赤ちゃん1ヶ月健診の目的は? どんな検査をするの? 持ち物や費用、保険証などママの疑問点を解説

赤ちゃんの1ヶ月健診の目的

1ヶ月健診の目的

任意だが、新生児とママの健康を確認するために受けておきたい

赤ちゃんが生まれて、早くも1ヶ月になろうとしています。おそらく、怒涛の1ヶ月であったことでしょう。そんな時期に訪れるのが、ママと赤ちゃんにとって初めての健診「1ヶ月健診」です。1ヶ月健診の受診は任意ですが、必ず受けるようにしましょう

1ヶ月健診の目的とは、赤ちゃんが順調に発育しているかどうかの成長具合や栄養状態のみならず、ママの健康状態も確認することにあるからです。体力的にも大変なときではありますが、重要な機会だと考えるようにしておきましょう。

赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児=乳児? 特徴や発達について
赤ちゃんが新生児と呼ばれるのはいつまで? 新生児=乳児? 特徴や発達について
新生児は、生まれてからいつまでのことを言うのでしょうか? 法律で決まっているのでしょうか? 乳児と新生児は違うのでしょうか? 新生児の赤ちゃんの定義や特徴、成長についてご紹介します!

1ヶ月健診での赤ちゃんの検査内容は?

1ヶ月健診で赤ちゃんにチェックすること
1ヶ月健診では、赤ちゃんのどんな部分をチェックしていくのでしょうか。赤ちゃんにとって初めての健診でもあり、ママの不安は尽きませんよね。そこで、あらかじめ健診内容を知っておくことで、余裕を持って1ヶ月健診を受けられるようにしておきましょう。ここでは、1ヶ月健診で赤ちゃんのどの部分をチェックするのか、また、そのチェックはどんな意味をもつのかを説明していきます。

1ヶ月健診での赤ちゃんの検査内容:身長、体重の測定

1ヶ月健診では、まず赤ちゃんの身体測定が行われます。身長や体重、胸囲、頭囲などを計測し、栄養が足りているか、順調に発育しているかどうかをチェックしてくのです。1ヶ月健診の時点で、赤ちゃんの体重は、出生時の2倍程度にまで増えています。とはいえ、体重の増え方は個人差が大きいもの。あくまで平均的な増え方の指針ですので、あまり気に病まないようにしましょう。

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんの成長とお世話! 発熱時や肌トラブルなどの対応方法を紹介
生後1ヶ月の赤ちゃんは、産まれたばかりの赤ちゃんと比べてどれほど成長し、どのような違いがあるのでしょう。平均的な成長をしているのかが気になるパパママもいるでしょう。生後1ヶ月の赤ちゃんの成長やお世話の特徴、発熱や肌トラブルへの対応方法などもご紹介します。

1ヶ月健診での赤ちゃんの検査内容:全身を診断する

内科的なものから外科的なものまで、赤ちゃんの全身のチェックを行います。例えば、赤ちゃんにありがちな股関節脱臼や、へその緒が取れた痕が膿んでいないかどうか、新生児黄疸はどうか、光を目で追えるかどうかなどの確認を行います。他に、お腹を押して内臓が腫れていないかどうかのチェックなども含まれます。ここで異常が見つかれば、速やかに治療を行うことができ、早期回復に繋がるのです。また、K2シロップの投与も行われます。ビタミンKが含まれたシロップで、赤ちゃんの出血症を防ぐ役割があるものです。

赤ちゃんの「へその緒」どうする? 消毒・ケア方法と保管方法
赤ちゃんの「へその緒」どうする? 消毒・ケア方法と保管方法
「へその緒」は取れるまでに時間がかかるため、退院後はパパママが赤ちゃんのおへそケアをすることになります。とはいえ、初めてのへその緒ケアはちょっぴり怖いですよね。本記事では正しいへその緒ケアと取れた後の保管方法、よくあるお悩みを解説します。
  

1ヶ月健診での赤ちゃんの検査内容:モロー反射のチェック

 
大きな音がしたとき、赤ちゃんがびくっとなる現象。非常に可愛らしいものですが、赤ちゃんが起きる原因ともなる困りものです。この現象をモロー反射と言い、赤ちゃんが生まれながら身に付けている原始反射の一つです。モロー反射は成長と共に消失しますが、1ヶ月健診の時期には無くてはならないものです。1ヶ月健診では、モロー反射の他に把握反射(手の平に指を当てると握る)、原始歩行(赤ちゃんの脇を支えて持ち上げると、歩く動作をする)、吸てつ反射(口元を指でなぞり、その指を追うかどうか)などの原始反射が行えているかどうかを確認します。

1ヶ月健診でママがチェックしてもらうことは?

1ヶ月健診でママにチェックすること
1ヶ月健診のとき、ママは心身ともに疲れているでしょう。しかし、徐々に体は産前の状態に戻っていっています(この期間を産褥期と言います)。1ヶ月健診では、ママの体が回復しているかどうかの確認も行います。具体的には採血、採尿、血圧の検査や、子宮の戻り具合、悪露(産後の出血)などを確認していきます。ママのアフターケアの役割もありますので、心配事はどんどん相談していきましょう。

出産後の産褥期(さんじょくき)をママはどう過ごせばいい? 産褥期の体の変化も解説
出産後の産褥期(さんじょくき)をママはどう過ごせばいい? 産褥期の体の変化も解説
出産後の6~8週間を「産褥期(さんじょくき)」といい、妊娠・出産で一時的に変化していた子宮やホルモンバランスなどがもとの状態に戻るための回復期間にです。産褥期の体の変化と、ママがどのように過ごせばよいかを詳しく解説します。
産後の家事や運動はいつからはじめたらいいの? 目的別の目安とおすすめを紹介
産後の家事や運動はいつからはじめたらいいの? 目的別の目安とおすすめを紹介
産後1ヶ月前後になると、そろそろ家事や運動をしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。でも、いつからはじめたらいいのか気になるものですよね。そこで、産後の家事や運動をはじめる目安についてご紹介したいと思います。

1ヶ月健診に必要な持ち物

1ヶ月健診に必要な持ち物
1ヶ月健診は、基本的に出産した病院で受けることになります。ママだけでなく、赤ちゃんの診察券を作り、持っていくようにしましょう。必要なものとしては、健康保険証(ママと赤ちゃん)、乳幼児医療証、母子手帳です。大きな病院で出産した場合などは、待ち時間も長くなる傾向にあります。ママの飲み物や、赤ちゃんのおもちゃ(日常的に使っていて、赤ちゃんが安心するようなもの)、多めのおむつや着替えを持っていくと安心です。

乳幼児医療証で子供の医療費がタダになる? 申請方法や助成内容などをわかりやすく紹介!
乳幼児医療証で子供の医療費がタダになる? 申請方法や助成内容などをわかりやすく紹介!
子供の医療費は自治体から助成を受けることができ、一定の年齢までの診察料や薬代が無料になったり、自己負担額が減ったりします。子供が小さいうちは、頻繁に熱を出すことも多く、病院へ行く回数も多いでしょう。経済的負担が減る乳幼児医療証の使い方や申請方法などを詳しくご説明します。
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳はいつどこでもらえる? どんな内容が書いてあるの? 詳しく解説
母子手帳をもらうことは、妊婦さんにとって大きなステップとなります。母子手帳が手元にくることで改めて妊娠したことを実感する人もいるでしょう。今回は母子手帳はいつ、どこでもらえるのか、などを詳しく見ていきましょう。

1ヶ月健診の気になる疑問点を解消!

1ヶ月健診の気になる疑問点解消!
1ヶ月健診を控え、どんなことが気になるでしょうか。赤ちゃんの発育状況などは実際に健診を受けてみなければ分かりませんが、それ以外の、1ヶ月健診に臨むにあたっての疑問も多くあるものです。ここでは、1ヶ月健診で抱きがちな疑問を挙げて、その解決策や他のママの声をご紹介していきます。
  

1ヶ月健診は抱っこ紐で行った方がいい?


赤ちゃんとの初めてのお出かけが1ヶ月健診、という場合も多いもの。ベビーカーはスペースを取ることもあり、抱っこ紐がおすすめです。1ヶ月健診では、産院からの指定がない場合は、抱っこ紐を使えることがほとんどです。1ヶ月健診では、どうしても荷物が多くなってしまいます。事前準備の一つとして、ママが使い易いものを選んでおきましょう。コンパクトで着脱しやすいものがあれば、移動や診察間の準備が楽になりますよ。

新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの?  外出時の持ち物と注意点は?
新生児の赤ちゃんはいつからお出かけできるの? 外出時の持ち物と注意点は?
赤ちゃんは生後いつから外出できるのか知っていますか? 新生児の赤ちゃんにとって、屋外は刺激の多い場所です。赤ちゃんとの初めてのお出かけでも困らないように、赤ちゃんとのお出かけで注意する点や持ち物もご紹介します。
おすすめ抱っこ紐8選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
おすすめ抱っこ紐8選!抱っこひも選びで知っておくべきポイントとは?
子供が生まれる前にすべての家庭で買いそろえておく育児グッズの1つが抱っこ紐です。抱っこ紐を使わず育児をするパパママはまずいないと思いますが、抱っこ紐はどのような視点で選べばいいのでしょう? 対象年齢? 機能? 価格? たくさんの種類がある抱っこ紐購入に悩むパパママに、抱っこ紐を選ぶ時のポイントとおすすめをご紹介します!

1ヶ月健診の費用は? 医療費控除の対象?


赤ちゃんが生まれて、これからどんどんお金が掛かるようになってきます。1ヶ月健診の費用も気になってしまいますよね。1ヶ月健診に掛かる費用は、自治体によってまちまちです。補助券などが出て無料の所もあれば、1万円以上の所もあるなどとムラがあるため、自治体や産院に問い合わせるのが確実です。1ヶ月健診健診代が自己負担の自治体だと、平均すると5,000円の費用がかかると考えてください。

1ヶ月健診代が必要な場合は、余分にお金を用意しておくようにしましょう。2万円程度持っておくと、より安心です。高く思えますが、1ヶ月健診やそれに関わる交通費は、医療費控除の対象となっています。年末調整や確定申告時に必要となりますので、領収書は必ず保管しておきましょう。

【令和元年分】妊娠・出産や不妊治療費も対象になる? 医療費控除を詳しく解説
【令和元年分】妊娠・出産や不妊治療費も対象になる? 医療費控除を詳しく解説
家族全員にかかった医療費が1月から12月の1年間で10万円を超えたときは、医療費控除を申請することで所得税の還付を受けられます。医療費控除は妊娠・出産や不妊治療費も対象になっています。内容を詳しく見ていきましょう。
【令和元年分】年末調整の注意点! 所得税の還付金には控除書類の準備が必要
【令和元年分】年末調整の注意点! 所得税の還付金には控除書類の準備が必要
会社員の方は、会社の年末調整で所得税の還付金が戻ってくる人もいるでしょう。この還付金、手続きを怠ると戻ってくる金額が少なくなる場合があります。では、どんな手続き・どんな書類が必要なのでしょうか? 年末調整で申請できない医療費控除についても解説します。

赤ちゃんの健康保険証が間に合わない場合は?


産後の手続きは多いもの。中でも、赤ちゃんの健康保険証の申請は重要です。しかし、「どうしても1ヶ月健診に間に合わない」場合もあるでしょう。そんなときは、健康保険被保険者資格証明書を発行してもらうことで、健康保険証と同じように保険を使うことができます

長い名前でややこしく感じますが、「健康保険を使う資格がある人」であることを証明してくれるものになります。扶養者(パパやママ)が会社勤めであるならば、扶養者の会社に申請し、国民健康保険に加入しているならば、役所が申請先となっています。基本的には即日に発行してくれますので、間に合わないと分かった段階で申請しておきましょう。産院によっては、健康保険証が届いていないことを申し出れば、一時全額負担した後に返金されることもあります。不安であれば産院に確認するようにしましょう。

1ヶ月健診の交通手段は?


基本的だけれども、意外と悩みがちなのが、健診に行くときの交通手段ですよね。まだまだ生まれたての赤ちゃん。バスや電車の公共交通機関は、感染症が心配です。一番安心できるのは、自家用車かタクシーです。自家用車があり、パパなどの都合がつくのであれば、早めにベビーシート(新生児用のチャイルドシート)を準備しておきましょう。

産院が比較的近いのであれば、タクシー利用も便利です。ママは赤ちゃんを抱っこして、ゆっくり産院に向かうことができます。事前に赤ちゃんが乗る事を伝えておけば、運転等に配慮してもらうこともできます。バスや電車での移動になる場合は、ラッシュ時を避けて乗るようにしましょう。感染症の不安や、ママの心労を減らすことができますよ。

新生児用ベビーシートって? 種類は? いつから何歳まで使えるの? おすすめ5選を紹介
新生児用ベビーシートって? 種類は? いつから何歳まで使えるの? おすすめ5選を紹介
ベビーシートとは新生児用のチャイルドシートのことで、新生児を車に乗せる時はベビーシートが必要になります。子供が6歳になるまではチャイルドシートの着用義務がある中、ベビーシートは何歳まで使うことができるのでしょうか。ベビーシートの特徴やおすすめのベビーシートをご紹介します。
チャイルドシートの選び方とおすすめ8選! 子供が何歳からいつまで着用義務がある? ISOFIXって?
チャイルドシートの選び方とおすすめ8選! 子供が何歳からいつまで着用義務がある? ISOFIXって?
赤ちゃんや子供を車に乗せる時はチャイルドシートの着用が法律で義務付けられているのはご存知でしょうか? チャイルドシートは何歳まで使用が義務づけられているのか、いつまで使った方がいいのか、ISOFIXとシートベルト固定式の違いなど、チャイルドシートの基礎知識とおすすめ製品を厳選してご紹介します。

1ヶ月健診にはどれくらい時間がかかる?


赤ちゃん連れでの外出は大変なもの。その上、1ヶ月健診ともなれば荷物も多く、所用時間が気になってしまいますよね。1ヶ月健診に掛かる時間は産院によっても違い、大病院であれば長時間掛かる場合も少なくありません。2、3時間は掛かる可能性があると考え、充分に準備しておきましょう。とはいえ、産院側も慣れたもの。待ち時間以外の診察は、スムーズに進みます。場合によっては、ベビーベッドなどを用意してくれている場合もありますので、余り気負わないようにしておきましょう。

まとめ:1ヶ月健診で赤ちゃんとママの健康をチェックしてもらおう

まとめ:1ヶ月健診で赤ちゃんとママの健康をチェックしてもらおう
1ヶ月健診は任意であり、受ける受けないは自由となっています。しかし、ママや赤ちゃんにとって、重要な健診でもあります。赤ちゃんの発育や、ママが気付きにくい赤ちゃんの体調、ママ自身の体調。そういったものを細かく診てもらえる機会なのです。また、ママが抱える悩みなどを相談することができます。体の健康のみならず心の健康を保ち育児を楽しむためにも、1ヶ月健診を忘れずに受けるようにしましょう。

赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
赤ちゃんの首すわりはいつから始まるの? 確認方法と首すわり前後の注意点を紹介
生まれたばかりの赤ちゃんは頭を首で支えることはできませんが、生後1ヶ月頃から首の筋肉が発達し、徐々に首がすわるようになります。首すわりが始まる時期や首すわりの確認方法をご紹介します。
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
赤ちゃんの睡眠時間はどのくらい? 月齢別平均睡眠時間を見てみよう
なかなか寝てくれない赤ちゃんがいる一方、長い時間寝る子もいます。寝なくても寝すぎていても心配になりますよね。赤ちゃんにとって最適な睡眠時間はどのくらいなのでしょうか。寝る時間が遅い・長いといったママたちのお悩みと合わせて解説していきます。
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
赤ちゃんの3ヶ月健診・4ヶ月健診の目的や診察項目を紹介!
生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診は、生後1ヶ月健診では見つけることができなかった病気や発達の遅れを見つけるきっかけになります。体重の増加・視力など、早期発見で良くなる症状もありますよ。生後3ヶ月健診・生後4ヶ月健診の診察内容をご紹介します。
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
6ヶ月健診・7ヶ月健診の検査項目を紹介! 寝返り、お座りができていなくても平気?
自治体によって6ヶ月健診・7ヶ月健診を受けるように通知が来るところもあります。お医者さんに赤ちゃんの発達、健康状態を診てもらうことができ、育児の相談をすることもできますよ。6ヶ月健診・7ヶ月健診でチェックされるポイントをご紹介します。
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?
赤ちゃんの生後9ヶ月・10ヶ月健診の検査項目は? 質問内容や要観察になる基準とは?
赤ちゃんが生後9ヶ月~10ヶ月頃になると、自治体によっては9ヶ月・10ヶ月健診があります。赤ちゃんの成長が楽しみな反面「もし引っかかったらどうしよう」など少し不安な面もありますよね。生後9ヶ月・10ヶ月健診でどのような質問や検査があるのかをご紹介します。
赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの1歳児健診は必要? 有料? 受診は義務? 検査内容は? 小児科でも受診できる?
赤ちゃんの「1歳児健診」の案内をもらったけれど絶対に受診しないといけないの? 有料、無料? どんな検査があり、何を持っていけばいい? 1歳の予防接種と同時に小児科で受けられる? など、1歳児健診に関係するパパママの疑問にお答えします。
1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳6ヶ月健診、言葉、体重など成長の心配まで
1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママの悩み事を解決!1歳6ヶ月健診、言葉、体重など成長の心配まで
1歳6ヶ月になるとすでに歩いている子供もいるでしょう。ママは成長が楽しみになる頃ではないでしょうか。一方で子供の言葉の出方、体重など気になることもあるでしょう。今回は1歳6ヶ月~2歳の子供をもつママたちのお悩みを解決するヒントを探っていきます。
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介
3歳児健診は何をするの? 行くべき理由と健診内容を紹介
自治体から3歳児健診の案内が来ると、我が子は健康だけど健診に行かなければいけないの? と思うパパママもいるでしょう。3歳児健診では、子供の健康や発達の状況を専門家の先生に診てもらえたり、育児の悩みを相談できる良い機会です。3歳児健診の内容や目的をご紹介するので、参考にしてみてくださいね!
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
子供のかかりつけ医、小児科医はどう選ぶ? 信頼できる小児科の選び方を紹介
赤ちゃんは熱や予防接種などで小児科に行く機会が多いですよね。初めて受診した小児科では医師の対応に不安になることも珍しくありません。信用できる医師を見つけることができれば、子供のことも安心して任せることができます。かかりつけ医の選び方をご紹介します。
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
カウプ指数でわかる赤ちゃんの太りすぎ・痩せすぎ
ぷくぷくした赤ちゃんのほっぺたは、ほおずりしたくなる可愛さですよね。しかし、検診や外出先で出会ったほかの赤ちゃんと比べて、「太りすぎ?」「痩せすぎ?」と気になるときはありませんか?そんなときに便利なのが「カウプ指数」です。この記事では、カウプ指数について見ていきましょう。

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部

はいチーズ!clip編集部員は子育て中のパパママばかり。子育て当事者として、不安なこと、知りたいことを当事者目線で記事にします。Facebook、Twiiterなどでも情報発信中ですので、ぜひフォローください!