新生児の体温は37度が正常値!? 赤ちゃんの体温の特徴と受診の目安

新生児の体温の特徴

新生児の体温の特徴
赤ちゃんが新生児の頃は体温が37度以上あると「風邪? 病気?」と心配になってしまうパパママは多いでしょう。この記事ではは赤ちゃんの平均的な体温や赤ちゃんの体温の傾向についてご説明します。

平熱が高く37度以上の赤ちゃんも!


赤ちゃんは大人と違って、平熱は37.0~37.5度を保っています。乳幼児期は高めの平熱ですが、成長し小学校に入学する頃には大人と同じくらいの平熱になっていくのでご安心ください。

新生児は体温が上がりやすく冷めやすい

新生児は体温が上がりやすく冷めやすい
赤ちゃんの体温は、上下の変動が激しいです。赤ちゃんは、体の熱がこもりやすいという性質があるため、着ているものや気温・室温によって体温も変動しやすくなります。赤ちゃんは体の大きさが小さいのに対し、食事の摂取割合は大人よりも多いです。そのため、熱がこもって自然と、体温が上がる仕組みとなっています。一方、体の熱が下がるときは一気に下がるのも特徴です。小さく見える赤ちゃんの体ですが、実は体表面積が大きく皮下脂肪も少ないため、熱が逃げやすくなっているのです

新生児の体温の測り方

新生児の体温の測り方
新生児の熱を測るときのポイントやコツについてお伝えします。安定しにくい新生児の体温をより正確に測ってみましょう。

新生児の体温を測る時間帯

新生児の体温を測る時間
新生児のうちは、上記の4回体温を計測するのをおすすめします。

・起床時
・午前中
・午後
・夜

体温は、1日のうちで1度前後の変動が複数回あります
。明け方の体温が最も低く、午後から夕方が体温のピークとなるのです。上記4つの時間帯の体温を毎日測り、時間帯ごとの平熱を知っておけると良いですね。

新生児の体温は、どこで測る?

新生児の体温は、どこで測る?

赤ちゃんの脇か耳、どちらでもOK

赤ちゃんの体温は、脇と耳のどちらで測ってもよいです。ただし日によって変えずに、毎日同じ部位で測りましょう。脇で測る場合は、しっかり汗を拭き、体温計の先端が脇の一番へこんでいるところに当たるよう、下から45度の角度で差し込むようにしてください。

耳で測る場合は、まず耳たぶを優しく後ろに少し引っ張ります。鼓膜の温度を測るイメージで、体温計の先端を鼓膜の方に向けてしっかり耳に差し込みましょう。深く差し込みすぎると、思わぬ怪我に繋がる恐れがあるため十分気をつけてください。脇で測るときも耳で測るときも抱っこしながら測ると、赤ちゃんが安心できるので是非試してみて下さい。

38度を超えたら要注意! 対処法と小児科の受診の目安

38度を超えたら要注意! 対処法と受診の目安
平熱が高い赤ちゃんでも、38度を超えたら注意が必要です。高熱時の対処法や、受診の目安をご説明します。

薄着にさせて平熱に戻ったら様子を見でOK

薄着にさせて平熱に戻ったら様子を見る
赤ちゃんは体温調節が未熟なため、洋服の着せすぎで体温が上がるケースがあります。薄着の状態で15~20分程度時間をおいて、再度体温を測ってみて下さい。ここで平熱に下がっていれば、様子をみて大丈夫です。自分で体温調節出来ないことを理解し、パパママがこまめに調節してあげてくださいね。

その他の症状を確認し「元気」なら様子見

その他の症状を確認し「元気」なら様子見
病院を受診すべきかどうかの判断は、難しいですよね。一旦様子を見るべき症状と、受診したほうがよい症状を下記にまとめました。

  1. 熱が38度前半
  2. 食欲は減っているがミルクやおやつは食べている
  3. いつも通りの睡眠
  4. 元気に活動している
  5. あやすとよく笑い、反応も機嫌も良い
  6. 顔色が良い

このような様子が見られれば、お家で静かに様子を見てもよいですが、絶対安心という保証はありません。パパママが、直感的におかしいと感じたら迷わず受診しましょう。

関連記事

赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう

赤ちゃんの発熱と、受診すべき症状

症状 可能性がある病名
咳、くしゃみ、鼻水などが出ている 風邪の可能性あり
耳を気にしたり、痛がったりしている 中耳炎の可能性あり
体に赤い発疹が出ている→増える 風疹、麻疹(はしか)の可能性あり
耳の下が腫れている おたふく風邪の可能性あり
喉が赤く腫れている 急性扁桃炎、急性咽頭炎、風邪、インフルエンザの可能性あり

上記に当てはまった場合は必ず受診しましょう。早めの対処で悪化を防いだり、家族内感染を防いだりすることにも繋がります。

関連記事

鼻吸い器は赤ちゃんに必要? 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
新生児はくしゃみが多い? 原因・対処法・受診の目安とは

時間外でも受診した方が良いケース


夜間や休日、かかりつけ病院が閉まっている場合でも、以下の症状があれば時間外でもすぐに病院を受診してください。

  1. 熱が38度を超えている
  2. 呼吸をするのが苦しそう
  3. 元気がなくてぐったりしている
  4. 顔が青白い
  5. 熱は高いが手足が冷たい
  6. 眠れない
  7. 痙攣がある(続いている)
  8. 嘔吐、下痢の症状がある
  9. 意識がぼんやりしている

急に赤ちゃんが高熱を出したときのために、事前に家の近くの時間外でも受診できる救急医療センターなどの病院を探しておくと安心です。

新生児が発熱したときの、病院受診のポイント


いざ受診となると慌ててしまって必要な服装や持ち物、病院の先生に何を伝えたら良いのかわからなくなりますよね。いざというときに慌てないために、受診の際に必要なことを以下にまとめました。

赤ちゃんの服装に注意しましょう


赤ちゃんの服装に迷ったときは、手足の冷たさを確認してください。熱が出たとき手足が冷たいときは、これから熱があがる可能性があります。逆に、手が温かいときは、熱が上がりきった状態とされています。

・手足が冷たい場合保温の為に靴下を履かせたり洋服を1枚多めに着せましょう。
・手足が温かい場合、重ね着を避けブランケット等で調節できるようにしましょう。

上記の点を参考にしながら赤ちゃんの体温調節をしてあげてください。

関連記事

これでもう迷わない! 月齢別赤ちゃんの服装の選び方

赤ちゃんの病院受診に必要なもの

赤ちゃんの病院受診に必要なもの
受診時に必要な持ち物は、以下のリストを見て準備をしましょう。

  1. オムツ数枚(下痢の場合は多めにあると安心です)
  2. 保険証
  3. 診察券
  4. 子ども医療費受給者証
  5. 母子手帳
  6. お薬手帳
  7. ブランケット
  8. 水分補給

着替え一式は下痢、嘔吐で汚す場合もありますので一式は持っていくようにしましょう。3~7はいつも持ち歩いていると便利なので必ずセットで持ち歩くようにしましょう。

関連記事

乳幼児医療費制度はどんな制度? 何歳まで、いくら医療費が助成されるの?
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
子供の健康管理に役立つ、お薬手帳の便利な活用術を紹介!

病院の先生に伝えることを整理しておく

病院の先生に伝えることを整理しておく
病院で先生に何を伝えたら良いかをまとめましたのでご覧ください。

  1. 現在熱は何度あるか
  2. いつ頃から熱が上がったのか、熱の変動があったかどうか
  3. 熱以外の症状があれば必ず伝える
  4. 熱が出る前や出てから水分を摂れているか、食欲があったかどうか
  5. 排尿があるかどうか

以上5点を伝えられると良いでしょう。また、下痢、嘔吐があった場合は色や回数、発疹が出ている場合はいつから出ていたのかを伝えられると良いでしょう。

新生児の体温に関するQ&A

新生児の体温に関するQ&A
新生児を育てているパパママから、よくある質問と答えをまとめましたので参考にしてください。

体温が低いのはなぜ? もしかして低体温症?

体温が低いのはなぜ? もしかして低体温症?
体温を測る時間帯や個人差によって、赤ちゃんの体温が平均よりも低めになることがあります。平熱が36度~36度以下であっても、機嫌がよく食欲もあれば問題ありません

暑いときにしっかり汗をかいていれば、体温調節がちゃんとできている証拠です。赤ちゃんの体温が低くなるのには、夜から明け方にかけての体温の下がり方が大きいことや、エアコンの使用で体温が下がってしまうことが挙げられます。また、体温が36度を下回っている場合は、毛布などで体をくるんで20分後にもう一度体温を測ってみましょう。そこで体温が上がり、持続できれば問題ありません。逆に、体温が上がらなかったり、しばらくしてまた体温が下がってしまったりする場合は小児科の先生へ相談しましょう。また、体温が上がらないからと言って暖めすぎは禁物です。暖めすぎてしまうとSIDS(乳幼児突然死症候群)の危険性が高まります。

赤ちゃんに微熱がある時の過ごし方は?

赤ちゃんに微熱がある時の過ごし方は?
微熱があるときは、体力を消耗させないために外出を控え、家で安静にしているのが一番です。自宅での服装は先ほど「受診するときのポイント」でも記載したように、手足が冷たければ靴下を履かせたり1枚洋服を着せてあげ、手足が温かい場合は薄着にさせて調節をしましょう。

関連記事

新生児の赤ちゃんはいつから外出できるの? 外出時の持ち物と注意点は?

38度の熱があるのに、手足が冷たいのはなぜ?

38度の熱があるのに、手足が冷たいのはなぜ?
人の体は菌と戦うときに高熱を出します。体温を上げるとき、体の血管が収縮することにより、血流が悪くなり手足が冷たくなるのです。大切なのは、手足が冷たくなったら毛布などで暖めること。そして体温が上がりきったら徐々に手足も温まるので、薄着にさせてあげましょう。

まとめ:新生児の発熱には、慌てず冷静な対処を!

まとめ:新生児の発熱には、慌てず冷静な対処を!
新生児の突然の熱や、平均的な平熱などわからないことがたくさんあって慌ててしまいがち。しかし、パパママが慌ててしまうと赤ちゃんにもそれが伝わり、赤ちゃんも不安になってしまいます。落ち着いて様子を見たり、必要に応じて病院を受診したりするように心がけてくださいね。

関連記事

赤ちゃんの体温が高いけど大丈夫? 平熱と発熱の目安