子供の足の痛みは成長痛が原因かも? 症状や対処法、出やすい年齢、病院の受診目安を紹介

成長痛って? 子供の足の痛みは成長痛が原因? 症状や対処法、出やすい年齢、病院の受診目安を紹介

子供の成長痛の特徴

子供の成長痛の特徴
幼児期から思春期にかけて、成長期の子供に見られる下肢痛(足の痛み)を成長痛といいます。成長痛にはどのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

子供の成長痛の症状は?

子供の成長痛の症状は?
成長痛の症状は、夕方から夜間にかけて膝や足首など足のどこかしらに痛みが現れます。中には、痛みで泣いたり、眠れなくなったりしてしまう子供もいます。

成長痛の足の痛みは、週に数回、または月に数回など不定期に繰り返されるのが特徴です。痛み自体は一時的なもので、痛みを感じた翌日には痛みがなくなり、子供がケロッとしていることも少なくありません。

成長痛で最も痛みが現れやすいのは膝ですが、痛む場所はいつも同じではなく毎回変わります。成長痛の場合、痛む場所に骨の異常や怪我があるわけではなく、レントゲンで調べても特に問題は見当たりません。

成長痛は、長くて数年間続く場合もありますが、時間が経過するにつれて自然と症状は見られなくなっていきます。

子供の成長痛は何歳から何歳までの子供に見られる?

子供の成長痛は何歳から何歳までの子供に見られる
成長痛は、2~3歳頃から12歳頃の子供に症状が見られます。中でも、3~5歳頃の子供に成長痛の症状が現れることが多いです。

子供の成長痛の原因は?

子供の成長痛の原因は?
「成長痛」とは言うものの、成長するにつれて骨に痛みが発生するという医学的根拠はなく、成長痛のはっきりとした原因は今のところわかっていません。

一説では、成長期の子供の足は未発達なため、活動的に動くことで足の筋肉疲労を起こし、痛みを引き起こす原因になっていると言われています。

また、子供が感じたストレスが原因で成長痛が現れる、という説もあります。子供のストレスと言うと、パパママに対する甘え不足や欲求不満が原因だと安易に考えてしまいがちですが、ストレスの原因はそれだけではありません。幼児期の子供にとって、保育園・幼稚園での団体生活や、お風呂や歯磨きなどやらなければいけない毎日の習慣も、ストレスとなってしまっている場合があります。

幼児期を過ぎて児童期になれば、学校での友達や先生との関係、勉強、習い事、親子関係などが新たなストレスの原因となり、成長痛を引き起こす可能性があると考えられているのです。

子供の成長痛の対処法は?

子供の成長痛の対処法は?
子供が成長痛で足を痛がっている場合、パパママにできる対処法をご説明します。

お風呂に入って温める

足の疲労が成長痛の原因になっていることも考えられるため、お風呂に一緒にゆっくりつかって、子供の足を温めましょう。痛みを感じる部分をお風呂の中で優しくさすってあげるのも効果的です。

痛む場所をさすったりマッサージしたりする

痛みを感じる場所を優しくさすり、軽くマッサージしてあげましょう。パパママの手で優しくさすってもらうことで、子供は気持ちが安らぎ、痛みが緩和される場合があります。

ストレッチを行う

パパママが子供にストレッチをしてあげるのも、成長痛の痛みや不快感を和らげるのに効果的です。

子供を仰向けに寝かせて、足裏を起こすように15秒ほど押してあげたり、子供の膝を伸ばした状態で足を上に15秒ほど持ち上げてあげたりしてストレッチをします。

今度は子供をうつ伏せにして、膝を真上に曲げさせ足裏を床方向に15秒ほど押してあげたり、膝を曲げた状態で太ももを持ち上げてあげたりしてストレッチを行いましょう。

それぞれのストレッチを、左右それぞれ15回くらいずつ行います。子供が痛くない程度の力をかけてストレッチを行うことが大切です。

親子のスキンシップを増やす

成長痛の原因にストレスが関係していることも考えられるため、今まで以上に子供とのスキンシップを増やすことで痛みに改善が見られることもあります。先ほどご説明した通り、パパママが優しく子供の足のマッサージやストレッチをしてあげることも効果的です。

それ以外にも、普段から子供と手をつないだり抱きしめたりといったふれあいを積極的に増やして、子供の甘え不足や欲求不満を満たしてあげましょう。

病院を受診した方がいい症状は?

病院を受診した方がいい症状は?
成長痛の場合は、痛む場所がその都度異なり昼間は痛くないのが特徴で、緊急で受診が必要ではない場合がほとんどです。

しかし、痛みが日中も続いたり、いつも同じ場所が痛んだりして成長痛と異なる症状が見られる場合には、早めに医師に診てもらう必要があります。

子供の足に痛みがある場合、まずは普段行っている小児科で診てもらい、さらに整形外科を受診する必要があるかどうか医師の判断を仰ぎましょう。

病院でも診察が必要となる足の症状には以下のようなものがあげられます。

腫れや熱っぽさを伴う炎症性の痛みがある場合

外傷、ウイルスなどの感染、成長軟骨の損傷、小児関節リウマチ(膝や足の関節などに腫れが見られる)、白血病や骨肉腫などの悪性腫瘍などの可能性があります。

通常の歩行が困難になるような痛みがある場合

成長軟骨の損傷、単純性股関節炎(股関節が痛み歩行に支障が出る)、ペルテス病(大腿骨部分の血行障害により、股関節に痛みを生じる)などの可能性があります。

足の関節が痛む

アレルギー性紫斑病(膝下部分をはじめとして手足に赤色や紫色の発疹が出る)の可能性があります。その他にも、何らかの病気である可能性があるため、精密検査が必要です。

まとめ

まとめ
成長痛は、夜になると足の痛みが現れるのが特徴で、数年単位で症状が続く場合もありますが、時が経つにつれ自然と痛みはおさまっていきます。

しかし、子供にとって成長痛の不快感や痛みはつらいものなので、パパママは優しくさすったりマッサージをしたりして子供の痛みを和らげてあげましょう。子供のストレスを減らすことで症状に改善が見られる場合もあります。

ただし、足の痛みをすべて成長痛と判断して放置するのは危険です。子供が毎日継続的に痛みを訴える場合は、早めに病院の医師に診てもらうようにしてくださいね。

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
2歳児の育児が大変…毎日夜泣き…暴れる・泣き叫ぶのはなぜ? ママたちの体験談も紹介
2歳児の育児が大変…毎日夜泣き…暴れる・泣き叫ぶのはなぜ? ママたちの体験談も紹介
朝までぐっすり寝てくれていたのに、2歳を過ぎてから急に夜泣きするように。しかも1回2回ではなく毎日…正直ママもしんどいですよね。どうすれば夜泣きしなくなるのか、2歳児の夜泣きの原因とともに改善策を紹介していきます。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!