帝王切開での出産になる理由って? 手術の流れや疑問をクリアにしよう!

帝王切開での出産になる理由って? 手術の流れや疑問をクリアにしよう!

帝王切開ってどんな出産方法なの?

帝王切開ってどんな出産方法なの?
帝王切開は、お腹と子宮を切って赤ちゃんを取り出す出産方法です。麻酔をした状態で手術を進めます。

帝王切開での出産になるっていつ決まる?

帝王切開での出産になるっていつ決まる?
帝王切開での出産には、「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2パターンがあります。

予定帝王切開

予定帝王切開は、出産予定日より前に帝王切開で出産すると決めて出産します。

ただし、帝王切開は、無痛分娩のように妊婦さんが自由に選べる出産方法ではありません。経膣分娩が難しい場合に帝王切開での出産になるパターンが基本です。そのため、妊娠初期、中期などの早い段階では、一部のケースを除き、帝王切開になるかどうかわかりません。

出産予定日が近付いてから帝王切開にするかどうかが決まります。予定帝王切開になる理由については、後ほど詳しく紹介しますね。

緊急帝王切開

緊急帝王切開は、分娩が始まってから帝王切開になることです。何らかのトラブルで、このまま経膣分娩での出産が難しいと判断された場合に、緊急的に帝王切開に切り替わります。

出産中は何が起こるかわからないため、誰にでも緊急帝王切開での出産となる可能性はあります。

予定帝王切開になる理由って?

予定帝王切開になる理由って?
予定帝王切開になる理由に加えて、帝王切開だと決まる時期もそれぞれ紹介します。どれも予定帝王切開となりやすいケースですが、病院の方針やママの状態によっては帝王切開にならないこともあります。

逆子

逆子(骨盤位、横位)の場合、予定帝王切開となるケースが多いようです。

赤ちゃんの頭が下を向いていると、赤ちゃんは1番大きな頭から産道を通って生まれてくることができます。しかし、逆子だと足から産道に入るため、子宮から出る際に足や腕が引っ掛かったりへその緒が赤ちゃんに絡んだりしてしまうなど、出産のリスクが高まります。そのため、逆子の場合は、安全に出産できるように予定帝王切開での出産になるケースが多いのです。

お腹の赤ちゃんは子宮の中で動いています。妊娠34週目くらいまでは逆子が直ることもあるため、予定帝王切開での出産決定とはなりません。妊娠34週目以降、子宮内で赤ちゃんが回転するスペースがないくらい成長してから、帝王切開かどうかが決まります。

ただし、病院によっては妊娠38週目まで様子を見ることもあります。手術前に逆子が直ったら経膣分娩に変更となるケースもあるため、予定帝王切開になるかどうかは病院に相談しましょう。

双子以上の妊娠

双子以上の赤ちゃんを妊娠している場合、帝王切開でしか出産できない病院もあります。お腹の中にいる赤ちゃんがふたり以上でも、産道を通って生まれてくるのは1人ずつです。後に生まれる子のリスクを考え、双子以上は帝王切開となる可能性が高いでしょう。

しかし、赤ちゃんもママも元気で逆子でないなど、いくつかの条件をクリアすれば、経膣分娩で出産できるケースもあります。双子で経膣分娩を望む場合は、可能かどうかを病院に確認してみましょう。

また、三つ子以上になると、ほぼ帝王切開での出産です。

赤ちゃんの頭がママの骨盤より大きい

骨である骨盤は子宮や赤ちゃんの頭部と違って自在に変形できません。そのため、赤ちゃんの頭がママの骨盤を通らない場合は帝王切開での出産になります。

出産予定日が近くなると、レントゲンを撮って赤ちゃんの頭がママの骨盤より大きくないかを確かめ、その結果で帝王切開になるかどうかが決まります。

重度の妊娠高血圧症候群

「妊娠高血圧症候群」は簡単にいうと、妊娠中に高血圧となることです。症状が軽い場合は自宅で安静にして様子を見ますが、症状が重いと入院することもあるでしょう。

妊娠高血圧症候群は、血流が悪くなって酸素や栄養が十分に届かないなど、お腹の赤ちゃんにも影響する可能性があります。また、出産すると症状が良くなるのも、妊娠高血圧症候群の特徴です。

そのため、ママの症状が重度だったりお腹の赤ちゃんの成長が悪かったりすると、帝王切開となる可能性が高まります。

胎盤が子宮口をふさいでいる

胎盤は、お腹の赤ちゃんが成長するために必要な臓器です。お腹の赤ちゃんに栄養や酸素を届けたり、赤ちゃんから老廃物や二酸化炭素を排出したりといった役割があります。その胎盤が子宮口をふさいでしまう位置にあることを「前置胎盤」といいます。前置胎盤だと赤ちゃんが子宮から出ることができず、予定帝王切開となるケースがほとんどです。

胎盤の位置が低いだけで子宮口にかかっていないなら経膣分娩できますが、出産時に大量出血を起こしやすいリスクがあります。胎盤がはがれて大量に出血した場合、緊急帝王切開に切り替わるでしょう。

「前置胎盤かもしれない」と診断されても、妊娠週数が進むにつれて胎盤が上がる可能性もあります。そのため、帝王切開になるかどうかは妊娠31週~妊娠34週を目安に決まるでしょう。

そのほか

そのほか、何らかの病気などでママや赤ちゃんが出産の負担に耐えられないと判断されると、予定帝王切開となります。ママが感染症にかかっている場合も、母子感染防止のために予定帝王切開となるでしょう。

また、ママが高齢初産なら、難産になりやすいことを理由に帝王切開をすすめられることが多いでしょう。高齢出産が必ずしも帝王切開となるわけではありませんが、妊娠高血圧症候群や逆子など、これまで紹介したケースにも同時に当てはまるなら、帝王切開の可能性が高まります。

そのほか、妊娠41週までの正産期を過ぎそうな場合、促進剤を使って陣痛を促し、それでも陣痛がこないと帝王切開で正産期内の出産を目指すでしょう。

ふたり目以降の出産で、前回が帝王切開だった場合も、帝王切開となる可能性が高くなります。そのケースについては後に詳しくお伝えします。

緊急帝王切開になる理由って?

緊急帝王切開になる理由って?
続いて、緊急帝王切開となるケースを紹介します。緊急帝王切開は文字通り緊急事態です。経膣分娩の際に、どういった状況になれば緊急帝王切開になるのか、ポイントを押さえておきましょう。

赤ちゃんの元気がなくなる

出産は、陣痛やママのいきみだけでなく、赤ちゃん自身の生まれてくる力も重要です。そのため、出産中に赤ちゃんの元気がなくなり、産道を通るのが難しいと判断されると緊急で帝王切開となります。

たとえば、破水後にへその緒が赤ちゃんより先に子宮口から出てしまうと、赤ちゃんに酸素がいかず危険な状態に陥る可能性があるため、緊急帝王切開となるでしょう。

分娩が長引いている

経膣分娩にかかる時間は人それぞれです。1~2時間のスピード出産もあれば、1日以上かかる難産もあります。そして、分娩時間が長くなった時に心配されるのが、ママや赤ちゃんの体力です。分娩が長引いているとされる目安は、初産婦で30時間、経産婦で15時間以上です。

陣痛が弱かったり子宮口が硬かったりといったさまざまな理由で分娩が長引き、2時間以上も進行しない状態を「分娩停止」といいます。分娩停止となった原因の解決が難しいと判断されると、緊急帝王切開で赤ちゃんを取り出します。

分娩停止の時点で赤ちゃんが十分に降りていれば、帝王切開でなく鉗子や吸引で引っ張っての出産となるでしょう。

胎盤の機能が低下

分娩中に赤ちゃんに栄養や酸素を送る胎盤の機能が低下すると、赤ちゃんが危険なので緊急帝王切開となります。

そのほか「常位胎盤早期剥離」も緊急帝王切開となる原因のひとつです。

先にお伝えした前置胎盤に対して、正常な胎盤の位置を「常位胎盤」といいます。通常は出産後に剥がれ落ちる胎盤が、出産前に剥がれるのが常位胎盤早期剥離です。常位胎盤早期剥離は、赤ちゃんの状態が急激に悪くなる可能性があるほか、ママの大量出血につながることもあるため、緊急帝王切開となります。

予定帝王切開前の陣痛、破水

予定帝王切開の出産日は、もともとの出産予定日より2週ほど前、妊娠38週前後に設定されます。それは、帝王切開の予定日より前に、陣痛や破水が起こって出産が始まらないようにするためです。

しかし、時には帝王切開を予定していた日よりも早く、陣痛や破水が起こります。その場合は緊急帝王切開です。予定帝王切開の手術日が早まったといえるケースですね。

そのほか

これまでに紹介した理由以外にも、お腹の赤ちゃんやママの状態が悪ければ緊急に帝王切開となります。赤ちゃんとママが分娩を続けられない状態の時に、危機回避のために緊急帝王切開になると考えておきましょう。

帝王切開で出産すると次の出産も帝王切開になる?

帝王切開で出産すると次の出産も帝王切開になる?
結論からいうと、帝王切開で出産しても、次の妊娠時に帝王切開になるとは限りません。ただし、帝王切開になりやすいのは確かです。

帝王切開では子宮を切って赤ちゃんを取り出すため、どうしても子宮に傷が残ります。その傷に胎盤が癒着するケースが多く、癒着した状態での経膣分娩は子宮破裂の可能性が高くなります。そのため、帝王切開の次の出産も帝王切開となるケースが多いのです。

帝王切開での出産の流れは?

帝王切開での出産の流れは?
予定帝王切開の流れを紹介します。前もって帝王切開の流れを知っておくと、当日の不安も軽減されるでしょう。

同意書を提出

帝王切開は手術になるため、事前に同意書の提出が必要です。入院当日に署名済みの同意書を持参するのが一般的です。帝王切開の手術と麻酔に対する同意書がそれぞれ必要な場合もあります。事前に、帝王切開についての説明をしっかり聞いて、疑問点をクリアにしておきましょう。

手術室に移動

手術当日は、術着に着替えるなどの準備をしてから手術室に移動します。経膣分娩と大きく違うのは、アクセサリーなどの付属品を全て外す必要がある点です。結婚指輪やピアス、ネイルは外しておきましょう。

また、経膣分娩でも緊急帝王切開となる可能性があります。緊急帝王切開の時にむくんで指輪が抜けないと、指輪を切断して外すことがあります。念のため、出産時は結婚指輪を外しておきましょう。

手術前の処置

体温や脈拍をチェックし、血管確保のために点滴を行います。手術布が掛けられ、血圧計や心電図のセット、導尿が行われます。

麻酔

手術の前に麻酔を行います。帝王切開の場合、意識がなくなって眠った状態となる全身麻酔ではなく、硬膜外麻酔や腰椎麻酔(ようついますい)といった局所麻酔を使うのが一般的です。横を向いた状態で背骨を丸め、腰のあたりに麻酔を打ちます。

切開

麻酔が効いた後は、お腹と子宮をそれぞれ切開します。予定帝王切開は横に切るのが一般的です。横切開は下腹部を切るため、帝王切開の傷口は下着に隠れて普段は見えません。緊急帝王切開は、手術時間が短くなる縦切開が多いでしょう。

赤ちゃんが誕生

切開した子宮から赤ちゃんを取り出します。赤ちゃん誕生の瞬間ですね。切開してから5分~10分ほどで赤ちゃんが誕生します。生まれてすぐの赤ちゃんと触れ合えるかどうかは、病院の方針にもよるので事前に聞いておきましょう。

傷口の縫合

赤ちゃんが誕生した後は、胎盤の処理を行ってから傷口を縫合します。子宮は溶ける糸で縫合し、お腹の傷には糸や医療用のステープラー、接着剤などが使われます。麻酔から傷口の縫合までは1時間ほどです。

ゆっくり休む

出産後はゆっくり体を休めましょう。手術直後は、麻酔がまだ効いているため起き上がれません。麻酔の効果が切れて自力で立ち上がれるようになるまでは、尿道カテーテルで導尿します。麻酔が切れてからも、一気に動かず、少しずつ体を動かしてみましょう。

帝王切開は、経膣分娩よりも入院期間が長引きます。退院後は、傷口が痛む状態で、授乳やミルク、おむつ替えといった赤ちゃんのお世話が始まります。入院期間中にゆっくり体を休めておくのも大切です。

次のページでは帝王切開の痛みや傷痕、かかる費用、赤ちゃん誕生の瞬間がわかるのか、帝王切開メリット・デメリットについてご紹介します。

続きを読む
緒方クリナ

緒方クリナ

初めての子育てに奮闘する、高齢出産の新米ママです。子育てをするなかで戸惑ったり悩んだりした経験をもとに、同じように子育てに悩むパパママの「困った」を解決する記事を書いていきたいと思います。