妊娠初期のおりものはどう変化する? 茶色や卵白状のおりものは大丈夫?

妊娠初期のおりものに変化はある?

妊娠すると、いろいろな体の変化が目に見えて現れてくるようになります。おりものの変化もその一つ。そもそも「おりもの」とは子宮・膣・汗腺からの分泌物が混じり合った液体で、膣の中をきれいに保つのをサポートしています。子宮や膣から分泌されるおりものに変化があると、赤ちゃんに何かあったのではないかと不安になるかもしれませんね。しかし妊娠初期におりものの量が増えたり、色やにおいに変化があるのは一般的なことなので不安になりすぎないでください。

おりものの変化は、妊娠中に増える女性ホルモン「エストロゲン」の分泌と深い関係があります。エストロゲンは赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜を厚くする働きを持ち、妊娠するとさかんに分泌されるようになります。増加するエストロゲンの影響を受け、おりものは水っぽく、とろみのある形状に変化し、量が増えていくのです。

妊娠初期症状はいつから? チェックリストや生理前との違い、おりものの変化について紹介
妊娠初期症状はいつから? チェックリストや生理前との違い、おりものの変化について紹介
いつもと違って体調がすぐれないと「もしかして妊娠?」と感じることもあるでしょうか。妊娠初期症状の特徴をチェックリストで確認してみましょう。生理の時の症状の違いやおりものの変化など、妊娠初期に見られる特徴を詳しくご紹介します。

生理前のおりものと妊娠直後のおりものの違い

一般的に生理前のおりものは白濁色で粘り気があり、生理が始まる前までに量は少なくなっていきます。しかし妊娠中は、エストロゲンの影響を受けておりものは分泌され続けます。生理予定日が近づいてもおりものの量が多いことに戸惑い、妊娠の可能性に気づく人もいるかもしれませんね。
妊娠直後は、粘り気があり白や透明のおりものが増えることが多く、色やにおいが変化する場合もあります。ただし妊娠初期のおりものの変化には個人差があります。どのように変化するかは人それぞれですし、「妊娠しても普段と変わらなかった」という人もいます。おりものに変化がなかったとしても、生理が予定日より1週間以上遅れることがあれば、一度市販の妊娠検査薬で確認をするか、病院を受診しましょう。

出産後の生理はいつから? 授乳中は再開しない?避妊は必要? 月経とホルモンの関係を解説
出産後の生理はいつから? 授乳中は再開しない?避妊は必要? 月経とホルモンの関係を解説
産後の生理の再開時期は個人差が大きく、早い人で産後2ヶ月~遅い人で産後1年以上となる場合もあります。生理の再開はママの体調や授乳頻度、ホルモンにも影響されます。詳しく見ていきましょう。

妊娠検査薬を使うタイミングは?

妊娠検査薬は、使うタイミングを間違えると正しい検査結果が表示されないことがあります。妊娠検査薬は、妊娠によって分泌されるhCGというホルモンが尿中に含まれているかどうかを検出し、妊娠の可能性を判断します。hCGは妊娠直後から徐々に分泌され始め、生理予定日を過ぎた頃に急激に増加します。このため生理予定日やその前に検査をしてもhCGがわずかしか検出されないのため、妊娠していたとしても陰性になる可能性があります。正しい結果を得るために、生理予定日の1週間後以降に使用するようにしましょう。

市販の妊娠検査薬はどれがおすすめ? フライング検査は可能? タイプ別に妊娠検査薬を紹介!
市販の妊娠検査薬はどれがおすすめ? フライング検査は可能? タイプ別に妊娠検査薬を紹介!
「妊娠したかも?」と気になって、いざ市販の妊娠検査薬を選ぼうとしても「たくさんありすぎて、どれがいいか分からない」と迷ってしまう人も多いでしょう。妊娠検査薬をタイプ別に紹介します。
妊娠検査薬で陽性がわかるのはいつ? 偽陽性・偽陰性・化学流産とは?詳しく解説
妊娠検査薬で陽性がわかるのはいつ? 偽陽性・偽陰性・化学流産とは?詳しく解説
生理が遅れたとき「妊娠したのかも?」と心当たりのある人は、妊娠検査薬を使える時期がいつからか気になりますね。妊娠検査薬の結果が陰性から陽性になることも、陽性なのに妊娠していない場合もあるのです。検査薬の正しい使い方や産婦人科に行く目安を分かりやすく解説します。

妊娠初期のおりものの状態

おりものが普段と違う形状になったり匂いが変わったりすると、はっきりとした理由がわかるまでは不安になりますよね。おりものの変化は妊娠に伴う通常の変化である場合と、体がSOSを示している要注意の状態の場合があります。

妊娠中のおりもの1:水っぽい・卵白状のおりもの

一般的に妊娠すると、水っぽく卵白状・またはゼリーのようなおりものが増えていきます。妊娠初期によく見られるおりものの変化です。基本的にあまり心配することはありませんが、急に変化した場合であったり、気になることがあれば念のため産婦人科を受診しましょう。

妊娠中のおりもの2:黄色い・においが強いおりもの

おりものが黄色~黄緑色でにおいが強い場合は、デリケートゾーンが何らかの細菌に感染した、もしくは性病の可能性も考えられます。過度なストレスや睡眠不足は体の免疫機能を低下させ、細菌に感染するリスクが高くなります。すぐに産婦人科を受診しましょう。

妊娠中のおりもの3:ポロポロしたカスがあるおりもの

おりものが白く濁ってポロポロとしたカス状になっている場合、何らかの細菌に感染し、炎症を起こしている可能性があります。特に強いかゆみを伴う場合は、膣カンジダや膣トリコモナス症などの疑いがあります。妊娠中に炎症がひどくなると切迫流産を引き起こす危険性もあるため、早急に産婦人科を受診してください。

茶色いおりもの

ピンク色や赤、茶色いおりものは血が混ざっていることが考えられます。少量の出血は妊娠初期によくあることなので必ずしも心配な状況とは限らないのですが、腹痛を伴う場合には流産や切迫流産の危険性があります。すぐに産婦人科を受診しましょう。

腹痛のある出血の場合は病院へ

おりものに血が混ざっていると、一気に不安になってしまいますよね。実は妊娠中の出血は比較的多く見られる症状です。特に妊娠初期に見られるピンク色や茶色いおりものは、「月経様出血」または「着床出血」という受精卵が着床したときに子宮内膜が傷ついて起こる出血がおりものに混ざって起こるもので、妊娠の兆候の1つとして考えられています。
月経様出血のように少量ですぐに止まる出血であれば問題がないことが多いですが、腹痛を伴う場合は流産や切迫流産の危険性、また異常妊娠である可能性もあります。すぐに産婦人科を受診してください。

次のページではおりものへの対処法やおすすめグッズを紹介します!

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!