子供のしもやけってどんな症状? 病気なの? 原因と対策法をまとめて紹介

しもやけとは? 病気なの?

しもやけとは?
しもやけは寒さによって血行が悪くなることから炎症を起こす病気で、凍瘡(とうそう)と呼ばれることがあります。症状としては、身体の一部が腫れてかゆくなり、赤くむくんで痛みを伴うこともあります。しもやけができやすい箇所は手や指、足先が多くなっています

幼稚園から小学校低学年の頃にしもやけになることが多く、それ以降になるとしもやけになりづらくなると言われています。悪化してしまうとひどい痒みや痛みが出たり、赤く腫れあがってしまい皮膚科への受診が必要になることもあるので注意をするようにしましょう。

しもやけができる原因

しもやけができる原因
しもやけは1日の気温差によって、皮膚表面の温度調整がうまくいかなくなることが原因でできてしまいます。血管は寒さや暑さを感じると血管の収縮を繰り返し行いますが、この血管の収縮がうまくコントロールができなくなると血行が悪くなり、しもやけができてしまうのです。気温が5℃前後で1日の温度差が激しくなるとしもやけができやすくなるので、寒い季節は気をつけるようにしましょう

また、手袋や靴を着用していると安心だと思いがちですが、指先や足が湿った状態のまま放っておくと、皮膚の表面の温度が下がりしもやけができやすくなってしまいます。しもやけには遺伝も関係すると言われており、両親のどちらかがしもやけができやすい体質だと子供もできやすい傾向があるので注意が必要です。

しもやけができる場所

しもやけができる場所
しもやけは血管の収縮のコントロールがうまくいかず、血行が悪くなってしまうことが原因でできてしまいます。特に冷えやすい手や足先などの末端はしもやけになる頻度が高いです。その他にも肌の露出がある部分にしもやけができてしまうことがあり、しもやけになりやすい場所を知っておくとしもやけができたときにすぐに対処することができるので安心でしょう。それではしもやけができる場所を見ていきます。

しもやけができる場所1:手の甲

手の甲
手の甲は冷えやすく、しもやけになる頻度が高い箇所です。指先部分や手の甲全体にしもやけができることもあります。特に手の甲の指の関節部分は痒みがひどくなることも多く、悪化を防ぐためにも適切なケアを行うことが大切です。

しもやけができる場所2:てのひら

てのひら
手のひらも手の甲と同様に冷えやすいことからしもやけができやすいので気をつける必要があります。手袋を着用することで手の湿度が高くなり、そのまま放っておくと皮膚表面の温度が下がりしもやけができてしまうので気をつけましょう。手袋の着用後は濡れたままにせず、湿気を拭き取るようにしてください。

しもやけができる場所3:ほっぺ

ほっぺ
寒暖差がある時期になると子供のほっぺが赤くなることがあります。ただ赤いだけなら問題はありませんが、痒がっているようであればしもやけができているかもしれません。ほっぺが赤くなっているようであれば子供の様子をチェックし、必要に応じて保湿などのケアをするようにしてください。

赤ちゃんのほっぺが赤い理由は? カサカサ・ポツポツの原因と対処方法
赤ちゃんのほっぺが赤い理由は? カサカサ・ポツポツの原因と対処方法
「赤ちゃんのほっぺが赤い!?」とびっくりしたことはありませんか。赤ちゃんの肌は薄くまた弱いため、ちょっとしたことですぐに赤くなりがちです。「ぶつぶつ」や「カサカサ」「皮膚が固い」など、赤ちゃんの肌トラブルの原因と対処法を解説します。
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
赤ちゃんにベビーローションは使うべき? 赤ちゃんの正しい肌ケア方法とは?
ベビーローションは赤ちゃんにとって必要なの? そう思っているママ!ぜひ使ってあげてください。赤ちゃんの肌を守るだけでなく、塗るときのベビーマッサージは素敵なコミュニケーションタイムにもなるんです。ママが使っているおすすめのベビーローションもご紹介します。

しもやけができる場所4:足の指

足の指
足の指は靴下と靴により湿度が高くなることから、しもやけができやすい箇所です。靴や靴下が湿っていると感じたら濡れたままにせず、靴は乾燥させて靴下は交換するようにすると良いですよ。また家の中で過ごすときでも裸足ではなく、靴下やスリッパを活用することで冷えを防ぎしもやけができにくくなります。

赤ちゃんの真冬のお出かけは足つきカバーオールが便利! 体温調節の仕方とおすすめ商品を紹介
赤ちゃんの真冬のお出かけは足つきカバーオールが便利! 体温調節の仕方とおすすめ商品を紹介
真冬の外出時、抱っこ紐から出た足やベビーカーでじっとしている時の赤ちゃんの冷えが気になるママには、足つきカバーオールがおすすめです。シーン別の着せ方や、おすすめのカバーオール、着せるときの注意点をご紹介します。
赤ちゃんが快適な部屋の温度、湿度とは? 赤ちゃんからの暑い・寒いのサインを見逃さないで!
赤ちゃんが快適な部屋の温度、湿度とは? 赤ちゃんからの暑い・寒いのサインを見逃さないで!
赤ちゃんにとって快適な温度や湿度はどのぐらい? 暑い・寒いのサインはどこを見ればいい?など、赤ちゃんスペースの環境づくりについて、おさえておきたいポイントを解説します。

しもやけの症状

しもやけの症状
子供はしもやけができやすいため寒暖差のある季節は、普段から気をつけて過ごすことが大切です。しもやけの症状は皮膚が赤くなり腫れて痛痒いと感じることもあります。手や足の指先は痒みが強いことがあるため、子供が痒さを訴えることもあるでしょう。子供が痒さを訴えたり、痒がっている仕草が見られる場合は皮膚の状態を確認するようにしてください。必要に応じてしもやけのケアをするようにすると、悪化を防ぐことができます。

しもやけの予防・対策法とは

しもやけの予防・対策法とは
しもやけの予防と対策には保湿をし、温めるのが効果的です。ハンドクリームを塗ったり、お風呂に入って手足のマッサージをするのもおすすめ。普段から身体が冷えないように温めることに気を使うようにしてください。靴は足が冷えないようにメッシュ素材のものは避けて、寒いときは手袋や厚手の靴下を活用すると良いです。また、サイズがきつめの靴は血流が悪くなり、しもやけを引き起こす原因にもなってしまう可能性があるため、履かないようにしましょう。

赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
赤ちゃんにおすすめなベビーオイルの選び方! 人気はどれ? マッサージにも使えるものは?
ベビーオイルは成分によって効果が違います。赤ちゃんの肌は生後3ヶ月をすぎると乾燥しやすくなるので、ベビーオイルで保湿してあげましょう。ベビーオイルの成分や選び方から、赤ちゃんのデリケートな肌に合うおすすめベビーオイルまでをご紹介します。

しもやけになってしまった時の対処法

しもやけになってしまった時の対処法
しもやけになってしまったときは悪化することを防ぐために、早めに対処をするようにしましょう。しもやけはひどくなると痒さが増して、痛みが出てくることもあるので適切なケアが大切になります。それではしもやけになってしまった時の対処法をチェックしていきましょう。

市販の塗り薬・飲み薬を服用

市販の塗り薬・飲み薬を服用
しもやけになったら市販の塗り薬や飲み薬を服用して対処をすることができます。市販のものは手軽に購入することができるので、早急に対処したいときに便利です。ドラッグストアではしもやけに効果のある市販の薬が販売されています。すぐに対処をしたいときは市販薬を使ってみると良いでしょう。子供に服用しても問題ないかどうかは薬剤師に訪ねてみると安心です。

ひどい場合は皮膚科を受診

ひどい場合は皮膚科を受診
しもやけの範囲が広かったり、痒みや痛みがひどい場合、市販薬を服薬しても効果がない場合は皮膚科を受診するのがおすすめです。皮膚科であれば症状を見たうえで適切な薬が処方されます。しもやけの症状がさらに悪化することを防ぐためにも、早めに受診をするようにしましょう。

子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
夜間や休日に赤ちゃんや子供の病気を診察してくれるファストドクターの小児科往診サービスとは?
夜間や休日に赤ちゃんや子供の病気を診察してくれるファストドクターの小児科往診サービスとは?
休日や夜間に突然熱を出したり、体調不良になる赤ちゃんや子供。そんなとき、とっても助かる「ファストドクター」を知っていますか?24時間自宅に来てくれて、診察や薬も処方してくれるファストドクターの使い方や気になる費用、実際に使ってみた口コミを紹介します。

まとめ


子供は大人よりもしもやけになりやすいため、寒暖差のある季節では予防をすることが大切です。しもやけを予防するためには身体を冷やさないようにすることがポイント。外出をするときは手袋や厚手の靴下を活用してみてください。手や足が濡れた状態のままでいるとしもやけができやすくなってしまうので、こまめに濡れてないかを確認し必要に応じて交換することも忘れないようにしましょう。万が一しもやけができたときは市販薬で対処をし、症状がひどい場合は早めに皮膚科の受診をしてくださいね。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!