赤ちゃんの離乳食初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介

離乳食はいつからはじめるの?

離乳食はいつからはじめるの?
離乳食は、離乳食初期、中期、後期、完了期の4つのステップで進めていきます。離乳食の最初のステップが離乳食初期(ゴックン期)です。離乳食の開始時期は生後5、6ヶ月が目安とされていますが、赤ちゃんの成長には個人差があるので、赤ちゃんの成長を見て離乳食を開始しましょう。離乳食を開始する赤ちゃんの成長目安は「一人でお座りできる」、「パパママがご飯を食べているのを見て、赤ちゃんが口をパクパクさせたり食べたがる様子が見られる」などがあげられます

関連記事

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 初期、中期、後期、完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんは1歳までにどのくらい成長するの? 月齢ごとの平均身長と平均体重、発育ペースは?

赤ちゃんの離乳食初期の進め方

離乳食初期の進め方
赤ちゃんに小さな歯が生えはじめる生後5ヶ月~6ヶ月が離乳食をスタートする時期です。まず、何から食べさせたら良い? どう調理すればいい? パパママにとっても初めてがいっぱいの離乳食初期をどのように進めていけば良いのでしょうか?

離乳食初期の進め方:1ヶ月目

離乳食初期の進め方:1ヶ月目
初めての離乳食には、消化に良いおかゆがおすすめです。離乳食初期の赤ちゃんは、大人のようによく噛んでから飲み込む食べ方ができません。離乳食初期は、赤ちゃんが離乳食を飲み込みやすいように、食材をよくすり潰してからあげるようにしましょう。離乳食初期は「ゴックン期」とも呼ばれ、赤ちゃんは口に入れたものをそのまま飲み込むのでポタージュのようになめらかに調理します。離乳食初期のおかゆは10倍がゆと呼ばれ、お米の形状はほとんど残らないほど細かくすり潰します。離乳食初日はスプーン小さじ1杯からスタートし、少しずつ量を増やしていきましょう

離乳食初期の1ヶ月目は1日1食が離乳食(1回食)です。離乳食の他に、母乳やミルクも欲しがるだけあげてください。最初の1週間でおかゆに慣れたら、2週目には野菜にチャレンジしてみましょう。離乳食初期に食べさせる野菜は、とろとろに潰すことのできるものを選びます。野菜ペーストを使い彩りよく盛り付けると、赤ちゃんもパパママも楽しんで食事ができるかもしれません。赤ちゃんにアレルギー症状が出てしまった時に原因となる食材が割り出せるように、離乳食に新しい食材を取り入れるなら1日1種類にしましょう

関連記事

子供が野菜などの食べ物を嫌うのはなぜ? 好き嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
離乳食スプーンの選び方! 離乳食初期・中期・後期・完了期のおすすめ10選

赤ちゃんにアレルギー反応が出たかどうかはどう判断する?

アレルギー反応の目安は赤ちゃんの口元が赤くなったり、発疹が出たり、呼吸が苦しそう、こういった症状が出た場合はアレルギーを疑いましょう。下痢や嘔吐などの症状がでることがありますが、アレルギー反応には個人差があります。アレルギー反応が出たときに、すぐに赤ちゃんを病院に連れて行けるよう離乳食は午前中にあげるようにするのがおすすめです。

離乳食初期の進め方:2ヶ月目

離乳食初期の進め方:2ヶ月目
2ヶ月目も離乳食初期にあたりますので、食材をすり潰して飲み込みやすくすることは変わりませんが、これまでよりも少しだけ粗く潰します。赤ちゃんが離乳食を嫌がらずに食べることができていたら、離乳食を2回食(1日2食)に増やしましょう。食事のリズムを覚えるためにも、パパママと同じ朝ごはん・昼ごはんのタイミングに離乳食をあげるのがおすすめです。離乳食の1ヶ月目と同様、ミルクや母乳は赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。また、2ヶ月目は白味魚や豆腐のようなタンパク質を取り入れてみましょう。たらやしらすには塩分が多く含まれているので、塩抜きをしてから調理をすることをお忘れなく。赤ちゃんが少しずついろいろな味や食感を覚えていくのが2ヶ月目なのです。

関連記事

赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!

離乳食初期の調理のコツ

離乳食初期の調理のコツ
離乳食初期の調理を少しでも簡単に、負担を少なく進めるために覚えておきたいポイントがあります。

離乳食初期の調理のコツ1:調理器具セットやブレンダーを使う

離乳食初期の調理のコツ1:調理器具セットやブレンダーを使う
離乳食初期は、なめらかになるまですり潰し食べやすくすることが必須です。そのために、すりおろし、すり潰し、裏ごしなどができる調理器具のセットやブレンダーを使います。特にブレンダーやフードプロセッサーは、食材を簡単にペースト状にできるので重宝します。

離乳食用のおすすめ調理器具セット:ピジョン 調理セット 離乳食用

ピジョン 調理セット 離乳食用

参考価格:2,470円(税込)
楽天で見る
amazonで見る

離乳食初期の調理のコツ2:電子レンジを使う

離乳食初期の調理のコツ2:電子レンジを使う
食材をすり潰す前の下ごしらえとして、茹でるか蒸すことで食材をやわらかくしなければいけません。離乳食初期のこの調理準備には、電子レンジでの加熱が便利です。まだまだ赤ちゃんが食べる量が少ない離乳食初期なので、使う食材もほんの少し。電子レンジでの加熱は時短になります。耐熱容器やシリコン容器に水と切った野菜を入れて蓋をし、加熱するのですが、葉物は数10秒、芋類でも数分加熱すればすり潰すことができるくらいのやわらかさになります

離乳食初期の調理のコツ3:ベビーフードを使う

離乳食初期の調理のコツ3:ベビーフードを使う
離乳食を毎食作るのは大変です。時間のない時や疲れている時、体調の悪い時はもちろん、出かける時に持っていくには衛生的にも市販のベビーフードが安心です。赤ちゃんが食べやすい形状に調理されていたり、栄養を考慮して作られていたりと便利な育児アイテムなので、ママの手作りだけでなく赤ちゃん用のベビーフードの活用も選択肢に入れておきましょう。

離乳食初期のメニューの考え方

離乳食初期のメニューの考え方
調理や味付けの方法が限られている離乳食初期は、3つの基本をおさえておくとメニューを考えるのが楽になります。3つの基本とは、「1.おかゆに野菜などのペーストを加えてアレンジ。」「2.出汁を使ってのばしスープにしたり、ペーストの味付けを変える。」「3.野菜や魚のペーストやヨーグルトを混ぜて和え物にする。」です。離乳食初期は素材の持つ味をそのまま楽しむ時期ですが、風味や色味を変えることで赤ちゃんの興味をひき、味の変化も楽しめます。メニューを考える時はこの3つを思い出してくださいね。

離乳食初期に赤ちゃんに食べさせていい食材

種類 食材
炭水化物 米(10倍がゆ)、食パン、うどん、そうめん
タンパク質 かれい、ひらめ、たら、しらす
野菜・いも類 大根、人参、玉ねぎ、ブロッコリー、なす、トマト、とうもろこし、きゅうり、キャベツ、じゃがいも、さつまいも
果物 バナナ、いちご、りんご、もも、みかん、スイカ、メロン、なし
卵・乳製品 かたゆでした卵黄

赤ちゃんに初めて離乳食をあげる時は、消化に良いおかゆ(「おもゆ」とも言います)からあげてみましょう。初めの1週間はおかゆのみをあげてください。1週間が過ぎて新しい食材を食べさせたい時は、スプーン1さじを目安に試すようにしましょう。初めての食材を食べさせる時は、アレルギー反応が出ていないかの注意も忘れないようにしてください。

離乳食初期は赤ちゃんに卵を食べさせてはダメ?

2019年に改定された厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」で、しっかりと火を通した卵黄は離乳食初期から赤ちゃんにあげていいと変更されました。これまで離乳食初期には「卵などのアレルギー反応が出てしまう可能性のある食材」を赤ちゃんにあげるのは控えましょうとされてきましたが、少量の卵黄を離乳食初期の赤ちゃんに与えるのは卵アレルギー対策になることがわかりました。ただし、卵黄を赤ちゃんに食べさせる際は、20分以上ゆでてしっかりと熱が通った卵の卵黄を、ほんの少量だけあげるようにしてください。

離乳食を進める時のポイント!

離乳食を進める時の心得!
離乳食初期はスムーズに進むことばかりではありません。離乳食を始める前に、これだけは心の片隅においておきましょう。

離乳食のポイント1:離乳食のペースは赤ちゃん次第

ついつい急いでしまいがちな離乳食ですが、食べることが好きな赤ちゃんもいれば、不得意な赤ちゃんもいます。焦らずに赤ちゃんのペースに合わせて進めてください。

離乳食のポイント2:赤ちゃんの体調や様子をよくみる

赤ちゃんの体調が悪い時は無理に離乳食は与えずに、ミルクや母乳で十分です。また、アレルギー症状が出てしまうと大変なので、食べた後も赤ちゃんの様子や体調を気にかけておきます。

離乳食のポイント3:赤ちゃんが離乳食を楽しめるような環境を整える

赤ちゃんにとってもパパママにとっても初めてのことだらけな離乳食初期なので、楽しく進められるように準備をしましょう。例えば、調理器具を購入したり、使いやすい食器やスタイを用意したりといったアイテムの準備です。離乳食の開始時期や食べる量、進む早さは赤ちゃんごとに違います。離乳食初期はゴックンと飲み込む練習をする時期です。「自分で食べる」ことが身につくよう、焦らず急がず、食べるって楽しい! と思えるように笑顔で進めていきましょう

関連記事

赤ちゃんの離乳食用の食器おすすめ18選! 素材や用途別に紹介
よだれかけを賢く選ぼう! 月齢別、タイプ別のおすすめスタイ11選

まとめ:離乳食初期は赤ちゃんのペースで焦らず進めましょう

まとめ:
育児はパパママの思った通りにいかないものですが、離乳食も例外ではありません。離乳食の中でも特に初期は、赤ちゃんによって進め方に個人差が出るでしょう。育児の参考書に書かれているペースより遅いこともありますが、焦らずに赤ちゃんのペースに歩み寄ることが大切です。赤ちゃんと一緒に食事ができる幸せをかみしめて、食べる楽しさを教えることから始めましょう。

関連記事

赤ちゃんとの外食どうしてる? おすすめレトルト離乳食と離乳食があるレストラン、スポット