赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介

離乳食はいつからはじめるの?

離乳食はいつからはじめるの?
離乳食は、離乳初期、中期、後期、完了期の4つのステップで進めていきます。離乳食の最初のステップが離乳初期(ゴックン期)です。離乳食の開始時期は生後5、6ヶ月が目安とされていますが、赤ちゃんの成長には個人差があるので、赤ちゃんの成長を見て離乳食を開始しましょう。離乳食を開始する赤ちゃんの成長目安は「一人でお座りできる」、「パパママがご飯を食べているのを見て、赤ちゃんが口をパクパクさせたり食べたがる様子が見られる」などがあげられます

赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんの離乳食はいつから、どう進めればいい? 離乳初期、離乳中期、離乳後期、離乳完了期それぞれを紹介!
赤ちゃんが生後5ヶ月、生後6ヶ月になった頃から離乳食はスタートします。ちょうど下の前歯が生えはじめる頃ですね。しかし、初めて子育てをするママは初めての離乳食でどんなものを食べさせればいいのか、不安ですよね。この記事では離乳食の基本的な内容を離乳初期、中期、後期、完了期に分けてご紹介します。
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 離乳食や夜泣き対策は?
生後5ヶ月の赤ちゃんの成長と発達の特徴! 離乳食や夜泣き対策は?
赤ちゃんが生後5ヶ月になると離乳食の準備や夜泣きの始まりなど、今までと違った悩みが一気に増えませんか? 赤ちゃんのお世話をするパパママは、毎日睡眠不足が続くことは珍しくありません。今回は生後5ヶ月の成長と発達、離乳食を始めるタイミングや夜泣き対策など解説します!

赤ちゃんの離乳初期の進め方

離乳初期の進め方
赤ちゃんに小さな歯が生えはじめる生後5ヶ月~6ヶ月が離乳食をスタートする時期です。まず、何から食べさせたら良い? どう調理すればいい? パパママにとっても初めてがいっぱいの離乳初期をどのように進めていけば良いのでしょうか?

離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
離乳食の10倍がゆの作り方は? 炊飯器や電子レンジで簡単に作る方法を紹介
赤ちゃんの初めての離乳食は「10倍がゆ」をあげます。ただ、10倍がゆと聞いてもいまいちイメージできないですよね。10倍がゆとは何なのか、簡単な作り方、赤ちゃんへあげるときのポイントなども紹介します。
子供が野菜などの食べ物を嫌うのはなぜ? 好き嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
子供が野菜などの食べ物を嫌うのはなぜ? 好き嫌いを減らすには? 保育士がアドバイス!
皆さんのお子さんは野菜嫌いになっていませんか? 野菜嫌いでママはイライラしていませんか? 子供はなぜ野菜嫌いになるのか、どうすれば野菜嫌いを解決できるのか? 保育士経験のあるママライターが、保育園での食事を参考に楽しい食事を目指すためのコツをご紹介します。

離乳初期の進め方:1ヶ月目

離乳初期の進め方:1ヶ月目
初めての離乳食には、消化に良いおかゆがおすすめです。離乳初期の赤ちゃんは、大人のようによく噛んでから飲み込む食べ方ができません。離乳初期は、赤ちゃんが離乳食を飲み込みやすいように、食材をよくすり潰してからあげるようにしましょう。離乳初期は「ゴックン期」とも呼ばれ、赤ちゃんは口に入れたものをそのまま飲み込むのでポタージュのようになめらかに調理します。離乳初期のおかゆは10倍がゆと呼ばれ、お米の形状はほとんど残らないほど細かくすり潰します。離乳食初日はスプーン小さじ1杯からスタートし、少しずつ量を増やしていきましょう

離乳初期の1ヶ月目は1日1食が離乳食(1回食)です。離乳食の他に、母乳やミルクも欲しがるだけあげてください。最初の1週間でおかゆに慣れたら、2週目には野菜にチャレンジしてみましょう。離乳初期に食べさせる野菜は、とろとろに潰すことのできるものを選びます。野菜ペーストを使い彩りよく盛り付けると、赤ちゃんもパパママも楽しんで食事ができるかもしれません。赤ちゃんにアレルギー症状が出てしまった時に原因となる食材が割り出せるように、離乳食に新しい食材を取り入れるなら1日1種類にしましょう

離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンの選び方! 離乳初期・中期・後期・完了期のおすすめ14選
離乳食スプーンは、素材やサイズ、デザインなど種類が豊富に販売されています。離乳食をパパママが食べさせるのか、赤ちゃんが自分で食べるのかによっても選ぶ離乳食スプーンは変わってきますよね。離乳食スプーンの選び方やリッチェルやコンビなどおすすめ商品をご紹介します。
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
生後6ヶ月の赤ちゃんの発達 体重や身長はどのくらい? 生後6ヶ月の育児のポイントも紹介
0歳も半分が過ぎる生後6ヶ月。できることも増えてきますが、寝返りやおすわりができないことに悩んでいませんか? 同じ月齢の赤ちゃんの成長する姿を見ると「うちの子はどうかな?」と心配になりますよね。生後6ヶ月の赤ちゃんの成長発達の目安やお世話のポイントを詳しく解説します!

赤ちゃんにアレルギー反応が出たかどうかはどう判断する?

アレルギー反応の目安は赤ちゃんの口元が赤くなったり、発疹が出たり、呼吸が苦しそう、こういった症状が出た場合はアレルギーを疑いましょう。下痢や嘔吐などの症状がでることがありますが、アレルギー反応には個人差があります。アレルギー反応が出たときに、すぐに赤ちゃんを病院に連れて行けるよう離乳食は午前中にあげるようにするのがおすすめです。

食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーがある子供の離乳食はどうする? アレルギー対応のおすすめベビーフードを紹介
食物アレルギーをもつ赤ちゃんや子供がいるママは、離乳食作りも大変になりますよね。そんなときにママを助けてくれるのが、アレルギー対応のベビーフード。外出時にも活躍するのでぜひ活用してください!
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

離乳初期の進め方:2ヶ月目

離乳初期の進め方:2ヶ月目
2ヶ月目も離乳初期にあたりますので、食材をすり潰して飲み込みやすくすることは変わりませんが、これまでよりも少しだけ粗く潰します。赤ちゃんが離乳食を嫌がらずに食べることができていたら、離乳食を2回食(1日2食)に増やしましょう。食事のリズムを覚えるためにも、パパママと同じ朝ごはん・昼ごはんのタイミングに離乳食をあげるのがおすすめです。離乳食の1ヶ月目と同様、ミルクや母乳は赤ちゃんが欲しがるだけあげましょう。また、2ヶ月目は白味魚や豆腐のようなタンパク質を取り入れてみましょう。たらやしらすには塩分が多く含まれているので、塩抜きをしてから調理をすることをお忘れなく。赤ちゃんが少しずついろいろな味や食感を覚えていくのが2ヶ月目なのです。

【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
生後5、6ヶ月は離乳初期ですが、生後5ヶ月から離乳食をあげている場合は、生後6ヶ月に2回食へ進めることができます。生後6ヶ月の2回食の進め方やスケジュール、注意点、おすすめレシピなどを紹介します。
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ? 食べてくれない原因と8つの対策方法を紹介!
赤ちゃんが離乳食を食べてくれないとパパママは「赤ちゃんの栄養は足りているの?」、「成長に支障はないの?」など不安になりますよね。こちらの記事では赤ちゃんが離乳食を食べてくれない原因や対策方法をご紹介します。
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食のしらすはいつからOK? 初期の注意点・塩抜き・冷凍保存・レシピも紹介
離乳食はお粥や野菜からスタートしますが、徐々に魚や豆腐からタンパク質を取る必要がありますよね。しらすは栄養素も豊富で、離乳食にぴったりの食材です。しらすはいつからあげていいでしょうか? アレルギーや塩抜き、冷凍保存方法、レシピもご紹介します。

次のページでは離乳初期のメニューや食べさせていい食材、調理方法についてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!