病気の時の離乳食は? 生後5~6ヶ月(離乳初期)のおすすめレシピ

病気の離乳食に注意! 生後5~6ヶ月(離乳初期)の食べさせ方

病気の離乳食に注意! 生後5~6ヶ月(離乳初期)の食べさせ方
赤ちゃんが病気になった時の離乳食は、作り方や与え方を普段より注意する必要があります。症状によっては食欲が落ちて少ししか食べないことや嫌がって食べない場合もあるでしょう。病気の離乳初期の赤ちゃんに離乳食を与える時、気をつけたいことを確認しましょう。

離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食は生後5ヶ月から? 離乳初期(生後5ヶ月、6ヶ月頃)の進め方や量、裏ごし、10倍粥の作り方は?
離乳食の開始目安は生後5ヶ月~6ヶ月頃とされていますが、具体的にはいつから始めればいいのでしょう? いざ始めても10倍粥や裏ごしなど、戸惑うことも。離乳初期の進め方やコツ、注意点なども紹介します。
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
赤ちゃんの離乳初期はどう進めればいい? 開始時期などの疑問や知っておくべきポイントを紹介
生後5ヶ月になったら赤ちゃんの様子をみて離乳食を開始しようと思っているパパママが多いのではないでしょうか。離乳食はいつから始めれば良いのか、離乳初期であげて良い食材の種類や量、離乳食の進め方についてご紹介します。

病状が落ち着くまで離乳食は控える

赤ちゃんが離乳食を食べてくれないと心配になるパパママも多いですよね。赤ちゃんが病気の時は離乳食を無理に食べさせようとすることよりもまずは症状が落ち着くことを優先しましょう。無理に与えてしまうことで赤ちゃんに負担がかかり、病気の回復を遅らせてしまうこともあります

まだミルクや母乳だけでも栄養を十分に摂取できる月齢なので、あまり離乳食を食べなくても心配しすぎる必要はありません。

脱水症状に気をつける

脱水症状に気をつける
赤ちゃんが病気の時に気をつけたいのは脱水症状です。嘔吐や下痢などの時は体から水分が大量に失われ、電解質であるナトリウムが減ってしまうと脱水症状を引き起こしやすくなります。また、生後5~6ヶ月の赤ちゃんは内容物の逆流を抑える筋肉も未発達なために胃逆流が起こりやすく「吐き戻し」が多いです。嘔吐に関しては特に多い時期でもあると言えるでしょう。

嘔吐の場合

吐いた直後に水分を与えるとさらに嘔吐してしまい、脱水症状が加速することもあります。嘔吐から2時間程時間を開けてから、乳幼児用経口補水液をスプーンやスポイトで一口ずつゆっくりと与えるようにしましょう。1回に50m~100mを目安に、赤ちゃんが欲しがるだけ与えてください。離乳食は吐き気が完全に治るまでは与えるのはやめましょう。

赤ちゃんの水分補給|わこちゃんカフェ

赤ちゃんが母乳やミルクを吐く! 飲む量が多過ぎた? 吐くのは何か病気なの? 詳しく解説
赤ちゃんが母乳やミルクを吐く! 飲む量が多過ぎた? 吐くのは何か病気なの? 詳しく解説
赤ちゃんがミルクや母乳を飲んだ後、吐くことを吐乳(とにゅう)といいます。また口の端からたらたらと漏れてしまうことを溢乳(いつにゅう)といいます。厳密にいうと吐乳と溢乳では原因も親がとるべき対処も違ってくるのです。今回は吐乳と溢乳の違いやその後の対応方法について解説します。

下痢の場合

母乳やミルクを与えているママはいつものペースで与えて構いません。水分を与える場合は、乳幼児用経口補水液を20m~30m程度から様子をみてあげましょう。赤ちゃんが欲しがる量だけ与えて大丈夫です。

離乳食はお粥など主食だけとし、下痢の症状が治りかけてきた時に通常の離乳食にすることで赤ちゃんの回復も早くなります。

赤ちゃんの下痢 うんちの色や回数、病院の受診目安は? 離乳食はどうする?
赤ちゃんの下痢 うんちの色や回数、病院の受診目安は? 離乳食はどうする?
母乳やミルクしか飲んでいない赤ちゃんはうんちもゆるく回数も多いため、下痢をしているのか、健康なうんちなのか悩んだことはありませんか? 赤ちゃんが下痢の時は、病気に感染している可能性もあります。うんちの色や回数、注意点、離乳食はどうしたらいいか、病院を受診する目安などを紹介します。

1日の目安量にこだわらない

赤ちゃんが1日の目安量を食べてくれないと栄養面で心配になりますよね。しかし、まずは病気を治すことが最優先なので離乳食のスケジュールにこだわらなくても問題ありません。

生後5~6ヶ月の離乳初期の赤ちゃんにとっての離乳食は、食べ物を飲み込む練習の時期ですので、与えない日、量が少なくなっても心配いりません。離乳食は体作りのメインとなる栄養だととらえずミルクや母乳が摂取できていたら大丈夫という気持ちでいましょう。

病気別の離乳食|生後5~6ヶ月(離乳初期)おすすめレシピ

病気別の離乳食|生後5~6ヶ月(離乳初期)おすすめレシピ
赤ちゃんの症状別に離乳食のおすすめレシピを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

下痢をしている

下痢の時に離乳食を進める場合は脱水症状に気をつけて水分補給をしっかりと行いましょう。水分が十分に取れている場合に胃腸に負担をかけない離乳食を与えます。消化の良いやわらかいお粥、うどんなどから始めるといいですね。

豆腐と10倍粥

材料は10倍粥と豆腐のみ。大豆でできている豆腐は良質なタンパク質を豊富に含んでいて消化も良いので、胃腸が弱っている下痢の時には助かる食材です。豆腐は茹でると少し弾力が出てしまいますので細かく刻むようにすると赤ちゃんも食べやすいですよ。

豆腐のお粥*10倍粥

離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食の豆腐はいつから? 量は? 高野豆腐についてやレシピも紹介
離乳食に豆腐はいつから使えるのでしょうか。アレルギーや下ごしらえ、保存方法も気になりますね。離乳食といえば絹ごし豆腐のイメージですが、木綿豆腐や高野豆腐、玉子豆腐は? 離乳食にまつわる豆腐のこと、離乳食時期別レシピもあわせて紹介します。

すりおろし人参のうどん

うどんも消化のいい食材として代表的です。人参と玉ねぎは茹でた後に裏ごし器で裏ごしをするとペースト状になるので、赤ちゃんも食べやすく栄養を吸収しやすくなりますよ。

玉ねぎと人参のトロトロうどん

【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食のにんじんはいつからOK? ペーストの作り方やレシピ、調理、冷凍保存方法を紹介
にんじんは栄養もあり、彩もいいので離乳食にピッタリですが、赤ちゃんにはいつから食べさせることができるのでしょうか。甘みもあるので離乳食の初めての野菜としても適しています。にんじんペーストの作り方、冷凍保存の方法、おすすめのレシピなどを紹介します。
【管理栄養士監修】離乳食でうどんはいつからOK? 量や冷凍保存の方法、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でうどんはいつからOK? 量や冷凍保存の方法、レシピなどを紹介
うどんは1皿で野菜もいっしょに取れるレシピが豊富で、調理が簡単なのも魅力ですが、離乳食ではいつから赤ちゃんに食べさせることができるのでしょうか? 初めは小麦アレルギーや下ごしらえ方法に注意が必要です。生麺や乾麺の茹で時間やおすすめレシピなどを紹介します。
離乳食に玉ねぎはいつから? レンジで作れる? 冷凍保存は? おすすめレシピも紹介
離乳食に玉ねぎはいつから? レンジで作れる? 冷凍保存は? おすすめレシピも紹介
離乳食に玉ねぎを使いたいけど、使える時期や調理方法に悩みませんか? 玉ねぎって独特のニオイと辛みがあるので離乳食作りに困りますよね。離乳食に玉ねぎが使える時期やレンジでのペーストの作り方、冷凍保存方法、おすすめのレシピなどを紹介します。

嘔吐をしている

嘔吐をしている
赤ちゃんが嘔吐している時は、吐き気の症状が落ち着くまで離乳食は控えます。第一に脱水症状に気をつけて水分補給を優先しましょう。その後、主食であるお粥やうどんから始め、おかずは消化の良い食材を少量ずつ与えていきます。りんご、バナナなどの果物やじゃがいも、ほうれん草、人参、豆腐などがおすすめです。

すりおろしりんご煮

レンジで適度に加熱することで冷たいすりおろしりんごに比べて胃腸も冷えにくく、温めることでりんごの香りや甘みも増すので赤ちゃんの食欲アップにも繋がるでしょう。赤ちゃんだけでなく大人も胃腸が弱っている時にはぜひおすすめしたいレシピです。

電子レンジで作る すりおろしりんご煮

【管理栄養士監修】離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
【管理栄養士監修】離乳食にりんごはいつからOK? 保存方法や時期別の食べさせ方、おすすめレシピも
りんごは体調が悪い時も食べやすく、簡単に栄養補給ができる果物です。赤ちゃんの離乳食にも向いていると思うママも多いでしょう。具体的にいつごろから赤ちゃんにりんごを与えても良いのでしょうか? アレルギー対策は? レシピや保存方法についても詳しく説明します。

バナナの豆乳煮

高タンパクの豆乳は赤ちゃんにおすすめの食材です。離乳初期は小さじ1から始めましょう。こちらも鍋で一煮立ちさせることで甘みがアップします。バナナだけペーストして与えてもいいですが、豆乳が入ることでより滑らかな食感になります。

バナナの豆乳煮

【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
【管理栄養士監修】離乳食でバナナはいつから大丈夫? アレルギーやレシピ、冷凍保存の方法を紹介
バナナは栄養豊富で甘みもあり赤ちゃんも食べやすいため、離乳食にはぴったりの食材です。冷凍保存も可能なので、時短レシピにも活用できますよ。バナナのアレルギーや加熱調理が必要なことも知っておきましょう。バナナの食べさせ方やおすすめレシピなどを紹介します。

発熱がある

発熱がある
病気で発熱がある時の離乳食の注意点は、汗をたくさんかくのでこまめな水分補給を欠かさないことです。離乳食は食欲が落ちている時は無理には与えず、食欲が回復してきてから消化の良いものを、様子を見て少しずつ与えるようにしましょう。お粥、煮込みうどん、野菜スープ、乳製品、トマトがおすすめ。特にトマトは熱を下げる作用があるので、積極的に摂るといいでしょう。

トマトパン粥

パンのミルク粥にアレンジで無塩トマトジュースを入れたレシピです。パンは大きめにちぎってしまうと鍋で煮た時にダマになって残りやすくなります。思っている以上に細かめにちぎるのがポイントです。優しくちぎってふわっと鍋に入れると水分を吸いやすく柔らかくなりますよ。

トマトパン粥

【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
【管理栄養士監修】離乳食でトマトはいつから食べられる? アレルギーや皮や種の取り除き方、レシピなどを紹介
トマトは離乳初期から食べさせることができますが、アレルギーや正しい調理方法について知っておきましょう。また、トマトにはどんな栄養があるのでしょうか? トマトの皮や種を簡単に取り除く方法や、離乳食作りを楽にするコツ、おすすめのレシピもご紹介します。
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食で食パンはいつからOK? パン粥やおすすめレシピ、使えるパンの種類も紹介
離乳食での主食はご飯だけでなく、食パンも取り入れることができますが、いつからどのようにあげてもいいのでしょうか? おすすめレシピや添加物が含まれていない食パンの選び方、ロールパンなど初期~完了期にあげることができるパンの種類も紹介します。

いちごミルク

イチゴは裏ごし器で粒を取り除くことができます。離乳初期の赤ちゃんはまだ食べ物を飲み込む練習の時期なので、できるだけ飲み込みやすいように取り除いてあげましょう。粉ミルクを豆乳やヨーグルトに変えて作ることもできます。

いちごミルク

離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
離乳食のいちごはいつからOK? 生のまま食べても問題ない? 冷凍方法も紹介
いちごを離乳食に使いたいけど「いつから食べさせてもいいの?」「冷凍できるの?」といった悩みがたくさんありませんか? 赤ちゃんにも甘酸っぱいいちごを食べさせたいですよね。離乳食のいちごはいつから食べさせられるのか、便利に使える保存方法などを詳しく解説します。
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
【管理栄養士監修】赤ちゃんの離乳食にヨーグルトはいつからOK? おすすめ商品やアレンジレシピも紹介
ヨーグルトは赤ちゃんにとって必要なカルシウムが豊富で、ぜひ離乳食に取り入れたい食材です。ただし、赤ちゃんに食べさせるときはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。ヨーグルトの選び方や食べさせ方とあわせて紹介していきます。

鼻水や咳込みがある

鼻水や咳込みがある
咳込みがある時は炎症が喉に起きているとなりやすいです。鼻水が出ている時は呼吸もつらく食欲が落ちることもありますので、離乳食は咳込みが落ち着くまで待ちましょう。まずは病気の回復を最優先に考え、離乳食は喉にやさしいものを選ぶことが大切です

お粥、うどん、豆腐、かぼちゃなどをペーストし、少しとろみを付けてあげると喉に潤いを与えてくれますよ。鼻水は、温かいスープなどを与えてあげることで鼻の通りが改善されます。

味噌煮込み風うどん

にんじんと白菜は柔らかく茹でてペースト状にすると食べやすいでしょう。味噌汁は上澄みだけ利用することで塩分も控えめで優しい味付けになります。とろみを付けて喉ごしをよくしてあげましょう。

味噌煮込み風うどん

とろりんミルクスープ

食材はできる限り細かくみじん切りをして喉に負担をかけないようにしましょう。かぼちゃに豊富に含まれているβカロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜の抵抗力を高めてくれます。食べると風邪をひきにくいと言われており、積極的に取り入れたい食材ですね。

とろりんミルクスープ

かぼちゃはいつから赤ちゃんに食べさせてもいい? 離乳初期からOK? 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃはいつから赤ちゃんに食べさせてもいい? 離乳初期からOK? 下ごしらえのコツやレシピ、便利アイテムも紹介
かぼちゃは離乳初期からあげることができる食材です。かぼちゃ自体に甘味があるので、赤ちゃんもパクパク食べてくれることが多いですが、あげすぎは注意が必要です。硬いかぼちゃの下ごしらえを楽にする方法や月齢別におすすめのレシピ、ベビーフードなどをご紹介します。

喉が赤い

喉が赤い
喉が赤い時は炎症が起きているので、刺激が少なく飲み込みやすい食材を選ぶことが大切です。喉が痛いと食べることを拒否することやぐずる場合もあるので無理には食べさせないようにしましょう。飲み込みやすくて喉ごしの良い食べものを少しずつがポイントです。ゼラチンを使用してゼリータイプにするのも良いでしょう。おすすめの食材には豆腐やバナナ、芋類などがあります。

かぼちゃのミルクゼリー

かぼちゃの素材の甘みを生かしたミルクゼリーです。ゼリータイプにすることでとても喉ごしがよく赤ちゃんに負担がかかりません。かぼちゃ以外のさまざまな野菜や果物でも作れるので、普通の離乳食は飲むのがつらく進まない赤ちゃんにとって重宝するレシピですね。

かぼちゃミルクゼリー

基本のコーンスープ

野菜などの食材を一切入れない基本のコーンスープです。コーンには体を動かす源となる糖質やタンパク質、疲労回復に欠かせないビタミンB1など豊富な栄養素がたくさん含まれています。ほうれん草や豆腐など他の食材も入れることでさらに栄養価の高いスープになりますね。喉が赤く痛そうな場合は飲みやすく喉ごしが良い食材を選ぶようにしましょう。

コーンスープ

病気で離乳食が作れない時はベビーフードを活用

赤ちゃんが病気になってしまうと、お世話にかかりきりになってしまいなかなか離乳食を作る時間が取れないというママも多いです。特に裏ごしをしたりペースト状にしたりするのは一手間かかるので大変。今はドラッグストアやスーパーなどで、手軽にペースト状の喉ごしの良いベビーフードが手に入りますので、上手に活用していきましょう。

和光堂「ためせる4種はじめてパック」

ためせる4種はじめてパック 6包

ためせる4種はじめてパック 6包

178円(05/30 21:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

粉末タイプの野菜や出汁、とろみのもとがセットになっています。スープ、お粥、うどんなどの主食に混ぜても使えるので使い回ししやすく、どの食材も病気の赤ちゃんの離乳食に向いているから安心ですよ。赤ちゃんの症状を見ながら少しずつ与えてみてください。

離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食に活躍! 和光堂のベビーフードのおすすめ商品は? 選び方や使い方は?
離乳食といえば「毎日手作りが大変」「せっかく作ったのに食べてくれない」といった悩みがありませんか? そんな時は和光堂のベビーフードがおすすめ! 和光堂は毎日の離乳食をサポートしてくれるポイントがたくさんあります。月齢別におすすめ商品を紹介します。
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードは離乳食におすすめ! 月齢別の人気商品やアレンジ方法ご紹介
キューピーベビーフードを赤ちゃんの離乳食づくりに使用しているママは多いでしょう。豊富な種類、そのまま食べられる利点もあって使いやすくアレンジも非常に豊富です。赤ちゃんの月齢ごとにおすすめのキューピーベビーフードをご紹介するとともに、ママ達の活用法もお伝えします。

病気の離乳食はかかりつけの小児科に相談しよう

病気の離乳食はかかりつけの小児科に相談しよう
赤ちゃんが病気になった時は離乳食を中断するようにしましょう。ひとまず母乳やミルクに切り替える判断も大切になります。自己判断で離乳食を続けるのは良くない場合もあるので、少しでも気になる時はかかりつけの小児科に相談をして適切な離乳食の進め方を聞きましょう。

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
夜間や休日に赤ちゃんや子供の病気を診察してくれるファストドクターの小児科往診サービスとは?
夜間や休日に赤ちゃんや子供の病気を診察してくれるファストドクターの小児科往診サービスとは?
休日や夜間に突然熱を出したり、体調不良になる赤ちゃんや子供。そんなとき、とっても助かる「ファストドクター」を知っていますか?24時間自宅に来てくれて、診察や薬も処方してくれるファストドクターの使い方や気になる費用、実際に使ってみた口コミを紹介します。

まとめ

まとめ
赤ちゃんが病気になるとパパママはとても心配になりますよね。特に生後5~6ヶ月のまだまだ小さな月齢の赤ちゃんの場合はさらに対処法が分からずに混乱したり悩んだりしてしまうことも多いことでしょう。ぜひ今回の記事を参考にして、症状別に合った対応方法を赤ちゃんにしてあげてくださいね。

赤ちゃんの病気 お盆休み・年末年始のゴールデンウィーク、休日・夜間の診療はどうしたらいい?
赤ちゃんの病気 お盆休み・年末年始のゴールデンウィーク、休日・夜間の診療はどうしたらいい?
年末年始やゴールデンウィーク、休日は、医療機関がほとんど休みのため、赤ちゃんが体調不良になるとハラハラするもの。そんなときに頼りになる休日診療や夜間診療のかかり方を紹介します。
赤ちゃんや新生児の平熱はどのぐらい? 赤ちゃんの月齢別・平熱と発熱の目安
赤ちゃんや新生児の平熱はどのぐらい? 赤ちゃんの月齢別・平熱と発熱の目安
赤ちゃんの体温は大人よりも高く、一見「熱かな?」と思える体温でも実はそれが「平熱」だったということは少なくありません。赤ちゃんの場合「熱=病気」とは言えません。赤ちゃんの体温についてご紹介します!
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんの鼻づまりに必要! 鼻水吸引器の選び方や注意点、おすすめ10選を紹介
赤ちゃんは自分で鼻をかむことができないので、パパママが赤ちゃんの鼻水をとってあげなければいけません。そんな時におすすめなのが、鼻吸い器(鼻水吸引器)です。いろいろな種類があるので、用途に合わせて選んでくださいね。
溶連菌感染症ってどんな病気? 登園禁止期間は? 症状や注意点などを紹介
溶連菌感染症ってどんな病気? 登園禁止期間は? 症状や注意点などを紹介
溶連菌感染症にかかると保育園や幼稚園は登園禁止になってしまいます。潜伏期間はどれくらいでしょうか? また一度完治してもまたかかる可能性があるので、しっかり予防することも大切です。溶連菌感染症の症状や治療法、かかった時の注意点などをご紹介します。
病気の時の離乳食は? 生後7~8ヶ月(離乳中期)のおすすめレシピ
病気の時の離乳食は? 生後7~8ヶ月(離乳中期)のおすすめレシピ
赤ちゃんの病気が早く回復するために、栄養のある離乳食を作りたいと思うママは多いのではないでしょうか? 生後7~8ヶ月(離乳中期)は、授乳と離乳食で食育するため、栄養面が心配ですよね。病気別にどんな離乳食を食べさせるといいのか紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!