指しゃぶりは子供がいつから何歳までする? 歯の影響や傷などについても紹介

指しゃぶりは赤ちゃんいつからはじめて、子供が何歳までするもの?

指しゃぶりはいつからいつまでするの?
赤ちゃんが自分の指を吸っている光景。ほほえましくて可愛らしいものですよね。しかし、ある程度大きくなってからも続く指しゃぶりは、ママにとって気になる行動でもあります。では、指しゃぶりはいつ始まり、いつまで続くものなのでしょうか。また、子供が指しゃぶりをする理由には、どんなものがあるのでしょうか。

指しゃぶりは、早い場合で新生児期から始まります。特に月齢が低い間は、口の周りに来たものを本能的に吸っていることがほとんどです。徐々に成長するにしたがって、楽しい遊びの一環としてであったり、空腹や寂しさを紛らわすためであったり、といった理由も含まれてきます。そして、指しゃぶりを止めだす子供が多いのが、3歳頃です。ときには、小学校入学前まで続く場合もありますが、非常に稀と言うことができるでしょう。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!

指しゃぶりは子供が何歳までなら問題ないか

指しゃぶりは何歳までなら問題ないか
いったん子供に指しゃぶりが癖づいてしまうと、なかなか止めることができません。その様子を見ていると、歯並びに影響はないか、ママはどうしても不安になってしまいますよね。指しゃぶりは遊びの一環でもありますし、精神的な安定に繋がっている場合もあり、早期にむりやり止めさせるのは控えたいものです。指しゃぶりというものは、何歳程度までなら大丈夫なのでしょうか。

これについては、明確な答えというものが存在しません。あくまでも目安とするのであれば、3歳を過ぎる頃までに指しゃぶりが止められていれば安心です。3歳頃までに指しゃぶりを止めることができれば、将来の歯並びへ影響することはほとんどありません。これ以降、特に永久歯に生え変わる頃まで続けてしまうと、歯並びが悪くなってしまう可能性も考えられます。

【歯科医監修】虫歯のリスクは3歳までに決まる? 指しゃぶりは歯並びに影響する? 子供の歯に関するQ&A
【歯科医監修】虫歯のリスクは3歳までに決まる? 指しゃぶりは歯並びに影響する? 子供の歯に関するQ&A
赤ちゃんの歯が生え始めると、歯にまつわる疑問や悩みなどが出てきますよね。「一生の虫歯のリスクは3歳までに決まるの?」「指しゃぶりは歯並びに影響するの?」など、ママたちが思う、歯にまつわる疑問を医療法人社団スタデン理事長の田中和之院長にお話を伺いました。

指しゃぶりをすると子供が出っ歯になるって本当?

指しゃぶりをすると出っ歯になるって本当?
指しゃぶりをすると出っ歯になる。こんな噂を聞いたことがあると思います。ママにとって、子供の歯並びはきれいに保ちたいもの。特に出っ歯は噛み合わせに直結し、見た目的にも健康的にも良いものとは言えません。では、「指しゃぶりが出っ歯に繋がる」という噂は本当なのでしょうか。

この噂は、100%確実なものではありませんが、本当のことでもあります。指しゃぶり=出っ歯ではなく、吸い方や期間によって危険性が高まる、と考えた方が良いでしょう。長い期間、強い力での指しゃぶりをしている場合は、出っ歯になる可能性が高まります。反対に、弱い力で短期間のものであれば、出っ歯にならないこともあります。子供の指しゃぶり癖の様子を見て、心配な場合は歯科医に相談してみましょう。

子供の歯が生え変わるのはいつ? 仕組みやトラブル対処法
子供の歯が生え変わるのはいつ? 仕組みやトラブル対処法
子供から「歯がグラグラしてきた」と言われると、そろそろ乳歯が抜ける時期なのかと感慨深いものですよね。でも、乳歯が抜ける時期にはさまざまなトラブルもあるのをご存知ですか。ここでは、乳歯の抜ける時期や順番、そして生え変わる時期によくあるトラブルと解決策についてご紹介したいと思います。

指しゃぶりで傷ができるときは注意

指しゃぶりで傷ができるときは注意
指しゃぶりをしていると、吸い過ぎや歯が当たり、指をケガしてしまう場合があります。こんなとき、ママは指しゃぶりをできるだけさせないように注意しましょう。痛みにより、自然と指しゃぶりが減ることは考えられます。しかし、癖づいてしまっている場合、無意識に指が口に入ってしまうこともありえます。

傷口にばい菌が入り、化膿してしまうこともありますので、絆創膏などで保護してあげることが重要です。万が一、傷が悪化した場合は、病院で消毒薬や軟膏などを処方して貰いましょう。子供のケガは痛々しいもの。できるだけ痛い思いをせずに済むよう、注意深く見守っていきたいですね。

指しゃぶりとおしゃぶりならどっちがいい?

指しゃぶりとおしゃぶりならどっちがいい?
育児グッズの1つであるおしゃぶり。指しゃぶりとおしゃぶりでは、どちらが良いのかと悩んではいませんか? 両方ともに癖になり、歯並びに影響する可能性のあるものです。どちらが良いかは、勿論個人差があるでしょう。しかし、止めやすさや歯並びへの影響、ケガの危険性から考えると、指しゃぶりよりもおしゃぶりに軍配が上がります。指しゃぶりは一度癖になってしまうと、なかなか止めさせることが難しいものでもあります。その点おしゃぶりであれば、そのものを与えないことによって防止することができます。また、最近のおしゃぶりは、歯並びへの影響を考慮して作られています。ママも安心して、使うことができますよ。

おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
おしゃぶりの効果、上手な使い方は? 赤ちゃんにおしゃぶりを使うメリット・デメリット、おすすめ6選も紹介
おしゃぶりはうまく使えば、メリットもある育児グッズ。おしゃぶりはどんな時に使うものなのでしょうか? おしゃぶりのメリット・デメリット、何歳ごろまで使うのが一般的などをご紹介します!

子供の指しゃぶり防止ややめるためのアイテム5選

指しゃぶり防止ややめるためのアイテム5選
子供の頃、指しゃぶりをしていたママも多いことでしょう。指しゃぶりは多くの子供が経験するものであり、必要以上に心配しなくとも、大抵の場合は自然となくなっていく癖の1つです。それでも、歯並びやケガの心配もあり、早期に止めさせる、もしくはさせたくないのが親心ですよね。ここでは、そう思うママにおすすめの、お役立ちアイテムをご紹介していきます。

チュチュバイバイスキンクリーム

指しゃぶり防止アイテムの中でも、かなりメジャーなアイテムです。保湿成分を配合したクリームで、指に塗ることで指しゃぶりの防止や緩和に役立ちます。口に入っても安全なクリームで、強い苦みがあります。この苦みにより、子供の指しゃぶりを止めさせ、癖を無くしていくのです。また、配合された保湿成分により、肌荒れも防止してくれます。子供だけではなく、ママのお肌のケアにも使うことができますよ。

かむピタ プラス

口に入るものであれば、できるだけ日本製でオーガニックのものを選びたいものです。「かむピタ プラス」は、そんな子供の健康に気を使うママにピッタリのアイテムです。爪に塗るマニキュアタイプで、苦みにより指しゃぶりを防いでくれます。塗った後に乾かす手間がかかるものの、1日に1度の塗布ですむので、頻繁に塗りなおす必要がありません。また、マニキュアを落とすための除光液はいらず、除菌シートなどで落とすことができます。肌に優しく、気軽に試せるのも魅力の1つです。

指しゃぶり防止手袋 おしゃぶりガード

クリームタイプやマニキュアタイプのアイテムは、どうしても成分が口に入ってしまいます。そのことに不安を抱くママは多いことでしょう。そんなママは、「おしゃぶりガード」のような手袋タイプのものを使ってみましょう。「おしゃぶりガード」は指を覆うことで、指しゃぶりの感覚を減らしてくれます。その感覚の少なさが、指しゃぶりの緩和に繋がります。指の保護もできるため、指にケガをしてしまった場合にもおすすめです。何度も洗濯して使うことができ、コストパフォーマンスの高さも魅力です。洗い替えを用意しておくことで、より便利に使うことができるでしょう。

ゆびたこ

ゆびたこ (ポプラ社の絵本)

ゆびたこ (ポプラ社の絵本)

くせさなえ
1,430円(05/29 12:34時点)
発売日: 2013/01/12
Amazonの情報を掲載しています
幸せそうな寝顔が目を引く、「ゆびたこ」の絵本。指しゃぶりを止めようと決意したものの、上手くいかない女の子が主人公です。そんな女の子の指には、指しゃぶりでできたタコが1つ。ある日突然、そのタコが関西弁でしゃべり出します。「もっと吸って、大きくして欲しい」。ユーモラスで少し不気味。大人も楽しんで読むことができる絵本です。「指にこんなタコができたらどうする?」など、子供と話ながら読んでいきましょう。少しずつでも、指しゃぶりの頻度が減っていくかもしれませんよ。

ゆびしゃぶりやめられるかなー指しゃぶりの本ー

子供向けの絵本と、大人向けの解説書。その両方を備え持った本です。前半は、指しゃぶりが止められない王子様が主人公の絵本です。王子様は指しゃぶりを止めるため、冒険の旅に出かけます。王子様はどうやって指しゃぶりを卒業するのか。ストーリーを楽しみながら、子供と指しゃぶり癖について考えていくことができます。後半部分は、大人向けの指しゃぶりについての解説本です。指しゃぶりに関するさまざまな疑問に答え、悩むママに向けてのアドバイスも書かれています。「指しゃぶりを止めること」に重点を置き、子供と大人の心に寄り添う1冊です。

まとめ:子供の指しゃぶりはある程度までは見守ってあげましょう

まとめ:指しゃぶりはある程度までは見守る気持ちで
指しゃぶりは、ママにとって不安な癖の1つですよね。確かに、指しゃぶりはいつか止めなくてはなりません。しかしそれと同時に、多くの子供達が経験し、治っている癖でもあります。少なくとも3歳程度までは、無理に止めさせるのでは無く、見守っていく気持ちを持ちましょう。心や体の成長と共に、自然と治っていく場合も多いものです。その上で指しゃぶりが止められないときには、今回ご紹介したようなグッズを使って、無理なく指しゃぶりが止められるように、子供を誘導していきましょう。ママは深刻に考え過ぎず、おおらかでいることも重要です。

子供が爪を噛む癖が治らないのはなぜ? ストレス? 愛情不足? やめさせる方法は?
子供が爪を噛む癖が治らないのはなぜ? ストレス? 愛情不足? やめさせる方法は?
子供の爪を噛む癖が治らない…と気にしているママはいませんか? 子供の爪噛みは「親の愛情不足」や「不安・寂しさ」が原因だと言われて落ち込んでいるママもいるでしょう。実は原因は「親の愛情不足」ではないのです。子供に爪を噛む癖をやめさせる方法と一緒に解説します。
歯の発育には「歯固め」がおすすめ! いつからいつまで使う? 選ぶときの3つのポイントも紹介
歯の発育には「歯固め」がおすすめ! いつからいつまで使う? 選ぶときの3つのポイントも紹介
「口をもごもごしている」「よだれが増えた」など、赤ちゃんにそんな様子が見られたら歯の生え始めが近いかもしれません。この時期の赤ちゃんには歯固めがおすすめです。歯固めが必要な理由や、いつからいつまで使うのかなどを解説していきます。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!