無痛分娩とは? 本当に痛みはないの? リスクや費用を徹底解説

無痛分娩とは?

そもそも無痛分娩とは?
初めてのお産を控えているママなら、出産する時はどのくらいの痛みが伴うのか分からず、とても不安になりますよね。その不安を解消する出産方法の一つが「無痛分娩」です。無痛分娩は本当に痛くないのか、どうやって行われるのか気になりますよね。そんな無痛分娩について、基礎から確認していきましょう。

無痛分娩の目的は出産時の痛みを和らげること

無痛分娩の特徴で大きなメリットは、自然分娩より少ない痛みでお産ができることです。痛みはまったくなくなることはありませんが、ひどい痛みを感じることなく出産できるのは痛みが苦手なママにはうれしいですね。体力の消耗が少なく分娩による疲労の回復が早いので、退院直後から始まる赤ちゃんのお世話に余力を残すことができます。また、ママが妊娠高血圧症候群になり、分娩の痛みで血流量や酸素量が不足してママにも赤ちゃんにも悪い影響がある場合は、ママの体調や状態を見て担当医が無痛分娩をすすめることもあります。

2つの方法がある

日本で行われる無痛分娩は代表的な2つの方法があります。

  • 硬膜外鎮痛法:分娩時の痛みが伝わる神経は背骨の中に集まっているので、背骨の中の神経が集まる脊髄(せきずい)に近い場所「硬膜外腔」に麻酔を注入し、痛みが脳に伝わるのをブロックします。この方法は無痛分娩以外の手術でも広く使われています。
  • 点滴からの鎮痛法:脊髄の近くに麻酔を打つ硬膜外鎮痛法に対して、点滴は静脈に麻酔を注入します。鎮痛効果は弱く、ママも赤ちゃんも眠くなったり呼吸が弱くなったりする症状が出ますが、点滴を中止すれば症状が治まるような一時的なことなので影響は大きくありません。

無痛分娩のお産の流れ

無痛分娩のお産の流れ
無痛分娩をするときは計画を立てて行います。

  1. 陣痛がおこる前の妊娠約30週目以降に、担当医と分娩日時を決める
  2. 分娩を決めた日の前日に入院し、午後には子宮口を広げるための前処置などを施す
  3. 無痛分娩当日の朝から血圧を測りながら点滴をし、陣痛促進剤の投与を開始後、硬膜外麻酔を始める
  4. 血圧をチェックしながらベッドで安静にする
  5. 分娩が始まるまでは食事をせず点滴で調整し排尿は管で行う
  6. 分娩が始まっても痛みが少ないために、いきむタイミングが分からない場合は、医師や助産師が手助けするのでその通りに行う
  7. 分娩終了後、分娩時の傷の縫合が終わったら硬膜外チューブを外す
  8. 麻酔の効果が消えた後の傷や後陣痛の痛みは、通常の痛み止めの処置を行う

産院により差はありますが、ほぼこのような流れで無痛分娩を行います。

無痛分娩について|やはたウィメンズクリニック

無痛分娩のリスクは?

無痛分娩のリスクは?
無痛分娩で起こりうるマイナス要素もきちんと確認しておきましょう。

  • 麻酔により、陣痛が弱まるなどの影響で分娩時間が長引く傾向にあります。
  • そのため、吸引や鉗子(かんし)などの器械を使う頻度が高くなります。
  • 足に力が入らない、尿意感が弱くなる、血圧が下がることがあります。
  • 体温が上昇することがあります。

無痛分娩を考える妊婦さんとご家族のみなさまへ|厚生労働省

次のページでは無痛分娩にかかる費用についてご紹介します。

続きを読む
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!