妊娠初期症状はいつから? 生理との違いは? チェックリストと確認ポイント

妊娠初期症状はいつから?

 
妊娠初期症状はいつから?
妊娠初期とは妊娠1〜4ヶ月の間を指し、妊娠初期症状はこの時期に出ることが多いです。中には0週〜3週頃の妊娠超初期、妊娠検査薬でも正しい反応が出ない時期から、腹痛や下痢、つわり、着床など体のちょっとした変化に気がつくママもいます。

【令和元年分】妊娠・出産や不妊治療費も対象になる? 医療費控除を詳しく解説
【令和元年分】妊娠・出産や不妊治療費も対象になる? 医療費控除を詳しく解説
家族全員にかかった医療費が1月から12月の1年間で10万円を超えたときは、医療費控除を申請することで所得税の還付を受けられます。医療費控除は妊娠・出産や不妊治療費も対象になっています。内容を詳しく見ていきましょう。

妊娠初期症状のチェック! 10個のポイント

妊娠初期症状のチェック! 10個のポイント
体調不良が続くともしかして妊娠? と気になりますよね。ここで、妊娠初期症状かどうか今すぐチェックできるポイントを10個ご紹介いたします。是非、参考にしてください。

妊娠初期症状のチェックリスト

妊娠初期症状のチェックリスト
妊娠初期症状の主な症状10個です。当てはまるかチェックしてみてください。

  1. 最近イライラする日が増えた
  2. 寝ても強い眠気を感じるようになった
  3. 最近眠りが浅かったり寝つきが悪かったりとよく眠れない
  4. 頭痛や腰痛が気になるようになった
  5. 最近になり便秘気味になった、おならが増えた
  6. トイレが近くて頻尿気味、もしくは尿漏れが気になるようになった
  7. 胸が張るなど胸や乳首の違和感が出始めた
  8. 最近肌が荒れ始めた
  9. 突然甘いもの、酸っぱいものなどが好きになるなど味覚に変化が出てきた
  10. 風邪ではないのに寒気がするときがある
妊娠中にイライラするのはなぜ? 赤ちゃんへの影響と6つの解決策
妊娠中にイライラするのはなぜ? 赤ちゃんへの影響と6つの解決策
妊娠するとイライラして、つい夫にあたってしまいませんか? 実は多くのママが妊娠中にイライラを体験しています。気分の浮き沈みの激しさに、毎日嫌気をさすママも多いでしょう。なぜ妊娠するとイライラするのか、赤ちゃんの影響や解決策を紹介します。

妊娠初期症状で多いのがおりものの変化!

妊娠初期症状で多いのがおりものの量!
妊娠するとホルモンバランスの影響でおりものが増えることがあります。それは、エストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが多く分泌されるためです。

妊娠初期症状:おりものが水っぽい

妊娠初期症状:おりものが水っぽい
生理前や生理後など、通常でもおりものの状態は常に変化しています。妊娠すると水っぽいおりものやゼリー状のようなおりものが出て、色は透明なもの、白色、クリーム色などの特徴が見られます。普段からおりもので体調がわかることもあるので、習慣的にチェックしてみましょう。

妊娠初期症状:おりものの臭い

妊娠初期症状:おりものの臭い
妊娠初期は、生臭かったり、酸っぱかったりとおりものに特徴的な臭いを感じることがあります。もちろん個人差がありますが、普段からおりものの臭いも気にしてみると妊娠した場合、変化に気がつきやすいです。

妊娠初期症状と生理前の違いは?

妊娠初期症状と生理前の違いは?
生理前に体調の変化を感じることは多いと思います。実は妊娠初期症状も生理前のような症状を感じやすくなります。ここで妊娠初期症状と生理前の違いを確認してみたいと思います。

妊娠初期症状と生理前の違い「眠気が強まる」

妊娠初期症状と生理前の違い「眠気が強まる
妊娠初期症状でも眠気が強まることがあり、眠気つわりともいわれています。生理前も眠気が強まることがあると思いますが、妊娠初期でも強烈な眠気に襲われて、中には1日5時間ほどしか起きていられなかったというママも。原因はさまざまありますが、プロゲステロンというホルモンが上昇し、眠気が強まることが大きな原因として挙げられます。

妊娠初期症状と生理前の違い「腹痛や胸のハリ」

妊娠初期症状と生理前の違い「腹痛や胸のハリ」
ホルモンの影響で、便秘気味になったり、お腹が張ったりして腹痛を起こすことがあります。また、それだけではなく、胸もホルモンの影響で張りを感じることがあります。胸の場合、産後に母乳を出せるように乳腺や乳管が発達している証拠です。

妊娠初期症状と生理前の違い「食欲が増す」

妊娠初期症状と生理前の違い「食欲が増す」
妊娠をするとつわりで食欲が落ちるというイメージを持つママは多いと思いますが、中には体に脂肪を蓄えるためやお腹の赤ちゃんに栄養を送るために、食欲が増すケースもあります。食欲が増すのは良いことですが、食べすぎには注意しましょう。

妊娠中は味覚が変化する? いつまで続く? 原因と6つの対策方法
妊娠中は味覚が変化する? いつまで続く? 原因と6つの対策方法
「妊娠中の味覚が変わるのは私だけ?」と感じるママは多いでしょう。実は多くのママが経験していることで、栄養不足やストレスなどたくさんの要因が関係しています。なぜ妊娠中は味覚が変わるのか、ママたちの体験談を交えて原因や対策など詳しく解説します。
妊娠中や授乳中におすすめ! 人気のノンアルコールカクテル・ビール・ワインは?
妊娠中や授乳中におすすめ! 人気のノンアルコールカクテル・ビール・ワインは?
最近では、妊娠中・授乳中でも飲めるノンアルコールのカクテル・ビール・ワインが人気です。たくさん種類があるのでどれがいいのか迷ってしまいますよね。今回はおすすめのノンアルコール飲料を紹介するので、あなた好みの味を見つけてくださいね。

妊娠初期症状と生理前の違い「体温が高い」

妊娠初期症状と生理前の違い「体温が高い」
この場合の体温とは「基礎体温」を指しています。女性はホルモンバランスによって基礎体温が上下します。生理前は高温が続き、生理が始まると一気に体温が下がるのですが、妊娠すると、体温は下がらず高めの体温が続くようになります。これによって妊娠に気がつくケースが多いです。普段から基礎体温を測っていると体の変化に気がつきやすいです。

妊娠初期症状と生理前の違い「寒気を感じる」

妊娠初期症状と生理前の違い「寒気を感じる」
妊娠初期は風邪に似た症状が出るとよくいわれています。ゾクゾクと寒気を感じるママも少なくありません。何故寒気を感じるのかというと、妊娠して体温が高くなることによって、体の熱を逃がさないよう体の表面にある血管を収縮させるためです。

妊娠初期症状では少量の出血が起こりやすい!

妊娠初期症状で少量の出血が起こりやすい!
妊娠初期に、出血を引き起こすことがよくあります。生理予定日や生理予定日後に少しだけ出血があってすぐに止まるというケースがあります。その場合は妊娠している可能性があるため、きちんと検査をして確認することが大切です。

妊娠初期症状の出血はいつ?

妊娠初期症状の出血はいつ?
出血と聞くと心配になるママもいるかと思いますが、心配は不要です。妊娠初期の出血は、子宮内に赤ちゃんが育つのに必要な胎嚢や、胎芽という小さな赤ちゃんが見えてくる時期に出血するのはめずらしいことではありません。量が多かったり、体調も良くなかったりする場合は気にかけるべきですが、少量の場合はよくあることなので、不安にならなくても大丈夫です。

妊娠初期症状の茶色い出血や鮮血との違い


出血の色の違いにより、出血してからの時間の経過を知ることができます。茶色や褐色の場合は体内での出血から時間がたっている証拠。血液が時間の経過と共に酸化し、茶色になったものです。鮮血の場合は、体内で出血が起こってからすぐに外へ排出されたものになります。

妊娠初期症状はあった? ママたちの口コミを調査

妊娠初期症状はあった? ママたちの口コミを調査
ネット上にはたくさんの妊娠初期症状の情報がありますが、体験談も参考になりますよね。実際に妊娠初期症状を体験したママたちの口コミをまとめてみました。

40歳でも妊娠できる? 40代の妊娠確率とママたちの妊活・出産体験談
40歳でも妊娠できる? 40代の妊娠確率とママたちの妊活・出産体験談
「年齢とともに妊娠しにくくなる」とはよく聞きますが、では40歳になると妊娠確率はどのくらいになるのでしょうか。40代の妊娠確率や妊娠・出産のリスクなどを解説していきます。40代での妊娠を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

早い段階で症状が出ました

私の場合、妊娠検査薬できちんと検査ができるようになる少し前あたりから症状がありました。生理予定日付近でもないのになんだか生理前のように胸が張ったり子宮が少し重く感じたり、食べると気持ち悪くなることが続き、もしかしてと思い検査をしていたら妊娠していました! (30代/会社員)

おりものの変化がありました

普段は白色で、粘り気があるおりものが少し出ていたのですが、ある日突然色がなく水のようなおりものが出るようになりました。初めは他にこれといった症状はなかったのですが、そろそろ子供が欲しいと思っていたので、検査をすると見事おめでたでした。(20代/主婦)

いつもと違う生理が……

生理予定日の2日前に出血があったので「早いけど生理が来たのか……」と思っていたら、なんと1日で出血が止まってしまいました。量も少なく、心配になったので病院へ行くと着床出血かもしれないとのこと。後日、妊娠検査薬を使って妊娠が判明しました。後から思うとおりものもサラサラなものに変化していたりと妊娠初期症状が出ていた気がします。(20代/会社員)

微熱と酷い眠気がありました

生理前にいつもは気がつかないのですが、なんとなく体がだるいような気がして、熱を測ると少し微熱がありました。微熱の他に酷い眠気や今まで便秘知らずだったのに、急に便秘になってしまい。いつもと違う症状が重なったので病院へ行くと妊娠が判明。ここまで症状が出るとは思いませんでした。(30代/主婦)

働く妊婦を守る「母性健康管理指導事項連絡カード」とは? 対象になる症状や措置を解説
働く妊婦を守る「母性健康管理指導事項連絡カード」とは? 対象になる症状や措置を解説
職場に対して勤務の制限や休暇を申請できる「母性健康管理指導事項連絡カード」は、働く妊婦さんにとってありがたいツール。今回は母性健康管理指導事項連絡カードについて、どんな症状が対象なのか、どんな措置があるのか、気になるお給料のことなどを詳しく紹介していきます。

着床出血で妊娠判明! 胸の張りで妊娠を実感

生理予定日に少量の出血があり、着床出血ということがわかり妊娠が判明しました。妊娠がわかってから胸がとにかく張り、いつもの生理前よりも張ってサイズも大きくなってうれしくなってしまいました。他にもいつもよりも喉の渇きを感じたり、下腹部が居たくなったりなど赤ちゃんの存在を時間することが多くなりました。(30代/主婦)

まとめ

まとめ
妊娠初期症状はさまざまな症状があります。突然の寒気や吐き気など、体調の変化で不安になることもあるかと思います。今回ご紹介したチェックリストや体験談、体の変化を参考にしつつ、適切な時期になったら検査薬などを使用して妊娠を確かめてみてください。

妊娠中にカフェインはNG? 赤ちゃんへの影響やおすすめのノンカフェインドリンクを紹介
妊娠中にカフェインはNG? 赤ちゃんへの影響やおすすめのノンカフェインドリンクを紹介
妊娠中はカフェイン入りの飲み物を控えた方がいい話は有名ですね。では、妊婦がカフェンを控えたほうが良いとされているのはなぜでしょう? 1日に飲んでも大丈夫な量や、代わりとなるおすすめノンカフェイン飲料も紹介します。
妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!
妊婦健診の内容や費用は? 助成券分を引いた自己負担額が知りたい!
妊娠していることが分かったら、赤ちゃんやママの健康のためにも、定期的に妊婦健診を受けることが大切です。 妊婦健診の検査内容や検査にかかる費用、助成券の限度額についてもご紹介します。
妊婦が注意すべき感染症「風疹」のリスクって? 大人の風疹の抗体検査・予防接種について
妊婦が注意すべき感染症「風疹」のリスクって? 大人の風疹の抗体検査・予防接種について
妊娠中に気をつけたい感染症「風疹」。妊婦さんが妊娠中に風疹に感染した際の、お腹の赤ちゃんへの影響について解説します。ママだけでなく、パパも風疹にかからないように風疹の抗体検査をしておくことが大切です。
妊婦におすすめの本は? 妊娠中に読んで欲しい本・絵本・漫画本21選
妊婦におすすめの本は? 妊娠中に読んで欲しい本・絵本・漫画本21選
妊婦すると出産や産後、育児とたくさんの不安と悩みで頭がいっぱいになりませんか? 妊婦に紹介したいおすすめ本を読むことで、少しは悩みが解消されゆったりとした気持ちで産後を迎えられます。妊婦におすすめ本を目的別に紹介します!
もし避妊に失敗したら? 緊急避妊薬(アフターピル)を詳しく解説
もし避妊に失敗したら? 緊急避妊薬(アフターピル)を詳しく解説
パートナーがいても、子育ての状況や経済的な理由、夫婦仲などを理由に妊娠を喜べない場合があります。避妊せずに性行為をされた、コンドームがやぶれた、低用量ピルを飲み忘れたなど、避妊に失敗した場合どうしたらよいのでしょうか? 緊急避妊薬(アフターピル)について解説します。
避妊にはどんな方法があるの? 失敗率は? 6種類を徹底解説!
避妊にはどんな方法があるの? 失敗率は? 6種類を徹底解説!
「子は授かりもの」というものの、自分の仕事や上の子の年齢を考えると、授かる時期は自分である程度調整したいものですよね。パートナーに避妊を言い出しにくい場合でも、女性が自分だけで避妊できる方法もあります。詳しく解説します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!