿疹の総称

赤ちゃんの肌荒れを調べるとよく「乳児湿疹(にゅうじしっしん)」という言葉が出てきます。でも「乳児湿疹」は特定の病名ではなく赤ちゃんにできる湿疹(肌のぶつぶつや赤み)の総称です。原因やできる時期もさまざまなので、対処法も原因によって変わってきます。生活習慣や湿疹の様子から、原因を見極めて対処しましょう。

赤ちゃんの肌荒れの原因1:肌の乾燥

赤ちゃんの肌荒れの原因①乾燥
乾燥は、赤ちゃんの肌のバリア機能が未熟なために起こります。生後まもないうちは皮脂の分泌が多いですが、1~2ヶ月頃から減少するため外部からの刺激を防ぐ力が弱まってしまいます。そのため、肌の乾燥が起こってしまうのです。また、乾燥は口周りをガーゼで強くこすったり、お風呂で体を洗いすぎたりすることでも起きてしまいます。

赤ちゃんの肌の乾燥への対処法

乾燥が気になるところには保湿をしましょう。また、口周りをふくときはこすりすぎないよう、お風呂では洗いすぎないように気をつけ、保湿も忘れずに。離乳食の前後に口のまわりにワセリンを塗っておくのも有効です。部屋の乾燥が気になる季節は、加湿器を上手に活用することもおすすめです。

赤ちゃんの肌荒れの原因2:あせも

赤ちゃんの肌荒れの原因②あせも
あせもは、汗が皮膚の中にたまり、汗の出口(汗腺)をふさいでしまうことで発症します。汗の成分には尿酸やアンモニアなどが含まれており、それらが皮膚に長時間たまることで炎症を起こしてしまうのです。また、赤ちゃんの汗腺の数は大人と同じですが、体が小さな赤ちゃんは汗をかきやすく新陳代謝が活発なため、大人よりもあせもができやすいです。あせもはおでこや頭、首の周り、わきの下、背中、手足のくびれなどにできやすく、冬でも着せすぎや温めすぎでできることがあります。
あせもには3つの種類があります。

  1. 紅色汗疹(こうしょくかんしん)

  2. 一般的なあせもで、ちくちくしたかゆみがあります。かきむしると、湿疹に変化したり、アトピー性皮膚炎がある子はあせもが原因となって急激に悪くなることもあります。また、汗疹に細菌感染が合併して、「とびひ」や「多発性汗腺膿瘍(たはつせいかんせんのうよう)」となる場合もあります。

  3. 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

  4. 皮膚の浅い部分である角質層に汗がたまる、白く透明な小さな水疱。痛みやかゆみは少なく、一過性のことも多いため自然治癒することも多いです。

  5. 深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

  6. 皮膚の深い部分、表皮のさらに奥の真皮に汗がたまり、赤みはなく、皮膚がもりあがる湿疹。汗を体の表面に出すことができなくなるため、熱中症を起こしやすくなります。高温・多湿な状況が長く続くと起こしやすい重症型で、通常日本ではあまり起きません。

赤ちゃんのあせもへの対処法

たくさん汗をかいたときは、お風呂に入れ汗を洗い流します。すぐに入れてあげられないときは、濡れたタオルでやさしくふいてあげましょう。汗をかきやすい、額・後頭部・首・ひじやひざの裏側、脇の下や股は念入りに。おむつのウエスト部分も汗をかきやすいため、しっかりふきます。汗をかきやすい季節には、こまめな着替えやおむつ替えも大切です。

紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
紙おむつの選び方と人気のおむつ比較! サイズアップのタイミング、おむつはずしの時期は?
初めての育児では、赤ちゃんにどんなおむつを選べば良いのか悩んでしまいますよね。おむつメーカーによって、素材や価格、機能性などが異なります。おむつのサイズアップの時期、テープタイプからパンツタイプに切り替えるタイミング、おむつをはずす時期についてご紹介します。
おむつ替えシートの選び方! 防水加工や使い捨てなどおすすめ10選を紹介
おむつ替えシートの選び方! 防水加工や使い捨てなどおすすめ10選を紹介
おむつ替えシートは、赤ちゃんのおむつ替えの時にベッドやカーペットをおしっこやうんちなどの汚れから防ぐことができる便利アイテムです。外出時でもオムツ交換台の衛生面が気になる時におむつ替えシートがあると安心ですよ。おむつ替えシートの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介します。

赤ちゃんの肌荒れの原因3:新生児座瘡(しんせいじざそう)

赤ちゃんの肌荒れの原因③新生児座瘡(しんせいじざそう)
新生児座瘡(しんせいざそう)は、別名赤ちゃんニキビとも呼ばれます。ママからのホルモンの影響により、皮脂の分泌が多くなるため発症します。生後1週間くらいに、顔に赤や白の発疹があらわれるのが特徴です。1~2ヶ月くらいで自然によくなってきますが、長引くときには病院を受診しましょう。

新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
新生児ニキビはいつ治る? 正しいケア方法を詳しく解説
生まれたばかりの赤ちゃんの肌にいつのまにかポツポツが。これは「新生児ニキビ」と呼ばれる新生児特有の湿疹です。成長とともに治っていきますが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためには適切なケアが重要になります。洗い方や保湿方法を詳しく紹介します。

赤ちゃんの新生児座瘡への対処法

石鹸を使って、やさしくよく洗います。ゴシゴシこするのはNG。洗ったあとは保湿します。

赤ちゃんの肌荒れの原因4:乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)

赤ちゃんの肌荒れの原因④乳児脂漏性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)
乳児脂漏性湿疹も、ママからのホルモンの影響で、皮脂の分泌が多いことにより発症します。生後数週~数ヶ月くらいに、頭やおでこなどに黄色いかさぶたのようなものや、フケのようなカサカサしたものが出てきます。症状はアトピー性皮膚炎と似ていますが、アトピーよりもかゆみが少なく主に顔にあらわれます。通常は2~3ヶ月でよくなりますが、長引いてひどくなるときには病院を受診しましょう。

赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月から4ヶ月になったころに自治体で赤ちゃんの健診を受けることになっています。生後1ヶ月の時にまず健診がありますね。その後約2~3ヶ月経ってから今度は自治体が主催する健診があるのです。では具体的に何をするのか、親子が健診を受けやすい服装などについても解説します。

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹への対処法

顔を洗って、余分な皮脂を取り除くことが必要です。お風呂に入る前に、オリーブオイルやベビーオイルでかさぶたを柔らかくした後、よく泡立てた石鹸で洗います。うまくとれないときは、無理にはがそうと強くこすってはいけません。

赤ちゃんの「ハゲ」は治る? 激しい首振りが原因? 赤ちゃんのハゲの予防や対処法
赤ちゃんの「ハゲ」は治る? 激しい首振りが原因? 赤ちゃんのハゲの予防や対処法
赤ちゃんの髪の毛がはげてしまうことは、パパママによくある悩みです。中には、生後3ヶ月ごろまでにほとんどの髪の毛が一度抜け落ちてしまう赤ちゃんもいます。でも、赤ちゃんのハゲは基本的には心配いりません。赤ちゃんがハゲてしまう原因や対処法、激しい首振りをする原因などを解説します。

赤ちゃんの肌荒れの原因5:乳児アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの肌荒れの原因⑤乳児アトピー性皮膚炎
乳児アトピー性皮膚炎肌は、肌のバリア機能が弱い体質に刺激物質やアレルギーの元になる物質(アレルゲン)が入り込むことで引き起こされます。しかし、何が肌の炎症を引き起こしているかわからないことも多く、はっきりと断定できないことがあります。生後2~3ヶ月頃から、顔、頭から始まり、耳や、ひじ、ひざの裏側などの皮膚が切れたりカサカサになります。湿疹と強いかゆみをともない、一過性のものではなく、よくなったり悪くなったりを繰り返し長引く点が特徴です。上記①~④の症状がこじれてひどくなってから「実はアトピー性皮膚炎だった」とわかることもあり、症状の判断に時間を要します。

赤ちゃんの乳児アトピー性皮膚炎への対処法

アトピー性皮膚炎は診断が難しいため、小児科やアレルギー専門の医師を診断を受けることが大切です。日常では、肌を清潔に保ち保湿を忘れずに。赤みがあるときは、石鹸を使いすぎると逆効果です。皮脂が流れすぎてしまうので、使いすぎには注意しましょう。石鹸は刺激の少ないものを選び、こすらずによく泡立ててやさしく洗ってあげましょう。生後間もないうちから保湿を心がけることも、対策のひとつです。

新生児期からの保湿はアトピーや食物アレルギーの予防に有効

2014年、アトピー性皮膚炎のリスクが高い赤ちゃんを集めて、新生児期から保湿をしたところアトピー性皮膚炎の発症率が3割程度抑えられたという実験結果が発表されました。また、2018年には食物アレルギーの発症が口からアレルゲンを摂取することよりも、スキンケア不足の皮膚からアレルゲンが体内に入り皮膚反応が起こる「経皮感作」により食物アレルギーは進行することがわかりました。現在では、赤ちゃんにスキンケアを徹底して、皮膚バリア機能を改善することはアトピー性皮膚炎や食物アレルギーの予防になるとして、推奨されています。

アレルギーについて(国立成育医療研究センター)

次のページでは赤ちゃんの肌の保湿のやり方や各種予防方法、肌荒れにおすすめな市販薬をご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!