赤ちゃんがビクっとするモロー反射って何? いつからいつまで? 点頭てんかんとの違いは?

モロー反射とは?

モロー反射とは?
新生児期の赤ちゃんによく見られる「原始反射」の一つです。外部からの急な刺激で両手両足を「ビクッ」と広げ、その後広げた手足を曲げゆっくり体に戻すという動作で、一般に生後4~6ヶ月頃まで続きます。このモロー反射をする時期の赤ちゃんは、外に出る機会がほとんど無く人目に触れる事がありません。勢いよく赤ちゃんがビクッと動き、そしてピクピクとする動作もあるため怯えているようにも見え、多くのパパママが「何か問題でもあるの?心身の発達に影響はないの?」などと不安に思うかもしれませんが、反射動作ですので心配はありませんよ。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児の特徴や発達、一人目だと不安な育児について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!
新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする理由は?寝ない・泣き止まない時の対処法を紹介!
新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする理由は?寝ない・泣き止まない時の対処法を紹介!
新生児の赤ちゃんが手足をバタバタする姿は可愛いですが、あまりに激しいと、どこか痛いの? 大丈夫? とパパママは心配になることもあるでしょうか? 赤ちゃんが手足をバタバタする理由や寝ない・泣き止まない時の対処法、注意点をご紹介します。

モロー反射とはどんな時に起こる?

ドアを「バタン」と閉めた時のような突然大きな音がした時や、抱っこをしようと上体を起こした時に赤ちゃんは「ビクッ」とします。スマホのカメラの音やフラッシュの光、大きなくしゃみなどでも反応する事があります。また寝ている状態から抱っこする時に、頭を急に下げると反応をする赤ちゃんもいます。

原始反射とは?

原始反射とは?
赤ちゃんが生まれながらに持ち無意識に行う反射動作の事です。自分の安全を守るために、身体機能の発達のために備わっている能力といわれており、モロー反射の他にいくつかありますのでご紹介します。

把握反射(はあくはんしゃ)

手のひらや足の裏に何かが触れると握ろうとして指を曲げる動作で、手の反射は物を握れるようになる生後4ヶ月頃、足の反射は立てるようになる生後11ヶ月頃に消えていきます。

哺乳反射(ほにゅうはんしゃ)

生まれたばかりの赤ちゃんが母乳やミルクを飲むため、生きるために備わった反射行動で主に3つあります。

  • 探索反射:赤ちゃんの口の周りを指で軽くつつくなど刺激を与えると、その方向へ口を向け開きます。乳首を探す反射行動です。
  • 捕捉反射:唇に触れた乳首や指などを強い力でしっかりくわえます。
  • 吸啜反射:くわえた乳首を唇と舌をリズム良く動かし吸う運動をします。

緊張性頸反射(きんちょうせいけいはんしゃ)

生まれて間もない赤ちゃんを仰向けに寝かせて首を右に向けると、右の手足を伸ばし、左の手足を曲げる動作の事です。これは生後4ヶ月頃に消えていきます。一方、仰向けの赤ちゃんのアゴを上げると腕が伸びて足が曲がり、アゴを下げると腕が曲がって足が伸びます。生後6ヶ月頃から出現し生後11ヶ月頃に消えていきます。

自動歩行

赤ちゃんの両脇を支え少し前かがみにし足の裏を床に少し触れさせます。すると赤ちゃんは歩くように交互に足を前に出します。これは生まれたばかりの赤ちゃんに特に良く見られる反射です。

バビンスキー反射

2歳までの反射行動で、赤ちゃんの足の裏の外側をかかとからつま先に向かって指でスッとなぞります。すぐに赤ちゃんの足の親指は上に反り、その他の指はパッと開くのが確認できるでしょう。

モロー反射はいつからいつまで?

モロー反射はいつからいつまで?
一般的に生まれてすぐからこの反射は出現し、生後4~6ヶ月くらいまで続きます。反射とはいえ、発達具合で個人差が生まれるので、反射の強弱や消失する時期は赤ちゃんによって多少異なる事があります。モロー反射が激しすぎたり、確認できないほど弱かったりした場合は3、4ヶ月健診やかかりつけの小児病院で確認してもらいましょう。

赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんの3ヶ月健診。持ち物は? 服装は? どんな検査をする? 詳しく解説
赤ちゃんが生まれて生後3ヶ月から4ヶ月になったころに自治体で赤ちゃんの健診を受けることになっています。生後1ヶ月の時にまず健診がありますね。その後約2~3ヶ月経ってから今度は自治体が主催する健診があるのです。では具体的に何をするのか、親子が健診を受けやすい服装などについても解説します。
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診は、生後1ヶ月健診では見つけることができなかった病気や発達の遅れを見つけるきっかけになります。体重の増加・視力など、早期発見で良くなる症状もありますよ。生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診の診察内容をご紹介します。

モロー反射と点頭てんかん(ウエスト症候群)の違いは?

モロー反射と点頭てんかん(ウエスト症候群)の違いは?
モロー反射は病気ではありませんが、モロー反射と似たような動きをする疾患に「点頭てんかん」があります。外部からの刺激で反応するモロー反射と異なり、刺激に関係なくビクッとする動きが連続で続きます。一見してモロー反射の動きと非常に似ているので、最初は「点頭てんかん」と気付かない場合がほとんどです。

点頭てんかん(ウエスト症候群)とは?

最初に発見したイギリスのウエスト医師の名前を取って「ウエスト症候群」とも呼ばれます。出生数の0.1%前後の発症数で、やや男児に多い傾向がある疾患です。早期発見と早期治療で1歳までに落ち着きを取り戻す事ができます。症状の顕著な例では発作の前後に笑わない、不機嫌になる、発作の時に寄り目になる、首すわりや一人座りなどができなくなるなど体の発達の後退が見られる、発作の間意識は保たれているなどの特徴があります。3ヶ月~11ヶ月の間に、1日に何度もこれらの特徴が出現する場合は小児科医に相談する方が良いでしょう。

関連リンク

点頭てんかん|てんかんネット

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。

モロー反射が激しい時の対処法は?

モロー反射が激しい時の対処法は?
生まれ持った反射と理解しても、あまりにも激しい動きをする赤ちゃんの場合はビックリしてしまいますよね。中には上半身が起き上がるほどの反射動作をする赤ちゃんも! そんな元気なモロー反射をする赤ちゃんを安心させ、落ち着かせるコツがありますのでご紹介します。

大きな音をなるべく立てない

モロー反射は、話し声や歩く音、遠くで料理を作る音などの生活環境音ではほとんど反応はしません。うっかりドアをバタンと閉めたり、赤ちゃんのそばで急に咳をしたり、くしゃみをしたりすると「ビクッ」としてしまうので、突然起こる大きな音を立てないように注意してください

寝かせる場所をあたためておく

安心して過ごせる環境を整える事も大切です。特に冬は、冷えた布団に赤ちゃんを置くだけで刺激になってしまう可能性があります。寝かせる前は人肌の温かさにしてから置くといいですよ

抱っこや添い寝などで体を触れる

落ち着かせる時には、両腕で赤ちゃんを包み込むようにしてみましょう。手軽にできる対応で、温かい人肌と包まれた感覚を同時に味わえるという抜群のリラックス効果があります。

赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんと同じ布団で添い寝しても大丈夫? 安全な添い寝のポイント
赤ちゃんとの添い寝のひとときは幸せな時間ですよね。ただし、気をつけないと窒息や転落事故などトラブルの危険があります。そこで、より安全に赤ちゃんと添い寝する方法や便利な添い寝グッズを紹介! 腕枕はしてもいいの? などママたちの疑問にも答えます。

おくるみを巻いて寝かせる

モロー反射対策の他に、よく泣く赤ちゃんに対しても行うテクニックの一つで、安心感を与え、リラックスして寝入る事ができるようにするためにおくるみを利用します。両手を曲げて胸の前に置き、両足はカエルの足の形に曲げておくるみの中に収納してグルグル巻きます

おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
おくるみは生後何ヶ月から何歳まで使えるの? 赤ちゃんにおくるみは必要? おすすめ10選!
ベビー用品として人気なおくるみ。赤ちゃんをおくるみで包み込んであげることで、赤ちゃんを安心させる効果があります。赤ちゃんがおくるみですっぽり包まれている姿も可愛いですよね。この記事では、おくるみのメリットや選び方、おすすめのおくるみをご紹介します。
スワドルミーってどう使うの? おくるみは必要? いつまで使える? ママの疑問を解決
スワドルミーってどう使うの? おくるみは必要? いつまで使える? ママの疑問を解決
スワドルミーという育児グッズをご存知でしょうか? スワドルミーは赤ちゃんを抱っこするときやねんねのときにも使えるおくるみの一種です。口コミなどでは機能面からママたちの信頼が厚いとされています。今回は編集部独自の視点からスワドルミーの魅力と機能を解説します。

エルフ ベビー 新生児おくるみ コットン

テープで装着するのでくるみ方は簡単。伸縮性のある綿生地が赤ちゃんを優しく包み込みます。両足を入れるポケットは赤ちゃんの股関節を傷めない構造で安心設計。足元だけ布をめくれるので上半身はそのままにオムツ替えができます。6ヶ月くらいまでの赤ちゃんに対応したサイズです。

エイデンアンドアネイ おくるみ モスリンコットン

縦119×横119cmで体のサイズを問わず、赤ちゃんの状態に合わせて調節してグルグル巻きにできます。アメリカブランド、イギリス王室のジョージ王子も使用した事で全世界で大人気の商品になっています。肌触りの良いコットン生地と柄の種類が多く選んで楽しいおくるみなので日本のママにも好評です。

まとめ

まとめ
モロー反射は新生児期にしか出現しない、赤ちゃんに生まれながらに備わった原始反射です。初めて目にするパパママは戸惑うかもしれませんね。こちらで示した「モロー反射」の特性と、似た動きをする「点頭てんかん」の特性を確認しながら、それぞれの赤ちゃんに適した対応をするための参考にしてくださいね。

赤ちゃん、新生児のためのお部屋って? 赤ちゃんが安全で快適なスペースの作り方を紹介!
赤ちゃん、新生児のためのお部屋って? 赤ちゃんが安全で快適なスペースの作り方を紹介!
赤ちゃんと過ごす期間は長い人生の中でごくわずか。幸せと、夢がいっぱいですが、毎日のお世話、はじめての連続で、どんなパパママもあたふたしがち。使いやすいレイアウトや先輩ママのお部屋作りの実例を見ながら、快適で安全な赤ちゃんの部屋を作りましょう。
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
赤ちゃんへの絵本の読み聞かせはいつから? 新生児から楽しめるおすすめ絵本も紹介
絵本は言葉がわからなくても、生まれたばかりの赤ちゃんでも楽しめます。絵本デビューにおすすめな人気作品や赤ちゃんも思わず泣き止む絵本を紹介します。これから絵本を選ぼうと思っているパパママはぜひ参考にしてみてください!
ラトルは新生児の赤ちゃんのおもちゃに最適! 手作りラトルの作り方も紹介
ラトルは新生児の赤ちゃんのおもちゃに最適! 手作りラトルの作り方も紹介
赤ちゃんの初めてのおもちゃにおすすめしたいのがラトルです。振ると音が出るラトルは生まれたばかりの赤ちゃんも遊べます。しかも、手作りだって簡単にできるんです! 赤ちゃんが喜ぶ人気のラトルから手作りの仕方まで紹介します。
赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんのげっぷ出しはいつまで必要? 出し方や出ない時の対処方法
赤ちゃんが自分でげっぷを出せるようになるまではママのサポートが必要です。げっぷを出さないと何が危険なのでしょう。げっぷ出しのコツをわかりやすく、動画でも紹介します。げっぷ出しが必要な時期、げっぷが出ない時や吐き戻した時の対処法も知っておきましょう。
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
これでもう迷わない! 月齢別、季節別での赤ちゃんの服装の選び方
赤ちゃんの服装は「大人より1枚薄着で」と言われるくらい大人と感覚が異なります。気温や季節によって変えようと言われても、結局どんな服装が良いのか難しいですよね。そこで、これさえ押さえておけば赤ちゃんの服装選びに困らないポイントを紹介します。
はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!